FC2ブログ

HAP-Z1ES その後


HAP-Z1ESを導入して2ヶ月半が経過した。
実は色々とトラブルもあったのだが、とりあえずは解決した。


HAP-Z1ESは、ネットワークプレーヤーの変形と言っていいかも知れない。
最大の特徴は、本体にHDDを内蔵している点にある。

大抵の人は、音楽データを外付けのHDDに格納しているだろう。
HAP-Z1ESはまず内蔵のHDDに、それらのデータをコピーする。
そのため、「HAP Music Transfer」というソフトをパソコンにインストールし、そのソフトを使って本体HDDにファイルをコピーする。
「自動」の設定をしておけば、指定したフォルダを監視し、新たなファイルがあると自動でコピーしてくれる。
内蔵HDDはバックアップにもなるわけだ。
デジタルデータにおいて、バックアップの重要性は痛いほどわかっているので、この方法は注目に値すると思う。

「HAP Music Transfer」からエクスプローラーを参照し、ドラッグ&ドロップでコピーすることも出来る。
とりあえず、その方法でコピーしている。
LAN接続は、無線でも有線でもかまわないが、高速でコピーするには有線LAN接続が良いと言う。
ファイルサイズにもよるが、1時間当たり200ファイルほどのスピードだった。1日5000ファイル弱である。
データはかなり膨大なのでコピーには数日を要する。
トラブルもあったので、結局は10日以上かかった。

この機種のコンセプト(NASを使わずHDD内蔵で、パソコンを使わずに再生可能)の良さはよくわかっていたのだが、導入を躊躇していたのには2つ理由がある。
そのひとつ目は、1TBという内蔵HDDの容量の問題だ。

1TBと言っても丸々使えるわけではなく、実際の容量は913.9GBである。
私の音楽ライブラリは、ほとんどがCDからのリッピングで、44.1KHz、16bitのFLACである。
FLACは50%程度に圧縮するので、CD1枚当たり200~250MBほどになる。
内蔵HDDには4000枚程度は入る計算だが、HDDにも余裕が欲しいので、3000枚程度が限界かと思う。
ただ最近は、いわゆるハイレゾ音源も増えている。
私はアナログレコードのデジタル化もやっていて、そちらの方はまだ100枚にも満たない枚数だが、192KHz、24bitのWAV、あるいはDSDで記録すると、CD1枚当たり2GBほどにもなる。
100枚で200GBだから、これが増えてくれば相当HDDを圧迫することになる。

結局1TBでは絶対的に足りず、3TBの外付けHDDを増設することになった。
クラシックは外付け、その他は内蔵HDDで対応することにした。
内蔵HDDから外付けHDDへの移動には、また数日を要した。
こんなに時間がかかる理由は、単に移動やコピーを行うだけではなく、サーバー上の音楽データを参照して、データベースを構築するからである。
とにかく、これで両方とも使用領域は2割程度に収まった。
今後増える分を考慮しても、十分な空き容量と言えるだろう。


音質には不満はない。
残るはもうひとつの問題だ。それは「ライブラリ構築」に関する根深い問題を含んでいる。

材木岩




撮影 2016.10.30
宮城県白石市

一帯は材木岩公園として整備されている。
材木岩とは、柱状節理の一種で、マグマが冷却された際に規則的な割れ目が形成されたもので、六角形になる場合が多い。

規模は小さいが、立山ケーブルカーの車窓からも、同様に材木岩が見える場所がある。

ここ小原の材木岩は、高さ65m、巾100mという巨大なものだ。

カモ類のカウント(乙戸沼) 11/25


茨城県土浦市

ホシハジロが3羽入った。
今年は各地でよく見かける。
ハシビロガモ、ヨシガモ、オカヨシガモが確認出来ない。


その他見られた鳥
カイツブリ
ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
コサギ
オオバン
トビ
カワセミ
コゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ

ここで初めてハジロカイツブリを観察した。
去年はカンムリカイツブリが初めて越冬し、今年も確認されている。(今日は見られなかった)

他の場所で、キセキレイ3羽を確認。単独でいることが多い鳥だが、3羽一緒にいたのは珍しい。
カシラダカが今シーズンの初認

ホロヴィッツ・ヒストリック・リターン


ホロヴィッツ・ヒストリック・リターン

バッハ(ブゾーニ編)/トッカータ、アダージョとフーガハ長調BWV564
シューマン/幻想曲ハ長調OP17
スクリャービン/ピアノソナタ第9番OP68「黒ミサ」
スクリャービン/詩曲嬰ヘ長調OP32-1
ショパン/マズルカ第21番嬰ハ短調OP30-4
ショパン/練習曲第8番ヘ長調OP10-8
ショパン/バラード第1番ト短調OP23
ドビュッシー/人形へのセレナード(「子供の領分」より)
スクリャービン/練習曲嬰ハ短調OP2-1
モシュコフスキ/練習曲OP72-11
シューマン/トロイメライ(「子供の情景」より)

1965年5月9日、ニューヨーク、カーネギー・ホール


ホロヴィッツという人はかなり神経質な人物だった。
ステージに出る際には、誰かに背中を押してもらわなければ出られなかったとさえ言われている。
そんな性格からか、1953年に行われたアメリカデビュー25周年のリサイタル以降、ステージ活動を全く行わなくなった。
彼のような超一流のピアニストでも、数千人が見守るステージで、たった一人で演奏するということには特別なプレッシャーがあるのだろうと思う。

ホロヴィッツだけではない。
グールドはある時期からライブを一切行わず、録音に専念した。
リヒテルの晩年は、メガネをかけて楽譜を見ながら演奏するというスタイルを押し通した。
アルゲリッチは、1980年代からソロ活動をほとんど行わず、室内楽やデュオに専念している。

事情は色々あるのだろう。大ピアニストたちの心中は我々にはわからないけれど。


ともあれホロヴィッツは、12年の沈黙を経て1965年5月9日に、再びカーネギーホールのステージに立った。
そのライヴ録音は「ヒストリック・リターン」として知られている。

12年ぶりのステージとあって、一大センセーションを巻き起こした。
寒風の中、チケットを求めて行列を作る人々に、ワンダ夫人(トスカニーニの娘)が熱いコーヒーを振舞ったエピソードも有名だ。
「12時間待っています」という人に、ワンダ夫人は「私は12年間待ったのよ」と答えたとか。

相当の緊張だったのだろう。バッハの冒頭、派手に音をはずしているが、その後は持ち直し、次第にホロヴィッツならではの演奏になって行く。特に得意のスクリャービンのソナタは絶品だ。

ただ、プログラム最後の「バラード」(あとの4曲はアンコール)は、疲れたのかホロヴィッツらしからぬ、かなり危なっかしいところのある演奏である。

アンコールの4曲はなかなか気の利いた選曲でもあるし、演奏はさすがだ。
聴いていて気になるのが、フライング拍手が多いことだ。
「オン・テレヴィジョン」でも最後の拍手がフライングである。アメリカの聴衆ってああなのだろうか。

道の駅ましこ

道の駅ましこ
栃木県益子町
設計 原田真宏+原田麻魚/MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

10月15日に供用開始した、栃木県で一番新しい道の駅。

益子は益子焼に代表される民芸が盛んな土地だ。
道の駅ましこは、益子焼の窯元などが集中する益子の中心部から、南に5kmほど離れた場所にある。
周囲は低山に囲まれた、開けた田園地帯である。












大断面の集成材による、3連の大きな屋根架構が特徴的な建築。
周囲の風景に調和させた外観ということも出来る。
3連の屋根架構は、前後に3列に分割されていて、3列の屋根をずらして配置することで、平面的には8つの部分の組み合わせになっている。
それらの部分のつながり方が平面計画の基本になっていて、単純だが変化に富む建築になっている。
妻面がガラス張りで透明感に富んでいるため、屋根架構が外観にもリズムと変化を与えている。

構造は、鉄筋コンクリート造の躯体に木造の屋根を架けたもので、屋根の最大スパンは32mにも及ぶ。
梁成1mの集成材は、地元産の八溝杉を用い、地元の工場で加工されたものだ。

民芸が盛んな益子ならではの展示、販売が行われていて、他の道の駅とは一味違った雰囲気がある。
植栽は春以降に行われるようなので、現在は周辺がやや殺風景な印象は否めない。



設備スペースの周囲がネットフェンスなのはいただけない。



ところで、益子町の鳥はウグイスらしいのだが、ウグイスはありきたりで面白くない。
益子なのだから、ここは「ベニマシコ」がよかったのにと思う。

まさかの積雪





撮影 2016.11.24 茨城県

11月の茨城とは思えない風景だ。
朝から雪になり、結局午後まで降り続いて数cmの積雪になった。
道路上に積もるほどではなかったが、一部はシャーベット状に。

いつもの公園も寒々しい光景。
枝に残るサクラの紅葉、イチョウの黄葉に、雪はちょっとありえないように思える。

カモメ@平磯




カモメ
チドリ目カモメ科
体長45cm
撮影 2016.11.23 茨城県ひたちなか市

平磯海岸には、ウミネコとセグロカモメを中心に30羽程度のカモメ類がいたが、中にカモメが1羽いた。
第1回夏羽から第2回冬羽に換羽中の個体と思われる。
となりの、足が黄色い大型カモメも気になるところだが、カモメは今季初認。

10月30日、滑津大滝





撮影 2016.10.30
宮城県七ヶ宿町

阿武隈川の支流、白石川に架かる名瀑。
落差はさほどではないが、巾は広く、2段になって落ちる滝は遊歩道から間近に見ることが出来る。
七ヶ宿街道沿いにレストハウスがあり、上から見下ろすことも出来る。

セイタカシギ




セイタカシギ
チドリ目セイタカシギ科
体長37cm
撮影 2016.11.12 茨城県稲敷市

セイタカシギ7羽とダイサギ。
セイタカシギは1羽ずつ飛んで、隣の蓮田に移動して行った。
セイタカシギの飛翔は、その長い足を伸ばして飛ぶ姿が美しいので、ぜひ撮りたい被写体のひとつ。

セイタカシギ@稲敷




セイタカシギ
チドリ目セイタカシギ科
体長37cm
撮影 茨城県稲敷市

このあたりの水田地帯では、結構神出鬼没なところがある鳥だが、今年はこの蓮田が気に入ったようで、かなりの確率で入っていた。
多い時には8羽の群れになった。
この鳥としては結構多い方だと思う。

ムラサキシジミ


ムラサキシジミ(♀)
撮影 2016.11.20
茨城県牛久市

11/20 牛久自然観察の森

2016.11.20
茨城県牛久市、牛久自然観察の森
定例探鳥会
9:00~11:00

コジュケイ S
カワウ
アオサギ
オオタカ
カワセミ
コゲラ
モズ
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
シロハラ
ツグミ
ルリビタキ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
ビンズイ
タヒバリ C
カワラヒワ
ホオジロ C
アオジ
以上28種

本格的な冬鳥のシーズンになった。
今年は色々な鳥が結構多く見られているようだ。
今日は、種類はまずまずだが、じっくりと観察できたのはモズ、メジロ、カワセミなど。
ツグミ類は入ってはいるが、まだまだの印象。
霧が出てしまったので、猛禽類は飛ばなかった。(一部の人がオオタカを観察した)
狩猟シーズンとなり、結構近くで銃声がした。
この付近は乱場なので、この時期には注意が必要だ。

10月30日 やまびこ吊り橋




撮影 2016.10.30
宮城県七ヶ宿町

あまり広くはないが、専用の駐車場もある。
長老湖から遊歩道を歩くことも出来るが、往復1時間ほどはかかりそうだ。
長さ120mの歩行者専用吊橋で、東北地方では最長。
橋の中央はグレーチングになっていて、真下がよく見える。
高所恐怖症の人は両端を歩き、そうでない人は真ん中を歩く。
私は高いところが大好きだ。

橋から見える不忘山の姿はなかなか雄大な姿を見せてくれる。

ハイイロヒレアシシギ@平磯





ハイイロヒレアシシギ
チドリ目シギ科
体長21cm
撮影 2016.11.13 茨城県ひたちなか市

カモメたちの中に、小さな鳥が波間に見え隠れしていた。
ヒレアシシギの特徴的な表情はよくわかる。
現場ではアカエリヒレアシシギだと思ったのだが、写真で確認すると
■嘴がやや太い
■嘴基部に若干黄色味がある(ように見える)
■肩羽が一様で、ストライプ状に見えない
という特徴から、ハイイロヒレアシシギではないかと思う。

しばらくすると、比較的近くに寄ってくれた。
今年は見る機会がなかった鳥なので、ここで見られたのは嬉しかった。
この日の鳥見はなかなか面白かったが、最後にまたこういう鳥が出て、非常に充実した一日になった。

ウミアイサ@平磯




ウミアイサ
カモ目カモ科
体長55cm
撮影 2016.11.13 茨城県ひたちなか市

ウミアイサも毎年見られるが、この日は8羽ほどの群れになっていた。
今回は割と海岸の近くで餌を探していた。

シノリガモ@平磯




シノリガモ
カモ目カモ科
体長
撮影 2016.11.13 茨城県ひたちなか市


絶好の行楽日和でもあり、大洗や那珂湊では色々なイベントが行われていた。
人混みを避けて、平磯海岸に絞って海鳥の観察を行った。
この海岸では、シノリガモが普通に見られる。
この日の海はかなり荒れていたが、この鳥は荒波は平気なようだ。
潜る時に、尾羽の様子が撮影できた。

10月30日 南蔵王

撮影 2016.10.30
宮城県七ヶ宿町



白石から七ヶ宿に向かう。
南蔵王は穏やかな風景が広がっている。







長老湖は、不忘山を湖面に映す標高560mほどにある湖で、このあたりでは有名な紅葉の名所のようだ。
不忘山は蔵王連峰の前衛に位置する山で、標高は1705m。




1945年3月10日未明、不忘山の山腹にアメリカ軍の爆撃機B29 3機が相次いで墜落した。
日付からわかる通り、あの東京大空襲の日である。
恐らく大空襲に参加したと思われる3機のB29が、そのあと東京から300キロも離れた東北地方の山になぜ飛んできたのかは謎である。
しかもその3機は別々の部隊に所属していて、1時間ほどの間をおいて次々に墜落したと言う。
昨年開園した「不忘平和記念公園」には、そのことを伝える石碑が建立されている。

ジョウビタキ@高萩



ジョウビタキ(♂)
スズメ目ヒタキ科
体長14cm
撮影 2016.11.13 茨城県高萩市

身近で見られる冬鳥の代表的存在である。
今年は飛来数が多いようで、見る機会が多い。
我が家の周囲に縄張りを作っているのは♀である。

小山ダムの近くだが、3羽が縄張り争いをしているようだった。

タカブシギ@茨城




タカブシギ
チドリ目シギ科
体長20cm
撮影 2016.11.12 茨城県

9月以降、茨城県南の淡水域で観察したシギチ類は20種類。
秋の渡りでは、冬鳥であるタゲリが飛来するまで何種類見られるかを目安にしている。
例年は23種類程度観察しているので、若干少なめではあるが、それなりには見られたという印象だ。
これからは越冬個体に注目である。

高萩市上空を通過する「ドリームリフター」



撮影 2016.11.13
茨城県高萩市

B747-400LCF「ドリームリフター」 N780BA

探鳥会の途中、上空を通過する飛行機。
4本のコントレールが青空に映えて綺麗だったので撮影して見ると、明らかに形が「ドリームリフター」だ。
携帯も圏外の場所なので、フライトレーダーでも確認できない。
レジ番号は、帰宅後運行記録で確認した。


B747-400LCFは、アメリカ国外で生産されているB787の部品をボーイング社の組立工場に輸送するためにB747-400を改造した特殊な貨物機である。
「部品」と言っても、胴体や主翼など大型のものを輸送するので、胴体中央部が大きくふくらんだ、異様な形状をしている。
同様の目的で作られた輸送機に、「スーパーグッピー」やエアバス社の「ベルーガ」がある。

「ドリームリフター」は、合計4機が製造、運用されている。
日本では、三菱重工、川崎重工、富士重工が、主翼や胴体の主要部分を製造しているため、中部国際空港「セントレア」に飛来する。
アメリカ以外では、セントレアとイタリア南部のグロッターリエという都市に飛来するだけだ。

セントレアに飛来する「ドリームリフター」についての情報はこちら
http://www.centrair.jp/interest/photograph/lcf/

世界に4機しかなく、飛来する空港も限られているので、非常にレアな機体である。
セントレアに行く機会があればぜひ見たい飛行機だが、上空通過とは言え茨城県で見られたのは面白い経験だった。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア