FC2ブログ

シロカモメ@銚子

シロカモメ
チドリ目カモメ科
体長71cm
撮影 2009.3.21~28 千葉県銚子市銚子漁港

大型カモメの中でも、シロカモメは特徴がはっきりしているので、比較的わかりやすいと思われる。
セグロカモメよりも大型とされているが、個体差もあるので注意が必要である。



第1回冬羽
嘴の黒とピンクの境がはっきりしているのが特徴。
第1回は虹彩が暗色。



第1回冬羽
やや褐色味が強いタイプ



第1回冬羽の飛翔



第2回冬羽の飛翔
これはTB先にある個体と同一のもの



第2回冬羽(別個体)
第2回は虹彩が淡色になる。



成鳥
シロカモメは換羽が早いので、すでに夏羽になっている。


ところでシロカモメには、明らかに小さな個体があって、便宜的に「小型シロモメ」などと呼ばれている。


銚子ではこういう小型の個体が時折り見られる。
こういう小型の個体は、亜種アラスカシロカモメLarus hyperboreus barrovianusではないか、と言われている。
ちょっと見、アイスランドの第2回のようにも見えるが、足の長さや嘴の大きさから見ると、シロカモメだろうと思う。

また、こんな個体もいるので注意


全体的な雰囲気はシロカモメだが、初列風切が黒いので、シロカモメとセグロカモメの雑種(通称シロセグロ)だと思われる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア