FC2ブログ

エナガ@宍塚大池

エナガ
スズメ目エナガ科
体長14cm
撮影 2009.1.10 茨城県土浦市宍塚大池



エナガは名前の通り、柄杓の柄のように尾が長いのですが、他の鳥と比べるとどうなのでしょうか。
スズメ目の鳥14種類で比べて見ます。

最長の尾羽の長さが、体長の何%に当たるか。
■オナガ 59%
■ツバメ 56%
■ジョウビタキ 53%
■エナガ 52%
■ハクセキレイ 50%
で、以下モズ、ホオジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ハシブトガラス、アカハラ、スズメ、メジロ、ムクドリ(30%)という順番。

初列風切の最長の長さと比べると
■オナガ 183%
■エナガ 152%
■モズ 131%
■ハクセキレイ 125%
■ホオジロ 118%
で、以下モズ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、シジュウカラ、ツバメ、スズメ、アカハラ、メジロ、ハシブトガラス、ムクドリ(67%)という順番で、こちらの方が見た目の印象に近い感じがします。

ハシブトガラスはオナガとの比較で入れたのでやや場違いな感じはあります。
メジロは尾が短い鳥という印象はあったのですが、ムクドリに関してはやや意外でした。
なお、長さのデータは「野鳥の羽ハンドブック」(文一総合出版)からお借りしました。

・・・・・・



エナガの尾羽は12枚ですが、ちょっと変わったパターンがあります。
鳥の尾羽は中央から数えるのですが、一番長いのがT2で、外側に行くに従って短くなり、一番外側のT6が最短です。
白い部分が出るのがT4~T6の3枚。
これが何とか写った写真です。

もっと細かい話をすると、T1とT2の長さの違いで成鳥と幼鳥の区別が出来ます。
ただし、これはかなり微妙な違いなので、ベテランでないと判断は難しいし、野外での識別は困難だと思います。

鳥の年齢に関しては、一般には知られていない識別法があります。
鳥の頭には、頭蓋骨が透けて見える箇所があります。
幼鳥の頭蓋骨は赤いのですが、年齢を重ねるとその間に気泡が出来て白く見えるようになります。
その色合いを5段階ほどに分けて年齢の判断をするのですが、いずれにしても野外での識別には役立ちませんね。

なお、エナガの♂♀の識別は非常に困難で、標識調査でもわからない場合が多いとのこと。


参考までに


エナガって感動的なほど小さいんです!

ところで、これほど小さなエナガの体重はどのくらいだと思いますか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア