FC2ブログ

マーラー/歌曲集「子供の不思議な角笛」


マーラー/歌曲集「子供の不思議な角笛」

 1 死んだ鼓手(B)
 2 うき世の暮らし(S)
 3 無駄な骨折り(S+B)
 4 ラインの伝説(S)
 5 少年鼓手(B)
 6 歩哨の夜の歌(B+S)
 7 この歌をひねり出したのはだれ?(B)
 8 高遠なる知性のおほめの言葉(S)
 9 魚に説教するパドヴァのアントニウス(B)
10 塔の中の囚人の歌(B+S)
11 不幸の中の慰め(B+S)
12 美しいトランペットの鳴り渡るところ(S+B)

エリザベート・シュヴァルツコップ(ソプラノ=S)
ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン=B)
ジョージ・セル指揮ロンドン交響楽団
1969年録音のLP

「子供の不思議な角笛」は、ルートヴィッヒ・アルニムとクレメンス・ブレンターノが収集したドイツの民謡詩集で、ドイツのマザーグースと呼ばれる」こともあるが、同時期に編集されたグリム童話と並んで、ドイツの代表的な民族的遺産とされる。
この中にはおよそ600篇のテキストが含まれていて、多くの詩人や音楽家がこれを創作の源としたが、やはり最大の貢献はマーラーによるものだろう。

マーラーの「子供の不思議な角笛」は1905年に12曲の歌曲集として出版されたが、その後色々な変遷がある。
交響曲第2番、第3番に転用された「三人の天使が歌った」と「原光」をはずし、「死んだ鼓手」「少年鼓手」の2曲を加えて12曲としたものがこのレコードで採用されている。
またこの曲集には入っていないが、「子供の不思議な角笛」をテキストとし、のちに交響曲第4番に転用された「天上の生活」も関連が深く、そのため交響曲第2、3、4番を合わせて「角笛交響曲」と呼ばれている。
「魚に説教するパドヴァのアントニウス」のメロディも、交響曲第2番の第3楽章に使われているほか、複数の曲で交響曲第5番との関連も指摘されている。
このようにマーラー前期の交響曲との深い関係を考えると、この歌曲集の重要性は明らかだ。

なお、演奏の順序は演奏者にまかされている。
このレコードのように、男声と女声、曲によってはデュエットで歌うこともあるが、その使い分けはさまざまである。
一人で全曲を歌うことも可能だが、そういう盤は少ないようだ。
選曲とも合わせて、演奏者の自由度が高い曲集であるということが言える。
演奏時間は約50分で、オーケストラ伴奏付きの歌曲集としては大曲である。

ここに挙げたレコードは、シュヴァルツコップとフィッシャー=ディースカウと言う、20世紀を代表する大歌手2人をソリストに迎え、セルがロンドン響を指揮したもの。
ほとんど世界遺産と言っても良さそうな、名盤中の名盤である。

ツミ@芝山


ツミ
タカ目タカ科
体長27cm(♂)
撮影 2016.7.24 千葉県芝山町

道の駅、ではなく「空の駅、風和里しばやま」
成田空港の34L近くにあり、北風運用時の着陸機を撮影するには穴場的ポイントである。
7月ではあるが、北東の風が入っているため、ここ数日北風運用になっている。
このあたりで「飛行機が飛ぶ方向」に「風向き」を感じるのはやっぱり飛行機好きだからだろうか。

飛行機を撮影している時に、不意にツミが飛んだ。
♂のようだが、横斑があるように見えるので、若い個体だと思われる。
咄嗟にピントが合わなかったが、捕らえた獲物は大きさと嘴の形状から、セッカではないかと思う。
ウグイスの♀という可能性もあるかも。

セル指揮のバルトークとヤナーチェク


バルトーク/管弦楽のための協奏曲
ヤナーチェク/シンフォニエッタ
ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団
1965年録音のLP

ある時期、これと同じジャケットデザインのCDが爆発的に売れたことがある。
こんな地味なCDがなぜ?と思うが、ヤナーチェクのシンフォニエッタが、村上春樹の「1Q84」の中で繰り返し登場したからだ。
小説に登場するのも、このセル盤であると言われている。
LP時代から、同曲としては代表的な名盤とされて来た。

そんな関係もあって、アマゾンその他のレビューを見ても、「1Q84」と「シンフォニエッタ」に関係する話ばかりで、メインのバルトークに関する話題があまりない。

バルトークの「管弦楽のための協奏曲」については、第5楽章に奇妙な改変と大胆なカットがあることで有名な録音である。
この改変については賛否両論がある、と言いたいところだが、こういう場合はほとんど「否」ばかりである。
原曲に特に問題があると感じている人があまりいないので、改変が意味不明だからだろう。
ただ、それはそれとして非常に優れた演奏であることは間違いないと思う。

クナッパーツブッシュ/ワーグナー名演集


クナッパーツブッシュ/ワーグナー名演集

収録曲
1 楽劇「神々の黄昏」~夜明けとジークフリートのラインへの旅
2 楽劇「神々の黄昏」~ジークフリートの葬送行進曲
3 楽劇「パルシファル」~幼な子のあなたが母の胸に
4 楽劇「ワルキューレ」~ヴォータンの告別と魔の炎の音楽
5 楽劇「トリスタンとイゾルデ」~第1幕への前奏曲
6 楽劇「トリスタンとイゾルデ」~優しくかすかな彼のほほえみ(イゾルデの愛の死)

キルステン・フラグスタート(3)
ジョージ・ロンドン(4)
ビルギット・ニルソン(6)
ハンス・クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音 1956~59年


イギリスにサッチャー以来の女性首相が誕生し、ドイツとイギリスというヨーロッぱの2大国の首脳が女性ということになった。
これで来年のサミットは、7人のうち3人が女性ということになる。(だろう)

ドイツのメルケル氏の好きな音楽は、ワーグナーの「ニーベルングの指環」4部作だそうだ。
いかにも、という感じはする。
朝日新聞によれば「定期的に鑑賞する」とのことだが、これはバイロイト音楽祭に行くということかと推察する。

4部作がワーグナーの代表作であることは間違いないが、これはとりわけ取っつきにくい作品でもある。
もっと取っつきにくいのは、最後のオペラ作品である「パルジファル」だ。
「舞台神聖祭典劇」と呼ばれている。タイトルからして取っつきにくい。
「ニーベルングの指環」4部作の作曲中、自身その重さに疲れて、軽い恋愛物を書こうとしたのが「トリスタンとイゾルデ」であると言うが、もちろん、軽い作品で終わるわけもなく、巨大な作品に出来上がった。
自分にとってはこれも取っつきにくい。

そういう作品群から、管弦楽曲やアリアをピックアップした「名演集」は夥しい数が出ているが、その中でも名盤中の名盤と言える1枚である。
 クンドリにフラグスタート
 ヴォータンにロンドン
 イゾルデにニルソン
と、これ以上望むべくもない豪華メンバーだ。

空き地に咲いていたヘクソカズラ




隣の空き地に咲いていた。
よく見れば可憐な花だが、命名がもう少し何とかならないかと思う。

中根駅(ひたちなか海浜鉄道湊線)





中根駅(ひたちなか海浜鉄道湊線)
茨城県ひたちなか市

これも某有名秘境駅サイトに紹介されている。
周辺は水田地帯だが、背後には住宅地が広がっていて、実際には秘境感は全くない。

ひたちなか海浜鉄道湊線は、駅名板を各駅ごとにデザインしている。
中根駅は、近くにある虎塚古墳をデザインしたもの。

ひとつ隣の「高田の鉄橋駅」については、以下の記事を参照
http://blogs.yahoo.co.jp/papageno620hop/12445913.html

蝶各種

撮影 2016.7.16~17 茨城県



家の庭で育ったツマグロヒョウモンの♀。
今年はかなりの数が見られたが、さすがにもう食草がなくなった。



隣の空き地に来たアゲハ

以下は牛久市内で撮影



ツバメシジミ



ヒメウラナミジャノメ



ハエドクソウに来たダイミョウセセリ



このあたりでは珍しいオオムラサキの♀

7/17 牛久自然観察の森定例探鳥会

2016.7.17
茨城県牛久市牛久自然観察の森
定例探鳥会
8:00~10:00

キジ S
コジュケイ S
カルガモ
キジバト
ゴイサギ
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ
オオタカ
サシバ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス S
エナガ
メジロ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ホオジロ
以上26種

7~8月は一番鳥が出ない時期だが、26種類とまずまずだった。
オオタカは幼鳥のようで、盛んに鳴いていたが、1度だけ姿を見せた。
サシバは2羽で、番いのようだった。

ここが開園して26年になるが、初めてオオムラサキが確認された。

コシアカツバメ@茨城県




コシアカツバメ
スズメ目ツバメ科
体長19cm
撮影 2016.7.18 茨城県

時折り、内陸のコンクリート造の建築物に営巣することがあり、今年は茨城県内某所で営巣が確認されている。
4羽(2番い?)が確認できた。
名前の通り腰と後頸の赤褐色が目立つが、頭頂及び背から肩羽の藍色が思いのほか美しい鳥である。

久我原駅(いすみ鉄道)

久我原駅(いすみ鉄道)
千葉県大多喜町

いすみ鉄道は、JR大原駅と小湊鉄道上総中野駅を結ぶローカル線である。
大原から数えて11番目の駅「久我原」は、某有名サイトに千葉県で一番の秘境駅として紹介されている駅である。
ただし、駅周辺の風景が秘境に見えるというだけで、ここが実際に秘境と言えるわけではない。
房総の丘陵地帯にあり、近くには国道297号線と国道467号線が走る。
少し先には「道の駅たけゆらの里おおたき」があり、結構交通量がある。

しかしながら実際にこの駅を見た時には正直驚いた。
まさか首都圏の一角にこんな風景が存在したとは。



駅への入口
先に見える小屋が駅舎である。
この先、車で入れるのかどうか定かではない。



駅の存在を示す唯一の看板









正式名称は「三育学院大学久我原駅」
ネーミングライツによる命名らしい。
三育学院大学はここから約2.2kmの場所にある。
この駅を利用している学生がいるかどうかはわからない。
最新のデータでは、一日の乗降客は9人であるとのことだ。






久我原駅を上総中野駅方面に出るとすぐに夷隅川を渡る鉄橋がある。
確かに秘境感は十分にある。

舞踏への勧誘~クナッパーツブッシュ名演集


舞踏への勧誘~クナッパーツブッシュ名演集


収録曲
 ブラームス/大学祝典序曲
 ブラームス/悲劇的序曲
 ウェーバー(ベルリオーズ編曲)/舞踏への勧誘
 ニコライ/歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
 コムツァーク2世/ワルツ「バーデン娘」
 ヨハン・シュトラウス2世/加速度円舞曲
 ヨハン・シュトラウス2世/トリッチ・トラッチ・ポルカ
 ツィーラー/ワルツ「ウィーンの市民」

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1957年及び1960年録音

クナッパーツブッシュは大の録音嫌いだったため、同時代の巨匠たちと比べて、録音が少ないのが残念だ。
クナと言えばワーグナーとブルックナーの評価が特に高いが、このCDで聴かれるようなものも実は得意としていたようである。

ブラームスの2曲が面白い。
交響曲のついでに聴くみたいなことが多いのだが、改めてメインで聴いてみると、やっぱり名曲であると思う。
ただ、クナの手にかかると、ブラームスが時折りワーグナーのように響くのが面白い。

「舞踏への勧誘」も実に美しい演奏だ。
その他の作品を含め、クナの別の一面を見ることができる格好のアルバムのように思う。

クナッパーツブッシュは、そのいかつい風貌からとても怖い指揮者に見えるが、実際はユーモアのセンスに溢れた人間味のある人物だったらしい。
ナチス嫌いで、クレメンス・クラウス贔屓のヒトラーからも嫌われたことは、彼にとって幸運だったと思う。

クロハラアジサシ&ハジロクロハラアジサシ@瓢湖

クロハラアジサシ 体長26cm
ハジロクロハラアジサシ 体長23cm

撮影 2016.6.26 新潟県瓢湖


「ヌマアジサシ」と呼ばれるものには以下の3種類がある。
 クロハラアジサシ Chlidonias hybridus
 ハジロクロハラアジサシ Chlidonias leucopterus
 ハシグロクロハラアジサシ Chlidonias niger
このうちハシグロクロハラアジサシは迷鳥で、見る機会は極めて少ない。

それぞれの学名を見ると、
 ハジロは「羽が白い」
 ハシグロは「黒い」
 クロハラは「その中間」?
みたいなニュアンスが読み取れる。

クロハラアジサシ、ハジロクロハラアジサシとも、冬羽や幼鳥では特徴が似通っていて識別が難しい場合も多い。
綺麗な成鳥夏羽を見る機会はそんなにないので、瓢湖でこの2羽が飛び回っているのを見られたのは幸運だった。







クロハラアジサシ成鳥夏羽







ハジロクロハラアジサシ成鳥夏羽

ヒメアマツバメ@千葉県





ヒメアマツバメ
アマツバメ目アマツバメ科
体長
撮影 2016.7.10 千葉県

ヒメアマツバメはもともと日本では見られなかった鳥で、1967年に静岡県で繁殖が確認されたのが最初とされている。
その後分布は徐々に広がっているようだ。

日本産アマツバメ類には主に
 アマツバメ
 ハリオアマツバメ
 ヒメアマツバメ
の3種がいて、その他迷鳥としてヒマラヤアナツバメがいる。(こちらは「アマ」ではなく「アナ」)
アナツバメの仲間は、海岸沿いの洞窟に巣をつくる。ある種のアナツバメ類の巣が高級食材「ツバメの巣」として珍重される。

アマツバメの翼は鋭く尖った鎌型で、ハリオアマツバメの翼は鎌と言うより長刀のようである。
ヒメアマツバネの翼はアマツバメほどには尖っておらず、後退角もアマツバメほどではない。
3種の中では一番スピード感は感じられない翼の形である。

ヒメアマツバメは、国内ではコンクリートなどの人工物に巣を作る傾向がある。
イワツバメやコシアカツバメの巣を使うことが知られていて、古巣を使うとも、使っている巣を奪うとも言われている。
ここではコシアカツバメの巣を利用している。
コシアカツバメの巣というのは実によく出来た巣で、これを利用するというのは理にかなった方法なのだろう。
ここではスズメもちゃっかり利用しているようで、コシアカツバメとスズメが争っている様子が見られる。
コシアカツバメの巣は土だけで出来ているが、ヒメアマツバメは巣の入口まわりに羽毛を張り付ける。
ヒメアマツバメが自力で巣を作る場合は、空中に漂っている羽毛を集めて巣を作るらしい。
一生のほとんどを空中で暮らすちうアマツバメ類だが、空中に巣を作るほどの羽毛が漂っているというのも驚きだ。

磐椅神社の大鹿桜(福島県猪苗代町)




磐椅神社の大鹿桜
福島県猪苗代町
撮影 2016.4.30

この日は探鳥目的で裏磐梯に行く。
その前に、通り道でもある大鹿桜を撮影する。

磐椅神社(いわはしじんじゃ)は、磐梯山の古名、磐椅山(いわはしやま)に由来する。
この桜は会津五桜のひとつで、珍しい種類のサトザクラであると言う。
本来の見頃は5月に入ってからで、本州で最も遅く開花する桜のひとつであると言われている。
今年は福島県内いずれも開花が早く、4月末に見頃を迎えた。

娘は、2本の枝を鹿の角に見立てたが、実際はこの花は白色から鹿の毛のような色に変化することからの命名であるらしい。

17日に撮影した3本と合わせ、会津五桜のうち4本を撮影することが出来た。
次回は見逃した杉の糸桜と、満開の石部桜をぜひ見たいと思う。


今年は94本(箇所)の桜を撮影することが出来たが、時期と天気に恵まれず、不満の残る桜旅だった。
数が多かったので7月まで引きずってしまった。

コシアカツバメ@千葉県




コシアカツバメ
スズメ目ツバメ科
体長19cm
撮影 2016.7.10 千葉県

毎年この時期にコシアカツバメの営巣場所を見に行くのだが、今年は数が少なかった。
代わりにヒメアマツバメがかなり多くなっていた。
ヒメアマツバメはコシアカツバメの古巣を使うほか、新しい巣を奪って使うこともあるようだ。

コシアカツバメは毎年数か所で観察しているが、今後も継続して注視して行きたいと思う。

馬場桜(福島県平田村)



馬場桜
福島県平田村
撮影 2016.4.18

この桜は幹線道路沿いにあって、駐車スペースもないため、前回も車中から眺めただけで通り過ぎてしまった。
今回は少し先に車を停め、歩いて見ることにした。
想像した以上に立派な桜で、観賞しにくいのはもったいないと思う。

次第に雨が激しくなり、近くの岩倉桜その他の桜はあきらめ、この日の撮影は終了とした。


次回は今年の最終回。裏磐梯の途中に訪問した、磐椅神社の大鹿桜(福島県猪苗代町)

シロエリオオハム@千葉県



シロエリオオハム
アビ目アビ科
体長65cm
撮影 2016.7.3 千葉県

一応、シロエリオオハムではないかと判断した。
7月なのに夏羽ではなく、全体的に汚れているように見える。
羽ばたいたところを見ると、体下面に油汚れのようなものが見えた。

大雷神社のシダレザクラ(福島県田村市)




大雷神社のシダレザクラ
福島県田村市
撮影 2016.4.18

弁天桜、剛叟寺のシダレザクラと並んで、滝根三大桜と呼ばれている。
この桜も長年の風雪に耐えきれず、大枝が折れ、往時の面影はないとのことだが、往時を知らない者の眼から見ると、これも十分に立派である。


次回は馬場桜(福島県平田村)

剛叟寺のシダレザクラ(福島県田村市)




剛叟寺(ごうそうじ)のシダレザクラ
福島県田村市
撮影 2016.4.18

推定樹齢400年の古木で、弁天桜と並び称される名木である。
風雪に耐えきれず大枝が折れ、往時の面影はないとのことだが、十分に立派である。

剛叟寺は隣のセブンイレブンと駐車場を兼用しているので便利だ。


次回は大雷神社のシダレザクラ(福島県田村市)

1995、97年の撮影から~日本航空のMD-11

MD-11は、マクダネル・ダグラス社がDC-10の後継機として開発した3発機である。
DC-10と同様、第2エンジンが垂直尾翼を突き刺すスタイルが特徴的。
3発機は、第2エンジンの取り付け方法がデザインのカギで、S字形のダクトに取り付けたロッキードの「トライスター」と対照的だ。
翼端には台形のウイングレットが装着されたが、よく見ると上向きのウイングレットの下に小さなウイングレットが下向きに付いているのがわかる。
非常にスマートなデザインで人気が高かったが、売れ行きは伸び悩み、生産数は約200機止まりだった。

時代は双発機の信頼性が高まり、3発機の優位性が薄れたため、大型の3発機は製造されなくなった。これは最後の3発機とも言われている。
日本航空では10機を導入。「J-bird」の愛称を付け、それぞれに日本を代表する10種類の鳥をデザインした。

第2エンジンに「J-bird」の文字をマーキングし、機首部分とウイングレットにそれぞれの鳥のイラストを描いている。
10機のレジ番号と、描かれている鳥の種類は以下の通り。
 1号機 JA8580 エトピリカ
 2号機 JA8581 ヤイロチョウ
 3号機 JA8582 タンチョウ
 4号機 JA8583 イヌワシ
 5号機 JA8584 ヤンバルクイナ
 6号機 JA8585 クマタカ
 7号機 JA8586 コウノトリ
 8号機 JA8587 ノグチゲラ
 9号機 JA8588 オジロワシ
10号機 JA8589 ライチョウ



JA8580 エトピリカ 1997年撮影




JA8581 ヤイロチョウ 1997年撮影




JA8586 コウノトリ 1995年撮影




JA8587 ノグチゲラ 1997年撮影

自分は以前乗っていた車に、ライチョウ、イヌワシ、ヤンバルクイナのステッカーを貼っていたので、この写真を見ると懐かしく思い出す。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア