FC2ブログ

新国立競技場の基本設計案を見て

昨日、新国立競技場の基本設計案が、運営主体である「独立行政法人 日本スポーツ振興センター」から公表された。
今回公表されたのは54ページからなる概要版である。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20140528/664609/

そのプロセスに色々と問題が指摘されている建設計画だが、コンペの実施から時間を追って振り返って見よう。
コンペの要綱が発表されたのが2012年の7月だった。
「世界でいちばんのものをつくろう」
と、理想は高らかで、応募資格は恐ろしくハードルが高く、生半可な実績ではとても応募できない。
国家プロジェクトに相応しい立派な国際コンペを行うのかと期待したが、その実は違っていた。
募集期間は9月25日まで、当選発表が11月と言う。
これだけ大規模な国際コンペなのに、そのハードスケジュールに驚かされた。

実際にはコンペではなかった。(英語表記では“COMPETITION”と書いてはあったが)
「デザインコンクール」と銘打っているのがそもそもおかしいと思ったが、要するに設計案を求めるのではなく、デザインを求めただけであった。
当選したザハ・ハディドは、結局設計者に選ばれていない。デザイン監修者という、あいまいな立場なのである。
設計者はあくまでも、日建設計・梓設計・日本設計・アラップのJVなのである。


ザハ・ハディドによる当選案はこちら
http://www.jpnsport.go.jp/newstadium/Portals/0/NNSJ/first.html

実はこのCGは、コンペ応募案のものとは違っている。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20131126/641949/?SS=imgview&FD=661797226

http://10plus1.jp/monthly/2013/12/issue01.php


ザハ・ハディドは、イラク出身のイギリスの女性建築家。
その、あまりにもトンがった設計から、実現しない建築家として有名。
コンペ時の案から段々にザハらしさが消え、収まるところに収まったような基本設計案をどう見たらいいのだろうか。

意地悪な見方をすれば、大々的に世界から先端的なデザインを募集し、それを元に国内の優秀な組織設計事務所が手堅くまとめるというプロセスが初めから決まっていたように見える。
世界一のスタジアムを作る、という理想も気概も伝わって来ない。
前回の東京オリンピックの時の「国立代々木競技場」とは雲泥の差だ。
あれは丹下健三と田中角栄という稀代の個性がぶつかりあって生まれたことは言うまでもないが、やっぱり高度成長期という時代が生んだのだろうと思う。
あれを作り上げたことで、日本は先進国の仲間入りをしたのである。
時代が違うと言えばそれまでだが、54ページの基本設計案を読みながら、ため息をつくしかなかった。

ただ、これから実施設計に入り、来年10月には着工、42か月で完成させるのだと言う。
そうと決めたらやるのだろう。
そこは日本の凄いところではある。

5月の撮影から、キアシシギ



キアシシギ
チドリ目シギ科
体長25cm
撮影 2014.5.10 千葉県船橋市三番瀬

シギを見始めたころ、先輩から、シギの基本はアオアシシギ、キアシシギ、タカブシギだと教わった。
その3種を確実に識別できれば、他の種類は大体それらとの違いから判断できるということだと思う。

キアシシギは干潟でも淡水域でも普通に見られるシギだが、茨城県南の淡水域では春の渡りに多く見られる種類である。

ニホンノウサギ@土浦


駐車場から車を出すと、ニホンノウサギが飛び出した。
とりあえずガラス越しに撮影。窓を開けると一目散に逃げ出した。

5月の撮影から、キョウジョシギ

キョウジョシギ
チドリ目シギ科
体長22cm

キョウジョシギは海岸、干潟に多く飛来するが、こちらの水田には、春の渡りに多く飛来する。
他の地域の人からは「水田にいるキョウジョシギ」というのをよく珍しがられる。
時には100羽以上の群れになることもある。
ムナグロやキアシシギと混群になることも多い。
春の渡りには多いのだが、秋の渡りにはほとんど見かけない。
銚子の海岸で越冬個体を見たこともある。



4/29 千葉県香取市
奥にいるのは、実はオオソリハシシギだった




5/6 千葉県香取市
この時は各種のシギチが200羽以上も集まって壮観だった。

GPSスピードメーターの精度


GPSを利用したスマホ用アプリ。(画像はネットから)
まず、その距離計の精度を確認して見る。
高速道路を走り、キロポスト表示とのズレがあるかどうかをチェック。
結果、約50km走って誤差は認められなかった。
距離計は100m単位なので、実用上の誤差はないと言える。

スピード表示に関しては、車のスピードメーターが50km/hに対して48km程度。100km/hに対して96km程度だった。
GPSが100km/hを示すと、車は105km/hを示した。

車のスピードメーターは実際のスピードよりも大きめの数字が出るように調整されている。
その差は4%程度だった。これまでの経験からも妥当な数字であると思う。
現在のGPSの精度から考えると、距離計、スピード表示とも信頼できる数字であると思われる。

GPSの距離計と車の距離計の誤差はどうか。
GPSの表示88.2kmに対し、車の距離表示は88.1kmで、その差はほぼゼロだった。
車の距離計はスピードメーターと連動していると考えていたので、これは意外だった。
車の距離計は、指定のタイヤを履いている限り、驚くほど正確であるということがわかった。

このアプリは、歩行程度の速度にも対応するので、ウォーキングにも役立つと思う。

5月の撮影から、チュウシャクシギ

チュウシャクシギ
チドリ目シギ科
体長42cm

利根川流域の水田地帯での、春のシギチの渡りは、4月末から5月の20日前後までの期間に集中する。
ムナグロ、キョウジョシギ、キアシシギ、チュウシャクシギの4種が最も多い。

チュウシャクシギは干潟や海岸部でも見られるが、このあたりの淡水域では春の渡りに多い。
単独か小群でいることが多く、あまり大きな群れは見たことがない。



4/29 千葉県香取市
チュウシャクシギはチュウシャクシギだけで固まっていることが多いように思われる。
この時は、キョウジョシギ、キアシシギの群れと同じ田んぼに入っていた。




5/3 茨城県龍ヶ崎市
畦を歩いていることが多い。




5/10 茨城県稲敷市
チュウシャクシギは警戒心が強く、車の窓を開けただけで飛んでしまう個体が多い。

ユリカモメ@茨城

ユリカモメ
チドリ目カモメ科
体長40cm
撮影 茨城県

この時期、時折り単独で見られる夏羽の個体。







5/6
稲敷市内の水田で
翼を怪我しているように見えた




5/25
霞ヶ浦湖畔(稲敷市)
目先が白い変わった換羽状態の個体

5/23 奥日光

2014.5.23
栃木県日光市
戦場ヶ原、湯元、半月山、霧降
7:30~16:00

マガモ
キジバト
ツツドリ S
カッコウ■
オオジシギ S
トビ
ノスリ
コゲラ C
アカゲラ
アオゲラ
サンショウクイ
モズ
カケス C
ハシボソガラス
ハシブトガラス
コガラ S
ヒガラ
シジュウカラ
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
ヤブサメ■ S
エナガ C
エゾムシクイ S
センダイムシクイ S
メジロ S
ゴジュウカラ
ミソサザイ
アカハラ
ルリビタキ S
ノビタキ
コサメビタキ
キビタキ
オオルリ S
ニュウナイスズメ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
ビンズイ■
カワラヒワ S
イカル S
ホオジロ
ホオアカ
アオジ
以上45種

今季2度目の奥日光
前回見られなかったカッコウは頻繁に観察できたが、ホトトギスは確認できなかった。
オオジシギは声だけで、姿は確認できず。
ビンズイは、今年の冬は見ておらず、これが何と初認。半月山の中腹で囀っていたが、戦場ヶ原でも見られた。戦場ヶ原でのビンズイは珍しいと思う。

ここまで162種+その他6種

狩宿の下馬桜(静岡県富士宮市)





狩宿の下馬桜
静岡県富士宮市
撮影 2014.4.13

この日は思うような撮影が出来ず、消化不良気味になったので、最後は静岡県に出て「狩宿の下馬桜」を見ようと考えた。
身延から富士川に沿って走る国道52号線を南下し、国道469号線で富士宮に抜ける。
国道469号線は、これが国道かというような、所謂「酷道」だが、個人的には好きな峠道だ。
こういう道で楽しいのは、峠を越えると景色が一変するところである。
静岡県だから、ここはいきなり富士山が目の前に現れるのが魅力であることは言うまでもない。
ただ、空が白く飛んでしまっているので、撮影する気にはなれなかった。

・・・・・・

狩宿の下馬桜に近づくに連れて交通量が増え、ついには渋滞になった。
普段、渋滞は好まないのだが、渋滞しているぐらいだから咲いているのだろう、とこの場合は歓迎。
「桜まつり」が開かれていて、結局30分ほど待って臨時の駐車場に入れることが出来た。無料なのでそこは良心的。
雑踏の中を数分歩いて、狩宿の下馬桜に出会うことが出来た。

 三春の滝桜(福島県)
 山高神代桜(山梨県)
 根尾谷の薄墨桜(岐阜県)
の3本を日本三大桜と言う。これはいずれも有名だ。
これに
 石戸蒲桜(埼玉県)
 狩宿の下馬桜(静岡県)
を加えて日本五大桜と言う。
三大桜はともかく、この2本を加えて五大桜というのはどうなのだろうか、と思わないでもないが、1922年にこの5本が国の天然記念物に指定されたことが根拠のようだ。
天然記念物は希少性を重視している。狩宿の下馬桜の価値は、樹齢800年のヤマザクラということにあるのだろう。
往時は樹高35m(本当か?)もの巨大な桜だったと言うが、度重なる台風の被害などで衰え、現在の姿になっているらしい。

富士山を背景に撮れるのがここの値打ちだが、この日の空の色ではいかんともしがたい。
桜まつりに集まった人々は、桜にはあまり興味がないようだった。
「あんなに待ったのにこれだけ?」みたいな不満を漏らす人もいたが、一本桜というのはそんなものである。


これで今年の桜紀行を終了します。
長々と見ていただき、ありがとうございました。

カッコウ@奥日光


カッコウ
カッコウ目カッコウ科
体長35cm
撮影 2014.5.23 栃木県日光市

今日は休暇を取って再度奥日光に行って来た。
今日は雲が出て、意外に風が冷たい一日だった。
カッコウは今年の初認。
カッコウは高原ばかりに来るわけではないが、やっぱり初夏の高原にカッコウの声は欠かせない。

この個体は一度も鳴かなかった。
ただ、諸々の特徴と状況証拠から、カッコウであると判断できると思う。

本郷の千年桜(山梨県南部町)



本郷の千年桜
山梨県南部町
撮影 2014.4.13

位置的に原間のイトザクラとセットで廻ることが出来る。
これも2007年以来の訪問だが、時期ははずしてしまった。天気も前回と同じ。

ここには昔、妙善寺というお寺があった。
高さ12m、根廻り5.3m、樹齢500年のエドヒガンだが、地上5mほどの位置で幹に出来た空洞に根を下ろしているところが面白い。
周辺はとても雰囲気のよい山里である。


次回は今年の最後、狩宿の下馬桜

原間のイトザクラ(山梨県南部町)




原間のイトザクラ
山梨県南部町
撮影 2014.4.13

朝のうちはよかったのだが、次第に雲が出て来た
原間のイトザクラは、前回2007年に訪れたが、青空ではなかった。
今回はいいかと思ってこちらに回ったのだが、結局同じ状態になってしまった。


次回は本郷の千年桜

5/18 牛久自然観察の森

2014.5.18
茨城県牛久市牛久自然観察の森
定例探鳥会
9:00~11:00

キジ S
コジュケイ S
カルガモ
キジバト
チュウサギ
ホトトギス■ S
カワセミ
コゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス S
エナガ
メジロ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ホオジロ
以上22種

5月の探鳥会
絶好の天気だったが、22種類と少なかった。
期待のキビタキは現れず。
ホトトギスは初認。意外と早かったかも。

ここまで159種+その他6種

5/17 成田

鳥を探しながら、稲敷~小見川を廻ったが、ムナグロとチュウシャクシギ少数だけ。
春の渡りもそろそろ終息かと思う。
そのまま成田方面に向かい、飛行機の撮影をする。



デルタ航空
B747-400
N663US
さくらの山

国内のエアラインからは退役した747だが、離陸時一番絵になるのはやっぱり747だと思う。
特にアメリカ行きの重い機体ならこういう角度で撮れる。




ピーチアビエーション
A320
JA810P
さくらの山

那覇空港での急降下事故、パイロット不足による欠航など、あまりいい話題のないピーチ。




バニラエア
A320
JA8388
さくらの山

こちらもパイロット不足による欠航を発表したバニラエア。




バニラエア
A320
JA02VA
34エンド附近

着陸機




全日空
B767-300
JA610A
34エンド附近

2012年6月、成田空港で着陸の際の衝撃で胴体が変形した機体。
同年12月に修理を完了して運航再開された。
できればあまり乗りたくない機体。JAL123便の例もあるし。。。




チャイナエアライン
B747-400
N678CL
さくらの山

中国(チャイナエアラインは台湾)のエアラインならレジ番号はBのはずだが、Nレジの不思議な機体。(Nはアメリカ)
アメリカからのリースなのだろうか。外国の会社からリースするのはよくあることのようにも思えるが?

オオジシギ@戦場ヶ原




オオジシギ
チドリ目シギ科
体長30cm
撮影 2014.5.11 栃木県日光市

うちの会で行った奥日光の探鳥会は、これで7回目になる
 2003年5月25日 42種 晴
 2004年5月30日 39種 晴
 2006年5月28日 47種 雨の予報が一転して晴
 2009年5月31日 37種 9時ごろから雨
 2010年5月23日 34種 10時ごろから雨
 2011年5月22日 40種 10時ごろから雨
 2014年5月11日 45種 晴

雨続きで2年ほど敬遠していた感じの探鳥会だったが、今年はいつもより時期を早めて計画した。
5月末に別の探鳥会を予定していることもあってこの時期の探鳥会にしたのだが、鳥はともかくこの時期ではさすがに花はほとんど見られない。
トケン類はまだ渡って来ないようで、カッコウの声が聞こえない初夏の奥日光というのはやっぱり少し物足りない。
とは言え、絶好の天気に恵まれて45種類の鳥を観察して、まずは初夏の奥日光を堪能出来た。

トケン類の声、ミズナラの新緑、ツツジ、ズミなどを狙うにはもう少しあとの方がいいのだが、5月末~6月になるとエゾハルゼミの大合唱が始まって、鳥の声がかき消されてしまうのが難点。
できれば来週末にもう一度行って見ようかと思っている。


オオジシギはここでぜひ見たい鳥のひとつ。
尾羽を広げて急降下するディスプレイフライトは見ものだが、夜明け前や日没後に多く、日中に見ることは少ない。
枯草の中にじっとしていると保護色でわからず、やっぱり声を頼りに探すほかはない。
この日は音なしだったが、赤沼も近くなって来た午後2時過ぎ、ようやく「ズビー、ズビー」という声が聞こえてきた。

声はかなり近い。
探すと10mほどの距離にいた。どういう伝わり方なのか、ほんの目の前から声がするように感じる。
少しずつ移動して行った。遠くの方からもう1羽の声が聞こえて来た。

ムナグロ@土浦








ムナグロ
チドリ目チドリ科
体長24cm
撮影 2014.5.16 茨城県土浦市

渡りのムナグロも最終盤と思われるが、この日は9羽のムナグロが観察された。
換羽の度合いはさまざまだが、比較的進んでいない個体が多かった。

清春芸術村のソメイヨシノ(山梨県北杜市)

清春芸術村のソメイヨシノ
山梨県北杜市(旧長坂町)
撮影 2014.4.13






清春芸術村は、武者小路実篤や志賀直哉を始めとする白樺派同人たちが果たせなかった美術館構想を、親交のあった吉井画廊社長の吉井長三が私財を投じて実現したものである。
ここは旧清春小学校の跡地で、山梨県の天然記念物にも指定されている桜群は、小学校の落成記念に植えられたものである。
甲斐駒をバックに咲く満開のソメイヨシノの風景は、名桜が多い北杜市の中でも特に人気が高いものだ。
この日は7時前だったので、当然施設は開いていない。外部からの撮影のみで切り上げた。

清春芸術村内には、有名建築家の手になる作品が多い。



左から、
 藤森照信設計の茶室「徹」
 安藤忠雄設計の「光の美術館」
 奥に谷口吉生設計の「清春白樺美術館」
茶室「徹」は、藤森がツリーハウスの形で設計した茶室シリーズのひとつ。
茅野の高過庵と比べると柱が太いので安定感はある。
細川護煕元総理大臣のために設計した「一夜亭」に近い形態。

「光の美術館」はコンクリートの箱の一部から自然光を入れるという、安藤らしさが出た作品。

「清春白樺美術館」は1983年の建築で、谷口作品としては初期のもの。
後年の谷口作品と比べると若干地味な作品だが、谷口らしい抑制の利いたものである。

・・・・・・



この地域の風景には、やっぱり甲斐駒は外せない。
走っていても目移りがするが、いいポイント探しは結構難しい。
何気ない風景だが、こんな風景を探して歩くのも楽しいかも知れない。


次回は原間のイトザクラ

清光寺の糸桜(山梨県北杜市)



清光寺の糸桜
山梨県北杜市(旧長坂町)
撮影 2014.4.13

2月14日から翌日にかけて、山梨県や埼玉県を中心に記録的な大雪が降った。
甲府で114cmという、にわかには信じがたいような数字を記録したことはまだ記憶に新しい。
清光寺は山梨県の北部、旧長坂町にあり、標高は726m。それなりの寒冷地ではあるが、ここにまだその時の雪が残っていたのには驚いた。

清光寺の糸桜は、樹齢200年とも250年とも言われるが、かなり痛々しい姿である。
数年前の写真を見ると結構立派な枝ぶりだったが、最近になって衰えたのだろうか。
有数の巨木という評判もあったようなのだが、ちょっと残念である。


次回は清春芸術村のソメイヨシノ

御射山神社のシダレザクラ(長野県松川町)




御射山神社のシダレザクラ
長野県松川町
撮影 2014.4.12

御射山神社というのは諏訪大社に関係が深い。
諏訪大社では、鎌倉時代から上社・下社それぞれに御射山祭が行なわれていた。
その風習が全国に広められ、各地に「ミサヤマ」と呼ばれる地名や神社が残っている。
松本の北にある「三才山」も同様の語源であると考えられる。


これでこの日の撮影を終了。
このあとは迷ったのだが、結局小淵沢まで戻り、次回は山梨県から清光寺の糸桜

オジロトウネンなど@土浦

オジロトウネン
チドリ目シギ科
体長14.5cm
撮影 2014.5.13 茨城県土浦市

昼になっても天候が回復しないので、車中からチュウサギでも撮影しようかと考えた。



チュウサギの姿はまだ少ないが、これから増えて来ると思う。


このあたりにシギチが入ることあまりないのだが、遠くに1羽のシギが見えた。
キアシシギかと思ったが、飛んだところを見ると腰の白さが目立つのでキアシシギではない。
近寄ってみるとタカブシギだった。



タカブシギ


撮影していると、あまり聞きなれない鳴き声で飛ぶ小さなシギが見えた。
トウネンかと思ったが、よく見るとオジロトウネンだった。
換羽があまり進んでいない個体だったが、探して見るともう1羽いた。
割と夏羽への換羽が進んだ個体だった。






オジロトウネンは内陸性のシギで、海水域に入ることはまずない。
茨城県南では、少数が越冬する傾向がある。
秋の渡りに幼鳥が通過することも多いが、数は多くない。
春の渡りに通過する成鳥は少ないので、夏羽を見るチャンスは少ない。
この個体は、これまでに見た中では、最も夏羽に換羽が進んだ個体だと思う。
完全な夏羽を見る機会はなかなかないので、この個体がもう少し滞在してくれるとありがたい。




コチドリ

このあと3羽で鳴きかわしながら飛び回っていた。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア