FC2ブログ

ミヤマガラス&コクマルガラス@群馬県

ミヤマガラス
スズメ目カラス科
体長47cm

コクマルガラス
スズメ目カラス科
体長33cm

撮影 2009.2.8 群馬県


今日はうちの会の第1週探鳥会。
場所は渡良瀬遊水地です。
毎度のことながら物凄い強風でした。
ここのところ、穏やかな天気が多い渡良瀬だったのですが、思うに”風男”か”風女”がいたのでしょう。
うちの会には”晴れ男”は多いのですが。。。

12人の参加者がありました。
今日はここで探鳥会をするグループは他にはほとんどなかったようです。
収穫は
■かろうじてカワアイサの♂1羽
■トモエガモの♂1羽
■板倉にいたはずのマガンとシジュウカラガン
■100羽を越えるヨシガモの群れ
といったところ

午後から場所を移動して、車中からミヤマガラスの群れを探しました。
程なく発見して観察しましたが、300羽ほどの群れの中に、数十羽を数えるほどのコクマルガラスが混じっていました。
淡色型だけでも10羽前後。
正直言ってこんなにコクマルが多い群れは初めて見ました。

結局この日の観察種は46+1種(そのあとも含めて49+1種)
強風は鳥見の大敵で、この場所としてはこれでも少ない方です。



ミヤマガラス




ミヤマガラスとコクマルガラス(淡色型)

コクマルガラスはキジバト大の、日本最小のカラスです。
全身黒い暗色型と、白黒の淡色型があります。




ミヤマの群れの中にコクマルの暗色型と淡色型。
1羽ドバトが混じっているのがご愛嬌。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア