FC2ブログ

紅葉紀行-京都編(6)圓光寺

11/23(金)午前10:30ごろ

圓光寺は詩仙堂から数分の場所にある。
ここは、もともと徳川家康が造らせた学校だった。
明治期に荒廃したが、その後臨済宗の尼寺になったらしい。
詩仙堂と曼殊院の中間にあるため、散策の途中に立ち寄るには格好の場所である。












入り口近くには水琴窟がある。


次回は曼殊院門跡

紅葉紀行-京都編(5)詩仙堂

11/23(金)午前10時ごろ

真如堂にいる頃が一番天気が悪かった。
傘をさすほどではない雨と、相当に冷え込んだ気温。
金戒光明寺に行ってはみたが、あまり撮影するような状況でもなく、平安神宮あたりをうろついてから、とりあえず丸太町通りに出て来た。
ここから京阪電車で出町柳に出て、叡山電車に乗り換える。
鞍馬行きの電車は予想以上の混雑。やはり貴船口、鞍馬方面の紅葉が人気なのだろうか。
私は3つ先の「一乗寺」駅で降り、詩仙堂に向かって歩く。
ところで、詩仙堂の最寄バス停の名は「一乗寺下り松町」
宮本武蔵と吉岡一門の決闘で余りにも有名な地名である。

詩仙堂は江戸時代の文人、石川丈山が建てた山荘で、丈山寺という曹洞宗の寺である。
その一室の壁に、狩野探幽作とされる中国の詩仙三十六人の肖像と詩があることから、詩仙堂と呼ばれるようになった。









座敷に入ると目に飛び込んでくる風景。
洗練の極みと言って良い。
春には新緑を背景にツツジの花が咲き、秋にはツツジの常緑を前景にカエデの紅葉。
計算されつくした配置に、鹿威しの音が響く。
鹿威しは石川丈山の発案によるものらしい。



この回遊式庭園は実際に歩くことができる。
1~3枚目の風景も、下手をすると人が写りこんでしまう。
限られた面積の庭に大きな広がりを見せる手法は、桂離宮などにも通じるものがあるように思う。
龍安寺の石庭も意外なほど狭いものである。


次回は圓光寺

紅葉紀行-京都編(4)真如堂




11/23(金)午前8:30ごろ

前日はとても寒く、雪が降るのではないかと思われたほど。
事実、関が原附近では山が真っ白になっていた。
今日は天気がよくなる予報だったのだが、あまりパッとしない。
この日、このあたりを歩いている時間帯が一番天気が悪かった。
傘を差すほどではない程度の雨が断続的に降る中で、哲学の道から白川通りに出て、真如堂へは裏から回り込む形になった。

正式には真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)という派手な名前だが、普通は真如堂で通っている。
天台宗の名刹で、本堂は重要文化財。
紅葉時期にはカメラマンや観光客で賑わうが、普段は静かなお寺のようだ。

次回は詩仙堂

ヨーロッパトウネン






ヨーロッパトウネン
チドリ目シギ科
体長14cm
撮影 茨城県旧東町

ここにヨーロッパトウネンがいるのではないか、と思って探していました。
最近はタゲリ、タシギ、オオハシシギが多く、タカブシギが少々、エリマキシギはまだいる模様です。
ヨーロッパトウネンは、1羽で単独行動が目立ちました。
この個体は先日も見ていたのですが、逆光が強くてよく写りませんでした。
写真の個体は第1回冬羽と思われます。

ヨーロッパトウネン(ニシトウネン)通称ヨロネン
ユーラシア大陸の東がトウネン、西がヨロネン。ヨロネンはアフリカでの越冬が多い。
大体、東西で棲み分けている感じ。
日本ではトウネンよりも圧倒的に少ないが、越冬個体は割りと多い。

見た目の特徴は
■小さなトウネンよりなお小さい。
■足がトウネンよりも細長いため、採餌姿勢が前かがみになる。
■嘴はトウネンよりも基部が細く、先のふくらみが少ない。
■初列風切は尾羽よりも突出する傾向が強い。

最後の特徴が一番わかりやすいが、換羽時期で風切が伸び切っていない時期には注意が必要。
足の細長さは比較的わかりやすいが、水没しているとわからない。

夏羽だと、胸の色がわかりやすい。
トウネン(英語名Red-necked Stint)
ヨーロッパトウネン(英語名Little Stint)

紅葉紀行-京都編(3)哲学の道

11/23(金)午前8:10ごろ

天気予報では晴れるはずだったが、昨日の寒気が抜けないのか全く好転しない。
暗いのでシャッタースピードが上げられず、手ぶれには細心の注意が必要である。
スタビライザー付きのレンズではあるが、カメラはしっかり構えるのが基本。
幸い無風なので、被写体ブレはほとんど心配ない。

何しろ出張ついでなので、三脚をかついで来たわけではない。(もっともお寺の境内は三脚禁止の場所も多い)
雨に濡れた紅葉は反射がきつく、これ以降の撮影はPLフィルター使用なので余計に暗いのである。

・・・・・・

琵琶湖疏水は明治時代に造られた水路で、琵琶湖から京都市内に通じている。
水道としての用途のほか、水力発電にも使われたらしい。
この疏水の一部は南禅寺の境内を水路閣でまたぎ、若王子神社から銀閣までの部分は疏水沿いに小道が通じている。
前々回の記事

哲学者西田幾多郎がこの道を散策したことにちなみ、哲学の道と名づけられている。






哲学の道から疏水越しに見る「叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)京都茶室棟」
この店は和菓子の有名店で、全国に展開しているらしい。
若王子神社からすぐの所にある。
この風景を見たとき、やっぱり京都ならではと思った。
これはピーカンでは似合わない。
今日の天気に感謝した一瞬だった。

次回は真如堂

ユリカモメ







ユリカモメ
チドリ目カモメ科
体長40cm
撮影 茨城県龍ヶ崎市牛久沼

毎度おなじみのユリカモメ。
いつもの霞ヶ浦では、たくさんのユリカモメがあわただしく飛び回っています。
とても速いので、飛翔写真の練習には持って来いです。
牛久沼のユリカモメは、フワフワとのんびり飛んでいるので、じっくり狙うことができます。
最近、広場の草の上に集まっていることが多く、ちょっと違和感があります。

4枚目と6枚目が第1回冬羽

紅葉紀行-京都編(2)永観堂

11/23(金)午前8:00ごろ

日本一の紅葉の名所と言ったらどこだろうか。
山なら涸沢か、仙人池か。
それは誰でも行けるところではないが、同じ高山でも立山、乗鞍岳、千畳敷ならば交通機関で簡単に行ける。
紅葉の名所は他にもたくさんある。
 東北なら十和田湖、奥入瀬、八甲田山、抱返渓谷、鳴子、鬼首、鳥海山、蔵王、裏磐梯
 関東周辺なら尾瀬、奥日光、那須、谷川岳、奥利根
 信州なら乗鞍高原、上高地、志賀高原、栂池高原、蓼科、美ヶ原、白駒池、秋山郷
個人的に一番思い入れが深いのは尾瀬である。
尾瀬の紅葉は震えるほどに美しい。

上に挙げたとおり、私が思いつくのは山や渓谷ばかりである。
ところが日本で一番人気の紅葉スポットは奥入瀬でも奥日光でもなく、実は京都なのである。
多くの人にとっては意外でも何でもない。
「そうだ、京都行こう」なのである。
京都の紅葉は徹底的に人工美であり、山や渓谷の紅葉とは基本的に違う。
その魅力の源泉は「洗練」であると言ってよい。

永観堂は正式には禅林寺と言い、南禅寺とは隣り合う位置関係にある。
京都でも紅葉の名所として知られ、ライトアップでも有名。
実は前日にライトアップを見に行こうと思っていたのだが雨で断念したのである。






永観堂に着いたのは午前8時ごろ。
ここは拝観料が必要で、9時にならなければ入れない。
1時間も待っているわけにはいかないので、塀越しに見せてもらった。

次回は哲学の道

美ヶ原、思い出の丘からの展望

10/28 午後4時前ごろ

美ヶ原林道の終点には広い駐車場があり、ここから徒歩30分ほどで最高点の王ヶ頭に立てる。
思い出の丘はそこまで行かず、手前の駐車場(10台ほど停められる)から5分ほど登ったところにある。
午後の北アルプス方面は逆光で条件はよくないのだが、この日は夕方にもかかわらず見事な眺望が得られた。



南アルプス方面



中央アルプス方面



遠方に御嶽



乗鞍岳
このあたりは逆光がきつい



槍穂高連峰
槍と常念が重なって見えるのが面白い



剱立山連峰を中心に



鹿島槍から白馬三山

紅葉紀行-京都編(1)南禅寺

11/23(金)午前7:00~7:40ごろ

11月下旬に京都に出張となれば、紅葉を見たいと思うのは人情である。
ただし最近の出張は、京都あたりで宿泊というのはまずない。
日帰りできれば日帰りが常識である。
それならば出張は休日の前日にという目論見だった。
22日に仕事を済ませ、23日(勤労感謝の日)は一日紅葉を見て廻る。
名だたる紅葉の名所、しかも3連休の初日とあってかなりの混雑が予想される。
まずはルートの設定を慎重に行う。
紅葉の名所は必ずしも交通の便が良くない。
バスはよくわからないので電車を効果的に利用し、基本的には徹底して歩く。
結局、混み合いそうな南禅寺を朝のうちにということに決めた。
京都駅から地下鉄烏丸線で「烏丸御池」、東西線に乗り換えて「蹴上」で降りる。
駅を出ると徒歩5分ほどで南禅寺に至る。

南禅寺は臨済宗南禅寺派の大本山で、禅寺としては最高の格式を誇る寺である。
広大な寺域は京都でも有数ではなかろうか。
三門は国の重要文化財で、日本三大門のひとつとされる。

日本三大門とは
■南禅寺三門 重文
■知恩院三門(京都市) 国宝
■久遠寺三門(山梨県身延町)
と言われているが、「三大~」というのはとかく異説があるもので、
■東大寺南大門(奈良市) 国宝
■法隆寺南大門(斑鳩町) 国宝
■東照宮陽明門(日光市) 国宝
という説もある。
共通しているのがひとつもないのも面白い。日本六大門と言ってもいいかも。



三門



三門の下から天授庵の方向を見る。



三門を抜けると、正面に法堂が建つ。



三門と法堂を結ぶ道沿いが紅葉の名所だが、今年の紅葉はやっぱり遅いようである。



水路閣
明治時代に造られた琵琶湖疏水の水路橋。
ローマの水路橋を模している。
禅寺にローマ風建造物がなぜか溶け込んでいる。


次回は永観堂

ミサゴ




ミサゴ
タカ目タカ科
体長 ♂54cm ♀64cm
撮影 茨城県龍ヶ崎市牛久沼

ミサゴはタカの仲間でも特に翼が長いように感じます。
本当にそうなのかどうか。
翼開長と全長の比で調べてみたらどうでしょうか。
タカの仲間は♂と♀で大きさが異なるので、一応平均値で計算して見ます。
データは「ワシタカ類飛翔ハンドブック」によります。

候補は
ハチクマ ミサゴ トビ オジロワシ オオワシ オオタカ ツミ ハイタカ ノスリ サシバ クマタカ カンムリワシ イヌワシ ハイイロチュウヒ チュウヒ
の15種類で、日本で見られる代表的なタカの種類です。
稀な種類とハヤブサの仲間は除きました。

結果
■1位 ミサゴ 2.69
■2位 トビ 2.51
■3位 オジロワシ 2.46
■4位 オオワシ 2.45
■5位 チュウヒ 2.36
で、直感通りの結果でした。

下位を見ると
■11位 サシバ 2.22
■12位 ハチクマ 2.19
■13位 ツミ 2.02
■14位 クマタカ 1.99
■15位 ハイタカ 1.99
でした。

上位に長時間のソアリングが得意な種類が揃っています。
一方、下位には渡りをする鳥、やや小型の鳥が多いようでもありますが、クマタカは意外でした。
クマタカの翼は長さよりも幅広さが目立つので、そう考えると納得でしょうか。
もちろん、全長には尾羽の長さが影響するので、一概にはわかりません。
しかし、翼のアスペクト比が大きい方が滑空に有利なことは明らかなので、ある種の傾向は感じられました。

紅葉紀行(24)美ヶ原高原

10/28(日)午後3:40ごろ

この日上高地を早めに出て来た理由のひとつは、快晴の条件で乗鞍高原の紅葉を見ることだった。
もうひとつの理由は美ヶ原の展望である。

私の場合、上高地方面から帰るとき、松本からすぐ高速に乗るということはあまりない。
霧ヶ峰か美ヶ原を通って佐久方面に出ることが多く、去年の秋は霧ヶ峰経由だった。
だから、もともと美ヶ原経由のコースは考えてはいた。
前日の雨がアルプスの稜線では雪になり、この日のクリアーな空気は展望を期待させるには十分だった。



松本市内から見た美ヶ原の王ヶ頭(右)。
車内からなので撮影は出来なかったが、北アルプスは白馬までくっきりと見え、南アルプスもはっきりと確認できる。
松本市内からは、あまり経験がない眺望である。

松本の市街地を過ぎ、浅間温泉を通り抜けて美鈴湖に向かう狭い急坂を登る。
美鈴湖からは旧美ヶ原林道。
以前は有料だったが、現在は無料開放されている。
武石峠の手前で右折。この道をまっすぐ行くと駐車場で行き止まり。そこから約30分ほどで王ヶ頭に着く。
この日は王ヶ頭まで行く時間はないので、その手前のポイント。
「思い出の丘」
知る人ぞ知る絶景の場所である。
ここが面白いと思ったのは、槍と常念が重なって見えるということ。



午後は逆光になるのが難点だが、この時間でこの眺望は見事。
左端に穂高連峰(左から奥穂、前穂、涸沢、北穂)、右端は白馬三山。
北アルプスがずらりと見える。



剱岳から白馬三山、妙高方面までを一望する。

出来ればここで夕日を見たかったが、今日は帰らなければならない。
時刻はすでに4時である。
武石峠から武石村に下り、小諸から高速に乗ったころに見事な夕日が見られた。
明日休みだったらと後悔した一瞬だった。


今回で信州編を終了、次回からは京都編。

セイタカシギ


セイタカシギ
チドリ目セイタカシギ科
体長37cm
撮影 茨城県旧東町

関東地方ではセイタカシギが増えています。
一年を通じて、あまり珍しくない鳥になったように思います。
それでも、カメラを向けずにはいられない鳥。

ここでは越冬しているものと思われます。
写真は第1回冬羽。

マムシグサの実


マクシグサ
サトイモ科テンナンショウ属
茨城県牛久市牛久自然観察の森

ミズバショウ、ウラシマソウ、マムシグサはサトイモ科なので、花はよく似ている。
肉穂花序を仏炎苞と呼ばれる葉の一種がくるんでいるような形態が特徴。
仏炎苞から入ったハエなどの虫によって受粉が行われるが、虫はここから出られないので死んでしまう。
虫の犠牲によって結実した実は、日本の植物にはとても見えない。

紅葉紀行(23)後ろ髪を引く乗鞍岳遠望



10/28(日)午後1:30ごろ

すずらん橋、牛留池と廻ると善五郎の滝や一ノ瀬園地も行きたくなるが、切りがないので後ろ髪を引かれる思いで乗鞍高原を後にする。

この時点で1:30
松本に降りると2:30ごろになる。
この日はもう一箇所、目的があった。

次回はやや唐突に美ヶ原高原

タシギ

タシギ
チドリ目シギ科
体長27cm
撮影 茨城県旧東町

タシギ、オオジシギ、チュウジシギ、ハリオシギ、アオシギを総称してジシギと呼びます。
特に識別が難しく、通好みの鳥として知られています。
アオシギは別にしておくとして、冬の田んぼで見られるのはタシギだけなので、見られるうちにタシギを徹底的に見ておくのがジシギ識別の第1歩のようです。

日本産鳥類目録のうち、海鳥は別として世界で最も広い範囲に分布するのはこの鳥のようです。
世界的にはピンポイントで分布するオオジシギとはここが異なります。



左はハマシギ



タシギ2羽、エリマキシギ2羽、ハマシギ

タカブシギ



タカブシギ
チドリ目シギ科
体長20cm
撮影 茨城県旧東町

秋の渡りに淡水域で見ることが多いシギですが、稀に干潟でも見られます。
少数は越冬するようですが、関東ではどうなのでしょうか。。
ここでは、今のところ3~4羽程度見られています。

紅葉紀行(22)相変わらずの牛留池



10/28(日)午後1:10ごろ

休暇村乗鞍高原から遊歩道を数分歩くと牛留池。
標高は1580m、乗鞍岳の噴火の際に溶岩台地の窪地にできたらしい小さな池である。
乗鞍岳の倒影が美しい名所。
周辺の紅葉が遅いので、ちょっと変わったアングルで撮影してみた。

次回はもう1回乗鞍高原

タゲリ



タゲリ
チドリ目チドリ科
体長32cm
撮影 2007.11.17 茨城県旧東町

この日、シギチはいつもより少ない。
その中で、タゲリが数羽のんびりと歩いていました。
デジスコをセットしてぶらぶらと歩く。
一眼は車の中に置いたままです。
皮肉なことに、タゲリが悠々と近くを飛びます。
と、突然現れたチョウゲンボウが静寂を破りました。
10羽ほどのタゲリと100羽ほどのハマシギが一斉に飛び立ちます。
ハマシギの羽音が意外なほど大きく響く。
10mほどの距離で一斉飛行をするハマシギの群れと追いかけるチョウゲンボウ。
狩りは失敗し、チョウゲンボウは飛び去りました。
素晴らしい場面を目の当たりにすることが出来ましたが、一眼は車の中。
こういうときに限って、というのはよくあることです。

飛ぶと、白と黒のコントラストが美しいタゲリ。
金属光沢がある羽。
特徴的な冠羽。
かなり可愛らしい目。
など、魅力にあふれた鳥です。

紅葉紀行(21)性懲りもなくすずらん橋

10/28(日)午後1:00ごろ

12:30ごろ沢渡に戻った。
沢渡附近の紅葉も見事である。(撮影したつもりだったが写してなかった)
国道158号線は、梓川に沿って松本方面へ。
途中の風景もこれまた見事。
なかなか先に進まない。




前川渡の先でUターンしてまた乗鞍高原に向かう。
上高地を比較的早めに撤収した理由のひとつはこれ。
昨日歩いたところなのだが、この天気に少なくともすずらん橋周辺だけは押えておきたかったのである。
一ノ瀬と並ぶ乗鞍屈指の紅葉ポイントだが、人影はない。独り占めである。



新雪を戴いた乗鞍岳と3段染めの紅葉。

次回は牛留池

エリマキシギ




エリマキシギ
チドリ目シギ科
体長 ♂28cm メス22cm
撮影 茨城県旧東町

今年、この蓮田にはエリマキシギが目立ちます。
この鳥はここで越冬するわけではないと思うのですが、詳細はわかりませんので引き続き観察してみたいと思います。

この鳥の色には変異が多いので、「同じ鳥か」とおもうような場合もあります。
そんなわけで、この鳥の特徴はコレ、という風に明確に書くことができません。
個人的には「目つき」が決め手かな、なんて思ってしまいます。

わかりやすい特徴としては、嘴が比較的短いことと、肩羽から3列風切にかけて「羽が大きい」という感じでしょうか。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア