FC2ブログ

尾瀬紀行(その4) 山ノ鼻

尾瀬紀行(その4) 山ノ鼻
2009.6.13

竜宮から見晴までは30分ほどである。
ヨッピ橋経由で戻るのもいいコースである。30分程度の遠回りになる。

ただ、天気が怪しくなってきたので、早めに来た道を戻ることにした。
途中から雨になり、雨具を着て歩く。
安物のレインウェアは、雨は防いでくれるが蒸れてしまうので、結局同じことになる。
途中から雨もあがり、陽が差して来たので、大汗をかくことになった。
靴とザックとレインウェアはいいものを買え、というのは登山の鉄則である。


山ノ鼻で休憩のあと、見本園を1周する。



見本園と聞くと、人為的に栽培しているところかと思ってしまうがそうではなく、ここは猫又川の氾濫原で、とても植物相が豊かなところである。
1周30分程度で歩くことが出来る。
山ノ鼻の休憩所よりも、ここのベンチの方が空いているし、景色もいいので、休憩や食事にはこちらがお薦めである。



尾瀬と言えばミズバショウ、というのが一般的な見方だろう。
ミズバショウのベストポイントは中田代だが、この時期には盛りを過ぎている。
見本園のミズバショウは今が見頃だった。
リュウキンカの群落も見事。
ここにはチングルマの群落もある。



木道に沿って、ミズバショウやリュウキンカが咲く様子がよく見られる。
これは木道が少しずつ腐ることで、栄養分が供給されることと、木道の支柱によって水の流れが遮られ、これに沿って水が溜まるせいだと言う。


これで尾瀬ヶ原を後にし、鳩待峠まで上る。
ゆっくりと花を探しながら、1時間半を費やした。
これで標準タイムと同じ。このペースならば息が切れるというほどのこともない。

バスで戸倉に戻ると、いきなり雷になった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア