FC2ブログ

白樺峠、タカの渡り

撮影 2018.9.23
長野県、白樺峠

今年もこの季節がやって来た。
白樺峠でのタカの渡り観察である。


この週は、火曜日から水曜日に大出現があり、木曜日から金曜日が雨。
前日の土曜日は、午前中雨で午後から晴れたため、それなりの数が渡ったようだ。
この日曜日は好天が予想されていて、間違いなく多くのタカが渡るはずだ。
当然、皆考えていることは同じなので、相当の混雑が予想される。
それでなくても9月後半の3連休の中日で、例年一番混雑するシチュエーションである。
駐車場所の確保も含め、早朝に行くのは場所取りの意味が大きい。

観察場所には山道を20分ほど歩く。
到着は5時55分ごろ。



ちょうど右手の山の端から日が昇る。
すでに多くの観察者がスタンバイしている。

経験則から、タカが飛び始めるのは8時ごろ。本格的には9時から10時過ぎの可能性が高い。
今日は絶対に当たりだという確信はあったが、ここでは23日には飛ばないというジンクスがある。
ただここ数年、日曜日が当たりというジンクスもあり、どちらのジンクスが勝つかも面白いところだ。

6時28分
前方に1羽上がったが、ほどなく降りてしまった。種類は不明。最初の1羽だが、渡りではなかったかも知れない。
意外と早いかなと思ったが、そのあと
 7時台 0羽
 8時台 1羽
 9時台 2羽
10時台 0羽
と思わぬ展開。意外に気温が上がらず、上昇気流が起きないのか、あるいは風向きが悪いのか。
単発的に現れても、低いところを流れて行く。




10時ごろの様子。さすがにこれだけの人数は見たことがない。




11時36分
この日最初のハチクマは、大韓航空のA380と一緒に現れた。
これを含めて、11時台は8羽と、若干増えては来た。


浅川大池での観察で、600~800羽が通過したという情報が入る。これが通過するとすれば1時過ぎの可能性が高い。
こういうアナウンスがあるのは珍しいが、この日これだけの観察者が集まったにもかかわらず、一向にタカが飛ばないので、気を利かして情報を入れてくれたに違いない。

12時を過ぎても、サシバやノスリが単発的に出るだけだ。
12時半過ぎには、帰るグループも現れた。帰りの都合もあるだろうからこれは致し方ないところもある。
これも経験則だが、ここでは1時以降に大きな群れが出現することが多いので、自分たちはどちらにしても3時までは粘ることにはしていた。




12時46分に飛んだハチクマが、この日18羽目(最初の1羽を除くと17羽目)のタカ。
低く飛ぶため、こういう角度で撮影できたのはよかった。


このあと12時48分に小規模のタカ柱が立ち、20分ほどの間に絶え間なく数百羽が渡った。
そのあとも切れ間はあるものの、見ごたえのある渡りが続く。
1時間半ほど経ち、渡りもまばらになったため、2時半ごろに撤収した。
観察した数はカウントしていないが、600~700ぐらいかなと思う。
結果的には大満足の観察だった。狙い通りではあるが、こんな極端な出方は初めてである。

12時48分の直前に帰ってしまったグループには気の毒というしかないが、これも時の運で仕方がない。

9/16 牛久自然観察の森定例探鳥会

2018.9.16
茨城県牛久市 牛久自然観察の森
9:00~11:00
定例探鳥会

キジバト
チュウサギ
ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
キビタキ
スズメ
ハクセキレイ
以上16種

例年、9月は種類が少ないのだが、やっぱり20種類は無理のようだ。
前半はエゴの木と森を行ったり来たりするヤマガラが楽しませてくれた。

休憩場所で上空をノスリが飛んだ。

例年よりも早く、渡りのキビタキがやって来たようで、♂成鳥1羽と♀タウプ1羽が観察出来た。
♂は今季初とのことだったが、数人しか見られなかったのは残念だった。

発地にて

撮影 2018.4.22
長野県軽井沢町発地



野鳥の森での観察のあと、発地で草原の鳥を狙う。
リゾート地軽井沢とは一味違う雰囲気の軽井沢。




のんびり囀るホオアカ







上空ではノスリのバトルが。

3/5 銚子、波崎

2018.3.4
千葉県銚子市、茨城県旧波町
9:00~16:00(途中を含む)

キジ
オカヨシガモ
ヒドリガモ
カルガモ
コガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
スズガモ
クロガモ■
コオリガモ■
ウミアイサ
アカエリカイツブリ
カンムリカイツブリ
ミミカイツブリ■
ハジロカイツブリ
キジバト
ヒメウ
カワウ
ウミウ
アオサギ
ダイサギ
クロサギ■
オオバン
ミツユビカモメ
ユリカモメ
ウミネコ
カモメ
シロカモメ
ワシカモメ
カナダカモメ■
セグロカモメ
オオセグロカモメ
亜種タイミルセグロカモメ
ミサゴ
トビ
チュウヒ
ノスリ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
ヒヨドリ
ムクドリ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
以上46種
■は今年初確認

恒例の銚子探鳥会。5人参加。
前日に続いて気温が上がり、快適な探鳥会だったが、南寄りの風が強く、カモメ類の数は少なかった。
数日前に外洋が荒れたせいか、いたるところでミツユビカモメが見られた。20個体以上確認したと思う。
カナダカモメは、成鳥1羽と第1回らしき個体が1羽。第2回らしい個体がいたが、飛んでしまった。
カモ類も少なかったが、先日来確認されているコオリガモ♂1羽を、比較的近い距離で観察できた。

ここまで104種+その他4種

2/24 牛久沼

2018.2.24
茨城県牛久市
9:00~17:00

マガモ
カルガモ
キジバト
カワウ
アオサギ
オオバン
ユリカモメ
トビ
ノスリ
コゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
エナガ
ムクドリ
アカハラ
ツグミ
ルリビタキ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
タヒバリ
ベニマシコ■
ホオジロ
カシラダカ■
アオジ
オオジュリン■
以上29種

今シーズン4回目の標識調査。
暖かい一日だったが、南寄りの風がやや強かった。
ホオジロ類は相変わらず少ない。
いつもは多いウグイスやメジロが見られなかった。
上空にはトビとノスリが舞っていたが、オオタカは現れなかった。

標識調査の結果
コゲラ ♂1
シジュウカラ ♂3♀2
エナガ 不明5
ツグミ ♀1 不明1
ルリビタキ ♀1
ジョウビタキ ♀1
スズメ 不明5
ベニマシコ ♂1
ホオジロ ♂1
カシラダカ ♀1
アオジ ♂1♀3
オオジュリン ♀4
以上12種31羽

総数の割には種類が多かった。
コゲラを標識調査で確認したのは、個人的には初めて。
ベニマシコ、カシラダカ、オオジュリンは、これが今年の初認。

ここまで99種+その他4種

2/18 牛久自然観察の森

2018.2.18
茨城県牛久市、牛久自然観察の森
9:00~11:00
定例探鳥会

キジ
コジュケイ S
キジバト
オオタカ
ノスリ
コゲラ
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス C
エナガ C
メジロ
シロハラ
ツグミ
ルリビタキ
スズメ
タヒバリ
カワラヒワ
マヒワ
シメ
アオジ
(ドバト)
以上25+1種

冬の探鳥会としては少なかったが、猛禽類がよく出現し、愛想の良いルリビタキが見られたのがよかった。
マヒワは先月に続いて観察出来た。7羽ほどの群れ。
相変わらずホオジロ類が少ない。昨シーズンからの傾向のようだ。

2/12 銚子、波崎

2018.2.12
千葉県銚子市、茨城県旧波崎町、河内町など

オカヨシガモ
ヒドリガモ
カルガモ
ハシビロガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
スズガモ
アカエリカイツブリ
カンムリカイツブリ
ハジロカイツブリ■
キジバト
ヒメウ■
ウミウ
アオサギ
ダイサギ
オオバン
タゲリ
タシギ
ミツユビカモメ■
ユリカモメ
ウミネコ
カモメ
ワシカモメ■
シロカモメ■
セグロカモメ
オオセグロカモメ
亜種タイミルセグロカモメ■
トビ
チョウゲンボウ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
ムクドリ
ツグミ
イソヒヨドリ■
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
以上39種
■は今年初確認

今年はなかなか機会がなく、初めての銚子だったが、強風で厳しい探鳥だった。
全体的に大型カモメが少なく、カモメやユリカモメがいつもより多い印象だった。

ここまで95種+その他4種

2/4 武蔵丘陵森林公園

2018.2.4
埼玉県滑川町 武蔵丘陵森林公園
9:30~15:00

ヒドリガモ
マガモ
カルガモ
トモエガモ■
コガモ
ホシハジロ
カイツブリ※
キジバト
カワウ
トビ
ノスリ※
コゲラ
アオゲラ■
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
シロハラ
ツグミ
ルリビタキ
ジョウビタキ
ハクセキレイ
アトリ■
カワラヒワ
マヒワ※
シメ
ホオジロ
アオジ
(ガビチョウ)
以上33+1種
■は今年初確認

今回初めて武蔵丘陵森林公園での探鳥会を行った。9人参加。
初めての場所で、余りにも広いせいもあって、ポイントがなかなか絞り込めなかった。
鳥の種類は少なく、33種類に留まった。

ここまで88種+その他4種

1/27 牛久市内

2018.1.27
茨城県牛久市
標識調査

先日の大雪で葦が倒れてしまったので、思うような調査は出来なかった。
天気はいいが風も強く、鳥の動きも少なかった。

標識調査の結果
 ウグイス 4(♂3 ♀1)
 メジロ 5
 アオジ 1(♀)
 カワセミ 1(♀)
合計11羽

1/21 牛久自然観察の森

2018.1.21
茨城県牛久市牛久自然観察の森

野鳥調査
7:00~8:10

キジバト
ダイサギ
コゲラ
チョウゲンボウ■
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス C
メジロ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ジョウビタキ■ ♂
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
タヒバリ
カワラヒワ
シメ
ホオジロ
アオジ
以上24種

森の中はヤマガラやシジュウカラが多かったが、全体的には少なかった。
ジョウビタキは、今更だが今年初。
田んぼの方では、スズメやカワラヒワの群れが多かった。


定例探鳥会
9:00~11:00

コジュケイ S
キジバト
カワウ※
トビ
ハイタカ
オオタカ■
ノスリ
コゲラ
モズ
カケス■
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒバリ※
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ルリビタキ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
ビンズイ
タヒバリ
マヒワ■
カワラヒワ
シメ
ホオジロ
アオジ
以上32種
■は今年初確認

定例探鳥会では、久々にマヒワの群れが観察出来た。12羽ほど。
そのほかヤマガラが楽しませてくれた。
猛禽類もよく見られ、ハイタカがオオタカを攻撃したり、ハシブトガラスがノスリを攻撃したりするシーンが観察出来た。
カモ類、サギ類が見られなかった中で、32種類は上出来だった。

本日35種

ここまで79種+その他3種

1/20 河内~稲敷

2018.1.20
茨城県河内町~稲敷市

ハシビロガモ
ホシハジロ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
コサギ
オオバン
タゲリ
タシギ
オオハシシギ■
クサシギ■
タカブシギ■
ユリカモメ
トビ
ハイイロチュウヒ■ ♂
ノスリ
コミミズク■
カワセミ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ C
ウグイス C
ムクドリ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
タヒバリ
カワラヒワ■
以上32種
■は今年初確認

今シーズン初めて、シギチ探し中心に探鳥を行った。
越冬シギチは
 タカブシギ 1
 クサシギ 2
 オオハシシギ 10
 タシギ 2
 タゲリ いくつかの群れ
で、久しぶりにオオハシシギの群れを見られたのが収穫だった。

帰りに多くのカメラマンで賑わうポイントに。
集団に入りたくないので、反対側から見ているとコミミズクが飛び、近くからハイイロチュウヒ♂1羽が飛び立った。
曇天で暗いので、写真はうまく撮れなかったが、まずは面白い鳥見が出来た。

ここまで73種+その他3種

1/7 赤塚公園~洞峰公園

2018.1.7
茨城県つくば市赤塚公園~洞峰公園
9:00~12:00

コジュケイ■ S 
ヒドリガモ
カルガモ■
オナガガモ
コガモ
ホシハジロ
キジバト
アオサギ
コサギ
カワセミ※
コゲラ
アカゲラ■ C
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ■
シジュウカラ■
ヒヨドリ
ウグイス C
エナガ■
メジロ
ムクドリ※
シロハラ■
ツグミ
ルリビタキ■
ジョウビタキ※
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ■
ビンズイ■
シメ
アオジ■
(バリケン)■
以上32種+その他1種
■は今年初確認
※は未確認

今年初の探鳥会。8人参加であとから3人が合流。
例年に比べると鳥は少ない。
ここでよく見られるビンズイも、初めに2羽を観察しただけだった。
ホオジロ類も少なく、アオジだけ。
アトリ類もシメだけに留まった。
洞峰池のカモも、変わったものはいなかった。
コガモが例年よりも多く集まっていた。

ここまで41種+その他2種

9月24日、白樺峠

9月24日(日)
早朝、腕時計が見当たらずあたふたしたが、結局車の中にあり、一件落着。

5時50分ごろ、白樺峠の駐車場に到着。
今日は絶対に良さそうという予感は誰にでもあるのだろう。すでにかなりの車が停まっている。
荷物を準備し、息を切らしながら坂を上り、6時25分から観察開始。
とりあえずは何も現れず、朝食を取りながらのんびりと過ごす。
去年の大出現の日も、8時ごろまでは静かだった。




奈川渡ダムあたりは雲海の下。
前方の視界は開けないが、そのうち晴れるだろう。


7時30分 最初はホシガラス1羽
7時53分 ホシガラスが2羽


この日はホシガラスが多く、最終的に20羽以上観察した。




7時56分 この日初めてのタカ。
前方に5羽のサシバが小さな柱を作り、旋回しながら上昇して流れて行った。
ここで見られる典型的な渡りの様子。

午前中は単独か小さな群れがポツリポツリと出る。
全てのタカを一応撮影出来るような出方で、こういう出方も面白いと思った。
昼までに自分がカウントしたのは134羽。
ノスリが少なく、比較的ツミが多い気がした。
ここではあまり見ないミサゴも1羽確認出来た。




12時を過ぎると次々と飛び始め、10~20羽前後の柱が立つようになった。
13時までに、合計419羽をカウントした。




13時過ぎから20分間ほど、物凄い数のタカが右からも左からも湧き上がって来て、カウント不能になった。
13時30分ごろには一段落し、14時までの30分間には14羽を数えただけになった。




14時に撤収を決めたが、観察場所をあとにすると突如大きな柱が立ち、15分ほどで100羽以上のタカが川のように流れて行った。

14時15分撤収
約8時間の観察で、一応462羽をカウントしたが、カウント不能の時間帯が2回あったので、その数字に意味はない。
実際に見たのは1000羽ぐらいか、とアバウトに考えた。




白樺峠からは、前方に「1のピーク」「2のピーク」「台形」「鉄塔」などと名付けられた目印があり、誰かがタカを見つけると、「1のピークの左」「2のピークの下」「鉄塔の上」などと声を上げる。
「1のピーク」「2のピーク」は奈川渡ダム湖の向こう側にある山で、地形図を見ると観察地からは6kmほどの距離にある。
特徴的な送電線の「鉄塔」は5.5kmほどの距離になるようだ。
多くのタカはその周辺から湧き上がって来る。




もっと手前の谷、つまり奈川渡ダムのこちら側から不意に上昇して来るタカもいる。そういう場合はタカの上面が見えるチャンスである。
低い位置のまま右に(奈川方面に)流れて行ってしまうタカも多く、後ろの方からは見えない場合も多い。
自分のカウントと公式のカウントが大きく違うのは、もちろん能力のせいもあるが、時間帯と場所取りが左右するのである。

5~6km先で上昇したタカがそのあたりで上昇気流を捉え、旋回しながら高く上がり、そこから少しずつ流れてくる。大きなタカ柱になると、縦に大きな渦状になり、最高点からさながら川のように流れて来る。白樺峠での観察の醍醐味と言えるだろう。

正面に出来たタカ柱から、真上を通るか、左に流れるか、右に流れるかはその日の気流の状態によっても変わる。
高さもまちまちで、虹彩が見えるほど低く飛ぶことも、肉眼では探せないほど高く飛ぶこともある。

左の木立に遮られていた個体が不意に飛び出して来てあわてることもある。
気が付くと真上にいることもある。
右に流れて行ったタカが後方で別の上昇気流を見つけ、またタカ柱を作ることも多い。
この場所からだと太陽に重なり、観察しにくいのが難点だが、美しい光景である。




まっすぐ流れて来たタカが、真上で旋回することがある。
その時、下面に陽が当たってキラリと輝く。最も感動的な場面である。
タカが別れを惜しむようにも感じられる。「また来年おいで」と心の中でつぶやく。
空一面に広がるタカの群れ(は少し大げさだが)に出会うと、最終的にはただぼんやりと眺めていたくなった。


白樺峠の渡りの様子はさまざまだが、この日は特にバラエティに富む渡りが楽しめた。
去年もそうだったが、こういう日が日曜日に当たってくれたことにただ感謝。神様って本当にいるんじゃないかと思わせてくれる一日だった。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア