FC2ブログ

ワーグナー/歌劇「ローエングリン」(サヴァリッシュ指揮)



ワーグナー/歌劇「ローエングリン」
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団

配役
 ジェス・トーマス(ローエングリン)
 アニヤ・シリア(エルザ)
 アストリッド・ヴァルナイ(オルトルート)
 ラモン・ヴィナイ(テルラムント)
 フランツ・クラス(国王ハインリヒ)他

バイロイト音楽祭でのライブ
1962年、録音のLP


ワーグナーの主要な作品としては「さまよえるオランダ人」「タンホイザー」に続く作品である。
聖杯の騎士パルジファルの息子ローエングリンと、ブラバント公エルザの物語。
ワーグナーの作品の中では比較的わかりやすく、人気の高い作品である。
純粋な乙女の犠牲によって魂が救済される、というワーグナー的世界観はここでも色濃く表れている。


ところでこの作品までは「歌劇」とされていて、以降の作品(ニーベルングの指環4部作、トリスタンとイゾルデなど)は主に「楽劇」となっている。
ここで「歌劇」と「楽劇」の違いは何かという問題に突き当たる。

日本語訳では同じような感じだが、原語では
 歌劇=Opera
 楽劇=Musikdrama

”Opera”は作品を表す”Opus”の複数形で、単に「音楽作品」、あるいは複数形というところに注目すると「複数の音楽をつなげた作品」のような意味に読み取れる。
古典的なオペラは、独唱、重唱、合唱などを台詞に近いレチタティーヴォでつないでいる構成が一般的で、あくまでも主役は「歌」、ストーリーは二の次であるという場合も多い。
冒頭に演奏される「序曲」にしても、オペラの始まりの合図程度の意味合いしか持たないことも多い。
テレビドラマの主題歌みたいなものである。(テレビドラマの主題歌は、ドラマの内容にはほとんど関係ない場合がよくある)

これに対してワーグナーは、音楽と演劇を一体化した総合芸術として「楽劇」”Musikdrama”を創始した。
序曲も前奏曲という形式に変え、前奏曲が作品全体のイメージを凝縮するようなものに変化して行く。
「ローエングリン」においても、第1幕と第3幕冒頭には、それぞれ性格の異なる前奏曲が置かれ、「楽劇」の要素が垣間見える。

美しい旋律が印象的な「第1幕への前奏曲」、勇壮な「第3幕への前奏曲」はしばしば単独でも演奏され、管弦楽作品としても傑作とされている。
「第3幕への前奏曲」のすぐあとは有名な「婚礼の合唱」である。いわゆる「ワーグナーの結婚行進曲」で、これも飛び切り有名だ。




「第1幕への前奏曲」はチャップリンの「独裁者」で効果的に使われた。

独裁者ヒンケルが地球儀を模したバルーンをもてあそぶ、映画史に残る名場面のバックに使われた。
あのシーンにドナルド・トランプの姿が重なって見える今日このごろである。


「第1幕への前奏曲」は、映画のラスト、床屋のチャーリーが恋人に語りかける場面でも使われている。
そのあたりに、チャップリンのメッセージを感じ取って見たいと思う。

アカエリカイツブリ@波崎




アカエリカイツブリ
カイツブリ目カイツブリ科
体長47cm
撮影 2017.1.28 茨城県旧波崎町

日本産カイツブリ類5種の中で、とりあえず珍しいのはミミカイツブリとアカエリカイツブリである。
銚子や大洗などで、アカエリは近年よく見られるようになった。
この日は銚子で2個体、波崎側で2個体見られた。
3月ぐらいになると、襟が赤い夏羽が見られるかも知れない。

「スシロー」のデザート「フレッシュ苺のメルバ」


回転寿司チェーン「スシロー」にあったデザート「フレッシュ苺のメルバ」

この分野には疎いのだが、「メルバ」という名称で「ピーチメルバ」を思い出した。
オーストラリア出身のオペラ歌手、ネリー・メルバのために、ロンドンのサヴォイ・ホテルの料理長だったオーギュスト・エスコフィエが考案したとされる。

ネリー・メルバは1861年に生まれ、1931年に没した歌手で、20世紀初頭において最も有名なソプラノ歌手だった。
録音は残っていてCD化もされているようだが、何分古いこともあって自分は聴いたことはない。
基本的にはリリック・ソプラノだが、ドラマティックな役もこなしたようだ
主にイタリアオペラを得意にし、「椿姫」のヴィオレッタ、「ラ・ボエーム」のミミ、「オテロ」のデズデモーナ、「アイーダ」のタイトルロールなどを歌っている。
ドイツオペラのレパートリーは少なかったようだが、ワーグナーに関しては「ローエングリン」のエルザ、「タンホイザー」のエリーザベトなどを歌っている。

1890年代前半のこと、メルバは彼女のファンだったエスコフィエをコヴェントガーデンに招待した。
その日上演されたのは「ローエングリン」。メルバはここでエルザを歌ったのだろう。
エスコフィエはその返礼として「ローエングリン」をイメージしたデザートを考案し、「ピーチメルバ」と名付けた。

「ピーチメルバ」はバニラ・アイスクリームの下地にバニラ・シロップ漬けの桃を乗せ、ラズベリー・ソース(すり潰した木苺)、アーモンドのスライスを掛けたデザートである。
「ローエングリン」をイメージした、の意味するところはわからない。
桃がエルザを象徴すると考えるのは単純すぎか?

「ピーチメルバ」にはさまざまなレシピがあるようだが、本来的には桃とバニラアイス、ラズベリー・ソースを使うのが筋だろう。
そう考えると、「スシロー」の「フレッシュ苺のメルバ」はちょっと違うような気はするが。


オペラ歌手の名がついた料理と言えば、帝国ホテルがロシアの歌手ヒョードル・シャリアピンのために考案した「シャリアピン・ステーキ」もよく知られている。

ウミアイサ@銚子

ウミアイサ
カモ目カモ科
体長55cm
撮影 2017.1.29 千葉県銚子市、茨城県旧波崎町

ウミアイサを銚子で見るのは比較的珍しいと思う。
この日は銚子で♂2羽、波崎側で♂1羽、♀2羽を観察した。




銚子漁港内にいた♂




波崎側にいた♀

カナダカモメ@銚子

カナダカモメ
チドリ目カモメ科
体長58cm
撮影 2017.1.29 千葉県銚子市



干潟にいた第1回冬羽
このあと成鳥1羽が飛んで来たらしいが、見逃した。




外川漁港にいた第2回冬羽




堤防上に成鳥らしき個体を見つけたが、さすがに遠すぎた

アトラス航空のB747-400



アトラス航空
B747-400(N407KZ)
撮影 2017.1.21 成田空港

駐機していた真っ白な機体。
アトラス航空のB747-400だが、レジからわかる通り、日本貨物航空が運用していた機体(JA07KZ)である。
昨年11月に、登録されたようだ。




撮影 2017.1.28 千葉県銚子市
アンカレッジに向かうN407KZ




日本貨物航空
B747-8(JA14KZ)
撮影 2017.1.28 千葉県銚子市

日本貨物航空は、B747-400とB747-8を運用しているが、想像するに順次B747-8にシフトする方向なのだろうか。




撮影 2017.1.29 成田空港
翌日見られた同機。

ワシカモメ@銚子

ワシカモメ
チドリ目カモメ科
体長65cm
撮影 2017.1.28 千葉県銚子市

1か月ぶりの銚子だが、カモメ類の数はそれほど多くはなかった。
ワシカモメは4個体ほどを観察した。



外川漁港にいた第1回冬羽
足を怪我しているようにも見えたが




干潟にいた第2回冬羽

1/28 銚子~波崎

2017.1.28
千葉県銚子市~茨城県旧波崎町
8:00~14:00

オカヨシガモ
ヒドリガモ
カルガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
スズガモ■
クロガモ■
ウミアイサ■
アカエリカイツブリ■
カンムリカイツブリ
ミミカイツブリ■
ハジロカイツブリ
ウミウ■
カワウ
ヒメウ■
アオサギ
クロサギ■
オオバン
ユリカモメ
ウミネコ■
カモメ
ワシカモメ■
シロカモメ■
カナダカモメ■
セグロカモメ
オオセグロカモメ■
亜種タイミルセグロカモメ■
トビ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ C
ツグミ
イソヒヨドリ■
スズメ
ハクセキレイ
(ドバト)
以上35+1種
■は今年初確認

途中で
コブハクチョウ
ハシビロガモ
キジバト
タゲリ
チュウヒ
ノスリ
モズ
ヒヨドリ
ムクドリ
カワラヒワ

本日45+1種

今年初、今シーズン2度目の銚子。
カモメ類は多くはなかったが、一通りは観察出来た。
カナダカモメは、成鳥1、第1回1、第2回1の3個体。
ワシカモメとシロカモメは4個体ほど観察出来た。
カモ類は少なかったが、珍しくウミアイサが入った。
ミミカイツブリとアカエリカイツブリを至近距離で見ることが出来た。
ここまで93種+その他4種

ジョウビタキ@霞ヶ浦




ジョウビタキ(♂)
スズメ目ヒタキ科
体長14cm
撮影 2017.1.26 茨城県土浦市

ジョウビタキは特にスタイルがいい鳥のように見えるが、見た目の印象は、多分に足の細さによる影響があると思う。
標識調査で使用する金属リングは、細い方から1番、2番、3番~になっている。
アオジやホオジロなどの小鳥類は2番だが、ジョウビタキは1番を使う。
1番はエナガと同じ。メジロは2番なので、ジョウビタキの足はメジロよりも細いということになる。(メジロは意外に太いということかも)

コガモ@茨城

コガモ
カモ目カモ科
体長37.5cm
撮影 2017.1.22 茨城県小美玉市



コガモ♂




コガモ♀

コガモは警戒心が強いので、これほど近くで撮れるのは珍しい。
ここはオオハクチョウの飛来地で、餌付けのおこぼれに与っているようだ。








別の日に浮島でコガモの群れの飛翔を見た。
とてもスピード感があり、一斉にターンするところなど、ハマシギのようだった。

ミコアイサ@乙戸沼

ミコアイサ
カモ目カモ科
体長42cm
撮影 2017.1.20 茨城県土浦市



前日、♀1羽が珍しく岸近くにいたのだが、車にカメラを取りに戻るとすでにいなかった。
次の日行って見ると、隣の調整池にいた。この日は陸に上がっている姿を見ることが出来た。




コハクチョウは前日よりも7羽増えて45羽になった。

カモ類のカウント(乙戸沼) 1/19


2017.1.19
茨城県土浦市

コハクチョウは37羽になり、一応順調に増えている。
ここの場合は、突然いなくなることがあるので、さらに増えるかどうかはわからない。
ミコアイサは♀1羽が見られた。前回と同じ個体かどうかは不明。
ここでは毎年♂1羽が越冬していたが、昨シーズンから見られなくなった。
相変わらずユリカモメが賑やかだ。


その他の鳥
カイツブリ
カワウ
バン
オオバン
ユリカモメ
カワセミ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
メジロ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ

メシアン/鳥のカタログ(ウゴルスキ)


とり年でもあるので、鳥に関連する音楽を取り上げようと思う。

オリヴィエ・メシアンは1908年、フランス生まれの作曲家。
20世紀後半の現代音楽を牽引した、最も重要な作曲家である。
10楽章から成る大曲「トゥーランガリラ交響曲」、室内楽「世の終わりのための四重奏曲」、ピアノ曲「幼子イエスに注がれる20の眼差し」などの作品が特に名高い。

メシアンは1950年代前半から、鳥を創作上の重要なモチーフとするようになった。
フルートとピアノのための「クロウタドリ」(1952年)、管弦楽とピアノのための「鳥たちの目ざめ」(1953年)、器楽アンサンブルとピアノのための「異国の鳥たち」(1956年)などがその代表的な作品である。
1956年から58年にかけて作曲された「鳥のカタログ」はその集大成とも言える作品と言えるだろう。

メシアンは創作上のパートナーであり、後に妻となるピアニスト、イヴォンヌ・ロリオとともにフランス各地を旅し、多くの鳥の声を採譜した。
それらの成果をもとに、全7巻13曲にまとめられ、後に「ニワムシクイ」(1970年)が作曲された。
これはその全曲をCD3枚に収めたものである。

タイトルにある鳥は14種類だが、実際には75種類ほどの鳥が登場する。
それらは全てフランスを中心とするヨーロッパの鳥だが、50種類ほどは日本産鳥類目録に出ている鳥で、我々に馴染みが深い鳥も30種ほど含まれている。
ただし、鳥の声をモチーフにした音楽とは言っても、そこは現代音楽のこと、鳥の鳴き声を単純に音符に表しただけなどと言う安直なものではないので念のため。
全曲聴き通すにはある程度の忍耐が必要だ。


第1巻
■第1番 キバシガラス
■第2番 キガシラコウライウグイス
■第3番 イソヒヨドリ
第2巻
■第4番 カオグロヒタキ
第3巻
■第5番 モリフクロウ
■第6番 モリヒバリ
第4巻
■第7番 ヨーロッパヨシキリ
第5巻
■第8番 ヒメコウテンシ
■第9番 ヨーロッパウグイス
■第10番 コシジロイソヒヨドリ
第7巻
■第11番 ノスリ
■第12番 クロサバクヒタキ
■第13番 ダイシャクシギ

■ニワムシクイ

アナトール・ウゴルスキ(ピアノ)
1993年録音

アナトール・ウゴルスキは1942年、ロシア生まれのピアニスト。
西側には全く知られていなかったが、1992年、50歳にしてドイツ・グラモフォンからデビューを果たした。
時々こういう演奏家がいるが、広く知られるようになる以前のことについてはわからないことが多い。
ウゴルスキの実演には一度接しているのだが、実はよく覚えていない。

1/15 牛久自然観察の森

2017.1.15
茨城県牛久市、牛久自然観察の森

野鳥調査
7:00~8:15

コジュケイ S
キジバト
アオサギ
コゲラ
アカゲラ C
モズ
カケス C
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス C
エナガ
メジロ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
タヒバリ
カワラヒワ
シメ
ホオジロ
アオジ
以上26種


定例探鳥会
9:00~11:00

キジバト
ハイタカ
ノスリ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス C
エナガ
メジロ
ミソサザイ■
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ルリビタキ
ジョウビタキ
スズメ
セグロセキレイ
シメ
アオジ
以上23種
■は今年初確認

冬型となり、天気は良かったが、風が出てしまったので厳しい探鳥会になった。
やっぱり鳥は少ない。この時期23種は物足りない。

本日31種

ここまで72種+その他4種
 

1992年の撮影から~コンチネンタル・ミクロネシアのB727


コンチネンタル・ミクロネシア
B727-200(N69741)
撮影 1992.7.21 成田空港

飛行機のレジ番号は、大抵機体後部に書いてある。
今は連写で撮るので、どれかには写っているが、この頃はフィルムであり、たまたま撮った1枚にレジが写っていないこともあった。それほど気にしていなかったということでもある。
この写真には、たまたまフラップの隙間から N69??? というレジが読み取れた。
ノーズギアのカバーに 741 と読めるような気がしたので、一応 N69741 と判断した。
データベースを見ても、ちょっと珍しい機体だと思う。

コンチネンタル・ミクロネシアは、コンチネンタル航空の子会社で、グアムを本拠としていた。
2001年に親会社のコンチネンタル航空と統合したが、そのコンチネンタル航空もユナイテッドと経営統合し、2012年に消滅した。

ボーイング727は、1963年に就航した短・中距離用のジェット機で、ボーイングとしては唯一の3発機である。
日本航空、全日空とも使用していたため、日本では馴染みが深い機体だが、さすがに最近では見ることが少ないくなった。
プライヴェート・ジェット機として使用されている場合が多く、そういう機体がまれに飛来することがある。

シメ@土浦


シメ
スズメ目アトリ科
体長19cm
撮影 2017.1.7 茨城県土浦市

シメは体長19cmながら尾羽が短いので、体は比較的大きい。
似たサイズとしてはモズ(約20cm)が挙げられるが、モズは尾羽が長いので、体そのものはそれほど大きくない。

体重で言うとシメ45g前後、モズ38g前後でやっぱりシメの方が重いが、ずんぐりした見かけほどではないようにも感じる。

1992年の撮影から~中国国際航空のB707


中国国際航空
ボーイング707-300(B-2414)
撮影 1992年4月(推定) 成田空港

世界初のジェット旅客機は、イギリスのデ・ハビランド社が開発したDH106コメットで、1952年に就航した。
初期の機体は36人乗りの4発機で、エンジンは現在主流になっている吊下げ型ではなく、主翼に埋め込まれた形で、古い割にはスタイリッシュに見える機体だった。
就航当初の受注は順調だったが、就航後2年ほどの間に6件の事故を起こしてしまう。
うち3件は離着陸中の事故で、幸い乗客の死亡者はなかったが、高速の機体に不慣れなパイロットの操縦ミスが原因とされた。
残り3件は多くの死者を出す大事故で、最後の2件は空中分解であった。
コメットは相次ぐ事故で運行停止となる。
イギリスは威信をかけて大規模な事故再現調査を行い、与圧の繰り返しによる金属疲労が原因であることを突き止めた。
コメットはその教訓を生かし、改良した機体をその後就航させたが、最終的にはボーイングやダグラスなど、アメリカのライバルとの競争には勝てなかった。

コメットに遅れること6年。ボーイングは同じく4発のジェット旅客機B707を就航させた。
ライバルのダグラスDC-8に先んじること1年である。
コメットの失敗に、多くを学んだのだろう。B707はジェット旅客機として商業的に成功した最初の機体になった。
今に続くB7X7というナンバリングの始まりである。
707には720という派生機種もあるが、717という番号は軍用機用に空けておいたらしく、欠番になっており、次に開発された機種には727の番号が振られた。
ちなみに717という番号は、ボーイングが吸収したマクダネル・ダグラスが開発中だったMD-95を引き継いだ機体につけられた。

日本の航空会社はB707を使わなかったが、日本航空がDC-8を主力機種として採用したので、日本ではDC-8の方が親しまれていた。
両機種とも4発のエンジンが主翼に吊下げられる形状をしていて、非常によく似ている。
一般の人には見わけがつかないと思うが、B707は垂直尾翼の先端にピトー管がついているので、一目でそれとわかる。

ピトー管は2重になった金属の管の先端と横に穴が開いていて、その圧力差から対気速度を計測する装置である。
現在の飛行機でも、対気速度を計測するのはピトー管であり、旅客機でも戦闘機でも必ずついている。
ピトー管のトラブルで墜落した事故があるぐらいだから、目立たないながらも極めて重要な装置であると言える。

コゲラ@つくば



コゲラ
キツツキ目キツツキ科
体長15cm
撮影 2017.1.8 茨城県つくば市

アカゲラ、アオゲラ、クマゲラ、ヤマゲラなど、キツツキ類の頭(特に♂)には赤い部分が目立つ。
コゲラにはないように見えるが、♂の頭には両脇に小さな赤斑がある。
通常は見えないが、頭の羽を逆立てている時には見えることがある。
今回は偶然に赤斑が写っていた。♂であることの証明となる。

スティング、ダウランドを歌う


今日のNHK、”SONGS”にスティングが出演した。
”SONGS”は、ろくな音楽番組がない中、貴重な番組だ。

スティングは1951年イギリス生まれのロック歌手。
1977年にポリスを結成。ベースとヴォーカルを担当する。
ソロとしても活躍し、多くのアルバムを発表する。
映画音楽の分野では、リュック・ベッソン監督、ジャン・レノとナタリーポートマン主演で話題になった「レオン」(1994年)の「の主題歌が名高い。

そのスティングが、17世紀初頭に活躍したイギリスの作曲家ジョン・ダウランドの作品をまとめて録音している。
このアルバムの存在を知ったのは、2013年10月に、鴻巣の花火大会に行った時だった。
帰りの渋滞の車中でNHKのFM放送を聴いていたら、このアルバムが紹介されていたのできるである。
ダウランドは好きな作曲家でもあり、ぜひ欲しいと思っていたのだが、たまたまヤフオクに出品があり、手に入れることが出来た。

ロック歌手とルネサンス時代の世俗音楽というのは意外な取り合わせに思えるが、イギリス人であるスティングにとっては、母国の偉大な音楽家という位置づけで、普通に親しんできたものなのだと言う。

今日放送された内容とは若干矛盾を感じるようなところもあるが、それもまた音楽の奥深さを感じさせてくれるようにも思う。


スティング(ヴォーカル)
エディン・カラマーゾフ(リュート)
2006年録音

曲目
01 ウォルシンガム
02 あのひとは言い訳できるのか
03 「公正なる閣下……」
04 流れよ、わが涙(ラクリメ)
05 あなたは見たのか、輝く百合を(ロバート・ジョンソン作曲)
06 「……かつてジョンソン氏が亡くなられた折……」
07 いと高貴で偉大なるデンマーク王クリスチャン4世のガリアード
08 一番低い木にも梢はある
09 「……私の望んだように……」
10 ご婦人用の見事な細工物
11 「……そこから私はヘッセン方伯のところへまいりました……」
12 ファンタジア
13 来たれ、重い眠り
14 失われた希望のファンシー
15 「……またそこから私はイタリアをぜひ見たいと思い……」
16 さあ、もう一度
17 つれないあなたは私の心から
18 「……出発したあとで私は……」
19 もう泣かないで、悲しみの泉よ
20 ウィロビー卿ご帰館
21 晴れていても曇っていても
22 「……スペインの王が来年の夏に……」
23 暗闇に私を住まわせて

05のみロバート・ジョンソン作曲、その他はジョン・ダウランドの作品。
15及び20では、スティング自らリュートを演奏している。

ダウランドの作品として最も有名なのが、04「流れよ、わが涙(ラクリメ)」と、10「ご婦人用の見事な細工物」だろうか。
16「さあ、もう一度」もよく知られた曲だが、改めて聴くといい曲だ。
08「一番低い木にも梢はある」という曲はよく知らなかったのだが、その歌詞には心惹かれるものがあった。

カモ類のカウント(乙戸沼) 1/12


茨城県土浦市

コハクチョウは、8日の観察と同じく10羽のみ。
特にこれと言って面白いこともないので、去年から入るようになったユリカモメをカウントして見た。
結果は155羽で、さほどの数ではなかった。

その他の鳥
カイツブリ
カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
コサギ
バン
オオバン
トビ
カワセミ
コゲラ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
エナガ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア