FC2ブログ

藤森ワールド

藤森ワールド
撮影 2018.4.15 長野県茅野市




■神長官守矢資史料館(1991年建築)

江戸時代まで、諏訪大社上社の神長官(筆頭神官)を務めた守矢家の文書を保管、公開する博物館。
守矢家の敷地内に建つ。
茅野市生まれの建築史家、藤森照信による初の実作である。
優れた作家は、処女作に全てが凝縮されていると言うが、ここには藤森建築のエッセンスが全て含まれている。

1994年に初めて訪れて以来、何度目かの訪問になるが、いい感じで年を重ねているのがよくわかる。



1994年5月14日撮影




■高過庵(2004年)

神長官守矢資史料館から斜面を少し登ったところに建つ、2本の柱で支えられた樹上住居。
いわゆるツリーハウスではなく、設計者によれば高床式住居である。




■左に見えるのは低過庵(2017年)
高過庵の2年後に構想を得た、竪穴式の茶室である。
上半分を横にスライドさせると、屋根のない半地下の茶室が出現するという仕掛けである。




■空飛ぶ泥舟(2010年)
茅野市美術館の「藤森照信展」の展示物として作られた「空中の茶室」である。
2011年、高過庵近くの畑の中に移設された。
9mmのワイヤー4本で支えられている。質量は約600kg。


ここは1箇所で4つの藤森建築を見ることが出来る。
今度はもっと天気がいい時に訪問したい。

アマサギ@土浦










アマサギ
ペリカン目サギ科
体長51cm
撮影 2018.4.26~5.29 茨城県土浦市

市内の田んぼを廻ると、一番多いのがチュウサギで、次がアマサギ。
約1か月の間に撮影したものから。

宝蔵寺のシダレザクラ(栃木県日光市)





宝蔵寺のシダレザクラ
栃木県日光市
撮影 2018.4.8

予備知識なく、場所だけ押さえて行ったのだが、ちょうど桜まつりが行われていた。
着いたのは11時前で、運よく駐車場に停めることが出来た。

本堂前の左右に、古木ではないが形の良いシダレザクラがあって、花つきもよく美しい。
桜まつりは毎年4月の第2日曜日に行われている。
この日は8日で、第2日曜日としては最も早い日付だ。通常だと満開にはちょっと早いという日程だろう。
今年は開花が早かったため、満開からちょうど散り初めに当たり、天気の良さも手伝って絶好の桜まつりとなった。

桜まつりに合わせて雅楽の演奏が行われる。
時間を見るとちょうど始まるところだ。
知らずに行ったのにピッタリのタイミングで、なかなか聴く機会のない雅楽を体験することが出来た。
演奏の最中、さわやかな風に花びらが舞った。絵に描いたような風景が出現した。


次回は矢野口の腰掛桜

富士山とトビ




撮影 2018.5.27
山梨県身延町

わずか3週間でほとんど雪がなくなってしまった。
富士山は雪がないと絵になりにくいが、雲の上に顔を出した姿は高度感があってなかなか良い。

本栖湖から

竜門寺跡のサクラ(栃木県日光市)


竜門寺跡のサクラ
栃木県日光市
撮影 2018.4.8

この場所にはかつて竜門寺というお寺があったが、幕末の動乱期に焼失してしまったと言う。
現在は民家の庭になっているようなので、離れた場所から遠望した。
形の良いシダレザクラである。


次回は宝蔵寺のシダレザクラ

十王堂のエドヒガン(栃木県日光市)


十王堂のエドヒガン
栃木県日光市
撮影 2018.4.8

前回の龍蔵寺から500mほど離れている。
川を渡ると大きな墓地がある。龍蔵寺の墓地であるらしい。
墓地の中に十王堂があり、その前に咲く大きなエドヒガンである。

十王堂は、10人の冥界の判官を祀るお堂である。
人は死してのち、初七日、二七日、三七日、四七日、五七日(三十五日)、六七日、七七日(四十九日)と7日ごと、その後百ヶ日、一周忌、三回忌と、計10人の冥界の王に10回の裁きを受ける。
十王堂信仰は、その10回の裁きごとに、死者が無事に極楽に行けるように、残された者が祈るというものだ。


次回は竜門寺跡のサクラ

高山植物展(国立科学博物館 筑波実験植物園)

撮影 2018.5.26
茨城県つくば市



筑波実験植物園で開かれている「高山植物展」を見て来た。
明日まで開催。




クロユリ
ユリ科バイモ属




ミヤマオダマキ
キンポウゲ科オダマキ属




ハヤチネウスユキソウ
キク科ウスユキソウ属
早池峰山に特産する。
ヨーロッパのエーデルワイスに近い花とされる。




ホソバヒナウスユキソウ
キク科ウスユキソウ属
ミヤマウスユキソウの変種で、至仏山と谷川岳に特産する。




セイヨウウスユキソウ(レオントポディウム・アルピヌム)
いわゆるヨーロッパのエーデルワイス




メコノプシス・ベトニキフォリア
ケシ科
いわゆる、ヒマラヤの青いケシ




植物園ではクレマチス園も公開中だが、中央広場に面したところに咲いているヤマボウシがちょうど見頃だ。
これほど見事に咲いたヤマボウシを見たことがない。

発地にて

撮影 2018.4.22
長野県軽井沢町発地



野鳥の森での観察のあと、発地で草原の鳥を狙う。
リゾート地軽井沢とは一味違う雰囲気の軽井沢。




のんびり囀るホオアカ







上空ではノスリのバトルが。

龍蔵寺のエドヒガンと稲垣家の桜(栃木県日光市)

龍蔵寺のエドヒガンと稲垣家の桜
栃木県日光市
撮影 2018.4.8



龍蔵寺は天台宗の古刹で、畠山重忠の子重慶の菩提を弔うために建てられた。
墓地に咲くエドヒガンは、これも背の高いイチョウの木と並んで背が高く、樹勢も良い。




龍蔵寺の反対側に稲荷神社がある。
シダレザクラがあったので行って見たが、隣家の庭に咲く桜のようだ。


次回は十王堂のエドヒガン

コゲラ@土浦



コゲラ
キツツキ目キツツキ科
体長15cm
撮影 2018.5.24 茨城県土浦市

ユリノキの並木があって、そのうちの1本が途中で折れ、枯れてしまっている。
枯木は柔らかいので、コゲラにとっては巣作りが楽だ。
「キーキーキーキー」と盛んに鳴いている。♂が♀を呼んでいるのだろう。

岸野家のシダレザクラ(栃木県日光市)




岸野家のシダレザクラ
栃木県日光市
撮影 2018.4.8

岸野家は、日光東照宮の漆塗りなどを行っている旧家であるらしい。
岸野家の庭先にあるシダレザクラは、推定樹齢500年と、この地区で最も古い。
樹高はそれほどでもないが、堂々たる幹回りと枝ぶりは名木の風格十分である。
高田家のシダレザクラと並んで、この地域では双璧と言って良いと思う。
住宅の向こう側にもシダレザクラがある。岸野家親族の家と合わせて3本の桜があるようだ。


次回は龍蔵寺のエドヒガン

キアシシギ@三番瀬



キアシシギ
チドリ目シギ科
体長25cm
撮影 2018.5.19 千葉県船橋市三番瀬

キアシシギは上面が一様に灰褐色で、翼帯もないので、飛んだ時にはとても地味な印象がある。

虚空蔵尊のシダレザクラ(栃木県日光市)



虚空蔵尊のシダレザクラ
栃木県日光市
撮影 2018.4.8

高田家から300mほど西にある。
ウェブ上には「大杉神社の虚空蔵尊」とある。おそらく、以前は大きな杉があったのだろう。
境内に咲くシダレザクラは、樹齢約350年と言われている。


次回は岸野家のシダレザクラ

高田家のシダレザクラ(栃木県日光市)




高田家のシダレザクラ
栃木県日光市
撮影 2018.4.8

日光市では、4月6日から30日まで「日光桜回遊」というイベントを行っている。
日光市内には、有名な輪王寺の金剛桜を筆頭に多くの1本桜があり、市でも積極的にPRしているようだ。
今回はその中から見頃の桜を何箇所か廻ることが出来た。
市内にはもっと多くの桜があるようなので、来年以降も日光の桜巡りが出来そうだ。

高田家のシダレザクラは、日光桜回遊の中でも屈指の1本である。
道も狭く、住宅が密集している環境の中で、個人宅にこれだけ大きな桜があるというのは凄いことだ。
個人宅にある桜というと
 長野県中川村の小池家
 栃木県栃木市の中新井家
のものが有名だ。
その2本とはかなり環境が異なるが、同様に名木と言っていいだろう。

長く張り出した枝は、道を挟んだ隣のお宅で支えている。
そのお宅の庭からは、鹿威しの「カタン」という音が響いてきた。


次回は虚空蔵尊のシダレザクラ

チュウシャクとオオソリ@三番瀬





チュウシャクシギとオオソリハシシギ
撮影 2018.5.19 千葉県船橋市三番瀬

久しぶりの三番瀬。
午後の干潮に合わせて行ったが、潮干狩りの人で大混雑だった。
シギチに関しては
 ダイゼン
 メダイチドリ
 オオソリハシシギ
 チュウシャクシギ
 キアシシギ
 キョウジョシギ
 トウネン
 ハマシギ
で、数は少なかった。コアジサシも数羽だけ。

チュウシャクシギは干潟にも水田にも入るが、自分のフィールドでは春の渡りの水田に多い。
三番瀬としては比較的多いように思えた。
オオソリハシシギと一緒に行動していた。この2種は大きさも似通っている。
最後の個体は、小さなカニをくわえている。

お越し場の山桜(茨城県常陸太田市)




お越し場の山桜
茨城県常陸太田市
撮影 2018.4.7

ウェブ上でこの桜の写真を見て、何としても行って見なければと思った。
ここはこれまでに行ったことがなかった地区で、その美しい里山風景には心底魅了された。

この日は桜が開花してから初めての雨で、桜もすでに見頃を過ぎてしまった。
朝日を浴びた姿を想像して見る。
ぜひ来年以降にチャレンジしたい。ベストの状態で撮るのは結構難しいかも知れない。


このあと高萩の七反のシダレザクラを見に行った。
スマホに入れた位置情報が間違っていて、とんでもなく狭い道に入り込んでしまった。
何とかたどり着いたが、標高が高いためまだつぼみだった。


次回から日光編。高田家のシダレザクラ

土門拳記念館

土門拳記念館
撮影 2018.4.28 山形県酒田市

少し時間が空いたので、土門拳記念館に寄って見た。
土門拳記念館は、名誉市民である土門拳本人から全作品の寄贈を受けた酒田市が、飯盛山文化公園内の一角に記念館を建設したものである。
谷口吉生の設計により、1983年に竣工した。
今年で竣工後35年になるが、いまだに新鮮さを失っていない。
谷口の作品としても代表作と言えるものである。
自分としても最も大事な場所で、今回が5回目の訪問となる。




1992年9月撮影



1999年10月。2度目の訪問



2007年5月。飛島の帰りに訪問



2010年7月。4回目の訪問



今回(2018年4月28日)撮影


基本的に全く変わっていないのが嬉しいところだ。
基本的な設計が優れているのと、メンテナンスがいいのだろう。
使う側も大事に使っていることがよくわかる。名建築というのはそういうものだ。
















何度見ても美しい。とにかく見惚れてしまう。何時間見ていても飽きることはない。
コンクリート小叩き仕上げの壁、格子ルーバーの光天井、アネモ型の吹出口など、若干時代を感じさせるところもあるが、それも古さを感じさせるというよりは歳月の積み重ねを感じさせてくれる。




プランニング、外装のデザイン、素材の選定、プロポーション、ディテールなど、デザインの教科書のようなものだ。
今回はとりあえずエントランス廻りの、一分の隙もない構成を鑑賞して見よう。


土門拳と親交があったアーティストによる作品が館内のあちこちにある。
それらの作品も竣工当時のままである。




中庭に設置された、イサム・ノグチによる「土門さん」




「土門さん」を列柱の間から見る。




勅使河原宏による庭




亀倉雄作による館名板。
亀倉雄作は東京オリンピックのエンブレムデザインを手がけた。




公園内はヤエザクラが見頃になっていた。
山形の遅い春を満喫した。

旌桜寺跡の旗桜茨城県常陸太田市




旌桜寺跡の旗桜
茨城県常陸太田市
撮影 2018.4.7

旌桜寺(せいおうじ)は水戸光圀ゆかりのお寺とのことだが、今は廃寺になっていて、2つの小さなお堂が残るのみである。
旗桜は、八幡太郎義家が地面に刺した旗竿が根付いたという伝承による。
去年訪れた時にはまだつぼみだったが、今回はいい条件で撮影できた。
思っていた以上に立派な桜で、間違いなく名桜の条件を備えていると思う。


次回はお越し場の山桜

ヤマガラとツバメ@忍野村

撮影 2018.5.5 山梨県忍野村



普段、あまり電線には止まらないヤマガラ。

忍野で有名な豆腐店の店先である。
この店、試食を勧められるが、その量が半端ではない。試食だけで腹いっぱいになりそうだ。




反対に、普段は電線止まりが多いツバメ。
忍野八海は外国人観光客で一杯だ。



飛翔を狙って見た。
高感度で画面は粗いが、1/2000で止めることが出来た。

上長八幡神社の夫婦桜




上長八幡神社の夫婦桜
茨城県阿見町
撮影 2018.4.7

阿見町上長地区にある八幡神社だが、地図には鹿島神社とあった。もうひとつの神社があるのかも知れない。
数日前に偶然見つけたのだが、撮影時期は逸してしまった。この日もどんよりと曇っている。
鳥居の両脇に咲く2本のヤマザクラで、向かって右側の桜が特に見事である。
ここはいつでも行けるので、来年狙って見たいと思う。


次回は旌桜寺跡の旗桜

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア