FC2ブログ

セイタカシギ@東京港野鳥公園


セイタカシギ
チドリ目セイタカシギ科
体長37cm
撮影 2011.9.4 東京港野鳥公園

今年は地元でもセイタカシギがあまり見られません。
ちょっと寂しい秋の水田地帯です。


毎年9月は三番瀬の探鳥会ですが、周知の通り、三番瀬は3/11の震災で液状化の被害を受け、現在も閉鎖中です。
そこで午前中は東京港野鳥公園、午後から谷津干潟というルートに切り替えました。

干潮が14:30ごろ、と干潟の鳥見には不向きの日でした。
東京港野鳥公園でもシギチの数はまばらで、一番多かったのはセイタカシギでした。
午後の谷津干潟も、小潮ということもあってあまり引かず、シギチの数はこちらもまばらでした。
キアシシギが多いのが目立ちました。

・・・・・・

東京港野鳥公園では、見慣れない蝶を観察。
遠目にはアサギマダラに似ていましたが、近くで見ると違います。
ゴマダラチョウの仲間? ということになりましたが、帰宅後調べてみると、アカボシゴマダラであることがわかりました。
アカボシゴマダラは奄美大島や徳之島あたりで見られる蝶ですが、これは中国産の亜種で、人為的に放蝶されたものだそうです。
1995年に埼玉県で初めて観察され、その後神奈川県を中心に分布を広げています。
撮影は出来ませんでしたが、とても綺麗なチョウでした。
外来生物による生態系の撹乱というのは、いずこの世界でもよくある問題のようです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア