FC2ブログ

本郷の又兵衛桜




本郷の又兵衛桜
奈良県旧大宇陀町(現宇陀市)本郷
2006.4.9

早朝5時前に現地着、良さそうな場所を探して三脚を立てる。
周りには数人のカメラマン。
桜の正面にも数人が陣取っている。
この時間に来る物好きはカメラマンだけ。

この日の夜明けは5:35ごろ。
夜明け30分前からがフォトジェニックな時間帯である。

近くをフクロウ(の仲間?)が飛んだ。
キセキレイやカワラヒワが賑やかに鳴き交わす。
川の上を、カワセミが意外な高さで飛んだ。
薄明が始まり、東の空が明らんでくる。
遠く山の稜線がくっきり見える。

観光客が桜のまわりを歩く。
誰かが「どいてくれ~!」と叫ぶ。
気持ちはわかるけど、カメラマンだけの桜じゃないんだけど。
こういう撮影ではときどきこういう人にお目にかかる。

場所を替えて桜の正面へ。
6時過ぎ、既に100人以上の人出で、一番近くの駐車場は満車の状態である。
10時ごろになれば、観光バスでごった返すに違いない。

・・・・・・

この桜は、正面から狙うアングルが最もオーソドックスです。
後ろにハナモモを従えた姿が又兵衛桜の真骨頂。
残念ながらハナモモは、ほんのり赤く色づいている程度。
霞がたなびいているように見えるのがそれです。
桜の方も、満開まではあと3~4日でしょうか。

樹齢は300年
後藤又兵衛にゆかりの地に咲く極めつけの1本桜です。

次回はこの近くにある天益寺のシダレザクラ(ライトアップ)

本郷の又兵衛桜のライトアップ


本郷の又兵衛桜(ライトアップ)
奈良県旧大宇陀町(現宇陀市)本郷 地図
2006.4.8

今回最大の目的「又兵衛桜」
今宵のライトアップと、明朝の桜を見る。
昨夜の出発からここまでの走行距離693km
遥々700km走って見に来るだけの価値はある。
駐車できるかどうかわからないし、近くの天益寺にも回りたいので、道の駅に車を停めて歩く。
想像していた以上に開けた環境にその桜はあった。

・・・・・

関西では、岡山の「醍醐の桜」と並んで最も人気のある桜でしょう。
夜も大人気で、相当のギャラリーが集まっています。

次回は翌朝の又兵衛桜

八講桜


八講桜
奈良県桜井市今井谷 地図
2006.4.8

桜井市の中心部から、多武峰(とうのみね)の麓、談山神社方面に向かう。
例によって狭い山道を行くと、今井谷という集落に出る。
1本、道を間違え、通れずにバックする羽目になった。
ようやくたどり着くと、急な斜面の上に1本桜の名木があった。
樹齢約300年のシダレザクラ。
見上げて撮られることが多い桜だが、空の色がよくないので、急坂を登って見る。
満願寺というお寺の境内だが、寺というより集会所のような感じ。
半逆光で、竹林を背景に撮れればいい感じになりそうな桜。
時間を選んで、遠くから望遠で狙うといいかも知れない。

・・・・・

八講桜という名は、多武峰の麓にある八つの集落に伝わる「八講さん」という行事にまつわるものだそうです。
「八講さん」は3月12日に談山神社で行われる伝統行事。
談山神社は、中大兄皇子と藤原鎌足が大化の改新について談合した場所だとか。
1本の桜にも歴史の重みが感じられます。
この辺りはさすがに大和の国。
因みに中央道のSAで有名な談合坂は、戦国時代に北条氏と武田氏が談合した場所らしいですが、諸説あります。

「八講桜駐車場」という看板があり、地元の人たちが農産物の直売を行っています。
最近各地でよく見る光景です。
駐車料金300円を払うと、竹炭をくれました。

高い場所にあるせいか、小さく見えます。
数年前の台風で枝が折れたとかで、往時の2/3ぐらいになっているそうです。
「何だ、あれか」とがっかりする人もいるとか。

次回は本郷の又兵衛桜のライトアップ

氷室神社のシダレザクラ


氷室神社のシダレザクラ
奈良県奈良市春日野町 地図
2006.4.8

今回の撮影行は、桜の名木が数多くある奈良。

まずは、東大寺に向かう。
天気はいいのだが、空全体がぼんやりしている。
東大寺から隣の春日山を見ると、白く霞んでいる。
これが黄砂だとわかったのはだいぶ後になってから。
関東の人間なので、黄砂というものに疎い。
あちこちのブログでこの黄砂は話題になっている。


東大寺はあれほどの大寺院でありながら、桜の名木は見当たりません。
氷室神社は、奈良国立博物館の反対側、東大寺の大型車用駐車場の入り口にあります。
東大寺に比べるととても地味で小さな神社ですが、桜の時期には大勢の人で賑わいます。
氷室とは氷の竪穴式保存小屋で、平城遷都にともない春日山の麓に氷室をつくり、氷の神を祭ったのが始まりとされています。
奈良県内で真っ先に咲くシダレザクラで、通常3月下旬には満開になるようです。
奈良に春を告げる1本です。
樹齢は400年。隣にその子供(?)の桜があって、樹齢は40年ほどだそうです。

次回は桜井市の八講桜

真鍋の桜


真鍋の桜
茨城県土浦市 地図
2006.4.4

満開の桜の下での入学式、というイメージは、余程日本人の心を揺さぶるものであるようです。
勿論、毎年時期が合うとは限らないし、地域によっては全く合わないので、主に東京中心の考え方かも知れません。
とにかく、今年は(うちの方では)絶好の「花の下での入学式」になったようです。

真鍋小学校のサクラは、その意味では伝説的な存在。
校庭の真ん中にある5本のソメイヨシノ。
樹齢は100年ほどにもなり、短命のソメイヨシノとしては異例の長命を誇っています。
入学式のあとに行われる「お花見集会」
上級生が新入生をおぶって桜の下を歩くという、こんな素敵なイベントを誰が考えたのでしょう。

私のブログでは、ソメイヨシノはほとんど登場しません。
短命のソメイヨシノは、名木、古木が少ないからです。
真鍋の桜は、例外的な存在。
今年はできればもう1本、ソメイヨシノの名木を撮影したいと思っていますが、どうなりますやら。

向上庵のシダレザクラ


向上庵のシダレザクラ
茨城県旧新治村(現土浦市)小野 地図
2006.4.4

樹齢 約300年
目通り周囲 3.1m
樹高 10m
枝張り 15m

小野という地名は、小野小町に由来しています。
ここには小野小町の墓があり、「小町の里」と名づけられています。
尤も、小町の墓というのはほかにもあるようで、生誕地も、秋田県説、宮城県説、福島県説など各地に残っています。
この桜は、小町の里の近く、狭く曲がりくねった道の先、斜面に建つ小さなお寺に咲く、とても姿のいい1本です。

各地を歩いていると、松尾芭蕉がいかに多くの旅をしたかがわかります。
弘法大師の足跡も日本中にありますが、多くは伝説の域を出ていないようです。

ところで、
茨城県緒川村には、「風車の弥七の墓」というのがあります。
水戸黄門に出てきて、いつもいいタイミングで風車を投げるあの人物。
架空の人物ではないか、と思いますが、実在のモデルがいるそうです。

もっと凄いものもあります。
石川県には、モーゼの墓。
青森県の十和田湖の近くには、キリストの墓。
ここの地名は「戸来(へらい)」というのですが、“ヘブライ”が語源、という手の込んだ伝説ですね。

般若院のシダレザクラ(その3)



般若院のシダレザクラ(その3)
茨城県龍ヶ崎市
撮影 2006.4.1 午前6時ごろ

樹齢約400年
樹高10m
枝張り 東西15m、南北22m
幹周り 5m

このサクラが最もいい形で見えるのはこのアングルだと思います。
枝振りもいいし、背景の屋根がいい感じを出してくれます。
これだと、日中は逆光になるので空が白く飛んでしまいます。
快晴無風のときを狙って、明け方の撮影を試みたものです。
5時現場着、一番乗り。
6時過ぎまで、数人のカメラマンと見物客で独占しました。
この時期だけの幸せ。

ツグミ


ツグミ
スズメ目ツグミ科
体長24cm
撮影 2006.4.1 茨城県旧岩井市(現坂東市)

典型的な冬鳥で、10月末に飛来し、ゴールデンウィークとともに去ります。
繁殖地はシベリア方面なので、さえずりを聞くチャンスはほぼありません。
ツグミの仲間は名歌手が多いので、ツグミのさえずりがどんなものであるかは興味がつきないところです。

この写真は、ツグミの最もツグミらしいポーズですね、

歓喜寺のエドヒガン


歓喜寺のエドヒガン
茨城県旧岩井市(現坂東市) 地図
2006.4.1 午前8時ごろ

樹齢400年
樹高13m
周囲5.5m

桜の撮影で知られる竹内敏信氏は、桜の撮影をするときは、可能ならば360°周囲を回って見るといいます。
この桜は、360°回れる桜。
一番いい方向を見定めるのは結構難しいものです。
樹形がいい方向でも、光線の具合や背景とマッチしているか、などの条件が合うとは限らないからです。
この木の場合は、これがベターかな、という感じでした。
ただし
「ほかのカメラマンならば、別の写真を撮ったのではないか」
と考えよ
と、中橋富士夫氏は言っておられます。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア