FC2ブログ

シェルヘンのマーラー/交響曲第5番

マーラー/交響曲第5番
ヘルマン・シェルヘン指揮フランス国立放送管弦楽団
1965年 シャンゼリゼ劇場でのライブ録音



これは曰くつきの録音で、その方面では夙に有名だが、これまで聴く機会がなかった。
タワーレコードのメルマガに載っていたので、つい買ってしまった。
タワレコにうまく乗せられた形だ。

収録曲
バッハ/フーガの技法より(シェルヘン編曲)
バリフ/角笛と猟犬
マーラー/交響曲第5番

これは当日のプログラム通りなのだろうが、マーラー5番の”余白”に、そこそこ長い曲が2曲も入っているというのは普通はありえない。この録音ならではの特徴だ。
ちなみにクロード・バリフはメシアンの弟子で、現代音楽を得意としたシェルヘンならではの選曲かも知れない。

問題のマーラー
まず第1楽章
これは割と普通だ。ただ、この指揮者はスイッチが入ると止まらなくなるような傾向があって、そういうところは各所に表れている。

第2楽章
冒頭から物凄いスピードだが、中間部では一転して極端に遅くなる。
この録音の傾向として、速いところは無茶苦茶速く、遅いところは逆に無茶苦茶遅くなる。
後半はまたまた猛スピードで、結果、タイミング的には普通。

第3楽章
一番問題の部分で、わずかに5分半ほどで終わってしまう。(15分の間違いではない)
バッサリカットしまくった上に、猛スピードで駆け抜けるのである。
ただ予備知識なしにこれだけ聴いたら、意外によくまとまった曲に聞こえなくもない。

第4楽章
これはもともとゆったりしたテンポの楽章だからか、とりわけゆっくりとした、非常に耽美的な演奏である。
この楽章を「サロンミュージックのようだ」と揶揄した人もいるようなので、これは一種のあてつけなのかとも思う。
さすがにこれだけテンポの遅いアダージェットは珍しいと思うが、どう料理してもこのアダージェットは美しいと思わざるを得ない。

第5楽章
第3楽章ほどではないが、またまたカットしまくりの楽章である。むしろ違和感の方はこちらの方が強い。
途中何度もびっくりさせられるが、最後のコーダの部分の意味不明なカットはどういうつもりなのだろうか。喧嘩を売っているとしか思えない。
変なカットをしなければ、かなり素晴らしい演奏になっているに違いないのだが。

最期に拍手とブラヴォー、ブーイングの応酬があるという曰くつきの録音だが、その部分は15秒ほどでカットされている。そこはもっと聞きたかったところだ。




ウィーン国立歌劇場管弦楽団との演奏
1953年録音
(写真はネットから)

上の録音から12年前の録音。
ここでも第1、第2楽章はかなり個性的な演奏なのだが、以降は極めて真っ当な演奏である。
フランス国立管との演奏でバッサリ切りまくった第3、第5楽章も普通に演奏している。
第4楽章のアダージェットは逆に極めて速いテンポで、4分も短い。
それはそれで極端だが、アダージェットに関してはこれも非常に魅力的だ。
モノラル録音ではあるが、なかなかの名演奏と言ってもいいように思う。

一部の録音を取り上げて、「爆演指揮者」などというレッテルを貼られることが多いシェルヘンだが、同じ曲を振った2枚を聴き比べても、一筋縄ではいかない指揮者だと思う。

コヨシキリ@福島潟



コヨシキリ
スズメ目ヨシキリ科
体長14cm
撮影 2016.6.25 新潟県

地元ではここ数年、あまり見られなくなってしまった。
ここではかなりの至近距離で囀ってくれた。
オオヨシキリに比べると、この鳥はやっぱり可愛らしい。

お伊勢様の鐙擦石ザクラ(福島県田村市)

お伊勢様の鐙擦石ザクラ
福島県田村市
撮影 2016.4.18






鐙擦石(あぶみすりいし)ザクラとは面白い名称だ。
坂上田村麻呂が大滝根山に篭る賊を征伐する際、馬を進めると両側に岩が迫っており、鐙を摺りながら通り抜けたらこの桜が出迎えてくれたとういう伝説による。
推定樹齢は800年。見上げるような巨木である。

そもそも田村市という名称は坂上田村麻呂に由来する。
坂上田村麻呂は1200年ほど前の人物なので、樹齢が合わないが、古木にはありがちな伝説と受け止めたい。




五條桜

これは移動途中で見つけたもので、「五條桜」という看板があったが詳細は不明。


次回は大乗寺の桜(福島県田村市)

6/25~26 新潟県内

2016.6.25
新潟県内(福島潟、奥胎内など)
9:30~18:00

キジ
カルガモ
コガモ
カイツブリ
カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ
オオバン
カッコウ
クロハラアジサシ
トビ
アカショウビン■ S
コゲラ C
アオゲラ C
チョウゲンボウ
モズ
カケス
ハシブトガラス
ヤマガラ S
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
ヤブサメ S
メジロ S
オオヨシキリ
コヨシキリ■
ムクドリ
キビタキ S
オオルリ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ S
コジュリン
(ドバト)
以上40+1種


2016.6.26
新潟県内(奥胎内、瓢湖など)
3:30~13:00

キジ
コハクチョウ
ヒドリガモ
マガモ
カルガモ
オナガガモ
コガモ
キンクロハジロ
ヨシゴイ
ゴイサギ
アマサギ
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ
バン
オオバン
ホトトギス S
カッコウ
クロハラアジサシ
ハジロクロハラアジサシ■
トビ
ツミ
アカショウビン S
カケス
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ S
ヒガラ
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス S
ヤブサメ S
オオヨシキリ
ミソサザイ S
ムクドリ
キビタキ S
オオルリ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ C
(ドバト)
以上45+1種
■は今年初確認

今回初めて計画した奥胎内の探鳥会。11人の参加。
1日目
午前中、福島潟で1時間半ほど探鳥。
コヨシキリが至近距離で見られたのが収穫だった。
奥胎内では、宿主催の探鳥会に参加。
午後2時から2時間のセミナーと、夕方の探鳥。
目玉のアカショウビンは、声だけは聴けたが姿は見られず。
夜は雨になってしまい、コノハズクの声は聴けずじまいだった。

2日目
早朝探鳥は雨にたたられ、アカショウビンはやっぱり声だけ。
9時のチェックアウトまで、見られた人は数人だけという結果になった。
抱卵中とのことで、ヒナが孵るまではこんな状態だろうと思われる。
ヒナが孵れば餌運びの様子が頻繁に見られるだろう。
やっぱりこの鳥はタイミングが難しい。
平地に下るとようやく雨が上がった。
瓢湖で1時間半ほど探鳥。
クロハラアジサシとハジロクロハラアジサシが1羽ずつ。
その他バンの親子や居残りのカモ類がいて、初夏の瓢湖は意外に面白かった。

2日間で57+1種
ここまで184種+1亜種+その他5種

三渡神社の桜(福島県田村市)




三渡神社の桜
福島県田村市
撮影 2016.4.18

「三渡神社の桜」というのは二本松にあるものが有名だが、この三渡神社は詳細不明。
神社の境内ではなく、神社の裏手が草原のようになっていて、そこに立っている桜である。
非常に均整のとれた美しいシダレザクラである。


次回はお伊勢様の鐙擦石ザクラ(福島県田村市)

東円寺のエドヒガン(福島県田村市)



東円寺のエドヒガン
福島県田村市
撮影 2016.4.18

移動途中に偶然に見つけた桜。
石段を登って見ると、非常に背の高いエドヒガンだった。
東円寺は曹洞宗のお寺のようだが、桜を含めて詳細はわからない。


次回は三渡神社の桜(福島県田村市)

グールドのブラームス


ブラームス
■4つのバラードOP10
■2つのラプソディOP79
グレン・グールド
録音 1982年
1983年発売のLP

これは確かグールド最後の録音だったと思う。
その暗く陰鬱な響きには衝撃を受けた。まるでグールドの遺言のように感じられた。
特にバラードの第3曲、「間奏曲」とも題される1曲は、終生忘れられない印象を与えてくれたように思う。
晩年の作品のようにも思えるのだが、作品番号からわかる通り、21歳の作品である。
「バラード」とは本来、物語性を持った音楽だが、この作品の場合、1曲目を除くと物語性は希薄であるとされる。
むしろ第3曲の「間奏曲」をスケルツォと解釈して、4楽章のソナタとして鑑賞するのもありかと思う。
いずれにしても、ブラームスの別の一面を見た想いが印象的だった。

グールド、死の直前49歳の録音。
秀逸なデザインのジャケットを眺めながら、これを聴いてから33年も経ってしまったことに想いを馳せる。

コチドリ@龍ヶ崎



コチドリ
チドリ目チドリ科
体長16cm
撮影 2016.6.22 茨城県龍ヶ崎市

運動公園の駐車場に突然飛んできたコチドリ。

絵松神社の桜(福島県田村市)



絵松神社の桜
福島県田村市
撮影 2016.4.18

絵松神社は1372年の創建と伝えられ、1749年には絵松寺という寺院となり、1869年に再び神社となった。
斜面から集落を見下ろすように咲く、小ぶりだが形の良いシダレザクラである。


次回は東円寺のエドヒガン(福島県田村市)

早稲川舘ザクラ(福島県田村市)



早稲川舘ザクラ
福島県田村市
撮影 2016.4.18

国道288号線、いわゆる都路街道からやや北に入る。
桜が咲いているのは、急な斜面を30mほども登ったところだろうか。
樹齢650年とも言われる巨木である。


次回は絵松神社の桜(福島県田村市)

常光禅寺の桜(福島県田村市)

常光禅寺の桜
福島県田村市
撮影 2016.4.18





常葉地区、国道288号線から少し入ったところにある。
境内左手に形の良いシダレザクラ。
樹齢は200年程度とされている。




常光禅寺近くには、坂上田村麻呂が地面に挿した杖が根付いたという大イチョウもある。

次回は早稲川舘ザクラ(福島県田村市)

ツマグロヒョウモンの羽化

今月に入り、庭にツマグロヒョウモンの幼虫が複数見られるようになった。
そのうち2頭が蛹になったので、プラスチックケースに入れて室内で飼育することにした。
10日に蛹化した2頭のうち、♂1頭が18日の朝に羽化していた。
次の1頭は、色が変化して黒っぽくなり、そろそろ羽化しそうに思えた。
羽化するのは未明かと思っていたが、これは午後に羽化した。
結局2頭とも羽化の様子は観察できなかった。



今日羽化したのは♀。




蛹の抜け殻




羽化の際には余分な体液を排出する。
それは血のように赤い、ドロッとした液体だった。


今日、新たに2頭の蛹を回収した。
月末には羽化するだろう。
次は羽化の様子をぜひ観察したいと思う。

オナガ@つくば





オナガ
スズメ目カラス科
体長37cm
撮影 2016.6.17 茨城県つくば市

1990年ごろまでは、つくば市内の各地でカッコウが見られたと言う。
自分自身の経験でも、15年前ほどにはこの公園でカッコウを観察したことがある。
環境が変わったのか、残念ながら今は自分のフィールドでカッコウの声を聴くことはなくなってしまった。

一部のカッコウは、オナガに托卵することが知られているので、この公園に来るカッコウはそういう個体群ではなかったかと考えている。

大黒天の大桜(福島県田村市)



大黒天の大桜
福島県田村市
撮影 2016.4.18

推定樹齢500年の巨木である。
この集落の人たちが、庄屋屋敷に大黒天を祀り、その記念として植えたものと言われている。
急な傾斜地にあり、民有地でもあるので、道路から見上げる形で撮影する。


次回は常光禅寺の桜(福島県田村市)

ツミ@つくば

ツミ
タカ目タカ科
体長 ♂27cm ♀30cm
撮影 2016.6.17 茨城県つくば市



この日は♂を見ることが出来たが、遠くからピンボケ写真を1枚撮ったところで飛んでしまった。




そのあと、前回と同じ場所に♀が止まった。
お気に入りの場所のようだ。







翼を半開きにした状態
このまま3分ほど同じ姿勢を続けた。

休石の桜(福島県田村市)



休石の桜
福島県田村市
撮影 2016.4.18

休石地区の民家の庭先に咲く数本の桜。
樹齢200年などと書かれたものもあるようだが、それほどの古木ではないように思う。
若いだけに元気いっぱいに花を咲かせている。


次回は大黒天の大桜(福島県田村市)

貨物専門



ポーラーエアカーゴ
B747-400
N450PA

ポーラーエアカーゴはアメリカの貨物専門航空会社。
アトラス航空の子会社という関係にあるようだ。




エアーホンコン
B747-400
B-HUR

香港に本拠を置く貨物専門航空会社で、キャセイ・パシフィック航空の子会社である。
DHLとも提携関係にあり、この機体も後部にDHLのロゴがある。




アトラス航空
B747-8
N852GT

アトラス航空は、現在40機ほどのB747を使用しているほか、B747-8も運行させている。




カーゴルクス・イタリア
B747-400
LX-RCV

ヨーロッパのルクセンブルク公国を拠点とする、貨物航空会社カーゴルクスの、イタリアの子会社。




エアーブリッジ・カーゴ・エアラインズ
B747-400
VQ-BUU

モスクワに本拠を置く、ロシアの貨物航空会社。
この写真のみ、6/5 稲敷市で撮影
その他は6/11 成田市、さくらの山

松岳寺のシダレザクラ(福島県田村市)

福島県田村市
撮影 2016.4.18

福島県内を歩いていれば、この話題に触れないわけにはいかない。




前回の香野姫神社は二本松市にあったが、川俣町から1kmほどの場所である。
川俣町に入れば、そこは「避難指示解除準備区域」になる。(川俣町全域がそうというわけではない)
その区域内はこういう風景があちこちに広がっている。
住民の姿はなく、行きかうのはほとんど除染作業の車である。

東に10kmぐらい走ると、浪江町に入りになる。
かなり内陸を走っているのだが、いかに原発事故の影響が広範囲に及んでいるかがよくわかる。

それにしても「帰還困難区域」とは、いかにも不可抗力によって生じたかのような、無責任極まる用語だ。
日本の官僚はこういう言い換えが本当に得意である。
最近の傑作は「防衛装備の海外移転」である。もちろん、「武器輸出」のことに他ならない。

なお帰還困難区域に入ることはできないが、去年全線開通した常磐自動車道は「帰還困難区域」内を走っているので、その荒涼とした風景はいやでも目に入る。
東北に行く人はぜひ常磐道を通っていただきたい。

これ以上東に向かうと「帰還困難区域」に入ってしまう可能性があるので、一旦二本松方面に戻って田村市内の桜を撮影することにする。




旧船引町の松岳寺は曹洞宗のお寺で、形のいいシダレザクラは推定樹齢350年。
三春滝桜の子孫とのことで、この地域にはそういう桜が多い。


次回は休石の桜

サシバ@成田




サシバ
タカ目タカ科
体長47cm(♂)
撮影 2016.6.11 千葉県成田市

偶然近くに「脇鷹神社」(そばたかじんじゃ)という神社があった。
彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)、古事記に登場する通称山幸彦を祀る。

♂成鳥と思われる。
P4が欠落している。まだ6月だが、換羽が早い個体か?

香野姫神社の夫婦桜(福島県二本松市)



香野姫神社の夫婦桜
福島県二本松市
撮影 2016.4.18

養蚕の神、機織明神といわれる香野姫神社の鳥居脇に立つ2本の桜。
エドヒガンの枝にシダレザクラが生じ、1本の木に2種類の花が咲くという珍しい桜だったが、シダレの方は枯れてしまった。
推定樹齢は500年。非常に背の高い桜である。


次回は松岳寺のシダレザクラ(福島県田村市)

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア