FC2ブログ

名盤コレクション90、91 ショパン/24の前奏曲(ポリーニ盤、アルゲリッチ盤)

新型コロナウィルスの影響で、今年行われる予定だったショパン・コンクールも延期になった。
自分はコンクールにはほとんど興味がないのだが、この際なので少しまとめて見よう。

ショパン・コンクールは5年に1回、ショパンの故国ポーランドで行われる。
ピアノ部門のみ、ショパンの作品のみで行われる、珍しいコンクールである。
また、出場者には16歳以上30歳以下という年齢制限があるため、これに優勝するのは極めて難しい。
数学の最高の賞である、フィールズ賞にも匹敵する狭き門であるとも言えるだろう。

前回までの優勝者は以下の通り
第1回(1927年) レフ・オボーリン(ソ連)
第2回(1932年) アレクサンドル・ウニンスキー(ソ連)
第3回(1937年) ヤコブ・ザーク(ソ連)
第4回(1949年) ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ(ポーランド)、ベラ・ダヴィドヴィッチ(ソ連)
第5回(1955年) アダム・ハラシェヴィッチ(ポーランド)
第6回(1960年) マウリツィオ・ポリーニ(イタリア)
第7回(1965年) マルタ・アルゲリッチ(アルゼンチン)
第8回(1970年) ギャリック・オールソン(アメリカ)
第9回(1975年) クリスティアン・ツィメルマン(ポーランド)
第10回(1980年) ダン・タイ・ソン(ベトナム)
第11回(1985年) スタニスラフ・ブーニン(ソ連)
第12回(1990年) 1位なし
第13回(1995年) 1位なし
第14回(2000年) ユンディ・リ(中国)
第15回(2005年) ラファウ・ブレハッチ(ポーランド)
第16回(2010年) ユリアンナ・アヴデーエワ(ロシア)
第17回(2015年) チョ・ソンジン(韓国)

16人の優勝者のうち、本国のポーランド4人、ソ連-ロシアが6人と過半を占める。
いわゆる西洋音楽の本家筋、ドイツ、オーストリア、フランス、イタリアからはポリーニひとりだけで、ほぼ全てが西洋音楽の周辺国から出ているのは興味深い。
ソ連-ロシアを含め、音楽コンクールでの入賞を国威発揚として積極的に推奨している国が優勝者を輩出するのは、別に不思議ではない。
オリンピックと同じである。コンクールというのは音楽のスポーツ化だからである。
今後は中国が各国のコンクールを席巻することになるかも知れない。実際、出場者数でも中国がトップらしい。
ただ、16人の中で後に大看板になった人と言えば、ポリーニとアルゲリッチであることは間違いない。(次いでツィメンルマンか?)
この2人を優勝者として輩出したことがショパンコンクールの権威を高めることになったと言って差し支えないだろう。


ポリーニとアルゲリッチ
現役のピアニストでは最高の人気と実力を誇る2人だが、あらゆる点で対照的である。
情熱的で熱いアルゲリッチと、あくまでも知的でクールなポリーニと。
好きな曲しか録音しない、という点では一緒だが、アルゲリッチの方が徹底している。
2人のレパートリーは、お互いが避けているのではないかと思われるほど一致しない。
その中で、聴き比べがしやすいのがショパンの前奏曲集である。

ショパンの前奏曲には、24の前奏曲OP28のほか、独立した2曲がある。アルゲリッチ盤はその2曲も含めた演奏である。
ショパンの「24の前奏曲」は、バッハの平均律クラヴィーア曲集に触発され、24の全ての調を網羅した曲集として作曲された。
バッハが、ハ長調-ハ短調-嬰ハ長調-嬰ハ短調と、ひとつずつ上って行くのに対し、ショパンの前奏曲はハ長調-イ短調-ト長調-ホ短調という具合に、平行短調を挟みながら5度ずつ上って行き、ニ短調で終わる。
ショパンの前奏曲は、そのうちの何曲かが独立で演奏されることは少なく、24曲で大きなまとまりを持った1曲という感覚で捉えられることが多い。
急速な曲-ゆったりとした曲、明るい曲-暗い曲、激しい曲-穏やかな曲という、前後の対比が際立つ。
長さもまちまちで、最も長い15番が5分ほど。1分未満の曲もある。


UCCG-6237_GWM_extralarge_R.jpg
マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
1974年録音
知的でクールなポリーニの特徴がよく出た演奏。
分析的で、楽曲の構造がよくわかる。
LP時代、一番激しい16番でA面が終了し、B面にかけ替えて対照的な17番からという構成になっていた。
ここで一息入れることで、その対比を際立たせる意図があったと思われる。


372_R.jpg
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ
1975年録音
情熱的で、デモーニッシュな演奏として比類がない。
アルゲリッチは16番から間髪を入れずに17番に入る。逆に対比を際立たせる手法で、こういうやり方をするピアニストが多い。

ところでアルゲリッチの16番では、明らかに半音違って弾いている部分があるが、楽譜が違うのだろうか。前から気になっているところだ。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

キジ落鳥

キジ落鳥
キジ目キジ科
体長58cm(♀)
撮影 2020.5.18 茨城県

田んぼの中の道路を走行中、キジの死体を見つけた。
広い水田地帯を分断するように新しく出来た道路である。
右から左に飛んだキジが車と衝突したのだろう。
キジは重いので低く飛ぶ。そのためにこういう事故がよくある。

DSC04387-001_R.jpg

DSC04406-001_R.jpg

DSC04401-001_R.jpg

DSC04416-001_R_20200527232545448.jpg

この個体はお腹に卵を持っていて、衝突の衝撃でひとつが体外に転がり出た。
DSC04379-001_R.jpg
意外と小さな卵だった。

気の毒なので持ち帰り、計測したあと埋葬した。

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

月と金星と水星の接近(24日撮影)

撮影 2020.5.24 19:30ごろ

22日、金星と水星の大接近が見られるはずだったが、あいにく曇ってしまった。
24日、そこまでの接近ではないが、新月翌日の細い月と一緒に撮影できた。

DSC05117-001_R.jpg
月齢1.7の月と、-4.1等の金星が並び、上に-0.4等の水星が三角形を作った。
右上には、おうし座のベータ星エルナト(2等星)


DSC05120-001_R.jpg
左の方には東京スカイツリーが見えた。距離は37.5km。

テーマ : 天体写真
ジャンル : 写真

キビタキ@茨城県

キビタキ
スズメ目ヒタキ科
体長13.5cm
撮影 2020.5.24 茨城県

通常、山の夏鳥は栃木県、長野県、福島県あたりに見に行くのが普通なのだが、今年は県境を越しての鳥見はやりにくいので、4週連続で県北の山に行った。
オオルリ、キビタキ、センダイムシクイ、クロツグミ、サンコウチョウ、サンショウクイ、ヤブサメ、イカルなどは、県内の低山でもそれなりに観察できる。

DSC04911-001_R.jpg

DSC04892-001_R.jpg
この日撮影したキビタキ(♂)はオレンジ色味が薄く、若い個体と思われる。
暗い森だったが、ISO10000でこれだけ写るのは大したものだと思う。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ゴイサギ@茨城県

ゴイサギ
ペリカン目サギ科
体長57.5cm
撮影 茨城県

20日を過ぎるとシギチの姿は見なくなった。
変わって、ゴイサギが目立つようになった。

DSC04580-001_R.jpg
土浦市内で
このあたりの蓮田には防鳥網が設置されているので、鳥たちにとっては危険地帯だ。


DSC04443-001_R.jpg
取手市内で

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

名盤コレクション89 バッハ/平均律クラヴィーア曲集第1巻、第2巻(リヒテル)

バッハ/平均律クラヴィーア曲集第1巻、第2巻
スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)
録音 1970~73年 ザルツブルク、クレスハイム宮殿

DSC03465-001_R.jpg
1978年発売のLP 5枚組

img196-001_R.jpg
CDは4枚組


平均律とは鍵盤楽器の調律法で、1オクターブの12音を均等に割り振る方法である。
12で割るわけではなく、2の12乗根(1.059463...)を掛けて行く。12回掛けると2になる。

A音を440Hzとすると、
 A# 466.163762...
 B   493.883301...
 C   523.251131...
という風に増えていく。

平均律のメリットは、ひとつの楽器で全ての調を演奏できるところで、移調や転調が容易である。
デメリットは完全には調和しないことである。

2つの音が完全に調和するということは、その周波数が整数比にならなければならない。
例えばA音とE音(完全5度)では、2:3 つまり、E音はA音(440Hz)の1.5倍(660Hz)にならなければいけないが、先の計算では、
 E  659.255114...
となり、0.11%ほど低い。
完全には調和しない平均律は、言わば妥協の産物だが、全ての調を演奏できるメリットの方がはるかに大きいと考えられる。
もっとも、自分には660と659.255114...の違いはわからない。
ただ、上手い合唱を聴いて感銘を受けるのは、これがピタリと調和した時なのかも知れない。


バッハの平均律クラヴィーア曲集は第1巻と第2巻があり、それぞれ24の全ての調による「前奏曲とフーガ」で構成されている。
英語では ”Well-tempered clavier” と言う。「良く調律された鍵盤楽器」というような意味で、特に平均律と謳ったわけではなく、それがわかりやすと考えた人の訳なのだろう。
作曲者の本意としては「よく調律された楽器であれば、24のあらゆる調で書かれた作品を演奏することが可能である」という趣旨だろうと考えられる。
もっと意訳すれば「24の調のための前奏曲とフーガ」という名前がいいかも知れない。

曲順は第1番ハ長調から始まり、ハ短調、嬰ハ長調、嬰ハ短調、というように続き、第24番ロ短調で終わる。
この「全ての調を網羅した24曲で構成される曲集」というアイデアは多くの作曲家の創作意欲を刺激した。その代表的な成果がショパンの「24の前奏曲」である。
バッハの「平均律」は古今のピアノ作品の中で最も重要な作品と位置付けられており、これをピアノ音楽の旧約聖書、ベートーヴェンの32のソナタが新約聖書に例えられている。


リヒテルの平均律は、1970年から73年にかけて、ザルツブルクのクレスハイム宮殿で録音された。
使用された楽器はベーゼンドルファー。
LP時代から、平均律と言えばこれ、と愛聴してきた自分にとっての宝物である。

同じく名盤との誉れ高いグールド盤とは、何から何まで正反対のような演奏である。
グールド盤が、バッハ作品をピアノで演奏することの意味を極限まで追求した演奏であるならば、リヒテルによる演奏は、バッハの作品の中からロマン性を紡ぎ出し、ピアノの持つ無限の可能性を開示したものといえるだろう。この演奏に対しては、ロマンティックに過ぎるという否定的な意見もある。

録音は、宮殿という環境も影響しているのだろうか、残響過多で必ずしもいい録音とは言いがたい。ただ、第2巻に関しては残響が抑え気味になっている。

CDから2曲がリッピングできなかったため、2曲だけLPからデジタル化した。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

トウネン@千葉県

トウネン
チドリ目シギ科
体長15cm
撮影 2020.5.10 千葉県香取市

DSC01586-001_R.jpg

DSC01783-001_R.jpg
3年ぶりに大きな群れを見た。
今年の春の渡りは極めて低調だったが、この日だけ当りだった。
この日確認したシギチは
 ムナグロ
 キョウジョシギ
 チュウシャクシギ
 キアシシギ
 エリマキシギ
 トウネン
の5種類
 

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ネジザウルスGTを購入した

レコードプレーヤーの音がおかしいので、試しにフォノケーブルとアース線を交換して見ることにした。

カバー
配線部分のカバーを外すところで、早くもトラブル。
カバーは3本のネジで止めてあるのだが、そのうち2本が固く、ネジ山を完全になめてしまった。

健全なネジ
健全なネジ

なめたネジ
原型を留めないほどになめたネジ

ネジザウルス
そこで、なめたネジを外すことに特化したペンチ「ネジザウルスGT」をアマゾンで購入した。

先端

先端2
先端に縦溝が切ってあり、これでネジそのものを掴んで強引に回すというもの

はずす
こんな感じで掴んで回すと簡単に外れた。これは優れものだ。

配線
問題の配線だが
上の赤い2本が左右のフォノケーブルで、中央の白い線がアース線。
トーンアームから出ている5本の線の細いこと


フォノケーブルとアース線を交換したが、結局変わらなかった。
トーンアームの方に問題があるとすると、素人には難しいかも知れない。
壊すのを覚悟でやって見るか、というところだ。

2000年の撮影から-新穂高

撮影 2000.8.27
岐阜県新穂高

DSC03504-002_R.jpg
奥飛騨温泉郷から新穂高に向かう途中のどこかと思われる。
左から、槍ヶ岳(3180m)、大喰岳(3101m)、中岳(3084m)、南岳(3033m)


DSC03511-001_R.jpg
新穂高ロープウェイ、西穂高口駅(標高2151m)から
美しい三角錐の笠ヶ岳(2898m)から抜戸岳(2813m)の稜線
笠ヶ岳の左に見える突起は雷鳥岩(約2500m)


DSC03505-001_R.jpg
上高地の象徴、焼岳(2456m)を、反対側から見る。
乗鞍岳が焼岳に隠れているという位置関係になる。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

名盤コレクション88 フォーレ/合唱曲集(ガブリエル・フォーレ少年合唱団)

DSC03470-001_R.jpg
フォーレ/合唱曲集
ガブリエル・フォーレ合唱団

ラシーヌの雅歌
マリーア・マーテル・グラティエ
タントゥム・エルゴ
アヴェ・ヴェルム
アヴェ・マリーア
祈り
小ミサ曲
レクイエム~ピエ・イエズ
レクイエム~イン・パラディスム

フォーレの合唱曲と言えば、何はともあれ「ラシーヌの雅歌」である。
この作品はフォーレ20歳の折、音楽学校の卒業作品として作曲された。
フランス古典悲劇の作家ジャン・ラシーヌによる、敬虔な信仰を歌った「宗教的賛歌」の詩句をもとにしている。このため「ラシーヌ賛歌」と呼ばれる場合もあるが、ラシーヌを賛美したものとの誤解を避けるため、「ラシーヌの賛歌」あるいは「ラシーヌの雅歌」と呼ぶのが一般的である。

この盤は、オルガン伴奏によるフォーレの宗教的合唱作品を集めたLPで、CD化もされていないため、現在では入手困難と思われる。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

サンコウチョウ@茨城県

サンコウチョウ
スズメ目カササギヒタキ科
体長 44.5cm(♂)
撮影 2020.5.17 茨城県

夏鳥として本州以南に飛来し、平地から山地の暗い林に生息する。
♂は、中央尾羽(T-1)が極端に長い。
その囀りは「月日星、ホイホイホイ」と聞きなされ、そこから三光鳥と名付けられた。
囀りの頭に、「ギイ」とひと声入ることが多い。「ギイ」だけのこともある。これは地鳴きかも知れない。
車の窓を全開にし、「ギイ」の声を聞き逃さないように注意しながらそろそろと走る。
先週見つけた場所では見つからなかった。
3か所ほど廻り、ようやく見つけることが出来た。

DSC04227-001_R.jpg
この鳥は暗い林の中にいて、明るいところにはなかなか出て来ない。
狭い道を挟んで、片側は針葉樹林、反対側は広葉樹林という環境だったが、うまい具合にヤマザクラ(?)の枝に止まってくれた。
遠かったが、何とか撮影できた。

サンコウチョウは飛ぶと意外に速い。飛翔姿をぜひ撮って見たいと思いながらすでに15年が過ぎた。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キョウジョシギ@香取

キョウジョシギ
チドリ目シギ科
体長22cm
撮影 2020.5.16 千葉県香取市

DSC03287-001_R.jpg
雨の中のシギチ探しだったが、チュウシャクシギとキョウジョシギの小群を見ただけに終わった。
今シーズンはこれで最後となりそうだ。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キアシシギ@千葉県

キアシシギ
チドリ目シギ科
体長25cm
撮影 2020.5.10 千葉県

DSC02023-001_R.jpg

DSC02040-001_R.jpg

DSC02101-001_R.jpg
今シーズン初のキアシシギ。
チュウシャクシギ、キョウジョシギ、トウネンの群れと一緒に見られた。
20羽ほどの群れだった。この鳥の群れとしては結構大きいと思う。
ようやく春の渡りらしい状況になったが、次の週末あたりがラストチャンスかと思う。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

名盤コレクション87 モーツァルト/ピアノ協奏曲第20、24番(ハスキル、マルケヴィッチ/ラムルーO)

51r-BlFldKL__AC_.jpg
モーツァルト/ピアノ協奏曲第20、24番
クララ・ハスキル(ピアノ)
イーゴリ・マルケヴィッチ/ラムルー管弦楽団
録音:1960年11月14、18日

今年はクララ・ハスキル没後60年に当たる。
これは死のわずか1ヶ月前に行われたもので、ハスキル最後の録音である。
モーツァルトを得意としたハスキルの優しい音色が心に沁みる、代表的な名盤である。

ラムルー管弦楽団(あるいはコンセール・ラムルーとも)は、1881年にパリで設立された民間のオーケストラで、ドビュッシーの「海」「夜想曲」、ラヴェルの「ラ・ヴァルス」、フォーレの「ペレアスとメリザンド」などを初演したというから、かなりの歴史と伝統を誇る。
マルケヴィッチとのコンビによる一連の録音でよく知られているため、マルケヴィッチの手兵のように思われがちだが、マルケヴィッチの時代は1957~1961年の間だけである。
どうやら、マルケヴィッチを指揮者に迎えたはいいが、その過酷なリハーサルに耐え切れず、追い出してしまったということらしい。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

名盤コレクション86 ビゼー/歌劇「カルメン」全曲(C・クライバー/ウィーン国立歌劇場O)

IMG_0001_R_2020051102083817b.jpg

ビゼー/歌劇「カルメン」全曲
カルロス・クライバー/ウィーン国立歌劇場管弦楽団・合唱団、ウィーン少年合唱団

カルメン:エレーナ・オブラスツォワ
ドン・ホセ:プラシド・ドミンゴ
エスカミーリョ:ユーリ・マズロク
ミカエラ:イゾベル・ブキャナン
フラスキータ:チェリル・カンフシュ
メルセデス:アクセル・ガル
スニガ:クルト・リドゥル
モラレス:ハンス・ヘルム
レメンダード・ハインツ・ツェドニク
ダンカイロ:パウル・ヴォルフルム

1978年12月9日、ウィーン国立歌劇場

オペラの本場はイタリアとドイツだが、古今のオペラで最も高い人気を誇るのが、フランスのオペラであるのは皮肉である。
「カルメン」の人気は、何といっても親しみやすい、有名なメロディが各所にちりばめられていることがポイントだろう。
ストーリーは格別面白いとは思えない。ただ、ここで取り上げた公演では台詞のカットが多く、ストーリーの進行がわかりにくいとも言われている。気になる人には減点対象となるだろう。
ウィーン国立歌劇場におけるライヴ映像を収めたDVDで、クライバー唯一の「カルメン」である。
マイクセッティングの関係か、あまり広がりを感じない録音で、音響的にはベストではないと思う。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2001年の撮影から-奥飛騨、鍋平園地

撮影 2001.4.15

引き続き、ポジフィルムのデジタル化。

DSC01435-001_R.jpg
お気に入りの鍋平園地(標高1180m附近)から
左のピークが笠ヶ岳(2898m)
その右に、雪をかぶっていないピークが緑ノ笠(2654m)
右端に抜戸岳(2737m)

DSC01425-001_R.jpg
笠ヶ岳は、県境以外では岐阜県の最高峰。

DSC09814-001_R.jpg
意外とよく見える焼岳(2456m)


この時は、前日の富士五湖周辺から一気に奥飛騨から富山に行き、翌日は白馬という、普通の人はあまりやらないルート設定だった。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

エリマキシギ@千葉県

エリマキシギ
チドリ目シギ科
体長28cm(♂)
撮影 2020.5.10 千葉県

こんな事態でなければ、今日は奥日光で探鳥会のはずだったが、今さら仕方がない。
ここ2週間ほどは、車中からできる田んぼのシギチ探しが中心になっていて、それはもちろん楽しいのだが、いかんせん鳥がいない。
だが、今日はようやく
 ムナグロ
 チュウシャクシギ
 キアシシギ
 キョウジョシギ
 トウネン
が確認できた。それもかなりの数で、ようやく現れたという印象だ。

キョウジョシギの群れの中に、明らかに違う鳥が1羽いたが、すぐに飛んでしまった。
改めて見つけたが、狭い道で車が来てしまったため、やむなく移動。そんなことを数回繰り返した。

DSC02176-001_R.jpg
遠いが、エリマキシギであることはわかる。

DSC02204-001_R.jpg
一旦近くに来たが、また飛んでしまった。
左から7羽目がエリマキシギ。その少し後ろにキアシシギ。

DSC02307-001_R.jpg

DSC02317-001_R.jpg
降りたところを確認し、移動してようやく撮影できた。


春の渡りという時期的に考えると、♂の冬羽から夏羽に換羽中の個体と考えられる。
エリマキシギは珍しいというほどの鳥ではないが、こういう個体を見たのは初めてかも知れない。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

今日の月

撮影 2020.5.7

5月の満月は「フラワームーン」と言う。アメリカ先住民の習慣らしい。

DSC00517-001_R.jpg

DSC00532-003_R.jpg

DSC00635-001_R.jpg
霞ヶ浦の湖畔から撮影した。
手前の杭には、ダイサギが集まっている。

テーマ : 天体写真
ジャンル : 写真

コチョウゲンボウ@河内

コチョウゲンボウ
ハヤブサ目ハヤブサ科
体長 ♂28cm
撮影 2020.5.6 茨城県河内町

DSC00160-001_R_20200507091713574.jpg

DSC00107-002_R.jpg

DSC00099-001_R.jpg
シギチを探して車を走らせていると、畦の上でコチョウゲンボウが獲物をついばんでいた。
背に青灰色の羽が出始めており、♂の若い個体と思われる。
獲物は小鳥で、ツバメのように見えたがはっきりとはわからない。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

2001年の撮影から-山梨県内の桜撮影

引き続き、ポジフィルムのデジタル化

DSC09759-001_R.jpg
山高神代桜
撮影 2001.4.14 山梨県武川村(現北杜市)
2000年に初めて訪れたが、翌年再訪した時の写真が出て来た。

DSC09768-001_R.jpg
甲斐駒と桜

DSC09807-001_R.jpg
神田の大糸桜
撮影 2001.4.14 山梨県小淵沢町(現北杜市)
これも2000年に初めて訪れたが、まだ咲き始めだった。
2001年に撮影していたことは失念していた。

テーマ :
ジャンル : 写真

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア