FC2ブログ

常盤神社のヤマザクラ(茨城県水戸市)

常盤神社のヤマザクラ
撮影 2019.4.6
茨城県水戸市

J33A8115-001_R.jpg

DSC09901-001_R.jpg

DSC09911-001_R.jpg

午後になり、再び水戸市に戻って来た。
目的は、見ごろを迎えた偕楽園の「左近の桜」である。
梅で有名な偕楽園だが、一帯は桜の名所でもある。

さほど混んでいないので、常盤神社側の駐車場に車を入れた。
ここからだと偕楽園の東門は間近である。

偕楽園に入る前に、まず常盤神社の桜を撮影する。
常盤神社は水戸光圀公と斉昭公を祀る、近代に出来た神社である。
本殿左手裏に、白味の強いヤマザクラがある。


次回は偕楽園左近の桜

テーマ :
ジャンル : 写真

名盤コレクション18 ベートーヴェン/ピアノソナタ第30~32番(ポリーニ)



ベートーヴェン/ピアノソナタ第30~32番
マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)

ベートーヴェンの作品群は、「前期」「中期」「後期」に分けられる。
「前期」はハイドンやモーツァルトの影響を受け、快活で若々しいのが特徴だが、すでにベートーヴェンならではの力強さに満ちていて、新しい時代を予感させる魅力がある。

「中期」の作品群は、俗に「傑作の森」とも言われる。
この時期、ベートーヴェンは耳の病気が進行し、次第に聞こえなくなっていく。有名な「ハイリゲンシュタットの遺書」を書くまで追い込まれたが、その絶望と苦悩を乗り越え、数々の名作を生んだ。
一般的に知られているベートーヴェンの傑作はこの時期に集中している。

そして「後期」
ベートーヴェンは構築の鬼である。少ない材料から大建築を構築するベートーヴェンが、後期においては構築しなくなり、神がかり的な境地に至る。
有名な交響曲第9番は、この時期ではやや異質である。
代表的な後期の作品は、第12番以降の弦楽四重奏曲、ミサソレムニス、最後のピアノソナタ3曲(第30~32番)ということになる。
ベートーヴェンの後期を語るには後期ピアノソナタ、中でも第30番からの3曲と、弦楽四重奏曲は避けては通れないだろう。


ポリーニによるベートーヴェンのピアノソナタ録音は、1975年から77年にかけて、後期の5曲から始まった。
当時、全曲録音を考えていたかどうかは定かではない。
その全集が完成したのは、実に39年後の2014年である。

1975年 30番 31番
1977年 29番 28番 32番
1988年 17番 21番 25番 26番
1991年 13番 14番 15番
1997年 11番 12番 21番(再録)
2002年 22番 23番 24番 27番
2002年 5番 6番 7番 8番
2007年 1番 2番 3番
2012年 4番 9番 10番 11番(再録)
2014年 16番 17番(再録) 18番 19番 20番

ポリーニがいきなり後期ソナタ、それも最も重要な30番、31番から始めたことは興味深い。
当然LP時代だったが、印象的なジャケットとともに鮮烈な印象を与えてくれた録音である。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

蒼龍寺のシダレザクラ(茨城県那珂市)

蒼龍寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.6
茨城県那珂市

DSC09873-001_R.jpg

DSC09867-001_R.jpg

DSC09861-001_R.jpg

蒼龍寺はJR水郡線南酒出駅の北、500mほどの場所にある。
1330年の開山当初は臨済宗の寺であったが、現在は曹洞宗の寺である。
長閑な風景の中に立つ、美しいシダレザクラ。ゆったりとした時間が過ぎてゆく。


次回は水戸市に戻り、常盤神社のヤマザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

斉藤茂吉記念館(山形県上山市)

斉藤茂吉記念館
撮影 2019.5.4 山形県上山市

斉藤茂吉記念館は、1968年に開館した。設計は谷口吉郎。
1989年に、茂吉の甥である守谷誠二郎から遺産数十億円の寄贈を受け、改修及び増築工事が行われた。
工事は地下棟を新設し、展示室を拡大した他、展示物も大幅に拡充された。その設計は、吉郎の子息である谷口吉生が手掛けている。
谷口親子による共同設計としては、金沢の玉川図書館があるが、父の死後、息子が改修工事に関わったものとしては国立近代美術館がある。

谷口吉生の作品としてはあまり知られていない。
1989年と言えば、葛西臨海水族園が竣工した時期でもあり、陰に隠れて目立たなかったのかも知れない。
エントランスから階段を下り、地下の展示室に至ると、土門拳記念館と同じモチーフが現れ、谷口吉生の建築であることがはっきりと示される。


記念館内部は撮影禁止なので、外観の写真のみ。

1.jpg
旧館正面


2.jpg
新館屋上


3.jpg
新館屋上から旧館を見る


4.jpg
隣接するみゆき公園から、新館側の全景


5.jpg
屋上テラスからは、上山の市街地や蔵王方面の眺望が素晴らしい。

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

西方寺のシダレザクラ(茨城県常陸大宮市)

西方寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.6
茨城県常陸大宮市

DSC09858-001_R.jpg

DSC09824-001_R.jpg

J33A8087-001_R.jpg

以前訪れた時は、すでに葉桜だった。
満開の時に再訪したい桜だったが、今回実現した。


次回は蒼龍寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

キアシシギ@稲敷

キアシシギ
チドリ目シギ科
体長25cm
撮影 2019.5.20 茨城県稲敷市



J33A1330-001_R.jpg

今日はラストチャンスと思ったが、ようやく今季初のキアシシギを発見した。
これで春の渡りのシギチは、ムナグロ、チュウシャクシギ、キョウジョシギ、キアシシギは確認できたが、トウネンその他には出会えなかった。
ケリに遭遇したのは想定外だったが、極めて低調に終わった。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

大山寺の桜(茨城県城里町)

大山寺の桜
撮影 2019.4.6
茨城県城里町

J33A8075-001_R.jpg

DSC09797-001_R.jpg

「花の寺めぐり」の第3番にもなっている大山寺。
まさに花盛りのなかでのひと時を過ごすことが出来た。


次回は西方寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

ムナグロ@稲敷

ムナグロ
チドリ目チドリ科
体長24cm
撮影 2019.5.18 茨城県稲敷市

DSC08156-001_R.jpg

DSC08544-001_R_20190520005923efe.jpg

DSC08523-001_R.jpg

河川敷で着陸機の撮影をしていると、偶然近くの田んぼにムナグロの群れがいた。
今まで確認したことがない場所だった。

50羽程度の群れで、今期観察した中では最大の群れ。
中に5~6羽のキョウジョシギが混じっていたが、キョウジョシギだけ飛ばれてしまった。
1枚だけに辛うじて写っていた。(1枚目の右端)

春の渡り時期、毎年キョウジョシギは見られるが、今期は初めての確認。
経験則では、春のシギチの渡りは5月20日前後がリミットなので、もうワンチャンスがあるかも知れない。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

5.19 牛久自然観察の森

2019.5.19
牛久自然観察の森 定例探鳥会
9:00~10:30
茨城県牛久市

キジ S
コジュケイ S
カルガモ
キジバト
アオサギ
ダイサギ
カワセミ
コゲラ C
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス S
メジロ S
オオヨシキリ
キビタキ S
スズメ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
以上21種

最初は見にくかったカワセミだが、次第に見やすい場所に移動し、最後は間近を飛んでくれた。
オオヨシキリは、去年に比べると個体数が多いようだった。


その他
18日、稲敷市内で50羽程度のムナグロの群れに、キョウジョシギが混じっていた。

19日、稲敷市内でサシバを確認。

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

ケリ@土浦

ケリ
チドリ目チドリ科
体長38cm
撮影 2019.5.17 茨城県土浦市

DSC07965-001_R.jpg

DSC07928-001_R.jpg

このあたりでケリを見ることは少なく、秋の渡りに数羽の群れを見ることがあるほか、越冬個体を見ることがある。
過去の記録を見ても、5月に見たことはない。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

龍谷院のシダレザクラ(茨城県城里町)

龍谷院のシダレザクラ
撮影 2019.4.6
茨城県城里町

龍谷院は、旧桂村にある曹洞宗の寺院。

2005年、茨城県の北西部にある花の寺8ヶ寺が、宗旨を超えて「開運、花の寺めぐり」コースを開設した。
龍谷院はその第1番となっている。
ちなみに、第2番以降は以下の通り
 第2番 金剛寺(笠間市)
 第3番 大山寺(城里町)
 第4番 江畔寺(常陸大宮市)
 第5番 文殊院(那珂市)
 第6番 徳蔵寺(城里町)
 第7番 一乗院(那珂市)
 第8番 弘願寺(那珂市)

DSC09709-001_R.jpg

境内では何本かの桜が見ごろになっている

DSC09697-001_R.jpg

参道途中にあるシダレザクラは、樹齢などはわからないが、かなりの古木である。

J33A8043-001_R.jpg

2001年に完成した客殿は、寺院には珍しい数奇屋風の建物である。


次回は大山寺の桜

テーマ :
ジャンル : 写真

キジ@阿見

キジ(♂)
キジ目キジ科
体長80cm
撮影 2019.5.9 茨城県阿見町

J33A0495-001_R.jpg

最近よくキジと遭遇する。これは朝、通勤途中で出会った個体。
キジは周辺で増えているような気がする

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

小松寺のシダレザクラ(茨城県城里町)

小松寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.6
茨城県城里町

DSC09639-001_R_20190517020115ab8.jpg

J33A8028-001_R.jpg

1180年、平清盛の家令を務めた平貞能が、平重盛の遺骨を白雲山に葬り天台宗の寺院を建立したのが始まりであるという。
1387年、大掾頼幹が中興し真言宗の寺となった。

東日本大震災で被害を受けたが、本堂は最近新しくなったようだ。


次回は龍谷院のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

番外編、兼六園菊桜

番外編、兼六園菊桜
撮影 2019.5.5
福島県白河市、翠楽苑

DSC02956-001_R.jpg

DSC03027-001_R.jpg

DSC03011-001_R.jpg

兼六園菊桜は、かつて金沢の兼六園にあった国の天然記念物である。
1970年に枯死してしまい、現在ではその2代目が命をつないでいる。
以前、兼六園に行った時は時期はずれのため見られなかった。見ごろが5月上旬で、特に遅咲きの桜なのである。

今回、白河の翠楽苑で偶然出会うことが出来た。
翠楽苑は、白河藩主松平定信が造った大名庭園である。松平定信は兼六園の名付け親でもあり、そんな関係で金沢市から寄贈されたようだ。

花びらが300枚以上もあるという、珍しい品種である。
もっと派手な桜かと思っていたが、花は意外に小さく、とても上品な印象である。

テーマ :
ジャンル : 写真

安国寺のシダレザクラ(茨城県水戸市)

安国寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.6
茨城県水戸市

05161_R.jpg

05162_R.jpg

05163_R.jpg

05164_R.jpg

05165_R.jpg

土曜日
桜撮影には最高の天気になった。
今日は水戸から北の方を廻り、再び水戸に戻るルートである。
まず、水戸市郊外にある名所、安国寺から。

安国寺のシダレザクラは、整った樹形の1本。
少し離れたところにある、別の桜とナノハナと絡めるのも一興。


次回は小松寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

2019.5.11~12 奥日光

2019.5.11~12
奥日光探鳥会
11日 7:30~16:00
12日 3:30~15:00

オシドリ
マガモ
コガモ
キンクロハジロ
キジバト
カワウ
アオサギ
アマツバメ
オオジシギ
トビ
ノスリ
フクロウ
コゲラ
アカゲラ
モズ
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
コガラ
ヒガラ
シジュウカラ
ツバメ
イワツバメ
ウグイス
ヤブサメ S
エナガ
メボソムシクイ S
エゾムシクイ S
センダイムシクイ
メジロ
ゴジュウカラ
キバシリ
ミソサザイ
ムクドリ
カワガラス
アカハラ
コマドリ
ルリビタキ S
ノビタキ
コサメビタキ
キビタキ
オオルリ
ニュウナイスズメ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
ビンズイ
イカル S
ホオアカ
アオジ
以上50種

毎年奥日光では日帰りの探鳥会を行っているが、今年は初めて一泊での探鳥会とした。
日光は近いので、2日間、のんびりと鳥見を楽しむことが出来た。

土曜日
7:30、赤沼を出発。戦場ヶ原から、湯滝を経て湯ノ湖まで。
今年は芽吹きが遅いので、鳥は見やすかった。
ゴジュウカラやニュウナイスズメが特に多い。
キバシリが3箇所ほどで見られた。
コマドリをじっくりと観察出来たのも収穫だった。

日曜日
3:30からオオジシギ狙い。
意外と夜明け前には飛ばなかった。
5時前後、赤沼で複数のディスプレイが見られた。
朝食後、各所を廻る。
結局50種類を観察した。奥日光としてはこんなものかと思うが、なかなか充実した探鳥会だった。

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

安福寺のベニシダレザクラ(茨城県つくば市)

安福寺のベニシダレザクラ
茨城県つくば市
撮影 2019.4.4

DSC09464-001_R.jpg

J33A7937-001_R.jpg

J33A7946-001_R.jpg

木曜日
去年初めて知った桜を見に行った。

1985年、つくば市で科学万博が開かれた際に、会場に行くメインルートとして「サイエンス大通り」と「エキスポ大通り」が整備された。
その交差点附近から見える真言宗のお寺である。

本堂前にあるシダレザクラは、赤味の強い1本。
山門附近のソメイヨシノも見頃だった。


次回は安国寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

チュウシャクシギ@河内

チュウシャクシギ
チドリ目シギ科
体長42cm
撮影 2019.5.6 茨城県河内町

J33A9820-001_R.jpg

毎年この時期、多くのチュウシャクシギが通過するが、今年確認できたのは10羽ほどの群れが数回程度。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

神宮寺のシダレザクラ(茨城県土浦市)

神宮寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.3
茨城県土浦市

DSC01070-001_R.jpg

DSC01050-001_R.jpg

DSC01068-001_R.jpg

水曜日
毎年タイミングを見ながら撮影している桜だが、今年は天気も良く、これまでで一番よかったように思う。
藤沢地区の奥まった場所にあり、ここで人に遭遇したことはなく、いつも一人で撮影している。


次回は安福寺のベニシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

ムナグロ@河内

ムナグロ
チドリ目チドリ科
体長24cm
撮影 2019.5.6 茨城県河内町

J33A9691-001_R.jpg

J33A9718-001_R.jpg

J33A9734-001_R.jpg

この春のシギチの渡りは、かつてないほどに低調で、ムナグロとチュウシャクシギを見ただけで終わってしまいそうだ。
今年はあまり見るチャンスもなかったのだが、13日にもう一回探して見ようかと思う。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア