FC2ブログ

タカブシギ@東



タカブシギ
チドリ目シギ科
体長20cm
撮影 茨城県旧東町

ヨーロッパトウネンやオオハシシギなどと一緒に観察されています。

身延山西谷の桜(山梨県身延町)

身延山西谷の桜
山梨県身延町
撮影 2010.3.29

身延山久遠寺のシダレザクラは、全国でも有数の人気を誇る名木である。
この桜の特徴は開花がとても早いことで、今年も3月末の時点ですでに満開になっている。
早いことで有名な東京のソメイヨシノよりも更に早い。
今年は思わぬ寒波の襲来で、東京の開花は足踏み状態だが、身延山の桜は順調に満開になった。

それにしても、最近の天気はおかしい。
前日に小田原から箱根に向かい、御殿場を過ぎて山中湖に向かう途中雪になった。
桜の撮影行で雪に遭遇したのは初めての経験である。
この日の富士五湖周辺は、夕刻まで雪が降り続いたが、幸い積もるほどのことはなく、路面の凍結もなかった。
月曜日は静岡県東部で大雪になり、御殿場で17cm(!)の積雪を記録した。
身延山にいた午前中の時間帯は、気温も高目で過ごしやすかったが、午後になると強風が吹き荒れ、風花が舞った。


月曜日の身延山久遠寺。
土日の混雑を嫌い、1日休暇を取ったのである。
目的地に近づくにつれて天気がよくなり、やや雲は多いものの、ようやく青空が覗く天気になった。
桜の期間中、身延山久遠寺周辺は一般車進入禁止になっている。
シャトルバスに乗り換え、10分ほどで到着。
門前町を歩いて三門前に。



三門
京都の南禅寺三門、知恩院三門と並んで、日本三大門と呼ばれることもある。

ここから287段の過酷な石段がある。「菩提梯」という有難い名前が付いているが、一般には「地獄の石段」と呼ばれている。
287段と聞くと大したことはないが、標高差は104mあるので1段当たり36cmある。普通の階段だと600段ほどに相当するはずだ。
足が弱い人のために、男坂、女坂という迂回路もある。
実際には上まで道が通じているので、そちらを歩けばいい。上までバスもある。

三門の周辺を中谷、向かって右手を東谷、左手を西谷と言い、多くの宿坊が集まっている。
特に西谷には樹齢300年ほどの古木を含め、30本ほどのシダレザクラがある。
この季節には絶対に見逃せない場所である。
急な石段を苦労して登るのもいいけれど、本当は西谷の桜を見ながらゆっくりと歩いて登るのが一番いい。
久遠寺のシダレザクラ1本だけ見て帰るのは勿体無い。



西谷の宿坊のひとつ



清水坊の前あたりだったか



これは、西谷の一番上にある本行坊の桜


次回は久遠寺、報恩閣前のシダレザクラ

カモ類のカウント(乙戸沼) 3/30

カモ類のカウント調査
茨城県土浦市乙戸沼

2010.3.30
12:30~13:00

■コハクチョウ 1
■カルガモ 2
■コガモ 3
■ヨシガモ 11
■オカヨシガモ 11
■ヒドリガモ 186
■オナガガモ 7
■ハシビロガモ 18
合計 239

オカヨシガモ以外は減少。
コハクチョウは幼鳥1羽。
コガモはもう少し隠れていそう。(声が聞こえていたので)

長興山のシダレザクラ(神奈川県小田原市)




長興山のシダレザクラ
神奈川県小田原市
撮影 2010.3.28

何度も書いていることだが、古木の桜の所在地には偏りがある。
地域的に最も多いのは福島県と長野県。次いで山梨県、岐阜県、山形県、群馬県、奈良県あたりであることは、衆目の一致するところだろう。
その事実からもわかる通り、内陸部の寒冷地が多い。

古木は当然のことながら、江戸生まれの園芸種であるソメイヨシノではなく、エドヒガンとその変種であるシダレザクラがほとんどである。(一部にはヤマザクラの古木もある)
これらの種は、恐らく比較的寒冷な気候を好むのだろう。

関東でも温暖な神奈川県や千葉県では、古木の桜は稀少である。
長興山のシダレザクラは、神奈川県では随一の名木で、広く知られたものとしては唯一のものと言っても良い。
海からの直線距離3.3kmで、海が見える場所に咲くシダレザクラというのも珍しい存在かと思う。


駐車場がないので、小田原から電車で行くことにした。
駐車場はないわけではなかったが、観光客が集中したら停められないだろう。
箱根湯元行きで3つ目、「入生田」で降りると200mほどで紹太寺というお寺に着く。
小田原藩主であった稲葉氏の菩提寺である。
急な坂道を10分ほど登ったところにある。標高差は100mほどあるので、思ったよりもきつい桜見物だった。
樹齢は340年ほどと推定される。
シダレザクラとしては主幹の高さがあり、四方に枝を伸ばした姿が非常に整っている。
まだ8時ごろなので、観光客の姿はまばら。
周辺にはキブシの花。足元にはムラザキケマンの花。気温は低いけれど春の雰囲気が溢れていた。

次回は身延山西谷

季節はずれ

3月も末
桜の撮影に行ったこの時期、これは一体どこの風景か?










正解は「中央自動車道 談合坂SA」でした。 寒!!

去年の撮影から-松源寺の桜


松源寺の桜(2009年4月撮影)
長野県高森町

南信州というところは、とてもゆったりとした時間が過ぎていくような感じがする場だ。
毎年このような風景に出会えることを感謝したいと思う。


桜の開花とともに、寒波が押し寄せて来た。
明日(日付が変わってしまったので、もう今日か)桜の撮影に行くのだが、天気が心配。

ウとウ

ウミウ&ヒメウ
撮影 2010.3.27 千葉県銚子市

ウトウではありません。
騙された方、ごめんなさい。


今日の銚子は、カモメ類の姿は少なく、あまりパッとしませんでした。
それにしても寒い一日でした。ほとんど真冬並み。



ウミウ
すでに繁殖羽になっている。
頭と足の付け根あたりが白くなるのはカワウと同様。
カワウのように、冬でも繁殖するということはないらしい。







ヒメウ
今日の銚子では意外なほどたくさんの個体が見られた。
絶滅危惧種であることを忘れてしまいそう。



全て同一個体。
足の付根部分に白い繁殖羽が出ている。


関係ないけれど、ウトウはこちら(2009年5月、山形県)


アイスランドカモメか?





撮影 2010.3.25 千葉県銚子市

去年、それなりの個体数(7羽程度?)が確認されているアイスランドカモメですが、今年はあまり噂を聞きません。
「デカムリン」と呼ばれているお馴染みの個体のほか、先日載せたカナダカモメとの中間的特徴を備えた個体が見られている程度かと思われます。

で、この個体なのですが。。。


ガルウォッチャーのブログにも登場していない個体のようです。
シロカモメとは違う。
もちろん、オオセグロやワシではない。
初列の色がもう少し黒いければカナダカモメと判断するところ。
亜種カムリアンアイスランドカモメの第2回冬羽? と思うのですが、ちょっと嘴が太すぎのような気もします。
でも、こんな雰囲気の第1回が去年見られたような。。。
何かの雑種? とも考えると、頭が混乱します。

去年の撮影から-栖林寺のシダレザクラ


栖林寺のシダレザクラ(2009年4月撮影)
長野県駒ヶ根市

深田久弥に習って、仮に「日本百名桜」を選ぶとしたら、駒ヶ根から3本選ぶことになるかも知れない。
もちろん、ここまでの3本であることは言うまでもない。

ワシカモメ@銚子

ワシカモメ
チドリ目カモメ科
体長65cm
撮影 千葉県銚子市






成鳥夏羽




別個体。
嘴にやや黒斑が残っている個体。

去年の撮影から-栗林の大シダレ


栗林の大シダレ(2009年4月撮影)
長野県駒ヶ根市

この桜はまだあまり知られていない。
中央アルプスをバックに咲く姿は絶品そのものである。
南信州は、一本桜巡りにとっては聖地のような場所。

カモメ@銚子

カモメ(カムチャッカ)
チドリ目カモメ科
体長45cm
撮影 2010.3.22 千葉県銚子市

この日、銚子のカモメ類は残念ながらハズレでした。
干潮の干潟でしたが、カモメ類の姿はまばら。今年はこんなことが多いです。
干潟にはカモメ(カムチャッカ)が集まっていました。
こういう光景は、実はかなり贅沢なことだと思います。

ほとんどが第1回冬羽でした。一部第2回が含まれています。
ここではなぜか成鳥を見ませんでした。




3月になると、嘴に黄色味が出る個体も見るようになる。



第1回冬羽



雨覆がかなり摩耗した第1回冬羽



かなり小型の個体



典型的な第1回



これも典型的



摩耗が激しく、白っぽく見える個体



第2回冬羽



これはカモメではなく、ウミネコの第2回。
向こう側はカモメの第1回。

カモ類のカウント(乙戸沼) 3/23 

カモ類のカウント調査
茨城県土浦市乙戸沼

2010.3.23
12:30~13:00

■コハクチョウ 7
■カルガモ 5
■コガモ 19
■ヨシガモ 20
■オカヨシガモ 8
■ヒドリガモ 229
■オナガガモ 13
■ハシビロガモ 28
■キンクロハジロ 5
合計 334

コハクチョウとオカヨシガモが戻ってきた。
去年以来のキンクロハジロだが、ここでは割と珍しい。
オナガガモはほぼ退去したようだ。

去年の撮影から-吉瀬のシダレザクラ


吉瀬のシダレザクラ 2009年4月撮影
長野県駒ヶ根市

東京の桜も、今日開花宣言が出たようです。
今年の桜も早いようですが、このあとは足踏み状態になる可能性もありそうです。

ここ2年ほど、南信がメインでしたが、今年は北信を廻りたいと思っています。
出来れば福島も、ですが去年のように早いと、時期を逸してしまいます。
ここしばらくは開花情報に一喜一憂の毎日でしょう。

・・・・・・

吉瀬のシダレザクラは、最近人気の桜である。
雑誌の表紙を飾るまでになって来た。
ここはわかりにくい上に駐車スペースが狭い。
あまり人気が出るのも痛し痒しである。
今のうちに、もう一度撮影し直したいのだが。。。

コオリガモ@銚子

コオリガモ
カモ目カモ科
体長 ♂60cm ♀38cm
撮影 2010.3.22 千葉県銚子市

♂の60cmは、長い尾羽を含むので、感覚的にはコガモ程度の大きさです。
スズガモの群れの中に混じっていますが、この鳥もこの冬、長く観察されています。私も4回目の観察です。
今日はいくらか近い距離でしたが、写真はこんなものでした。







ピンテールがないのは、第1回の特徴?





これも典型的な♀成鳥ではないように思う。
第1回の特徴かも知れない。
北海道の人なら見慣れているのだろうが。

小高のカヤ(茨城県行方市)


小高のカヤ

茨城県行方市(旧麻生町)
幹周 6.1m
樹高 21m
樹齢 650年


行方市(旧玉造町)には、大銀杏で有名な西蓮寺という名刹があります。
その末寺、神宮寺というお寺があった場所と言われています。
今は集会所になっていますが、その前庭に立つカヤの巨木。
樹勢もよく、形もいい1本です。

カヤという木は、上等の碁盤になる木だと思います。

再びヤツガシラ






ヤツガシラ
ブッポウソウ目ヤツガシラ科
体長28cm
撮影 2010.3.21 千葉県

春眠暁を覚えず
処処啼鳥を聞く
夜来風雨の声
花落ちること知る多少
(孟浩然「春暁」)

この有名な詩は、一般的に次のように解釈されている。
 春は朝が来たのも知らずに、つい寝過ごしてしまう
 ところどころで鳥の囀りが聞こえる
 昨日の夜は雨風の音が凄かったので、花もいくらか散ってしまったのではないだろうか


そんな呑気な話ではなく、昨日の風は本当に凄かった。
夜中に目が覚めると眠れなくなってしまったので、読みかけの「ロスト・シンボル(ダン・ブラウン著)」を読み終え、7時から予定の野鳥調査の中止を確かめてから二度寝し、起きると8時。雨風はすっかり収まっていた。

9時からの定例探鳥会に行ったが、倒木の恐れなどがあるため、中止になってしまった。
一応集まった8人で、別の件のミーティングを行ったあと、これからどうしようかと相談し、急遽まだいるらしいヤツガシラの観察に行くことになった。


3連休ということもあるのだろうけれど、思いのほか渋滞がひどく、3時間以上もかかって14:30ごろ現地についた。
ギャラリーは10人ほど。
前回とは異なり、全く飛ばず終始エサ取りに専念するヤツガシラ。
飛び去ったのは16時ちょうど。少なくとも1時間半以上黙々とエサ取りを続けていた。
渡りに備えて、十分に栄養を補給している最中と解釈しようか。
それにしても、この鳥がこれほど長く滞在するとは想像していなかった。

特徴的な冠羽に関して、これは実にシンプルな模様を作っていることに気がついた。
上から見た冠羽の模様に注目。

セグロカモメ@銚子

セグロカモメ
チドリ目カモメ科
体長61cm
撮影 千葉県銚子市

カモメ類は難しい、とよく言われます。
カモメに限らず、まずは普通種を徹底的に見ることが大事だと思います。
カモメ類では、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメの3種が普通種。
セグロカモメは個体数も多いのですが、個体差も大きく、なかなか面白い種類ですが、一筋縄ではいかないところもあります。

目つきが悪いと思われている節もあり、そのために親近感を持たれないのでしょうか。
そうではない、という顔つきの個体を集めてみました。




第1回冬羽



第2回冬羽



成鳥冬羽

ミツユビカモメ@銚子



ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 千葉県銚子市

ミツユビカモメは外洋性の鳥なので、航路上からは群れで飛んでいるのが見られます。
銚子にいるミツユビカモメは、あまり人を恐れず、至近距離で観察できる個体も少なくありません。
岸壁で休むミツユビカモメ。脇を釣り人が歩いてもどこ吹く風。

カモ類のカウント(乙戸沼) 3/16

カモ類のカウント調査
茨城県土浦市乙戸沼

2010.3.16
12:30~13:00

■カルガモ 8
■コガモ 46
■ヨシガモ 13
■ヒドリガモ 200
■オナガガモ 32
■ハシビロガモ 16
合計 315

コハクチョウとオカヨシガモが姿を消した。
比較的渡りの早いオナガガモも、1/3になった。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア