FC2ブログ

ライナーの「シェエラザード」


リムスキー=コルサコフ/交響組曲「シェエラザード」(1960年録音)
ストラヴィンスキー/交響詩「ナイチンゲールの歌」(1956年録音)
フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団

ステレオ再生の発想は19世紀にまで遡る。それは電話回線を利用し、2つの電話機を両方の耳に当てて聴くというアイデアだったようだ。
映画の世界では、1940年のディズニー映画「ファンタジア」ですでにステレオが採用されている。

音楽でステレオ録音が本格的に行われるようになるのは1954年ごろだが、初めは磁気テープによる発売だった。
レコード盤の1本の溝に左右2チャンネルの音を記録する規格が統一され、ステレオのLPが発売されるのは1958年のことである。

今から思うと、モノラルに対してステレオの優位性は明らかなようにも思えるが、当時はまだステレオに懐疑的なレーベルも多かった。
ステレオ再生となるとアンプもスピーカーも2台揃えなければならない。モノラル録音の技術は確立されていたし、モノラルで十分という意見も多かったのだと言う。
1970年代に4チャンネルが一時ブームになった時のことはよく覚えている。
同じような葛藤が当時あったのだろう。ただし、ステレオは結局成功したが4チャンネルは大コケだった。

RCAはステレオ録音に積極的なレーベルだった。
そのRCAが発売したステレオ録音のシリーズが「リヴィング・ステレオ」である。
左右のスピーカー・コーンの間に、誇らしげにLIVING STEREOの文字が踊るデザインは、ステレオ時代の幕開けを告げるという意気込みが感じられる。
実際、このシリーズの録音の良さは、今聴いても驚嘆すべきレベルだ。


■リムスキー=コルサコフ/交響組曲「シェエラザード」

ライナーによるシェエラザードは珍しく、実演で取り上げたのもこの録音の直前に1回あるだけだそうだ。
リムスキー=コルサコフは、管弦楽法の教科書も書いているほどの大家である。
オーケストレーションの大家と言うと、ベルリオーズやラヴェルなどの名前も挙げられるが、リムスキー=コルサコフの特徴はやっぱり色彩感豊かな、華麗なオーケストレーションということが言えるだろう。
絢爛で華麗なサウンドが展開する「シェエラザード」は、ステレオの効果をデモンストレーションするには絶好の楽曲で、そういう意味での選曲だったのだろうと思う。


■ストラヴィンスキー/交響詩「ナイチンゲールの歌」

「ナイチンゲールの歌」は、アンデルセンの原作に基づくオペラで、後に交響詩あるいはバレエとして改作したもの。

舞台は中国
皇帝の御苑で、美しい声で鳴くナイチンゲールが評判だったが、皇帝はその鳥を知らず、家来に探させる。
宮中に赴いたナイチンゲールは、その美しい鳴き声で皇帝を感動させ宮中に留まるが、ある日、日本の皇帝(天皇?)から細工物のナイチンゲールが贈られる。
美しい細工物のナイチンゲールが同じ節で美しい鳴き声を奏で続け人気を集める一方、本物のナイチンゲールはいなくなってしまう。
皆は常に同じ節で鳴く細工物のナイチンゲールに満足し、誰もがその節を覚えてしまう。
それから5年、皇帝は重い病にかかり死の床につく。すでに死神に魅入られていたのだった。
皇帝は細工物のナイチンゲールの声を求めるが、ねじを巻く者はいなかった。
そこに本物のナイチンゲールがやってきて鳴き声を聞かせると、死神は消え、皇帝は死の淵から復活する。

原作がアンデルセンなのでナイチンゲールなのだろうが、中国が舞台となるとナイチンゲールではおかしい。
コウライウグイスなのではないか、などと鳥屋としては余計なことを考えてしまう。

パイロットのペンを買い替える

パイロットの多機能ペン「HITEC-C COLETO RUMIO」
書き味では定評のあるゲルインキボールペンのリフィル4本を自由に組み合わせて使用する。
全15色で、太さは0.3mm、0.4mm、0.5mmの3種類ある。
そのほか、シャープペンシルや消しゴムのリフィルもある。







筆記用具はよくなくしてしまうので、高い物は基本的に使わない。
これは例外的に長期間使うことが出来たが、とうとう壊れてしまった。
ここが弱いのは明らかなので、仕方のないところかも知れない。

この「RUMIO」というシリーズは限定版で、今は販売されていない。
ネットで見るとプレミアがついて3000円以上の値段がついている。




そんな高い物は買えないので、今度は「HITEC-C COLETO1000」にした。
基本的には変わらないので、また同じところが壊れるかも知れない。

白馬~鬼無里~戸隠

白馬~鬼無里~戸隠
撮影 2017.10.22

台風に刺激された秋雨前線の影響で、この日は朝から雨。
紅葉の撮影という雰囲気でもなくなって来たが、とりあえず戸隠方面に向かう。




大出の吊橋から
天気がよければ白馬三山をバックに撮れる場所だが、、、、




白馬から白岩峠を越えて旧鬼無里村(現長野市)
この近くには「東京」という地名がある。「とうきょう」ではなく「ひがしきょう」。よく話題になる場所だ。




裾花川も増水中




鬼無里地区から戸隠地区に向かう途中の風景




もうすぐ戸隠の中心部

白馬から戸隠へのルートは、山岳景観と農村風景を見ながら走る、極めて狭くも楽しいワインディングロードだが、こんなに天気が悪い日に走ったのは初めてだ。雨に煙る山村の風景も味わいのあるものではあったが、どうにも消化不良だ。

白骨温泉(長野県松本市)

白骨温泉
撮影 2017.10.21 長野県松本市

乗鞍高原から、元の上高地乗鞍スーパー林道B区間を走り、蛭窪トンネルを抜けると眼下に白骨温泉が見えて来る。
紅葉も見事な絶景のポイントだ。

上高地乗鞍スーパー林道B区間は、以前は有料だった。
白骨温泉から安房峠道路の途中に出るC区間は、今は通行できない。
白骨温泉に至るルートは、この他に上高地に行く途中の湯川渡から上って来る道がある。




見える建物は、白骨温泉街の少し手前にある泡の湯旅館




こちらは白骨温泉の中心部が見える。
こうして見ると、よくこういう場所に温泉街を作ったものだと思う。




白骨温泉の中心部
公共の露天風呂は工事のため、現在営業停止中

まいめの池(長野県松本市)




まいめの池
撮影 2017.10.21 長野県松本市

一ノ瀬園地は乗鞍岳の噴火によって形成された溶岩台地で、その窪地に水がたまった池があちこちにある。
「まいめの池」という不思議な名前の由来はわからないが、ビューポイントの多い乗鞍高原でも穴場的な存在だ。
乗鞍岳が映る姿も撮ることが出来る。カメラマンには人気のポイントである。

航続可能距離のこと



フリートスパイクハイブリッドのメーター

航続可能距離が1002kmと、びっくりするような数字を示した。
左側の数字は、満タンから20.5km走ったという意味である。
本当に1000kmも走れれば有難いのだが、実際はそんなに走れるものではなく、現実的な数字ではない。
これはだんだんと妥当な線に落ち着いて、この数字が40~50kmぐらいになると警告灯が点灯する。(航続可能距離の表示と警告灯は連動しているわけではない)
警告灯が点灯した時点で700kmぐらい走っていれば、20km/㍑前後の燃費になるのだが、燃費20kmを超えるのは10回に1回程度だ。
警告灯が点灯した時点で7㍑程度は残っているので、航続可能距離が0になってもすぐにガス欠になるわけではない。




数日後、こういう数字に落ち着いた。
今回は燃費の計測をしていないが、20km/㍑程度は出せる傾向の数字だ。


この車では、これまで228回の燃費計測を行った。
平均は18.79km
最高は21.71km
最低は16.19km
同じように走っているつもりだが、結構ばらつきがあるものだ。
ちなみに標準偏差を計算して見ると1.02kmになる。
平均±標準偏差×2
をはずれたデータは、上から6番までと下から7番までで、全体の94.3%が上記の範囲内に収まっている。統計的には95.5%がこの範囲内に収まるということになっているので、ほぼ正規分布に近いことがわかる。なるほど統計は嘘をつかないものだ。

季節的には10~11月が最も良く、5~6月がそれに次ぐ。
一番悪いのは冬場の12~2月で、エアコンを多用する7~8月がそれに次いで悪い。
大体予想通りの結果になっている。

新日本ヘリコプターのベル206


新日本ヘリコプター
ベル206(JA9847)

下にレーザー測量のための装置を取り付けている。
送電線と樹木との距離計測にも使われているようだ。

昨日の月


撮影 2017.10.27

月齢6.8
今日が上弦のようだが、見えそうもない。

クサシギ@稲敷


クサシギ
チドリ目シギ科
体長22cm
撮影 2017.10.27 茨城県稲敷市

8月26日以来、2か月ぶりにクサシギを確認した。

一ノ瀬の大カエデ(長野県松本市)






一ノ瀬の大カエデ
撮影 2017.10.21 長野県松本市

撮影から一週間が経った。
今週も同じような天気になりそうだ。


一ノ瀬園地には数々のビューポイントがあるが、紅葉の名所としてこの大カエデは見逃せない。
乗鞍高原に多いハウチワカエデの中でも最大の木で、緑から黄色、オレンジ、赤へと変わるグラデーションがことのほか美しい表情を見せる1本だ。
背景に見えるはずの乗鞍岳と絡めて撮りたいところだが、この天気では致し方ない。
1本の木でも、やっぱり北側から散り始めるようで、時期的には若干遅かった。

前川渡(長野県松本市)





前川渡
撮影 2017.10.21 長野県松本市

奈川渡、前川渡、黒川渡、湯川渡など、このあたりには「渡(ど)」の字がつく地名が多い。
昔、このあたりの方言では、川が合流することを「どさる」と言った。そこから来た地名で、川の合流地点であることを示している。

奈川渡は梓川に奈川が
黒川渡は奈川に黒川が
湯川渡は梓川に湯川が
前川渡は梓川に前川が合流する場所ということがわかる。

前川渡を直進すると上高地、左折すると乗鞍方面に行く。お馴染みのポイントだろう。
写真の右手が前川で、左手が梓川になる。

五嶺沢橋から(長野県松本市)



五嶺沢橋から
撮影 2017.10.21 長野県松本市

前回の鵬雲崎から800mほど進む。
普通は何となく通り過ぎてしまう場所だが、実はこんな景色が見える。
きついカーブのところに橋が付け替えられているため、車を停めるスペースが出来ているのである。

下に見えるのは水殿ダム湖で、遠くに奈川渡ダムの堰堤が見える。
このルートは、下流から稲核(いねこき)ダム、水殿(みどの)ダム、奈川渡ダムという3つのダムが現れるが、これを安曇3ダム、あるいは梓川3ダムと言う。
東京電力の揚水発電用のダムである。

奈川渡ダムは堰堤の高さ155mで、アーチ式コンクリートダムでは日本で3番目の高さを誇る。(日本一は言わずと知れた黒部ダムの186m)

この谷は40°ほどの傾斜があり、かなり急峻である。
タカの渡り観察の白樺峠から、このあたりは見えているはずだ。
多くのタカがこのあたりから上がって来るのだろう。

美麻の水車小屋と火の見

美麻の水車小屋と火の見
撮影 2017.10.21 長野県大町市

この日の宿泊場所は白馬である。
安曇野から白馬に行くルートは別段難しいわけではなく、カーナビは必要ない。
ただこの日はその前のルートがわかりにくかったので、目的地を「白馬八方」にしてスマホのナビを使って見たのである。
通常、国道147号線を信濃大町駅の手前で左折し、国道148号線を行くのだが、ナビはなぜか直進を誘導した。
その通りに行って見ると、大町市美麻(元の美麻村)を通るルートで、若干遠回りのようにも思えるが、快適で走りやすいルートだった。










その走行中、左手に趣のある水車小屋を見つけた。
ここは大町市新行地区。
そばの産地として夙に有名で、これはそば粉を挽くための施設である。
帰ってから調べて見ると、これは結構有名な場所のようだ。
天気がよければバックに鹿島槍と爺ケ岳が見える絶景の場所である。
北アルプスをバックにした農村風景というのは、白馬周辺には各地にあるが、ここも名所と言えるだろう。やっぱり知らない道には行って見るものだ。今回はナビに逆らわなくてよかったと思う。
それにしても、ナビがなぜこのルートに誘導したのかは謎である。













水車小屋を撮影中、近くに立つ火の見櫓が目についた。
珍しい木造の火の見である。
柱は3本の丸太で、桁と斜材は同寸の角材をボルトで留めている。
最小限の材料を用い、素っ気ないほどのシンプルな造形だが、極めて合理的に作られている。
三角錐の形になっている赤い屋根も、望遠で見るときっちりとした見事なディテールであり、全体のバランスも抜群である。
はしごはアルミの既製品を取り付けただけだが、その割り切り方が逆に心地よい。
柱の根本は、何かの石碑を利用しているようだ。

過去に面白い形状の火の見櫓をいくつか見たが、これまでに見た中では最も優れたデザインのものだと思う。

鵬雲崎のカツラ(長野県松本市)




鵬雲崎のカツラ
撮影 2017.10.21 長野県松本市

この土日に一泊で信州に行って来た。
紅葉の最盛期のはずだったのだが、秋雨前線と台風の影響で、予定は大きく狂ってしまった。
こんなに雨が続く10月は記憶にない。
9月末の乗鞍岳も紅葉はさっぱりだったので、今年は縁がないようだ。

土曜日はまだ曇りベースで雨にはならなかった。
行先に関してはあまり決めておらず、とりあえず鉄板の乗鞍高原に行って見た。

松本インターを出たのが8時20分ごろ。
国道158号線を上高地、乗鞍方面に21kmほど走ると、右手に大きなカツラの木が見える。
眼下に見えるのは水殿(みどの)ダム湖。
鵬雲崎は「そば庄」が建っているところとして知られているが、ここはダム湖に突き出た半島のような地形である。
標高は約920m。水殿ダム湖の湖面からは70mほどの高さがある。

安藤忠雄展「挑戦」

安藤忠雄展「挑戦」
12月18日まで、国立新美術館で開催中



約270点の資料によって89点のプロジェクトを概観し、半世紀に及ぶ活動を振り返る、過去最大の個展である。
その壮大な挑戦の軌跡を、6つのセクションに分けて展示している。
 1 原点/住まい
 2 光
 3 余白の空間
 4 場所を読む
 5 あるものを生かしてないものをつくる
 6 育てる


安藤忠雄はクレイジーだ。(勘違いしないように。これは褒め言葉)
彼はしばしば頼まれもしないのに、設計をしてしまう。
それが実現することもあるが、当然のことながら多くは計画案で終わってしまう。
ただ、その計画案を見た人が別の計画を依頼してくることがあるので、決して無駄にはなっていない。ただ、そういうことに費やされるエネルギーは半端じゃない。
今回の展覧会でも、多くの模型は今回のために、安藤事務所がいわゆる「手弁当」で製作したものらしい。
本展は圧倒的な物量なので、一通り普通に見て廻るだけで2時間はかかるだろう。




今回の図録は普通と違うハードカバーで、1980円とお買い得なので、買わない手はないと思う。
サインとスケッチ入りだが、実際には安藤のサイン本は非常に多く出回っている。


館内はほぼ撮影禁止なので、写真で紹介できないのが残念だが。。。


まずは世界に衝撃を与えた「住吉の長屋」(1976年)をじっくりと見てみよう。
これについては、ドローイングが原図で展示されている。
非常に美しい図面だ。
和紙に力強い線で描かれている。
平面図にアイソメや断面パースが書き込まれる、安藤独自の表現がすでに見られる。
「世界に衝撃を与えた」は誇張ではない。フランスの建築家ジャン・ヌーヴェルはこの住宅のコンクリートの使い方に驚き、1982年にはフランスで安藤忠雄展が開かれたと言う。


六甲の集合住宅(Ⅰ~Ⅲ期)
これはⅠ期が竣工した後、Ⅱ~Ⅲ期は安藤が勝手に計画して、結局実現した稀有な例。
Ⅱ期のドローイングが展示されているので、模型と見比べながら鑑賞すると良いだろう。







直島における一連のプロジェクトを、模型と映像、照明によって表現したインスタレーション。(撮影可)




















中庭に作られた、「光の教会」実物大の模型。(撮影可)
模型と言うより、本物を作ってしまったという方が近い。
東京都は展示物と認めず、増築として計画通知を出させたそうだ。
この「建築」には7000万円かかったと言う。実際の建設費は3500万円だったそうだ。
やっぱり安藤忠雄はクレイジーだ。

カモ類のカウント(乙戸沼) 10/20


2017.10.20
茨城県土浦市

とりあえず雨が上がったので、今季初の乙戸沼。

土浦全国花火競技大会(11)

土浦全国花火競技大会(11)

2017.10.7
茨城県土浦市













エンディング

エンディングは86回大会なので、7号玉86連発。
来年は87連発になる。




帰り道
十六夜の月がとても綺麗だった。

駐車場にいたトノサマバッタ




駐車場にいたトノサマバッタ

上が♂で下が♀。
♀は普通の緑色だが、♂は褐色型。
交尾中なのかどうかはわからない。

オンブバッタという種類は、交尾中だけではなく、♂が♀を独占するためにおんぶされていると言うが。

土浦全国花火競技大会(10)

2017.10.7
茨城県土浦市

最後、9サイクル目。
84番、山煙火製造所は我が家から一番近い花火屋さんだ。
だからというのではないが、見事な作品だったと思う。五重に見えるかどうかは判断の分かれるところだ。
86番、小口煙火の姫菊はいつもの通りだが、とにかく盆が大きいのが特徴である。

91番、齊木煙火本店のスターマイン
グリーン主体の、いつもとはちょっと変わった色合いの作品だった。

大トリ93番、野村花火工業のスターマインは貫録の優勝だったが、これは誰が見ても異論がないだろう。それほど格の違いを見せつけたスターマインだった。
野村さんも、グリーンを主体に、いつもとちょっと違う色合いを追求しているように感じた。




83番 10号玉
昇り小花八重咲きの花
菅野煙火店(福島)




84番 10号玉
昇曲付五重芯銀点滅
山煙火製造所(茨城)




85番 10号玉
昇曲導付四重芯変化菊
アルプス煙火工業(長野)




86番 10号玉
昇り曲付輝光姫菊
小口煙火(長野)




87番 10号玉
昇曲導付四重芯変化菊
丸玉屋小勝煙火店(東京)







91番 スターマイン
ムーン・リバー
齊木煙火本店(山梨)







92番 スターマイン
花火のチカラ~心に残る一夜のメモリー
菊屋小幡花火店(群馬)













93番 スターマイン
夜空のミュージカル
野村花火工業(茨城)

土浦全国花火競技大会(9)

2017.10.7
茨城県土浦市

8サイクル目
今回陣取った場所は桜川の堤防上なので、花火見物の人が行き交うメインストリートに当たる。
そのため、花火が打ち揚がっている最中にもぞろぞろと人が歩いている。
それはそれでいいのだが、このあたりで帰る人が多い。
ワイドスターマインが終わると帰ってしまう人も多い。
帰りの混雑を考えると、早く帰ろうと思うのかも知れないが、やっぱりこのあとを見ないのはもったいないと思う。

75番、佐藤煙火の作品はいわゆる3D花火で、写真で表現するのは難しい。
76番、野村花火工業は優勝作品だが、去年の方が出来は良かったと思う。
79番、北日本花火興業はこれも優勝作品。これは1発だけではわからない作品なのかも知れない。
ただ、こういうものはすでに見飽きたので、もっと別の観点から創造花火というものに取り組んでほしいと思う。
82番、和火屋のスターマインは、得意の千輪がさすがの美しさだった。




73番 10号玉
昇曲導付四重芯変化菊
三遠煙火(静岡)




74番 10号玉
昇曲導付五重芯変化菊
菊屋小幡花火店(群馬)




75番 10号玉
昇曲付三重芯月が欠けていく
佐藤煙火(宮城)




76番 10号玉
昇り曲導付五重芯変化菊
野村花火工業(茨城)




78番 創造花火
アイスブルーの華
和火屋(秋田)




79番 創造花火
ダイエットわんちゃん ビフォーアフター
北日本花火興業(秋田)







80番 スターマイン
オーロラの奇跡
山煙火製造所(茨城)







81番 スターマイン
モダンシノワズリー
山内煙火店(山梨)










82番 スターマイン
LaLaLand~花火ほど素敵なショーはない~
和火屋(秋田)
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア