FC2ブログ

中将姫誓願桜(岐阜県岐阜市)

中将姫誓願桜
岐阜県岐阜市大洞 願成寺
撮影 2009.4.11

園原から中央道に乗り、岐阜に向かう。
小牧JCTで間違え、名古屋方面に向かってしまい、春日井で下りた。
新しく出来た東海環状で行けばよかったのだ。
中将姫誓願桜に着いた頃には、ちょうどライトアップの時間になった。



樹高8.1m、根元の周囲1.5m
ヤマザクラの変種で、花弁の数が20~30弁もあるという珍しい桜。
国の天然記念物に指定されている。

この桜にまつわる伝説はこうである。
藤原鎌足の曾孫、藤原豊成という人に、美しい娘がいた。美貌と才能に恵まれ、9才の時には孝謙天皇の前で琴を弾き、15才の時には三位中将の位までいただいた。それ以降、中将姫と呼ばれるようになった。
豊成は橘奈良麻呂が起こした反乱に関与したとして、九州に流罪となり、姫は継母に命を狙われたが、危うく難を逃れ、あちらこちらをさまよい歩いた。
姫は美濃の国大洞の里の願成寺への参詣を思い立って、はるばるこの地を訪れた。ところが、長い旅の疲れと折からの冷え込みのために婦人病にかかって苦しみ、なかなか治らないので困り果てた姫は、この寺の観音様に救いを求め、一心に祈った。すると不思議なことに、病気はたちまち快癒してしまった。姫は大層喜び、境内に一本の桜を植えて、真心を込めて祈った。「桜よ、お前は私に代わって、いつまでもこの観音様をお守りしておくれ。そしてそのご威徳を美しい花で末永く飾っておくれ。」

この話は1250年ほど前のことである。
現在の桜は樹齢500年と言われているので、何代かあとの子孫ということになる。

次回は根尾谷の淡墨桜

仁田沼のミズバショウ

4/29
皆さん、それぞれのゴールデンウィークを過ごしていらっしゃるでしょうか。
私は暦通りの休日なので、4/25(土)から5/10(日)まで16日間で言うと、
 ○○××○××○○○○○××○○
という感じです。
本来は仕事だった5/2に休めることになったので、16日間に10日の休日。
バードウォッチングを趣味とする人間としては、一年で一番気候がいい季節、夏鳥が本格的に見られるようになるこの季節に休日が集中するのは、天の配剤のようにも感じます。
そんなわけで今年のGWは、途中経過も含めて
 鳥鳥××花××鳥鳥鳥鳥休××鳥鳥(休は、恐らく疲労のため休息日)
という予定になっています。

今日は、その中で唯一の”花”モードの一日。
本来ならば、4月下旬の一日、福島方面で桜の撮影をしたいと思っていました。
ところが、今年の開花の早さに予定が狂ってしまい、桜撮影はあきらめざるを得ませんでした。
一応見頃の桜を2箇所だけピックアップし、これも見頃を迎えたはずの、仁田沼のミズバショウを見に行くことにしました。









仁田沼は、土湯温泉の奥にあるミズバショウの群生地。
男沼、女沼、仁田沼という3つの沼がありますが、仁田沼は沼と言うより湿地であって、水面はほとんどありません。
数万株のミズバショウの群落で知られます。
尾瀬、戸隠、奥裾花、栂池などと並ぶ名所だと思います。

土湯温泉街から、狭い山道を15分ほどで駐車場。
仁田沼はここから徒歩20分ほどの距離にあります。
途中にはカタクリの群落もあって、訪れる人の目を楽しませてくれます。

杵原学校のシダレザクラ(長野県飯田市)



杵原学校(旧山本中学校)のシダレザクラ
長野県飯田市竹佐
撮影 2009.4.11

ここは映画「母べえ」のロケ地になった。
1949年建築の校舎は、国登録有形文化財に指定されている。
同校は85年に統合のため廃校。さらに2001年、地元住民がスポーツで使っていた校舎脇の体育館が大雪で倒壊したが、今年再建された。
樹齢は70年程度と若いが、非常に整った形の桜。
木造校舎にシダレザクラという、郷愁を誘う風景である。
この校庭に立つと、我々の時代は何かを置き忘れて来たのではないかと感じる。

次回は岐阜県に移り、中将姫誓願桜のライトアップ  

オオソリハシシギ@谷津&三番瀬

オオソリハシシギ
チドリ目シギ科
体長39cm
撮影 2009.4.27 千葉県習志野市谷津干潟、船橋市三番瀬

干潟で観察される、代表的な大型シギ。
嘴がやや上に反っているのが特徴ですが、反り方はとても微妙です。
名前はオオソリハシシギですが、大きなソリハシシギとは考えない方がいいと思います。
本種との識別が必要なのはオグロシギ.

■オオソリハシシギ⇔オグロシギ
■ソリハシシギ⇔キアシシギ
という比較を考えた方が理解しやすいと思います。



♂成鳥夏羽
手前の個体は換羽中



♂成鳥
これはまだ換羽が遅い個体



♀成鳥夏羽



♀成鳥夏羽
この写真のみ三番瀬

オオソリハシシギは♀の方がやや大きく、嘴も立派。

三穂の桜と立石寺前のシダレザクラ(長野県飯田市)

■三穂の桜(柳桜)
長野県飯田市伊豆木
■立石寺前のシダレザクラ
長野県飯田市立石
撮影 2009.4.11

街中に名木の桜が多い場所としては、福島県の三春町が有名だが、長野県飯田市も負けてはいない。
ここの面白いところは、美術館の庭とか、裁判所の裏手といった場所に古木が存在することである。
ただ、飯田の桜は早咲きのため、4月上旬が見頃である。
今回は中心部はやめ、郊外を廻ってみた。



三穂地区にある桜
バス停の名前は「柳桜」とあった。
ウェブ上で「三穂三桜」という名前があったが意味不明なので、タイプミスの可能性があると思う。



そのあとは立石地区に行く。
立石寺前のシダレザクラは、推定樹齢700年、市内では愛宕神社の清秀桜(推定樹齢800年)に継ぐといわれる。



立石地区は、棚田の向うに南アルプスが見えるという、贅沢な山里の風景。

この先は道が狭い上にわかりにくく、迷ってしまったので、結局もとの道を引き返した。

次回は杵原学校(旧山本中学校)のシダレザクラ

ハイイロヒレアシシギ@銚子

ハイイロヒレアシシギ
チドリ目ヒレアシシギ科
体長21cm
撮影 2009.4.27 茨城県旧波崎町(現神栖市)波崎漁港、千葉県銚子市銚子漁港

主に北極圏で繁殖、南半球の一部で越冬する鳥。
日本では旅鳥として、航路上ではよく見られますが、内湾では比較的稀れ。

この週末は強風が吹き荒れ、海では大時化になったため、この鳥が入るのではないかと考えたバードウォッチャーは多かったはず。
三番瀬では♀成鳥1羽が入ったという話でした。
銚子には入っているだろうと考えるのは自然ですが、そのために行ったわけではありません。
今日はこの方面に仕事があったのです。
波崎をちょっと覗いて見たら、目の前に2羽浮かんでいました。



あまり換羽が進んでいない個体
このような至近距離で見ることはほとんどない鳥です。
実際に見ると、非常に小さな鳥で、ハクセキレイ大。
お風呂に浮かべるアヒルのよう、と形容した人がいました。
なお、この鳥は♀の方がやや大きいようです。

銚子側に廻るともっと大きな群れが入っていました。
翼を広げると、白い翼帯が目立ちます。





この時期は換羽途中なので、色々な個体が見られます。
この鳥は、夏羽の場合、♀の方が色彩が鮮やかになります。



左側が♀成鳥夏羽
1枚目の写真と比べると、別の鳥のよう。



水溜りで水浴びをしていた個体
換羽途中ですが、これも♀成鳥と思われます。

ツルシギ@浮島




ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2009.4.25 茨城県旧桜川村浮島

この蓮田には、毎年必ずツルシギがやってきます。
3~4回通いましたが、今日ようやくその姿が見られました。
折しも今日は大雨。
さすがに誰も来ていません。地元の利でしょうか。

この時期のツルシギは、まだ冬羽の個体、すっかり夏羽になった個体、換羽中の個体など、色々な段階が見られるのでとても面白いものです。

アカアシシギとよく似ていて、英語名では
■アカアシシギ Common Redshank
■ツルシギ Spotted Redshank
と言って、日本名よりわかりやすいと思います。

下嘴の根本が赤く、嘴の先が少し曲がっているのがツルシギ
上下とも赤く、真直ぐなのがアカアシシギ

夏羽だと全身が真っ黒になるので、間違える心配はありません。
「The SIBLEY Guide to Birds」でも、特に”unmistakable(間違えようがない)”と書かれています。

くよとのシダレザクラ(長野県飯田市)


くよとのシダレザクラ
長野県飯田市毛賀
撮影 2009.4.11

「くよと」とは不思議な名前だが、供養塔のことらしい。
土地の人が古くから言い慣わしてきた名前だと思う。
名木というのは、その名前にも趣があるものである。

飯田周辺の桜は開花が早いので、すでに見頃は過ぎている。
とは言え、前面の道路を越えて伸びる枝振りはとても素晴らしい。

毛賀の交差点を右折、すぐ右方向に折れると桜の下を通る道になるのだが。。。
乗用車がやっと通れる、というより、通れるかどうか不安なほど恐ろしく狭い道だった。
駐車スペースなどあるべくもなく、結局桜の下を通り抜け、その先から回り込んで桜の下に出た。
この道は危険なので、入り込まない方が無難。
この写真の右に伸びている枝の下をその道が通っている。

次回は飯田市郊外の桜を2本

ハク&セグロ@土浦市

ハクセキレイ
セグロセキレイ
スズメ目セキレイ科
体長21cm
撮影 2009.4.24 茨城県土浦市

ハクセキレイとセグロセキレイ(と、キセキレイ)
どういう割合で見ていますか?

私のフィールドでは、過去のフィールドノート804回中
■ハクセキレイ 638回
■セグロセキレイ 631回
■キセキレイ 25回
です。
25:25:1で、ハクとセグロはほとんど同じです。

川で言うと、キセキレイは上流、セグロセキレイは中流、ハクセキレイは下流と言われます。
関東平野の真ん中に位置するので、この割合は納得かな、という感じです。



ハクセキレイ
♂成鳥夏羽




セグロセキレイは♂♀の区別は難しい

瑠璃寺の地主桜(長野県高森町)



瑠璃寺の地主桜
長野県高森町大島山
撮影 2009.4.11

源頼朝公寄進の桜の子孫で、樹齢は200年ほどと言われる。
この「地主桜(じしゅざくら)」という名前の由来はよくわからないし、境内に数本ある桜のうち、これがそうなのかもわからない。
京都に地主神社というのがあって、そこに地主桜という桜があると言う。
それと何かの関係があるのかも知れない。

高さもあり、樹勢も盛んで、非常に見ごたえのある桜である。

次回はくよとのシダレザクラ

春の花

撮影 2009.4.19
茨城県牛久市牛久自然観察の森



イチリンソウ
キンポウゲ科イチリンソウ属

山麓の林床に咲く多年草。
直径4cmほどの花を一輪つける。
花弁はなく、花弁に見えるのは萼片である。




ニリンソウ
キンポウゲ科イチリンソウ属

イチリンソウよりも小さな花を普通2輪つけるが、1輪または3輪のこともある。
茨城県内では筑波山に多い。




スミレ
スミレ科スミレ属

スミレの仲間は数多く、識別が難しい。
これはその名もただの「スミレ」
スミレの仲間で一番よく見るのはタチツボスミレで、スミレはそれほどでもないような気もするがどうだろうか。
ウミネコとカモメのい関係に似ているような。。。




オドリコソウ
シソ科オドリコソウ属

自分のフィールドでは、かつていくつかの群落があったが、今は影も形もない。
笠をかぶった踊り子に見立てた命名は、佳名のひとつだと思う。
花が黄色のものもあるらしいが、見たことはない。

松源寺の桜(長野県高森町)


松源寺の桜
長野県高森町下市田
撮影 2009.4.11

この「下市田」というところは、市田柿発祥の地として知られている(らしい)
標高400m前後、天竜川が作った河岸段丘の地形には、よく霧が溜まる。
その気候の中で育つ柿を干し柿にしたものを指す。
南信を秋に旅すると、柿の実がたわわに実っている風景を見る。
柿は信州の秋には欠かせない点景である。

今は春なので、当然のように桜が主役になるのだが、今日の桜もまた、信州の風景の中にピタリとはまった趣がある。
樹齢は250~300年のエドヒガン。
白さが目立つ桜と、控えめな意匠の門とが絶妙のコントラストを見せてくれる。
それにしても、抜けるように青い空。
こんな空気の中で出会えたことに感謝したい。

次回は瑠璃寺の地主桜

ツグミ@土浦



ツグミ
スズメ目ツグミ科
体長24cm
撮影 2009.4.22 茨城県土浦市

ツグミは羽色に変化が多い鳥で、これは黒味が強い個体です。
胸から脇には黒斑がありますが、これは黒い羽に白い羽縁があるため、そのように見えるものです。

新緑の季節。
こういう背景の中の鳥は絵になりますが、冬鳥のツグミには何となく似つかわしくない感じもします。
4月も後半、ツグミが見られるのはあと10日ぐらいでしょう。

高森南小学校のソメイヨシノ(長野県高森町)




高森南小学校のソメイヨシノ
長野県高森町下市田
撮影 2009.4.11

かつて「日本一の桜の学校」と称された学校である。
日本一と言うからにはどれほど見事なのだろうか、と想像しながら現地に着いた。
なるほど日本一は大袈裟ではないと思った。

37本のソメイヨシノがグラウンドを取り囲んでいる。
1931~33年にかけて植えられたと言うから、樹齢は80年に近い。
ソメイヨシノとしては古木である。
エドヒガンならば300年は経っていそうな太さと風格がある。
思うに、ソメイヨシノは短命なのではなく、成長が早いのだろう。

満開の時期には、全校生徒がお花見給食を楽しむという。
この日は土曜日。
ちょうど昼どきだったため、あちこちでお弁当を広げている姿が見られた。

実はこの学校には門も塀もないのである。
だから、私のような部外者でも自由に桜見物ができる。
本来、学校には門も塀も必要なかったのだ。

次回は松源寺の桜

笹見平のシダレザクラ(長野県豊丘村)

笹見平のシダレザクラ
長野県豊丘村河野
撮影 2009.4.11

昨日紹介した木門虚空蔵堂から、更に山深い場所である。
失礼ながら、この先に集落があるのだろうかと思うような場所だった。
それでも桜見物の人のために、要所に案内看板が設置されていたので、迷うことなく辿り着いた。
今回の撮影行で、一番楽しみにしていた桜である。






日本のシダレザクラで十指に入ると言った人もある。
まさに春爛漫の山里風景。
集落を見下ろすように立っている桜の前に近所の人たちが集まり、ささやかな宴を楽しんでいた。
遠来の客に、満面の笑みで接してくれる。
桜が一番いい形で見える場所はやや斜面になっている。
そこに三脚を立てていると、「足元が悪いので気をつけてください」と声をかけられた。
こんなことは初めての経験である。



山里の集落と桜がいい関係で接しているところは、信州にはよくある風景。
信州に惹かれるのは、こんなところにあるのかも知れない。

右下の住宅に注目していただきたい。
簡素ではあるが、民家建築として非常に素晴らしいデザインだと思う。
更に見逃せないのがこの家の土蔵である。
私はこれほど美しい土蔵を見たことがない。



土蔵越しに満開のシダレザクラを見る。
この桜は、期待に違わず、山里の風景と人々の生活に溶け込んでいる素晴らしい姿を見せてくれた。
日本でシダレザクラを1本だけ選べと言われたら、今はこの桜を推したい気分になっている。

至福のひとときを過ごし、笹見平を後にした。
車のスピーカーからは、マーラーの交響曲第9番のフィナーレが流れてきた。


次回は高森南小学校のソメイヨシノ

セイタカシギ@土浦



セイタカシギ
チドリ目セイタカシギ科
体長37cm
撮影 2009.4.18 茨城県土浦市沖宿

この鳥は、昔は珍鳥でした。
今では東京湾岸沿いの地域を中心に生息しており、この地域ではそれほど珍しい鳥ではありません。
茨城県南の水田や蓮田では、頻繁ではありませんが通年観察されます。
通常は単独か小群です。

木門虚空蔵堂のシダレザクラ(長野県豊丘村)

木門(きかど)虚空蔵堂のシダレザクラ
長野県豊丘村神稲
撮影 2009.4.11

豊丘村は、天竜川左岸にある小さな村。
ここと次の笹見平は、かなり奥まったところにあり、非常にわかりにくい。
実は、木門虚空蔵堂は去年も来たので、幸い迷うようなことはなかった。(去年はさんざん迷った結果、すっかり葉桜になっていた)
虚空蔵堂は小さな集落の中にあるが、道がよくわからない。
畑の斜面のようなところを通って後ろ側に出た。
廻りは民家のようで、どこまでが虚空蔵堂の土地かはよくわからない。
結局民家の庭先のようなところを横切って戻ってきた。



やや見頃は過ぎているが、枝振りはとてもいい。



ミツバツツジを前景に

次回は笹見平のシダレザクラ

フクロウ@茨城県



フクロウ
フクロウ目フクロウ科
体長50cm
撮影:茨城県

フクロウは樹洞に営巣するので、大木でなければなりません。
それで神社や寺などで営巣することが多いようです。

フクロウの巣箱はさすがに大きく、直径30cmほどもあります。
すでに子育ての最中と見られる親が姿を現しました。
手前の枝がちょっと煩わしいですが。。。

原田のエドヒガン(長野県松川町)


原田のエドヒガン
長野県松川町大島
撮影 2009.4.11

道の真ん中に、左右に枝を広げて立つ姿は独特のものである。
鎌倉時代、魔よけとして植えたものと言われている。
樹齢は500年と言われているので数字は合わないが、子孫の桜ということかも知れない。
樹下には馬頭観音が祀られている。

次回は木門虚空蔵堂のシダレザクラ

下平のシダレザクラ(長野県中川村)


下平のシダレザクラ
長野県中川村下平
撮影 2009.4.11

南信の春ほど美しい風景は少ないと思う。
中川村はその中でもお薦めの場所である。
去年は西丸尾のシダレザクラを堪能した。
今年まだ早いだろうと思っていたが、そうでもなかったらしい。

下平のシダレザクラは樹齢100年、比較的若い桜である。

今回の撮影から1週間が過ぎた。
この土日は北信あたりが見頃のようである。
驚くべきことに、福島でさえもう散り始めている。
この週に南信を巡ったことは本当に幸運だった。

次回は原田のエドヒガン

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア