FC2ブログ

12/24 牛久沼

2017.12.24
茨城県牛久市
9:00~17:00
標識調査

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
オオバン
ユリカモメ
トビ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
シロハラ
ツグミ
スズメ
カワラヒワ
シメ
ホオジロ
アオジ
オオジュリン
以上25種

今シーズン2回目の標識調査。
ここでは冬鳥の数はかなり少ないようだ。
猛禽も飛ばず、トビ1羽が出ただけだった。


標識調査の結果
スズメ    10
アオジ     8(♂4、♀4)
モズ      2(♀2)
メジロ     2
シジュウカラ  2(♂1、♀1)
ウグイス    1(♀)
エナガ     1
ホオジロ    1(♀)
合計     27(8種)

数としてはまずまずだったが、こんなにスズメが多いのは珍しい。

11/25 牛久市内

2017.11.25
茨城県牛久市内
標識調査
9:00~16:00

ハイタカ
ノスリ
カワセミ C
アリスイ C
コゲラ
アカゲラ C
ハヤブサ
モズ
カケス C
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
シロハラ
ツグミ
ルリビタキ S
ジョウビタキ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
カシラダカ
アオジ
以上25種

標識調査の間に見た鳥。
カシラダカは今季初。
ルリビタキも今期初だが、何度か囀っていた。


標識調査の結果
モズ ♀1
シジュウカラ ♂2♀2
ウグイス ♂1♀5
ジョウビタキ ♀1
カシラダカ ♀1
アオジ ♂1♀2

以上6種16羽で、数は少なかった。
なぜか、♀と幼鳥が目立った。
狭い範囲だが、結構ウグイスの密度が高いのが印象的だった。
例年に比べると、ホオジロの仲間がまだ少ない。

8/27 稲敷、三番瀬、谷津干潟

2017.8.27
稲敷、三番線、谷津干潟
稲敷    7:45~ 9:20
三番瀬  10:50~12:30
谷津干潟 14:30~16:00

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アマサギ
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ
コサギ

ダイゼン■ 三
コチドリ 稲
メダイチドリ■ 三
ミヤコドリ■ 三
セイタカシギ 谷
オオソリハシシギ 三
アオアシシギ 谷
タカブシギ 稲
キアシシギ 三 谷
ソリハシシギ■ 稲 三
キョウジョシギ 三
オバシギ■ 三
トウネン 稲 三
オジロトウネン 稲
ヒバリシギ■ 稲
ウズラシギ■ 稲
ハマシギ 三
シギチ類 17種
 稲敷    7種
 三番瀬  10種
 谷津干潟  3種

ユリカモメ
ウミネコ
ミサゴ
トビ
カワセミ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ツバメ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
以上42種
■は今年初確認

この時期、稲敷方面でのシギチ探鳥会を行っているが、シギチが見られるところが減ってしまったので、三番瀬の探鳥会に変更することもある。
今回は一応稲敷方面を廻り、そのあと三番瀬~谷津干潟というルートにした。干潮が午後という理由もある。

稲敷では、前日エリマキシギが見られたあたりを集中的に観察。
今期初めてヒバリシギを観察出来たが、非常に観察しにくい蓮田だった。
そのあと別の場所に移動。ヒバリシギ4羽、ウズラシギ1羽、ソリハシシギ3羽を確認できた。
今年の稲敷ではまずまずの成果だったが、シギチ類は7種に留まった。
とりあえず、秋の渡り時期に茨城県南の淡水域で観察したシギチはこれで15種類になった。

三番瀬は潮が引き始めた時間帯で、それなりの数のバードウォッチャーがいた。
比較的多かったのはダイゼン、キアシシギ、トウネン、オバシギぐらいで、いつもの三番瀬に比べると低調だった。
ミヤコドリは観察しているうち徐々に増え、10数羽の群れになった。

最後は谷津干潟。
確認できたシギチ類はセイタカシギ、キアシシギ、アオアシシギだけで、過去最低。
全く鳥がおらず、観察しやすかったのがカワセミだけという異常な状態。どうなってしまったのだろうか。
一応、来週も三番瀬~谷津干潟の予定。潮廻りがいいので、もう少し何とかなるだろうか。

ここまで203種+2亜種+その他8種

8/20 牛久自然観察の森

2017.8.20
茨城県牛久市、牛久自然観察の森
定例探鳥会
8:00~10:00

キジバト
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ
トビ
カワセミ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
以上16種

気温はさほどではないが、非常に湿度が高い森だった。
森の中ではほとんど鳥が出なかったが、カワセミがいい場所に止まってくれたのがよかった。
田んぼに出て、サギ類を観察。ここでは珍しいトビも出て、何とか16種観察できた。

6/24 奥日光

2017.6.24 奥日光~茨城県内
3:00~16:30

キジバト
アオバト■ S
ジュウイチ■ S
ホトトギス S
ツツドリ S
カッコウ S
ヨタカ■ S
オオジシギ■
トビ
コゲラ
アカゲラ S
アオゲラ S
モズ
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
コガラ S
ヒガラ
シジュウカラ
ツバメ
イワツバメ
ウグイス S
メボソムシクイ S
エゾムシクイ S
センダイムシクイ S
ゴジュウカラ S
ミソサザイ S
クロツグミ■ S
アカハラ S
コマドリ S
ルリビタキ S
ノビタキ
キビタキ S
オオルリ
ニュウナイスズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
ビンズイ
ホオジロ
ホオアカ■
アオジ
以上42種

その他の場所
カルガモ
ゴイサギ
アオサギ
チュウサギ
コサギ
チョウゲンボウ
サンコウチョウ■
ヒバリ
ヒヨドリ
ヤブサメ S
メジロ
ムクドリ
スズメ

本日55種
■は今年初確認

今回は撮影よりも録音目的。
オオジシギのディスプレイ録音は、やっぱり朝3時ごろでないと無理で、今回は録音ができた。
オオジシギは日没後もディスプレイをするので、夕方を狙うという手もある。

戦場ヶ原ではアオジ、カッコウなどが中心。

金精峠付近では、オオルリ、コマドリ、エゾムシクイ、ジュウイチなどを録音した。

半月山ではビンズイ、ルリビタキなど。
ビンズイは戦場ヶ原でも囀っていた。

午後は茨城県内に移動し、サンコウチョウを探す。
なかなか見つからなかったが、最後にいい距離で観察は出来た。
咄嗟のことで録音も撮影もできなかった。

ここまで186種+2亜種+その他8種

6/18 牛久自然観察の森定例探鳥会

2017.6.18
茨城県牛久市 牛久自然観察の森
定例探鳥会
9:00~11:00

コジュケイ S
カルガモ
キジバト
アオサギ
チュウサギ
ホトトギス S
オオタカ
カワセミ
コゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス S
エナガ
オオヨシキリ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ S
以上26種

キビタキは少なくとも3個体はいるようだ。
至近距離で囀る個体がいて、最終的には姿も観察できた。
カワセミのいい場所で出てくれた。
オオタカは盛んに鳴いていたが、なかなか姿は見られなかった。

6/4 千葉県印旛沼、木更津市内、茨城県神栖市

2017.6.4
千葉県印旛沼、木更津市内、茨城県神栖市
8:00~16:00

キジ
カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
サンカノゴイ■
ヨシゴイ■
ゴイサギ
アマサギ
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ
クイナ■ S
バン 木更津
ホトトギス S
セイタカシギ■ 木更津
ソリハシセイタカシギ■ 木更津
ミサゴ 木更津
トビ
チュウヒ 神栖
チョウゲンボウ 神栖
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
オオセッカ■ 神栖
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
コジュリン■ 神栖
(モモイロペリカン)■
以上36+1種
■は今年初確認

例年通り印旛沼での探鳥会を行った。
サンカノゴイは田んぼの中を終始移動。今回は飛ばなかった。
ヨシゴイは結構多く見られた。

早めに撤収し、木更津市内でセイタカシギとソリハシセイタカシギを観察。

午後はオオセッカの観察に神栖。今年はここでの探鳥会を行わないので、この日見られてよかった。
オオセッカの個体数は多い印象。コヨシキリは確認できなかった。


ここまで179種+2亜種+その他8種

5/27~28 福島県内

2017.5.27~28
福島県、裏磐梯高原など

カルガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
キジバト
ゴイサギ
アオサギ
ダイサギ
ホトトギス
ツツドリ
カッコウ
ミサゴ
トビ
ノスリ
カワセミ
コゲラ
アカゲラ
アオゲラ
チョウゲンボウ
サンショウクイ
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒガラ
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
センダイムシクイ
メジロ
オオヨシキリ
アカハラ
キビタキ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
シメ
イカル
ホオジロ
ノジコ
アオジ
以上44種

猪苗代~喜多方~裏磐梯など
鳥見目的ではなかったが、それなりの種類は見られた。
天気が今ひとつだったので、鳥があまり鳴かなかったのが残念。

5/21 牛久自然観察の森

2017.5.21
茨城県牛久市、牛久自然観察の森
9:00~11:00
定例探鳥会

コジュケイ S
カルガモ
キジバト
カワウ
アオサギ
チュウサギ
ホトトギス■
コチドリ S
オオタカ
カワセミ C
コゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス S
エナガ
メジロ S
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
以上26種
■は今年初確認

真夏のような暑さの中、多くの参加者が来てくれた。
ホトトギスは今年の初認。
鳴きながら飛ぶ姿を一部の人は確認出来た。
キビタキはいるはずだったが、確認できなかった。

ここまで172種+2亜種+その他7種

5/14 奥日光

2017.5.14
奥日光
8:00~15:00

マガモ
カルガモ※
ホシハジロ
キンクロハジロ
キジバト
カワウ
オオバン
ツツドリ S
カッコウ■ S
オオジシギ※ S
ハチクマ■
トビ
ノスリ
コゲラ
アカゲラ
アオゲラ S
モズ C
カケス
ハシブトガラス
コガラ■
ヒガラ
シジュウカラ
ツバメ
イワツバメ
ウグイス
ヤブサメ S
エナガ
メボソムシクイ■ S
エゾムシクイ
センダイムシクイ
ゴジュウカラ■ S
キバシリ■
ミソサザイ
ムクドリ
カワガラス※
アカハラ
ツグミ
コルリ S
ノビタキ
コサメビタキ
キビタキ
オオルリ
ニュウナイスズメ■
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
ビンズイ
イカル S
アオジ
以上49種
■は今年初確認
※は未確認

鳥が見やすい時期を選んで、第2週に奥日光の探鳥会を行った。
4時半に龍ヶ崎を5人で出発。現地で2人と合流し、8時に湯元から歩き始め、戦場ヶ原を横断、14時に赤沼に到着して終了した。
そのあと半月山方面に行ったが、ガスがかかって何も見えなかった。
終日曇りだったが、時折青空も覗き、快適な探鳥会だった。
いろは坂を下りる頃には雨になったが、山内は降らなかったようだ。

時期的によかったようで、例年よりも鳥が多かった。
種類はともかくとして、キビタキ、ミソサザイ、エゾムシクイ、ニュウナイスズメなどの個体数が非常に多かった。
ミソサザイが至るところで営巣している様子を観察出来た。
久しぶりにキバシリを複数個体観察出来た。

日光市内で
ヒヨドリ

本日50種
ここまで171種+2亜種+その他7種

5/2~4 飛島など

2017.5.2~4
山形県飛島

2 15:30~17:30
3  4:30~18:30
4  4:30~15:00

カラスバト S
キジバト
オオハム
オオミズナギドリ■
ヒメウ
ウミウ
アオサギ
ツツドリ■ S
アマツバメ■
ハイイロヒレアシシギ■
ウミネコ
オオセグロカモメ
コアジサシ■
ウミスズメ
トビ
アオバズク■
アカゲラ C
ハヤブサ
サンショウクイ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
キクイタダキ
ヒガラ■
ヤマガラ
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
亜種チョウセンウグイス■
ヤブサメ S
ムジセッカ■
カラフトムジセッカ■
エゾムシクイ■ S
センダイムシクイ
メジロ
トラツグミ S
マミチャジナイ■
シロハラ
アカハラ
ツグミ
コマドリ■ S
オガワコマドリ■
ノゴマ■
コルリ■
ルリビタキ
ジョウビタキ
ノビタキ■
イソヒヨドリ
コサメビタキ■
キビタキ■
ムギマキ■
オオルリ■
スズメ
ハクセキレイ
ビンズイ
アトリ
カワラヒワ
シメ
イカル S
ホオジロ
シロハラホオジロ■
キマユホオジロ■
カシラダカ
アオジ
亜種シベリアアオジ■
クロジ■
以上65種+2亜種
■は今年初確認

3日間ともに快晴の飛島は、天気が穏やか過ぎたのか、観察種数は伸びず、過去最低クラスに留まった。
ただ、珍鳥クラスがそこそこに現れてくれたので、満足度は高い探鳥になった。
オガワコマドリは青味が薄い個体だったが、終始同じ場所で観察出来た。4日には見やすいお立ち台に上がってくれた。
カラフトムジセッカは草の中で見にくかったが、幸い撮影できた。
ムジセッカは4日に畑に表れ、少しだけ囀りを聞かせてくれた。
オオルリ、キビタキは少なかったが、4日に多く入ったようだ。
キマユホオジロも4日に数個体が入った。
航路上はほとんど鳥が出ず、閑散としていた、


山形県内各地

キジ S
カルガモ
カワウ
ダイサギ
オオタカ
ノスリ
アオゲラ S
チョウゲンボウ
モズ
ヒバリ
イワツバメ
ムクドリ
キセキレイ
ウソ S
(ドバト)


4日間で79種+2亜種+その他1種
ここまで161種+2亜種+その他7種

4/22~23 長野県内各地

2017.4.22~23
長野県内各地

キジ
カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
トビ
ノスリ
アカショウビン■ S 旧清内路村
コゲラ
アオゲラ■ 山ノ内町
サンショウクイ■ 山ノ内町
モズ
カケス
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ S
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
イワツバメ■ 山ノ内町
ヒヨドリ
ウグイス S
ヤブサメ S
エナガ
センダイムシクイ■ S 旧清内路村
メジロ
ミソサザイ S
ムクドリ
カワガラス■ 南木曽町
トラツグミ■ S 長野市
シロハラ
アカハラ S
ツグミ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
シメ
イカル S
ホオジロ
(ドバト)
以上43+1種
■は今年初確認

桜撮影の合間に観察したもの。
場所としては、北は北信の山ノ内町から南信の阿智村あたりまで、環境としては市街地から山奥まで幅広い。

ここまで129種+その他7種

4/16 牛久自然観察の森

2017.4.16
茨城県牛久市 牛久自然観察の森
9:00~11:00
定例探鳥会

キジ S
コジュケイ S
カルガモ
キジバト
アオサギ
オオタカ
サシバ■
カワセミ
コゲラ C
モズ
カケス C
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
ヤブサメ■ S
エナガ
メジロ
ツグミ
スズメ
カワラヒワ
シメ
ホオジロ C
アオジ C
以上26種

気温が急上昇した探鳥会。
狙い通りサシバが出たのはよかった。
ヤブサメらしき声。ここで確認したのは初。虫の可能性も考えたが、一応ヤブサメらしいということで。
反面、ツバメ、ヒバリ、セキレイ類などが現れなかった。


その他の場所で
チョウゲンボウ
ツバメ
キセキレイ
ビンズイ
マヒワ■
(ガビチョウ■ S)

本日31種+1種
ここまで122種+その他7種

4/2 渡良瀬遊水池など

2017.4.2
渡良瀬遊水池、多々良沼など
9:00~15:30

キジ
コブハクチョウ
ヒドリガモ
マガモ
カルガモ
ハシビロガモ
コガモ
カイツブリ
カンムリカイツブリ
シラコバト■
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
オオバン
コチドリ
ツルシギ■
トウネン■
オジロトウネン■
トビ
ノスリ
トラフズク■
コゲラ C
モズ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ C
カワラヒワ
ベニマシコ C
シメ
ホオジロ
アオジ
(ドバト)
(カオジロガビチョウ)■
以上45+2種

渡良瀬方面での探鳥会。今日は7人の参加。
渡良瀬に行く前に、某所でシラコバトを探すことにした。
30分ほどの観察で、少なくとも2羽が確認出来た。恐らく番いと思われる。

渡良瀬ではさほどの種類は出なかったが、気温も上がり、穏やかな天気の中でのんびりと自然観察を楽しんだ。

昼食後、シギチを期待して多々良沼に行く。
距離はあったが、ツルシギやオジロトウネンなどを観察することが出来た。

圏央道の開通で、この方面に行きやすくなったのを実感した。
ここまで118種+その他6種

3/20 牛久沼

2017.3.20
茨城県、牛久沼
8:00~17:30

コブハクチョウ
ヒドリガモ
アメリカヒドリ(雑種)
マガモ
カルガモ
カイツブリ C
キジバト
カワウ
アオサギ
コサギ
オオバン
ユリカモメ
セグロカモメ
トビ
オオタカ
ノスリ
カワセミ C
コゲラ C
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリ
ウグイス S
エナガ C
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ジョウビタキ ♀
スズメ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ベニマシコ
ホオジロ
アオジ
(ガチョウ類)
以上35種

今日は標識調査を行った。
その前後、牛久沼での観察。
牛久沼のカモ類はヒドリガモばかりになっていたが、ここで初めてアメリカヒドリの雑種を観察した。
ホオジロ、アオジなどはそこそこ見られたが、メジロやカシラダカが見られなかった。
今シーズンの標識調査はこれで終了。


標識調査の結果
 スズメ 1(性別不明)
 アオジ 4(♂1 ♀3)
 ホオジロ 5(♂1 ♀4)
 ジョウビタキ ♀1
合計4種11羽

3/19 牛久自然観察の森

2017.3.19
茨城県牛久市牛久自然観察の森
定例探鳥会
9:00~11:00

キジ ♀
コジュケイ S
キジバト
カワウ
オオタカ S
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
キクイタダキ
シジュウカラ
ヒバリ
ヒヨドリ
ウグイス S
エナガ
メジロ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ルリビタキ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ C
ビンズイ
タヒバリ
カワラヒワ
ベニマシコ
シメ
ホオジロ
アオジ
以上31種

気温も上がり、快適な探鳥会だった。
今シーズン、観察種は少ない傾向だったが、ようやく30種を超えることが出来た。
今日はルリビタキとベニマシコがよかったと思う。
残念ながら猛禽類は飛ばなかった。
田んぼの方にもサギ類はいなっかたのがかえって珍しい。

3/11 山梨県内

2017.3.11
山梨県内

カルガモ
キジバト
アオサギ
オオバン
トビ
コゲラ
オナガ■
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
シメ
イカル■
ホオジロ
以上23種
■は今年初確認

オナガは地元にもいるのだが、今年はまだ見ていなかった。
イカルは50羽ほどの群れを見た。シメが混じった群れ。
こういうのは地元ではあまり見ない。

ここまで110種+その他5種

3/5 銚子~波崎

2017.3.5
千葉県銚子市~茨城県旧波崎町
9:00~15:00

オカヨシガモ
ハシビロガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
スズガモ
クロガモ
ウミアイサ
カイツブリ
カンムリカイツブリ
アカエリカイツブリ
ミミカイツブリ
ハジロカイツブリ
キジバト
オオハム
ヒメウ
カワウ
ウミウ
アオサギ
オオバン
イソシギ
ミツユビカモメ■
ユリカモメ
ウミネコ
カモメ
ワシカモメ
シロカモメ
カナダカモメ
セグロカモメ
オオセグロカモメ
亜種タイミルセグロカモメ
ウミスズメ
ミサゴ
トビ
ノスリ
コゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
ヒヨドリ
ムクドリ
アカハラ
ツグミ
イソヒヨドリ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
(ドバト)
以上46+1種
■は今年初確認

恒例の銚子探鳥会。
今シーズン見られなかったミツユビカモメが群れで入ったようで、10羽を超える個体が見られた。
カモメ類は多くはなかったが、よく見るカナダが現れてくれた。
ワシカモメがかなり多くなっている印象。
カモ類はそれなりだったが、ウミアイサ、アカエリカイツブリ、オオハムが今シーズンは多い。


途中で
マガモ
カルガモ
コガモ
ダイサギ
タゲリ
チュウヒ
チョウゲンボウ
モズ

本日54+1種
ここまで108種+その他5種

3/4 牛久市内

2017.3.4
茨城県牛久市内
9:00~17:00

コジュケイ S
キジバト
アオサギ
トビ
オオタカ S
ノスリ
アリスイ ■
コゲラ
アカゲラ C
モズ
カケス C
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ C
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ C
メジロ
シロハラ
ツグミ
ルリビタキ C
ジョウビタキ
カワラヒワ
ホオジロ
カシラダカ ■
アオジ
以上27種
■は今年初確認

標識調査の合間に見たもの。
今年はカシラダカを見る機会がなく、今年の初認。
アリスイが標識出来た。5年ぶりの記録。

標識調査の結果
アオジ 6(♂2♀4)
ウグイス 3(♀3)
カシラダカ 3(♂3)
アリスイ 1
ジョウビタキ 1(♂1)
メジロ 1
ツグミ 1
以上7種16羽

2/19 牛久自然観察の森

2017.2.19
茨城県牛久市牛久自然観察の森
定例探鳥会
9:00~11:00

キジバト
カワウ
アオサギ
トビ
ノスリ
コゲラ
モズ
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
シロハラ
ツグミ
ジョウビタキ
カワラヒワ
シメ
アオジ
(ドバト)
以上21+1種

2月の定例探鳥会。
鳥の姿は少なく、この時期としては21種類と少なかった。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア