FC2ブログ

喜多院のシダレザクラ(埼玉県川越市)

喜多院のシダレザクラ
埼玉県川越市
撮影 2015.3.29

喜多院は川越大師とも称し、川越観光の中心である。
平安初期に慈覚大師が建立し、当初は無量寿寺と号した。
無量寿寺には北院、中院、南院の3院があり、その内の北院を天海僧正が「喜多院」と改めたとされる。
中院は仙波東照宮建立の際に移動して現在の位置にある。
南院は廃院となり、今は存在しない。

境内には多くの桜が植えられていて、市内の花見の名所である。
宴会系の花見も盛んだが、本堂、庫裡、客殿、多宝塔周辺は宴会禁止になっている。






庫裡前にあるシダレザクラ
特に名のある桜ではないようだが、非常に目を惹く素晴らしい樹形だと思う




別の若い桜と


次回も喜多院のシダレザクラ

般若院のシダレザクラ-夜景(茨城県龍ヶ崎市)




般若院のシダレザクラ-夜景
茨城県龍ヶ崎市
撮影 2015.3.29

ライトアップも、まだ空に明るさが残っている時間帯がいい。
今なら6時過ぎぐらいか。
この日は雲が出てしまったので、あまりいい色ではないが実際の色よりはよく見える。写真には嘘もあるので。


次回は川越、喜多院のシダレザクラ

般若院のシダレザクラ(茨城県龍ヶ崎市)



般若院のシダレザクラ
茨城県龍ヶ崎市
撮影 2015.3.29

今年の桜は早いと思っていたが、この早咲きの桜はなかなか咲かず、土曜日の朝見たところではまだ1~2分の感じだった。
この日の陽気で一気に開花が進んだのか、夜にはライトアップも始まった。

日曜日、予報に反していい天気だったので行って見ると、すでに7分程度の咲き具合。
恐らくこの日満開になったはずだ。
火曜日あたりにもう一度見て見ようかと思う。

次回は同じ桜のライトアップ

3/29 牛久沼

2015.3.29
茨城県牛久市
9:00~17:30

キジ
コジュケイ S
コガモ
カイツブり S
カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
ミサゴ
トビ
コゲラ C
アカゲラ C
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
ヒヨドリ
ウグイス
ムクドリ
ツグミ
シロハラ C
スズメ
セグロセキレイ
タヒバリ
カワラヒワ
シメ
ホオジロ
アオジ
オオジュリン
以上29種

標識調査を行った間の記録。
1羽のトビが終始上空を飛んでいた。
アオジはまだ多いが、カシラダカは姿を消した。

標識調査の結果
モズ ♀1
ウグイス ♀1
ムクドリ 2
スズメ 1
ホオジロ ♂1
アオジ ♂4、♀2
以上6種12羽

30番 塩ノ崎の大桜(福島県本宮町)


30番 塩ノ崎の大桜
福島県本宮町
2012年4月26日撮影

本宮も名桜の宝庫だ。
塩ノ崎の大桜は小高い丘の上に立ち、東北らしい落ち着いた田園風景の中にあって、前景のナノハナとともに非常に美しい。
この時はあまりいい天気ではなかった。快晴の時にまた出会いたい桜である。

カナダカモメ@銚子


カナダカモメ
チドリ目カモメ科
体長58cm
撮影 2015.3.21 千葉県銚子市

この日見られたカナダカモメは、干潟好きのいつもの個体。
第1回、第2回あたりを探したかったが、カモメ類の絶対数が少なすぎた。
今シーズンはあと1回ぐらいか。

オオソリハシシギ@銚子



オオソリハシシギ
チドリ目シギ科
体長39cm
撮影 2015.3.21 千葉県銚子市

ここでオオソリは珍しいかも知れない。
3列風切に白斑が見えるので♀の第1回冬羽と思われる。

オオソリハシシギと言うと大きな鳥という印象があるが、カモメで言うとユリカモメ大で、小型の部類に入る。

29番 勝間薬師堂のシダレザクラ(長野県伊那市)2013年撮影


29番
勝間薬師堂のシダレザクラ
長野県伊那市(旧高遠町)
2013年4月15日撮影

高遠城址公園の桜は「天下第一の桜」と呼ばれ、日本3大桜の名所と言われている。
この桜は城址公園からも遠望することが出来る。

これは永年あこがれていた桜で、2013年に満開の姿に接することが出来た。
1本に見えるが、実は2本が寄り添う樹齢140年の桜である。

桂米朝師の訃報に接して


最近、桂枝雀の噺をよく聞いている。
枝雀は身振り手振りの多い、独特の語り口で人気があったが、1999年に自殺した。
彼の、実は本格的な落語が好きでよく聞いていたのだが、その死にショックを受けて、以後はあまり聞くことがなくなってしまった。
最近またよく聞くようになったが、その矢先に師匠の桂米朝が亡くなった。

米朝師は、戦後滅びかけていた上方落語の復興に力を注ぎ、「上方落語中興の祖」と言われている。
立川談志も米朝のことは尊敬していた。
米朝譲りの「持参金」のマクラで、
「ボロボロになった、それこそ右に左に飛び散ってしまったかけらを集めて来て、己という接着剤をそれに入れて、デザインも考えて作り上げた。大阪落語と言うものを立て直した上方落語中興の祖」
と、談志らしい言い方で絶賛している。


枝雀は重度の鬱病だった。
鬱病の落語家と言うのはつらいと思う。
自分は落ち込んで行くのに、客は笑わせなければいけない。
落ち込んで行くのを無視やり引き上げて行く過程があのオーバーアクションだったのだろうか。
「そのやり方ではしんどいやろ」と、米朝師も言ったという。

そう、枝雀と言うとマンガチックとも言われるオーバーアクションで有名だった。
端正で上品な語り口の米朝師とは、表面的には対照的だが、その噺をよく聞いてみれば、怖いほどに師匠の芸を受け継いでいることがよくわかる。
米朝にとって、自分の芸を引き継いでくれる枝雀という存在は極めて重要だったはずだ。
枝雀が死んだ時、NHKの追悼番組に出た米朝は「やっぱり私がやらなあかんのかな」と、しみじみ語っていた。
やはり枝雀がこうなることは、どこかで見通していたのだろうと思う。

そして今度は米朝師が逝ってしまった。
心の中に大きな穴が開いてしまった気分だ。


写真のLPレコードには
旅の噺の中でも、地獄巡りの大作「地獄八景亡者戯」、迫真の口演が聴ける「怪談市川堤」、とても奇妙な噺「次の御用日」の3編が収められている。
中でも「地獄八景亡者戯」は米朝の代表作とも言える。
この噺の中では、あの世で名人たちが勢ぞろいした寄席が開かれていて、桂米朝近日来演というくすぐりで笑わせているが、本当になってしまった。

3/21 銚子~波崎

2015.3.21
千葉県銚子市~茨城県旧波崎町

オカヨシガモ
カルガモ
ハシビロガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
スズガモ
ビロードキンクロ
クロガモ
アカエリカイツブリ
カンムリカイツブリ
ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
ウミウ
アオサギ
ダイサギ
コサギ
オオバン
オオソリハシシギ■
ユリカモメ
ウミネコ
カモメ
ワシカモメ
シロカモメ
カナダカモメ
セグロカモメ
オオセグロカモメ
モンゴルセグロカモメ■
トビ
ハシボソガラス
ハシブトhガラス
ヒバリ
ヒヨドリ
ムクドリ
イソヒヨドリ
スズメ
ハクセキレイ
タヒバリ
■は今年初確認

カモメの数は非常に少なかった。今シーズンもそろそろ終了か?
カナダカモメは前回と同じ個体。
今シーズン、カモ類ではクロガモが非常に多い。ビロードキンクロが3羽ほど確認出来た。
オオソリハシシギ1羽が見られた。銚子では珍しい。


途中で
チュウヒ
ノスリ
チョウゲンボウ

本日41種

ここまで124種+1亜種+その他5種

ワシカモメ成鳥@銚子


ワシカモメ
チドリ目カモメ科
体長65cm
撮影 2015.3.21 千葉県銚子市

銚子のワシカモメは第1回冬羽が多い。
その他、オオセグロカモメの摩耗個体やワシカモメ系の雑種などもいるので、紛らわしい個体も多い。

成鳥は特に識別に問題になるようなところはない。
今日は久しぶりに綺麗な成鳥を間近で見ることが出来た。

カモ類のカウント(乙戸沼) 3/20


茨城県土浦市

例年に比べると、退去が早いようだ。
オナガガモはさっといなくなる傾向があるが、2羽だけ残っているのも面白い。

28番 西春近のシダレザクラ(長野県伊那市)2013年撮影


28番
西春近のシダレザクラ
長野県伊那市
2013年4月13日撮影

これはプロのカメラマンが見出した桜で、写真雑誌に紹介されて以来、ぜひ見てみたいと思っていた。
場所自体がなかなかわからず、2013年にやっと見ることが出来た。

これほど見事な桜が一般には知られていなかったというのも凄いことだ。信州にはまだまだこんな桜が隠れているのかも知れない。
知られていなかった理由は、これがかなり奥まった場所にあり、幹線道路から見えない位置だったからだと思われる。

西春近のシダレザクラ、あるいは宮の原のシダレザクラとも言う。
自分としては「西春近」という語感に惹かれるので、こちらを採用したい。

27番 乙ヶ妻のシダレザクラ(山梨県旧牧丘町)2012年撮影


27番
乙ヶ妻のシダレザクラ
山梨県旧牧丘町(現山梨市)
撮影 2012年4月16日

国道140号線は通称「雁坂みち」と呼ばれ、笛吹川に沿って北上する。
旧牧丘町に入り、笛吹川の支流である琴川を渡る少し手前を左に折れて県道に入り、琴川に架かる橋を渡ると、左手に乙ヶ妻のシダレザクラが見えて来る。

乙ヶ妻集落の狭い道を行き、公民館の駐車場に停める。
急な坂を10分ほど歩いて桜の真下に出る。
これは個人所有の桜だが、所有者の好意で公開されている。

2度行ったが、満開の時期は外してしまった。
次回はぜひ満開の時期を狙いたいと思う。
琴川を渡り、川上牧丘林道から遠望して見た写真。この桜の姿の良さがよくわかる。

26番 長興山のシダレザクラ(神奈川県箱根町)2010年撮影


26番
長興山のシダレザクラ
神奈川県箱根町
撮影 2010年3月28日

エドヒガン系の桜は、寒冷地を好む傾向があるようで、温暖な千葉県や神奈川県には古木の桜は少ない。
特に神奈川県には、よく知られたものはこの1本だけであるように思われる。
駅からも近いのだが、かなり急な坂を登らなければならない。
海が見えるところの桜というのも珍しい感じがする。
樹形としては、真っ直ぐに立ち上がった幹がかなり高い。独特の樹形である。

3/15 牛久自然観察の森など

2015.3.15
茨城県牛久市牛久自然観察の森
定例探鳥会
9:00~11:00

キジ S
コジュケイ S
キジバト
カワウ
オオタカ
コゲラ
アカゲラ C
モズ
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
スズメ
カワラヒワ
ウソ
アオジ
以上24種

その他の時間帯に
ジョウビタキ ♀
シメ

3月の定例探鳥会
種類はそれなりだったが、ここでは久しぶりにウソがじっくり観察出来た。
♂2羽に♀1羽


千葉県我孫子市内で
シジュウカラガン■
ヒバリ
オオジュリン
など

ここまで120種+1亜種+その他5種

シジュウカラガン




シジュウカラガン
カモ目カモ科
撮影 2015.3.15 千葉県

午前中は地元で定例の探鳥会。
午後は買物ついでに、先日から観察されているらしいシジュウカラガンを見て来た。
1羽でのんびりと、田んぼで草を啄んでいる様子が観察出来た。

・・・・・・

シジュウカラガンは、従来カナダガンの亜種とされて来た。
カナダガンには多くの亜種(12亜種、11亜種、8亜種とも)があるとされていて、最大のオオカナダガンと最小のヒメシジュウカラガンでは、体重に7倍もの開きがあると言う。同じ種内でこれほど大きさの差があるものは他に例がないと思う。

カナダガンは、北米でごく普通に見られる鳥であると言われる。
亜種シジュウカラガンはそのうちアリューシャン列島産の亜種で、世界的に見ても希少種である。
国内では、ガン類の主な飛来地である宮城県や新潟県などに毎年飛来する。
一時は飛来数が激減したが、保護活動が功を奏したのか近年は飛来数が増え、国内での越冬数は1000羽を超えるまでになった。
関東地方では稀に迷行することがあるが、単独での飛来が多い。

これに対し日本各地の湖沼などで、シジュウカラガンではない大型のカナダガンが生息している。
これは亜種 Branta Canadensis moffitti であると考えられていて、人為的に持ち込まれた外来種である。

これは環境省の要注意外来生物に指定されているのだが、環境省のHPを見ると「シジュウカラガン大型亜種」 Branta Canadensis moffitti という表記になっている。

ところが一応最新の情報に当って見ると、カナダガンは
英語名 Canada Goose Branta Canadensis  と
英語名 Cackling Goose Branta hutchinsii
の2種に分けられている。
日本産鳥類目録第7版でも、シジュウカラガンは Branta hutchinsii と表記されていて、カナダガンとシジュウカラガンは別種とされていることがわかる。

わかりにくいのでまとめると
カナダガン Canada Goose Branta Canadensis には以下の7亜種がある。
B. c. occidentalis
B. c. fulva
B. c. maxima
B. c. parvipes
B. c. moffitti (日本に移入された大型亜種)
B. c. interior
B. c. canadensis
シジュウカラガン Cackling Goose Branta hutchinsii には以下の5亜種がある。
B. h. asiatica
B. h. leucopareia (シジュウカラガン)
B. h. minima (ヒメシジュウカラガン)
B. h. taverneri
B. h. hutchinsii

これにより、今までの混乱はある程度解消されることになるだろう。

当ブログでは、
今後 B. c. moffitti は「カナダガン」と呼ぶことにして、「シジュウカラガン」の名称は使わず、英語名は Canada Goose を使用する。必要がある場合は「カナダガンの亜種」「オオカナダガン」を使用する。

B. h. leucopareia については、これまで通り「シジュウカラガン」、英語名には Canada Goose を使用せず、Cackling Goose(必要がある場合は Aleutian Cackling Goose)を使用する。
亜種ヒメシジュウカラガンについては、必要に応じて Lesser Cackling Goose を使用する。

ちなみに leucoparei の leuco には「白い」という意味がある。
pareia は恐らくパレオ(女性が体に巻きつける装飾品)に近い意味だと思う。
首にある特徴的な白い輪に由来する学名であることは言うまでもない。

本来は B. h. leucopareia に「亜種クビワシジュウカラガン」とでも名前を付ければ混乱せずに済むのにと思う。

マーラー/交響曲第3番 インバル/東京都交響楽団


マーラー/交響曲第3番
エリアフ・インバル指揮東京都交響楽団
池田香織(メゾ・ソプラノ)
二期会合唱団
東京少年少女合唱隊
2012年10月27、28日録音 横浜みなとみらいホール、東京芸術劇場
(写真はネットから)

マーラーの作品で一番最初に好きになったのは1番と5番(最初は「アダージェット」のみ?)だったと思う。
次に2番、9番、4番あたりで、3番はなかなか好きになれなかった。(と言うより、あまり聴く機会がなかった)
よく知られている通り、メジャーな交響曲としては最も長い曲である。演奏時間はおよそ100分。
その長さもあって最初はとっつきにくかったのである。

ある時この曲を聴きながら寝てしまった。
ふと目が覚めると、第6楽章の後半だった。その美しさに、いっぺんに好きになってしまった。
ある曲を好きになるきっかけは色々ある。


インバル/都響のマーラー・ツィクルスの中でも評判の良い演奏である。
3番としては比較的テンポが速い。
独唱がやや弱い気もするが、インバル/都響はここでも素晴らしい演奏を聴かせてくれる。
レコード芸術今月号でもこの全集を特集しているが、最近のマーラー演奏の中でもベストの全集と言えるかも知れない。
録音も優秀であると思う。

次は2番に行こう。

25番 発地のヒガンザクラ(群馬県沼田市)2011年撮影


25番
発地のヒガンザクラ
群馬県沼田市
2011年4月29日撮影

3月も半ばになり、ようやく春の気配が感じられるようになった。
今年も景気づけに過去の桜の写真をUPしたいと思う。

「名桜百選」なんて大層なタイトルを付けて24番まで載せて来たのだが、なかなか先に進まなくなってしまった。
原因はあまりに不遜な試みに尻込みし始めたことにある。
実見はしていないまでも、全国の名木についてはそれなりに把握しているつもりだったが、まだ知らない名桜がかなり存在しているのではないか、と最近つくづく思うようになって来たのである。
あまり厳選し過ぎると先に進まない。もし100を超えたら200にすればいいのではないかと、軽く考えて先に進むことにした。

ひとつ言えるのは、この試みはまず完成しないだろうと言うことだ。
例えば熊本の一心行の桜、高知のひょうたん桜、岡山の醍醐桜、それに広島県庄原市のいくつかの桜など、絶対欠かすことは出来ないだろうと思うが、実際にいい状態でそれらを見ることが出来るかどうかはかなり難しそうだからである。

・・・・・・

あの震災の年、いつものように桜の撮影に行けなかったので、4月末になってから、沼田市周辺の名桜を見て廻ることにした。
結果的に、念願だった上発地のシダレザクラと発地のヒガンザクラを満開の状態で見ることが出来た。

上発地のシダレザクラとともに、群馬県を代表する1本桜である。
小高い丘の上に立つ、形のいい桜。
福島の「越代の桜」の姿によく似ているようにも思う。

カナダカモメ@銚子



カナダカモメ
チドリ目カモメ科
体長58cm
撮影 2015.3.14 千葉県銚子市

夕方の干潮に合わせ、2時間ほどの探鳥。
先週は見られなかったカナダカモメ成鳥1羽を確認出来た。

ここでよく見るスタイルのいい個体。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア