FC2ブログ

名桜巡り-本郷の又兵衛桜(2006年撮影)


本郷の又兵衛桜
奈良県旧大宇陀町
2006.4.8撮影

桜の名木は、福島、山形、長野、山梨、岐阜など東日本に多い。
関西では吉野山がある奈良県が、名木の多い県として知られている。
又兵衛桜は関西地方で最も人気のある桜。

後藤又兵衛ゆかりの「地に咲く」桜ということで、後藤又兵衛本人には関係がない。
周辺はかなり整備され、思った以上に開けた環境の中に桜はあった。
桜の背後に咲くハナモモとの競演が美しいが、この時はまだ早かったのでライトアップの写真を。

名桜巡り-八講桜(2006年撮影)


八講桜
奈良県桜井市
2006.4.8撮影

多武峰(とうのみね)の麓、談山神社近くの狭い山道を行くと、今井谷という集落に出る。
急な斜面の上から集落を見下ろす、樹齢約300年のシダレザクラである。
下から見上げるととてもいい形だ。
が、この日は黄砂が襲来、空の色がぼんやりと霞んでいるので、こんなアングルで撮ってみた。
八講桜という名は、談山神社で行われる「八講さん」という行事にまつわるらしい。
談山神社は、中大兄皇子と藤原鎌足が大化の改新について談合した場所と言われている。
さすが大和の国は歴史が重い。

名桜巡り-瀧蔵神社の権現桜(2006年撮影)


瀧蔵神社の権現桜
奈良県桜井市
2006.4.9撮影

長谷寺は花の寺。
桜の名所として夙に有名だが、その長谷寺をパスしてまで見に行った桜である。

長谷寺を通り過ぎ、初瀬ダム(まほろば湖)を横に見ながら標高を上げる。
看板を頼りに、恐ろしく狭い急な山道を登る。
こんな所に神社があるのだろうか、と不安になるような場所だったが、目の前に人家が現れた時は本当に驚いた。

石垣から真横に幹が伸びている珍しい樹姿で、それほど大きな桜ではないが、苔むした樹肌は貫禄十分。
見頃ではなかったので、石垣の上からこんなアングルで撮って見た。

名桜巡り-長姫の安富桜(2006年撮影)


長姫の安富桜
長野県飯田市
2006.4.9撮影

飯田長姫城二の丸跡、原広司の設計による飯田市美術博物館の隣にある。
樹齢は350年。
樹高20m、幹周り5.4mの巨大なエドヒガンで、均整のとれた美しさは桜の本場長野県でも有数の1本だと思う。

今年は4/4現在、5分咲きとのこと。

名桜巡り-麻績の里、舞台桜(2006年撮影)


麻績(おみ)の里、舞台桜
長野県飯田市
2006.4.10撮影

「麻績学校の桜」
「麻績学校の舞台桜」
「旧座光寺の桜」
これまで色々な名前で呼ばれて来たシダレザクラの名木で、写真雑誌によく登場する。
旧麻績学校は、学校と歌舞伎舞台とが一緒になった珍しい建物で、1984年まで学校として使われていた。
農村歌舞伎の舞台を建築中に学制が施行され、学校を兼ねてしまったらしい。
いかにも大らかな時代の話。
1本の木に、一重と八重の両方の花が咲くという珍しい桜で、「半八重紅彼岸枝垂れ桜」という。

飯田は名桜散歩が楽しい場所だが、ここの桜は開花が早い。
4月に入り、そろそろ開花の時期だと思う。

名桜巡り-山高神代桜(2006年撮影)


山高神代桜
山梨県旧武川村
2006.4.10撮影

樹齢2000年とも言われる日本最古の桜。
主幹はすでに枯死しているが、幾星霜を経てきた存在感は他では見られないもの。
近年、樹勢回復工事が施され、主幹に架けられていた屋根も撤去された。
巨大な岩のような幹が圧倒的な迫力で迫って来る。
この桜には観光客がバスで押しかけるので、早朝の撮影が望ましい。
この時は雨だったが、一番形が良く見えるアングルだと思う。

名桜巡り-般若院のシダレザクラ(2006年撮影)


般若院のシダレザクラ
茨城県龍ヶ崎市
2006.4.1撮影

これは地元の桜で、毎年楽しみにしている桜である。
多少の身びいきもあって、毎年紹介している。
最近、ガイドブックにも載るようになってきたので、だんだんメジャーな存在になりつつあるようだ。
この桜は開花が早いのだが、今日の時点ではつぼみが膨らんで来た状態。一部は開花しているかも知れない。

名桜巡り-雪村桜(2006年撮影)


雪村桜
福島県郡山市
2006.4.22撮影

雪村周継(せっそんしゅうけい)は常陸の国出身の画僧で、晩年ここに庵を結んだとされる。
この雪村庵は、雪村の死後再興されたもので、小さな庵の赤い屋根、緑なす竹林、白さが際立つ樹齢数百年のシダレザクラのコントラストがたとえようもなく美しい。

名桜巡り-芹ヶ沢桜(2006年撮影)


芹ヶ沢桜
福島県三春町
2006.4.22撮影

これは磐越自動車道からよく見える桜である。
農家の庭に咲く1本桜。
近年カメラマンに人気の桜で、写真雑誌によく登場するほか、フジフィルムの広告にも使われた。
名木の多い三春でも、とびきり形がいい1本である。

名桜巡り-弘法桜(2006年撮影)


弘法桜
福島県三春町
2006.4.22撮影

三春には鑑賞に値する桜が数十本はある。
私が見たのはまだ20本弱だが、その中でも最も好きな1本である。
1本と書いたが、実は2本の桜が寄り添っている。
ピンク色が強い1本と白さが目立つ1本。

ここは三春の中心地からはかなり離れた場所である。
非常にわかりにくく狭い道で、すれ違いもままならない。
小高い丘の上にあるので、意外に撮影できるポイントは多く、近くを走る県道からも見える。

名桜巡り-三春の滝桜(2006年撮影)


桜の季節を前に、しばらく桜の記事をTOPにしたいと思います。
毎年古木、名木、一本桜だけを追いかける私は、今年はどこに行くのでしょうか。
ここ一月ほどの間、桜の開花情報に一喜一憂することになります。

気象庁から桜の開花予想が発表になっています。
ほぼ平年並みでしょうか。
もっとも気象庁は、私が見るような桜の開花予想はしていません。

今年の桜を楽しみに、しばらく過去の写真を載せたいと思います。
北から順に、極めつけの名木だけを紹介します。
「いい木」という意味で「いい写真」という意味ではありません。
桜は満開の期間がとても短く、遠方の桜の満開の時期を計るのは難しいからです。
中には咲いていない写真が登場するかも知れません。

まずは
三春の滝桜
福島県三春町
2006.4.23撮影

■三春の滝桜
■山高神代桜(山梨県旧武川村―現北杜市)
■根尾谷の淡墨桜(岐阜県旧根尾村―現本巣市)
を日本三大桜という。
滝桜は赤味が強いベニシダレで、三大桜のうちでは最も樹勢がいい。
樹齢は1000年以上。
樹高12m、根回り11m、枝張りは南北18m、東西25mの巨大な桜である。
開花期間中、数万人の見物客を集め、周辺の道路や高速道路にまで渋滞を引き起こす桜は他にはあるまい。
三春にはこの他にも鑑賞に値する桜が数十本はあるので、1日かけてゆっくり歩いて見たい場所である。

過去の撮影から、小沢の桜


小沢の桜
福島県田村市

桜が嫌いという人は少ないでしょう。
変わり者と言われる私も桜は大好きで、この時期あちこち撮り歩いています。
桜と言ってもソメイヨシノ何百本の並木などというところにはほとんど興味がなく、名木、古木、1本桜ばかり追いかけています。(やっぱり変わり者か?)
このブログにも「桜紀行」などという書庫を作っていますが、今までソメイヨシノは1本しか載せていません。
この種類は寿命が100年ほどなので、古木にならないことが理由です。
戦後各地でソメイヨシノの並木が造られました。
ソメイヨシノは並木として鑑賞するのに向いているのでしょう。
1本桜でソメイヨシノの名木というのはほとんど見かけません。

この桜はソメイヨシノとしては珍しい1本桜です。
田んぼの中、野仏を祀る小さなお堂に建つ1本桜というのは、最も郷愁をそそる風景です。
遠景は阿武隈山地の最高峰、大滝根山です。
残念ながらまだつぼみでした。
映画「はつ恋」のロケ地として有名になった桜です。

※追記
遠景の山は移ヶ岳という山らしいです。

過去の撮影から、麻績の里、舞台桜


麻績の里、舞台桜
長野県飯田市

通称「麻績学校の桜」または「麻績学校の舞台桜」として有名な桜で、写真雑誌にはよく登場します。
旧座光寺麻績学校の庭に咲いています。
樹齢350年
旧麻績学校は、学校と歌舞伎舞台とが一緒になった珍しい建物で、1984年まで学校として使われていました。
何でも、農村歌舞伎の舞台を建築中に学制が施行され、学校を兼ねてしまえということになったらしい。
鷹揚な時代の話です。

1本の木に一重と八重の両方の花が咲くという珍しい桜で、「半八重紅彼岸枝垂れ桜」というややこしい名前がついています。

過去の撮影から、瀧蔵神社の権現桜


瀧蔵神社の権現桜
奈良県桜井市

桜の名木が多い県は、福島県・長野県・奈良県。
奈良県では吉野山が有名だが、全域に名木がある。
有名な長谷寺も桜の名所だが、あえてパスして山道を進む。
初瀬ダム、和田の集落を過ぎ、恐ろしく狭い急な山道を登る。
自称「狭い道マニア」の私でも心配になるくらい心細い山中を進む。
瀧倉神社という名前は、地図にも載っていない。
鳥居の記号と「瀧倉」という地名は載っているということは、集落がある証拠だとは思った。
とても集落があるとは思えない場所だったが、目の前に人家が現れた時は本当に驚いた。

これはさほど大きな木ではありません。
石垣から真横に幹が伸びている、珍しい樹姿です。
満開ではなかったので、石垣の上から苔むした樹肌を中心に据えて撮影しました。
名木が多い奈良県でも屈指の1本だと思います。

過去の撮影から、雪村桜


雪村桜(せっそんざくら)
福島県郡山市

雪村周継(せっそんしゅうけい)は、戦国大名佐竹氏の出と言われる画僧で、中世水墨画の巨人、雪舟に傾倒したと言われています。
雪舟とは異なる自由奔放な作風で知られているようです。
この雪村庵は雪村の死後再興されたもので、小さな庵の赤い屋根と背景の竹林、樹齢数百年のシダレザクラが息をのむほど美しいコントラストを見せてくれます。

過去の撮影から、般若院のシダレザクラ


般若院のシダレザクラ
茨城県龍ヶ崎市

今日は地元の桜を紹介します。
家から歩いて行ける距離にあるので、毎年楽しみにしている桜。
全国的に知られた木ではありませんが、茨城県内では有数のシダレザクラです。
樹齢は約400年。
開花が早い木で、例年の見頃は3月下旬です。

過去の撮影から、本郷の又兵衛桜


本郷の又兵衛桜
奈良県旧大宇陀町(現宇陀市)

関西地方で最も人気のある1本桜の名木。
樹齢300年

かなり開けた環境のなかにその桜はあります。
道の駅から30分ほど歩きました。
ライトアップも大変な賑わいです。

過去の撮影から、弘法桜


弘法桜
福島県三春町

数多くの桜がある三春ですが、効率よく見るには滝桜をはずすのがコツです。
中心部の駐車場に車を停め、市街地にある桜を徒歩で廻ります。
そのあと、周辺部の桜を車で廻る。
滝桜の渋滞を避け、滝桜はそれに絞った方がいいと思います。
私の場合、滝桜は早朝、駐車料金がかからない時間帯に済ませます。

この桜は滝桜から郡山方面に抜けるルートから一本細い道を入ったところにあり、とてもわかりにくい場所にあります。
滝桜が大混雑している時でも、この桜は知られていないせいか、誰もいません。
(知られていない、とは言っても写真雑誌には載っています。)
とても狭い一方通行の道に面していて、これは下の方にある道から撮影したもの。
白っぽいのとやや濃い色の2本であることがわかります。
農村部の小高い丘、墓地に咲く桜、という一番絵になるロケーションの桜です。
たった一人で360°からこの桜を眺める贅沢。

過去の撮影から、八講桜


八講桜
奈良県桜井市

多武峰(とうのみね)の麓、急な斜面に咲く1本桜の名木。
樹齢約300年のシダレザクラです。
写真雑誌で見て以来、その魅力にとりつかれました。

実際に見ると意外に小さな桜でした。
「何だ、あれか」と、がっかりして帰ってしまう人もいました。
駐車料金300円を惜しんだのか。
この桜の良さを300円と天秤にかけてしまうのはもったいない話です。

急な坂道を登り、間近に行ってみました。
満願寺と言うお寺の境内なのですが、集会所のような感じです。

過去の撮影から、芹ヶ沢桜


芹ヶ沢桜
福島県三春町

三春と言えば滝桜ですが、ちょっと観光客が多すぎるのが難点です。
三春には鑑賞に値する桜が数十本あると思います。
見る人の数は滝桜の1/100にもなりませんが、その分ゆっくり見ることができます。

これは磐越自動車道から見える桜で、フジフィルムの広告にも使われました。
道路から見上げる形がとても整っていて、近年カメラマンに人気の桜です。
樹齢350年、根回り4.8m
例年の見頃は4月中旬~下旬
三春の桜は滝桜の咲き具合に合わせて行くと、大体当たります。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア