FC2ブログ

ユリカモメ


ユリカモメ
チドリ目カモメ科
体長40cm
撮影:茨城県龍ヶ崎市牛久沼

時々、こういうのを見ます。
普通のユリカモメの成鳥ですが、ちょっと変。
どこがというと、足がない?
まあ、足がないわけはないので、羽の中に隠れているわけですが、飛行機の引込脚と同じですね。
この方が空力上有利なはずですが、鳥が足を隠して飛ぶのが一般的とは思えません。

オオタカ



オオタカ
タカ目タカ科
体長、♂50cm、♀56.5cm
撮影:茨城県土浦市

人里に比較的近い、いわゆる里山に住む猛禽の代表。
実は漢字で書くと、「大鷹」ではなく「蒼鷹」
どちらかというと灰色に近い色を青と見たものでしょう。

撮影場所は、普通の住宅地の中です。
この近くには広い森があるので、そこに住む個体でしょう。
ここではオオタカはそれほど珍しい存在ではありません。
でも撮影できるほど低いところを飛ぶことは少ないですね。

翼先分離と言って、翼の先端がばらけている枚数が、種類によって枚数が決まっています。
オオタカの場合は6枚。
識別の決め手になる場合もあります。
双眼鏡で追いながら数えるのは至難の業。
写真に撮れば簡単に数えられるので、できるだけ撮影することをお勧めします。

写真の個体はのどのところが、不自然にふくらんでいます。
「そのう」と言って、食べたものを一時蓄えておくところ。
タカの仲間ではよく見られる習性です。

2枚目の写真はボケボケですが、特徴的な尾羽の4本の帯がよく見えます。
この個体は胸から腹の横斑があるので成鳥と思われます。

バン


バン
ツル目クイナ科
体長32.5cm
撮影:茨城県土浦市乙戸沼公園

オオバンより小さなクイナの仲間。
クイナの中では、オオバンに次いで見やすい種類。
クイナ、ヒクイナとなると、格段に見つけにくくなります。
一度は写真に撮ってみたい鳥ですね。

バンは、額板が赤いのが目立ちますが、幼鳥では黄色いので注意。
黄色い足の付け根が赤いのも特徴です。
幼鳥は全体に薄い色ですが、成鳥はとても微妙で、いい色合いだと思います。
オオバンは泳いでいることが多いですが、バンは歩いていることが多いようです。

エナガ


エナガ
スズメ目エナガ科
体長13.5cm
撮影:茨城県土浦市乙戸沼公園

柄杓の柄のような長い尾を持つ「柄長」
この長い尾を含めて13.5cmなので、体自体は6cmぐらいでしょうか。

日本で一番小さな鳥はキクイタダキ。
次いでミソサザイ、ツリスガラ、メジロあたりでしょうか。
体の大きさでは、エナガの方が小さいかも知れません。

エナガは群れで行動します。
秋冬には、シジュウカラ、メジロ、コゲラなどと一緒に群れを作ります。
これを混群といいますが、エナガは混群の先頭に立つことが多いようです。
いわば、小さな混群隊長。
「ジュルッ、ジュルッ」という独特の鳴き声でその存在がわかります。
とにかくよく動くので、撮影しにくい鳥です。

ユリカモメ



ユリカモメ
チドリ目カモメ科
体長40cm
撮影:茨城県潮来市水原(北浦)

またまたユリカモメです。
今日は、止まっている写真。
日本で見られる(可能性のある)カモメで一番白いのはゾウゲカモメ。
次がアイスランドカモメとシロカモメで、ユリカモメはその次ぐらいでしょうか。
ウミネコのような濃い色のカモメに比べると、とても白っぽい印象があります。

上の写真は成鳥。
下の写真は第1回冬羽。
成鳥に比べると、褐色味があり、くちばしと足が黄色く、尾羽の先端に黒い色が残っています。
なお、一番後ろに見える黒い部分は初列風切(翼の先端)であり、尾羽の方が短いので下に隠れています。

オオバン


オオバン
ツル目クイナ科
体長39cm
撮影:茨城県潮来市水原(北浦)

全身が黒く、嘴と額板が白い大型のクイナ。
クイナの仲間のなかでは最も普通に見られる鳥で、淡水域に好んで生息します。
白い額板が目立つので、まず間違えることのない鳥です。
よく見ると少しピンク色がかっていることがわかります。
キリッ、とかキョッ、と鋭い声で鳴きます。

泳いでいることが多いので、歩いているところは比較的珍しいかも知れません。
飛ぶのを見ることは少ないようですが、もちろん飛べない鳥ではありません。
水掻きの形が、一種異様なほど変わっています。

キンクロハジロ


キンクロハジロ
カモ目カモ科
体長40cm
撮影 茨城県潮来市水原(北浦)

目が金
体が黒
羽は白
で、金黒羽白
潜水ガモの一種ですが、比較的内陸までやってきます。
カルガモなどの淡水ガモは、体の中央に足があるので歩くのが容易ですば、潜るのは苦手。
主に海で暮らす潜水ガモは、反動をつけて潜るために、足が体の後ろについています。
そのため、歩くのは苦手で、飛び立つときも助走が必要。
淡水ガモが、水面から直接飛び立てるのは、足が中央についているからです。

ユリカモメ




ユリカモメ
チドリ目カモメ科
体長40cm
撮影:茨城県土浦市、霞ヶ浦

毎度ユリカモメばかりで恐縮です。
これはとても撮影しやすい鳥なんです。
 まず、数が多いので撮るチャンスが多い。
 割りに人を恐れないので、近くで撮れる。
 小鳥にくらべると大きい上、割とゆっくり飛んでくれる。
というのが理由です。
飛翔写真にこだわる自分としては、流し撮りの練習にはカモメは持って来いです。
比較的内陸にも飛来するユリカモメは、野鳥写真には絶好の被写体だと思います。

シジュウカラ


シジュウカラ
スズメ目シジュウカラ科
体長14.5cm
撮影 茨城県土浦市

スズメ大で頬が白い。
オスは喉から腹にかけて、黒くて太い縦線があって、ネクタイに見立てられます。
メスは細いネクタイ、幼鳥はネクタイ模様は目立ちません。
里山の代表のような鳥で、この鳥がいない森はほとんどありません。
森林ばかりでなく、樹木の多い市街地でも普通に見られます。
さえずりはツーピーツーピーを繰り返しますが、地鳴きはチーチー、ジュクジュクなどさまざまです。
2月ごろからさえずりはじめますが、場合によっては真冬でもさえずることがあります。

シジュウカラの主食は虫。
1羽のシジュウカラが1年間に食べる虫は125000匹にのぼるという研究があります。
そのシジュウカラなどを餌にするハイタカ(もちろんシジュウカラだけではありませんが)は、1年間にシジュウカラに換算して、800匹も食べるそうです。
ということは、1羽のハイタカが生きるためには、1年間に1億匹の虫が必要ということ。
そんな食物連鎖の間で重要な役割を果たしている小さな鳥です。

構造計算書偽造問題

首都圏の複数のマンションで、構造計算書の偽造によって、強度が著しく劣る施工が行われていたことが明らかになりました。
建築関係者として、とても気になる事件です。
通常、民間工事においては、設計の流れは
 施主→設計事務所→構造事務所
となります。
マンションの場合、施主と設計事務所との間にゼネコン、または不動産業者(いわゆるデベロッパー)が入ることが多くなります。
もちろん、施主=デベロッパーというケースも多いです。
すなわち、
 施主→ゼネコン→設計事務所→構造事務所
 施主→デベロッパー→ゼネコン→設計事務所→構造事務所
というような流れ。
いずれにしても構造設計は下請けであり、コスト削減のために構造事務所が独断で構造計算書を偽造するようなことは、常識では考えられません。
思うに、ゼネコンあるいは元請の設計事務所からの圧力があったとしか思えません。

バブル崩壊後、建築業界は構造的に不況業種であり、デフレ傾向とも相俟ってコスト削減の大合唱の中にあります。
今や「いい建築を造ろう」「いい設計をしよう」などというのは戯言としか受け取られず、「安ければいい」という時代になってしまいました。
いい仕事をコツコツやろう、などという人は流行の言葉でいえば「負け組」にならざるを得ない、そんな時代です。
昔、植木等が”コツコツやる奴ァ、ご苦労さん♪”と歌っていました。
これはコツコツやることが美徳であると信じられていた時代だったからこそ、逆説的に成り立った歌です。
今だったらリアリティがありすぎて受け入れられないでしょう。

安ければいい、という風潮は設計、施工の現場から想像力、創造力を奪い、活気をなくしてしまいました。
コスト削減の波はまず、
 仕上げを安くする
 仕様を落とす
といった、表面的な質の低下から始まり
 下請けへの締め付け
が恒常的に行われるようになります。

ゼネコンは自社で施工するわけではありません。
実際の工事の大半を行うのは下請け、孫請けです。
六本木ヒルズのような最先端の建築だって、実際に作ったのは普通のオジサンたちです。
度が過ぎたコスト削減は、彼らのような末端の労働者の収入減に直結しています。
もちろん、設計料のカットも真っ先に行われます。
1000万円のところを500万円でやれ、と言われても断れないのが現実です。
「やる人はいくらでもいる」と言われるのが落ち。

安ければいい、という風潮は公共工事でも同様です。
折りしも、談合疑惑はあちこちで手を代え品を代え持ち上がってきます。
談合はよくないことは明らかであるとしても、残念ながら、談合のないところにはダンピングがあるのです。
マスコミは、日本の公共工事が割高であるとして、談合の追求には熱心ですが、それと裏腹の関係にあるダンピング問題に関しては知らんぷりです。
言論の府として、ダンピングを容認するのならば、
 1.ダンピングは正義であるのならば、その理由
 2.ダンピングは悪であるのならば、なぜ正当な競争がなされないのか
の2点を明確に論ずべきだと思います。

コスト削減の行き着く先は、手抜き工事です。
これは本質的な質の低下を招くもの。
今回の事件は、これがついに構造の手抜きという言語道断な手段にまで行き着いたということをあからさまにしました。
世も末です。
技術者の自負、プロフェッションの誇りはどこへ行ってしまったのでしょうか

カワウ


カワウ
ペリカン目ウ科
体長82cm
撮影 茨城県土浦市 霞ヶ浦

一時は激減したカワウですが、最近は増えすぎて嫌われているようです。
上野の不忍池のコロニーは有名ですね。
霞ヶ浦周辺には、カワウの大規模なコロニーがあるわけではありません。
ここのカワウは、不忍池から通ってくるらしいのです。
上野がねぐらで、霞ヶ浦は餌場。
住居と仕事場と言い換えてもいいかも。
いわば、通勤族ですね。
もちろん、この個体がそうだというわけではありません。

カモの仲間は、特殊な脂を分泌し、羽に塗ることで撥水効果を得ています。
カワウはそのような分泌腺がないので、時折翼を広げて乾かしている姿をよく見かけます。
これは不便なようですが、そのために潜水しやすいようになっているのです。
ですからカワウは、泳ぐときも体のほとんどが水中に没しています。

カワウとよく似たウミウは、内陸のこのあたりでは見られません。
海岸や河口附近では、両方がいる可能性があります。
カワウとウミウの見分けは難しいのですが、決定的なところをひとつ。
顔の黄色い部分が、カワウでは丸く、ウミウでは頭の後ろの方にとがっています。

ユリカモメ


ユリカモメ
チドリ目カモメ科
体長約40cm
撮影:茨城県土浦市霞ヶ浦

カモメの仲間は世界で約45種。
日本で見られる(可能性がある)カモメはその半分ぐらいなので、海洋国日本はさすがカモメの国という印象。

カモメの仲間は、便宜的に大型・中型・小型に分けられます。
大型の代表がセグロカモメ
中型の代表がウミネコ
そして、小型の代表がユリカモメです。
日本で見られる小型カモメの大部分がこれなので、ハトより大きめのカモメがいたらユリカモメだと思って大体正解。

特徴は
 くちばしは赤くて先端が黒い。
 足は赤い。
 目の後ろに黒い斑点がある。

翼開超は92cmもあり、飛翔する姿はとても優雅です。
海上をソアリングする海鳥は、とても細長い(アスペクト比の大きい)翼を持っていることがわかります。

ハクセキレイ



ハクセキレイ
スズメ目セキレイ科
体長21cm
撮影:茨城県土浦市

キセキレイは自然派、川でいうと上流。
ハクセキレイは都会派、川だと下流。
セグロセキレイは中間派。

都会派だけあって、市街地でもごく普通に見られる鳥です。
割と人馴れしているので、時に信じられないぐらい近寄れる場合があります。
従って、結構撮影しやすい鳥だと言えます。

尾が長くスマートな隊形で、尾を上下に振りながらよく歩きます。
飛び方は波状飛で、飛びながら「ピピッ、ピピッ」と鳴きます。
セグロセキレイは、やや濁った「ビビッ、ビビッ」と鳴くので、遠くでも鳴いてくれれば識別は容易。

写真の個体は、顔に黄色味が残るので、若い鳥と思われます。
飛ぶと、翼は白が目立ちますが、尾羽はかなりはっきりとした黒。
ただし尾羽は外側2枚ずつが白いので、そのコントラストはとても綺麗です。

コガモ



コガモ
カモ目カモ科
体長38cm
撮影:茨城県土浦市

ハトより少し大きめの、小型のカモ。
マガモやカルガモがカラス大なのに比べると、とても小さいカモです。
各地で、ごく普通に見られる代表的なカモ。

オスは目の周りの緑色の模様と、お尻の部分の黄色い三角が特徴です。
オスメスともに、緑色の翼鏡(次列風切)が目立ちますが、これは光の加減によって青にも緑にも見える、とても微妙な色合いです。
オスはこの緑色の翼鏡の前方にある白い部分が大きく、止まっているときに白い線になって現れます。

コガモはとても警戒心の強い鳥で、ほかのカモと一緒にいる場合でも真っ先に逃げるようです。

写真は上がオスで、下がメス

ポケモンジェット


全日空のポケモンジェット
成田空港の構内道路から
信号待ちの間に撮影したもの

コサギ


コサギ
コウノトリ目サギ科
体長61cm
撮影:千葉県我孫子市手賀沼

一般にシラサギといわれるサギにも主に3種類あります。
大きい方からダイサギ、チュウサギ、コサギ
漢字で書けば大鷺、中鷺、小鷺
なぜオオサギではなくてダイサギになったのかはわかりません。
チュウサギは主に夏鳥で、コサギとダイサギは通年見られるのが普通です。

コサギの特徴は
  一年中、くちばしが黒い。(ダイサギは、夏に黄色くなる)
  足は黒いが、足先が黄色い。(黄色いソックスを履いているように見える)
の2点。

マイフィールド マガモとカルガモ


2005.11.11
茨城県土浦市

秋のカモでよく話題になるエクリプスの話。
カモの仲間の多くは、初夏シベリアなどで繁殖し、その後冬羽に換羽する。
その際、飛ぶのに必要な風切羽を短期間で換羽するので、一時的に飛びにくくなる。
そのため、オスは天敵に対して目立たない、メスに似た羽衣になるのだが、これが「光を失った」という意味のエクリプスである。
そういえば天文では、日食のことをエクリプスという。
9~10月ごろ日本に渡ってくるカモのオスはエクリプスであることが多いため、オスメスの区別が難しい。
初心者の方がよく「秋のカモはメスばかり」という見間違いはこの理由による。
今ごろは換羽途中の個体が多い。
ここで紛らわしいのは、この換羽によって夏羽になるということ。
カモは夏羽で冬を越して繁殖地に渡るのである。

写真は前がマガモのオス(換羽中)
後ろはカルガモ
次列風切の青い色(翼鏡)が目立つ。
これは飛翔時の識別にはとても役立つが、光の加減もあり、とても微妙な色合いを見せる。

マイフィールド チョウゲンボウ



チョウゲンボウ
タカ目ハヤブサ科

2005.11.10
茨城県土浦市

冬季、農耕地や葦原でよく見られるハヤブサの仲間。
長い尾が特徴的。

マイフィールド コガモ


2005.11.09
茨城県土浦市

これは霞ヶ浦に注ぐ小さな川
この近辺でバードウォッチングを始めて5年になる。
マイフィールドで、これまでに確認できた鳥は75種類ぐらい。
コガモは毎年、数十羽が越冬する。
カモ類が多い場所ではないので、コガモのほかはカルガモ、ごくまれにハシビロガモ、オカヨシガモの記録がある程度。
ここのところ、キセキレイが時々やってくる。
ここでカワセミを見つけるのに1年、ベニマシコを見つけるのに3年かかった。

写真手前がメスで、向こうがオス

光徳牧場


2005.10.23
栃木県奥日光、光徳牧場

今日は、奥日光の駐車場案内
中禅寺湖畔はひとまず措いて、
■菖蒲ケ浜
 千手ヶ浜に行くルート(遊覧船もある)の起点になる。竜頭の滝の手前。
 そんなに混んではいない。
■竜頭の滝下
 超有名スポットなので、観光シーズンには混雑必至
 観光バスも多い
 竜頭の滝を正面から見る、地獄茶屋がある。
■竜頭の滝上
 この滝は、普通の滝とは違い、渓流瀑といわれる形。
 滝の上にある駐車場
 竜頭の滝は、流れに沿って遊歩道があるので、下が混んでいるときは上に入れるといい。
■赤沼
 戦場ヶ原の入り口部分
 左に公衆トイレ、右に売店があるところを右折する。
 最も混雑する駐車場なので、観光シーズンは避けたほうがいい。
 早朝ならばOK
■三本松
 赤沼の少し先、右側にある。
 赤沼に入れないときは、こちらに入れて歩くとよい。
 ここが満車になることはあまりない。
■湯滝
 ここは有料(400円)
 湯滝も有名スポットなので、結構混雑する。
■湯滝上
 湯滝は上からも眺められる。
 数台分の駐車スペースがあるが、狭いのですぐ一杯になってしまう。
■湯の湖
 結構広いが、やはり観光客が多いので、遅い時間では空きがない場合もある。
■光徳
 少し奥まっているので、混雑することはない。
 光徳牧場は、私の好きなスポット
 放牧されている牛を点景に、カラマツの黄葉

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア