FC2ブログ

去年の撮影から~小倉のシダレザクラ


小倉のシダレザクラ
長野県旧三郷村

安曇野に数多いシダレザクラの中でも、その形の良さでは群を抜いている桜である。
一般にはほとんど知られておらず、カメラマンのみに知られていた桜。
近年、やや枯れ枝が目立ってきたのが心配である。

去年の撮影から~小倉のシダレヒガンザクラ


小倉のシダレヒガンザクラ
長野県旧三郷村

安曇野の桜はほとんどが無名である。
この桜は、旧三郷村の天然記念物に指定されているが、「シダレヒガンザクラ」という素っ気無い名前なので、地名を冠してみた。
さほどの大木ではないが、樹齢は400~500年と推定される。
小倉はシダレザクラの宝庫で、この桜の周辺の墓地にも数本の桜があった。

再び去年の撮影から~釈迦堂のシダレザクラ


釈迦堂のシダレザクラ
長野県旧梓川村

あまり知られていないかも知れないが、安曇野は古木の桜の宝庫である。
桜の王国であると言っても過言ではない。
昔からこの地域では、小さなお堂や墓地にシダレザクラを植える習慣があった。
そのため、安曇野にはそこかしこに見ごたえのあるシダレザクラがある。
ほとんどの桜は無名で、この「釈迦堂のシダレザクラ」というのも一般的に通じる名称ではないと思う。

去年の撮影から~氏乗の桜


氏乗の桜
長野県喬木村
樹齢100年

山里を歩いていると、よく分教場跡というのがある。
学校と桜は付き物だが、分教場とシダレザクラというのは郷愁を誘う風景である。
かつて日本中にこういう風景があったに違いない。

去年の撮影から~西丸尾のシダレザクラ


西丸尾のシダレザクラ
長野県中川村
樹齢450年

中川村美里集落は、中央アルプスを望む美しい山里である。
狭い山道を進むと、やがて「小池家のシダレザクラ」として知られる名木が見えてくる。
個人宅にこれほどの桜があるというのは驚くべきことだ。
小池家は、桜見物の人を快く受け入れてくれる。
脇役のヤブツバキやミツバツツジも、桜の点景として手入れを怠らない。
有難いことである。

去年の撮影から~中曽根のエドヒガン


中曽根(なかぞね)のエドヒガン
長野県箕輪町
樹齢1000年

別名「中曽根の権現桜」
標高820mにあり、伊那谷では比較的開花が遅い。
名木が多い信州でも、素桜神社の神代桜(長野市)、長姫の安富桜(飯田市)とともに3大巨木と言われる。

去年の撮影から~湊・船魂社のシダレザクラ


湊・船魂社(ふなたましゃ)のシダレザクラ
長野県岡谷市

湊は諏訪湖の西岸にある集落である。
眼下に諏訪湖を望む風光明媚な場所だが、湖に山が間近に迫る急峻な地形は時に悲劇を産むことがある。
2006年7月19日、折からの集中豪雨に伴って発生した土石流は、この桜の後ろに見える中央道の下を通り、右手の杉林の向こう側を流れ下って多くの人家を飲み込みんだ。
船魂社もこれによって倒壊し、今は跡形もない。

樹齢110年のシダレザクラは土石流を食い止め、恐らく数軒の人家を救ったのだと思う。

去年の撮影から~葛窪のシダレザクラ


葛窪(くずくぼ)のシダレザクラ
長野県富士見町
樹齢200年

葛窪という場所は小淵沢から少し西に行ったところで、知られざる絶景の場所である。
伸びやかに開けた田園風景の向うに、富士山、甲斐駒、八ヶ岳が見える。

葛窪のシダレザクラとして知られる桜は、主幹は朽ちているため、大きな木ではない。
これは普通に撮っても面白くないと思った。
200年の間、甲斐駒と向き合ってきた雰囲気を表現して見たいと思った。

去年の撮影から~神田の大糸桜


神田(しんでん)の大糸桜
山梨県旧小淵沢町
樹齢400年

田園地帯の中に咲く孤高の1本桜。
こういう日当たりのいい場所に立っている桜は、上に伸びる必要がないため、存分に枝を張ることが出来る。
枝張りの大きさでは日本でも有数の桜だと思う。
日本で名木の桜を一本だけ選べと言われたら、迷うことなくこの木を選ぶ。

その風格と形の美しさのみならず、南に甲斐駒、北に八ヶ岳というロケーションの良さでも群を抜いている。
甲斐駒が雲に隠れてしまったため、桜の周囲をうろうろと歩き回り、八ヶ岳をバックにしたこのアングルが一番いい形だと思った。

中央線の長坂~小淵沢間の右手に見える。

去年の撮影から~福星寺のシダレザクラ


福星寺のシダレザクラ(千葉県四街道市)
樹齢360年

1613年、徳川家康は東金辺での鷹狩りを行った。
鷹狩りというのは鷹を使って小動物を捕らえるものだが、それは名目で、実際は軍事演習である。
この時の鷹狩りも、大久保忠隣の謀反を察知、相模から江戸に戻る口実に考えられたものである。
現在の船橋市から東金市まで、約37㎞にわたって伸びる東金御成街道はこの時に造られた。
家康は途中に立ち寄った金光院というお寺で見たシダレザクラを大層気に入ったらしい。
それから株分けされたとされる桜から、その子供の桜を見る。

去年の撮影から~清瀧院のシダレザクラ


清瀧院(せいりゅういん)のシダレザクラ
千葉県流山市
樹齢400年

流山七福神のひとつ、寿老人を祭っている。
七福神には別に福禄寿がいるが、中国では福・禄・寿とは3人の神様である。
寿が寿老人のことだとすると、七福神には重複があることになる。
なお、福は子孫に恵まれること。禄は財産に恵まれること。寿は寿命が長いこと。
このお寺は関東花の百ヶ寺のひとつにも選ばれている。場所はちょっとわかりにくい。

去年の撮影から~真鍋の桜


真鍋の桜(茨城県土浦市)
ソメイヨシノ 樹齢約100年
撮影 2008.4.4

短命のソメイヨシノと言っても、中には100年を越える寿命を保つものもある。
日本一長寿のソメイヨシノは弘前公園にあるが、樹齢は今年で127年になるそうだ。
真鍋小学校の、あまり広くはない校庭の真ん中に鎮座する5本のソメイヨシノの樹齢は、今年で102年になる。
1万人を越える子供たちを迎え、送り出してきた偉大な桜。

去年の撮影から~弘法寺の伏姫桜


弘法寺(ぐほうじ)の伏姫桜(千葉県市川市)
樹齢400年
撮影 2008.3.30

このお寺は、南総里美八犬伝に登場する里美義実が北条氏と戦った古戦場に近い。
そんなところから、里美義実の娘である伏姫に由来する名前が付けられたのかも知れない。
もちろん、里美義実は実在したが、伏姫は架空の人物である。

都心から15kmほどの距離にある。
恐らく大都会に一番近い古木の桜かも知れない。
この時は曇天だったので、今年、開花時期と天気が合えばもう一度撮影してみたいと思う。

去年の撮影から~般若院のシダレザクラ


桜の季節を前に、桜紀行をトップにしました。
去年の撮影をUPしながら、今年の撮影のプランを練りたいと思っています。


■般若院のシダレザクラ(茨城県龍ヶ崎市)
地元の桜で、毎年楽しみにしている桜である。
樹齢400年。
茨城県内では有数の名木で、最近は雑誌でも紹介されるようになって来た。
「旅写真」2009年3月号の特集『1本桜ベスト100』にも選ばれている。

・・・・・・

私は宴会系の花見には興味がなく、専ら上のような古木の1本桜を巡っている。
そういう人も最近は増えたようで、同じように撮影プランを練っていることだろう。
今年は4月の第2週になりそうだ。
ちょっと早いのだが、第3週には動けないので、第4週にもう1箇所廻ろうかと考えている。
必然的に第2週は南信から山梨方面、第4週は福島方面になるだろう。
その時期に満開になりそうな桜をピックアップして、天気予報と開花情報に一喜一憂することになるだろう。
愛好家は皆同じことをやっているはずだ。
問題は、名木として鑑賞に値するような桜をどのように選ぶかである。

■名木の条件
(1)風格があること
風格というのは抽象的な概念であるし、鑑賞する人の見方によっても変わる。
木が風格を持つためには、ある程度の年齢が必要だろう。
(2)ロケーションがいいこと
周りの風景や工作物の有無など、桜の責任ではない部分も多いが、やっぱり鑑賞する立場からすると、ロケーションのよさは欠かせない条件である。
(3)原則として1本であること
名のある桜も、1本ではなく、2本であることも多い。
ここで1本にこだわるのは、何百本という数量で勝負しないということである。
もちろん、数千本の規模で展開する名所を否定しているわけではない。
桜の名所を愛でるのではなく、桜そのものを愛でるという意味で1本桜にこだわるのである。
(4)出来れば1人で鑑賞したい
これはなかなか難しい相談である。
名木であれば見物人が集まるのは道理。
早朝に狙うのが常道だが、1日にたくさん廻る場合はそれも難しい。
一番混みそうな桜は最初に廻るというのが現実的な対応か。
あまり知られていない名木を探すのも楽しみのひとつ。

■名木の桜とはどんな桜か
今、日本中に植えられている桜のほとんどはソメイヨシノである。
これは江戸時代に、江戸の染井村(今の駒込駅があるあたり)の植木屋が、オオシマザクラとエドヒガンを交配させて作った園芸種である。
葉よりも先に花が咲く、というエドヒガンの特徴を受け継いで、とても華やかであるために人気がある。
ただし、長寿というエドヒガンの特徴は受け継がなかったようで、概ね60年程度の寿命とされている。
例外的に100年を越えるようなものもあるが、戦後各地に植えられた桜は現在高齢化を迎えており、今後10~20年ほどの間に多くが枯死の危機を迎えるだろう。
なお、ソメイヨシノは全てクローンであり、遺伝的に同じものである。
だから同じ地域の桜は一斉に咲くのである。

短命のソメイヨシノには、必然的に古木はなく、残念ながら名木と言えるものは少ない。(例外的に樹齢100年を越えるものも存在する)
一方エドヒガンと、その変種であるシダレザクラには長命のものが多く、樹齢1000年を越えるものもある。
従って名木の桜はほとんどエドヒガンとシダレザクラということになる。
ヤマザクラも長寿のものがあり、樹齢800年に達するものもある。

■名木の桜はどこにあるのだろうか。
もちろん日本中にあるのだが、地域的な偏りはある。
エドヒガンというのは割と寒冷な気候を好むようで、温暖な地方には少ない。
ただしあまりに寒冷な地方、また海岸の近くには少ない傾向がある。(海に最も近い名木は、神奈川県の「長興山のシダレザクラ」かも知れない)
またそのような桜は、墓地やお寺など、何百年にも渡る人間の生活と密接な関係があり、人間が大事に守って来たものであって、自然のまま残ってきたものではない。
文化的な存在であるとも言える。
だから、人跡未踏の山奥などには存在しない。
開発が盛んな都市部には存在しにくい。あってもすでに切られてしまっているだろう。

比較的寒冷な山間部で、古くからある集落というのが名木の桜がある場所のイメージである。
福島県と長野県に多いのは必然的に思える。
全国の名木のうち、1/4程度が両県に集まっているのではないか、とさえ思える。
次いで山形県、山梨県、岐阜県に多い。
関東で言うと、栃木県、群馬県は比較的多く、茨城県、埼玉県がそれに次ぐ。
残念ながら東京都、千葉県、神奈川県には少ない。
特に東京都23区内には、樹齢100年を越えるような桜は私の知る限り存在しない。
東京主部に最も近い名木は、千葉県市川市にある弘法寺の伏姫桜だと思う。
東京都では、八王子や青梅には少なからず存在する。
千葉県と神奈川県のうち、特に温暖な沿岸部は名木の桜については過疎地として知られている。
千葉県と神奈川県の名木は、私が把握しているものでそれぞれ10本程度だが、福島県三春周辺では歩いて廻れる範囲にそれ以上ある。
関東を全部合わせても福島、長野の1県に遠く及ばない。

私が地図上にプロットしている桜は、福島、長野両県にそれぞれ200本以上ある。
他の地域はまだデータが不十分だが、大雑把に見て山形、山梨、岐阜に各100本
岩手、宮城、栃木、群馬、奈良に各50本
その他の37都道府県に平均20本
と考えると、全国に1700本以上となる。
これは1人で見ることなど到底不可能な数字であり、逆に言うとこれから見る楽しみはいくらでもあるということである。

宮本の桜(長野県大町市)

宮本の桜(仮名)
長野県大町市宮本
2008.4.21

安曇野で桜巡りをするということは、墓地巡りをすることにほかならない。
今回の撮影も、ほぼ例外なく墓地の桜だった。
最後は、国宝仁科神明宮の近くで見つけた桜である。



高瀬川を渡る宮本橋は、なかなか美しい斜張橋である。
この景色を見たくて、ちょっと遠回りをした。
ここから小高い丘の上に、大きな桜が見えた。






左に3つのピークがある爺ヶ岳と、双耳峰の鹿島鑓ヶ岳を望む。

・・・・・・

今回も長々と見ていただき、ありがとうございました。
安曇野編は名のある桜が少ないので、タイトルに苦労しました。
無名の桜とは言うものの、人々の暮らしに根ざしたその佇まいに感動するとともに、そういう桜を守っていく人々の努力に共感を覚えました。

来年もまたどこかで撮影したい、そんな気持ちを抱きながら帰路につきました。

穂高町のシダレザクラ(長野県旧穂高町)



穂高町のシダレザクラ(仮名)
長野県旧穂高町
2008.4.21

牧地区から旧穂高町中心部に向かう。
県道沿いの墓地に大きなシダレザクラがあった。
1本に見えたが、2本の木が寄り添うように立っていた。

次回は一応、今回の旅の最後、宮本の桜

牧のシダレザクラ(長野県旧穂高町)




牧のシダレザクラ(無名)
長野県旧穂高町牧
2008.4.21

旧穂高町の牧地区。
ここにも、見ごたえのある桜が数多く存在する。
墓地に咲く、大きなシダレザクラの数々。
少し移動すると、公民館前にも大きなシダレザクラがあった。

次回は旧穂高町のシダレザクラ

柏原のシダレザクラ(長野県旧穂高町)


柏原のシダレザクラ(仮名)
長野県旧穂高町柏原
2008.4.21

常念岳は安曇野を象徴する山である。
前回の「豊科の大シダレ」もよかったのだが、送電線がちょっと邪魔だったので、常念岳をバックに咲くシダレザクラを探して見た。
柏原地区で見つけたこの桜は、小ぶりだがいかにも安曇野らしい風景を演出してくれた。

次回は牧地区に移る。

豊科の大シダレ(長野県旧豊科町)



豊科の大シダレ(仮名)
長野県旧豊科町本村
2008.4.21

旧堀金村から旧豊科町に向かう。
目指す桜は豊科駅のほど近くにある。

ここでちょっとしたトラブルがあった。
パンクである。
よく見ると内側が異常に片減りしていた。
高速道路なんぞでパンクしなくてよかった。
とりあえず道端に車を寄せて応急用タイヤに交換し、事無きを得た。

畑の中の墓地に咲くシダレザクラで、県道からよく見える。
旧豊科町の天然記念物で、名称は「大しだれざくら」
これも勝手に命名した。
残雪の常念岳をバックに、安曇野らしい光景だが、高圧線が惜しい。

次回は旧穂高町、柏原のシダレザクラ(仮名)

三田のシダレザクラ(長野県旧堀金村)

三田のシダレザクラ(無名)-2本
長野県旧堀金村三田
2008.4.21

田多井地区から豊科の方に向かう県道を挟んで、2本のシダレザクラがある。
地図を見ると三田という地名らしい。



北側にある桜
安曇野桜の例にもれず、これも墓地の桜。
形も樹勢もとてもいい。



これは道路を挟んだ反対側にある。
枝の向うに有明山と白馬連峰を入れてみた。

次回は豊科の大しだれ
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア