FC2ブログ

ホオジロガモ@涸沼

ホオジロガモ
カモ目カモ科
体長45cm
撮影 2008.12.30 茨城県茨城町涸沼網掛公園

涸沼は面積9平方キロほどの汽水湖ですが、正式には涸沼川の一部です。
汽水湖であるために水産資源が豊富で、特にシジミは全国でも有数です。
野鳥では特にカモ類が多く見られます。
ここで見られるカモの多くは海ガモです。特にスズガモは圧倒的な数が見られます。1万羽を超えていると思われます。

ここでのカモ類は
 スズガモ>キンクロハジロ>カルガモ>ホシハジロ>マガモ>コガモ
と言うような印象。
実はお目当てのカモもあったのですが、この中から変わった種類を探し出すのは至難の業でした。


ホオジロガモは、関東では少数派です。
嘴の基部に丸い白斑があることからそういう名前がついていますが、それは♂だけで♀にはありません。
おむすび形の頭を目印に探すといいでしょう。






左は♀
頭が褐色で、白い首輪があります。
嘴は黒で、先端のオレンジ色が目立つので割りとわかりやすいです。

右がちょっと問題
♀に似ていますが、嘴にオレンジ色がありません。
♂の若い個体のようです




♂も若いうちは頬の白斑が目立たず、わずかに白い翼帯がそれらしさを示しているようです。


各種の図鑑を見て見ます。
カモ類の場合、♂♀の識別はそれなりに詳しく書いてありますが、カモ類特有のエクリプス、まして幼鳥の識別はあまり充分とは思えません。
飛翔の絵が充実している(翼鏡の色がわかりやすい)のは日本野鳥の会のハンディ図鑑です。
エクリプスにも触れているのは「フィールドガイド日本の野鳥」(高野図鑑)ですが、幼鳥までは出ていません。

手元にある資料でわかりやすいのは、BIRDER2007年11月号の特集「目指せ!カモマイスター」です。
これはエクリプスや幼鳥まで踏み込んでいますが、各種を網羅するところまで行っていません。
ホオジロガモのような比較的少ない種類については、残念ながら資料不足です。

カモの♂♀、エクリプス、幼鳥を網羅したハンドブックが欲しい、と常々思っているところです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア