FC2ブログ

根尾谷断層

淡墨桜で有名な岐阜県の旧根尾村には、もうひとつ国指定天然記念物があります。
以前から見たかったものですが、今回、淡墨桜撮影のついでに見ることができました。
濃尾地震で地上に出現した、根尾谷断層です。

1891年10月28日に発生した濃尾地震はM8.0とされ、内陸で起きた直下型地震としては、日本最大の地震です。
この地震により、数10kmに渡って地表に断層が現れました。
これは左横ずれ断層で、最大8mのずれが観測されています。

左横ずれ断層とは、断層の手前に立ったとき、断層の向こう側が左にずれているものを言います。
因みに、阪神大震災をもたらした野島断層は右横ずれ断層です。

ここ水鳥(みどり)地区では、上下方向に最大6mのずれ(正断層)が観測されました。
地震直後に小藤文次郎によって撮影された写真が世界に紹介され、海外の地震研究者が数多く見学に訪れています。



断層の下から見たところ。
現在では6mもの段差はありませんが、それでもはっきりと正断層の様子がわかります。



断層が横切っている道路は、現在ではゆるやかな上り坂になっています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア