FC2ブログ

カシラダカ@宍塚

カシラダカ
スズメ目ホオジロ科
体長15cm
撮影 2008.12.29 茨城県土浦市宍塚

初心者向けの探鳥会では、カシラダカと言うと「どんな鷹ですか?」と聞かれることがあります。
「頭が高い」と書いて頭高(カシラダカ)
鳥見を始めたころ、キクイタダキとカシラダカは変な名前だと思ってました。




名前の通り、頭が立ったカシラダカ
冬羽では雌雄の区別は難しい。

♂の夏羽は頭が鮮やかな黒になります。
カシラダカやオオジュリンは、換羽して黒くなるのではなく、羽の先端が磨耗することによって夏羽になります。
♂の頭の羽は、先端部分が褐色で、基部に黒い部分が隠れています。
繁殖期になると褐色の部分が磨耗して黒い部分が現れて来るのです。
ですからこれは野外の観察ではわかりません。




参考までにオオジュリン♂冬羽の写真を載せます。
真っ黒な羽が隠れているのがわかると思います。
オオジュリンの場合は、後頚部には逆に真っ白な羽が隠れています。
これらが磨耗すると、真っ黒な帽子に白い襟が現れてくるのです。
神秘的なまでの換羽の仕組みに、鳥というものの面白さを再認識します。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア