FC2ブログ

アオアシシギ@茨城

アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2020.9.6~7 茨城県
DSC01579-002_R.jpg

DSC01268-001_R.jpg
ボチボチと蓮田でのシギチ探し。
アオアシシギの幼鳥2羽を見つけたが、結構久しぶりのような気がする。

DSC01706-001_R.jpg
右端はタカブシギ
タカブはあちこちで見かけるようになった。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アオアシシギ@稲敷


アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2017.8.14 茨城県

アオアシシギ成鳥夏羽が1羽。
雨であることは写真からもわかる。
雨続きの、異例の盆休み。

アオアシシギ@谷津干潟



アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2016.8.28 千葉県習志野市

谷津干潟は満潮に向かう時間帯で、シギたちはわずかに残った陸地附近に集まっていたが、数としてはごく少なかった。

アオアシシギは2羽。
何とこれが今年の初認。
地元でのシギチの少なさを象徴している。

アオアシシギ@稲敷



アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2014.4.20 茨城県

春のシギチの渡りでは、まずムナグロから始まって、キアシシギ、チュウシャクシギ、キョウジョシギと来てアオアシシギが来るというのが何となくの印象。

この日、ちょっと見にくい位置にクサシギ1羽とアオアシシギ3羽がいたが、アオアシシギが突然飛び、その方向を探して見ると、何とか確認することが出来た。
アオアシシギを見た時期としてはかなり早いと思う。

アオアシシギ@茨城

アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2013.8.25 茨城県

この少し水深がある休耕田に、前回2羽のアオアシシギが入っていた。
その後3羽になり、この日4羽になった。
同じ2羽に、1羽、2羽と順次増えたものだろうと考えていたが、換羽の状態を見るとそう単純ではない。
1羽ずつ増えたと見えたのは偶然で、色々な個体が入れ替わり入っているのかも知れない。



8月17日のアオアシシギ
摩耗した成鳥夏羽と思われる。




8月24日の3羽
第1回冬羽に換羽中と思われる。
17日の個体とは違うように見える。




8月25日には4羽になったが、撮影できなかったので鳥見仲間のSさんに写真をいただいた。
右の個体は成鳥冬羽と言っていいかと思われる。

アオアシシギ@茨城



アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2013.8.17 茨城県

数少ない、水を張った休耕田に、2羽のアオアシシギが入っていた。
かなり水深があるので、足が長いシギに向いた場所。
ツルシギやオグロシギが入ってくれると嬉しい。

アオアシシギ@茨城



アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2012.8.12 茨城県

一昨年よりも去年、去年よりも今年と休耕田が少なくなり、シギチもほとんど入っていません。
ようやく入ったアオアシシギが3羽。キアシシギ1羽とともに観察出来ました。
これから色々な種類が入ってくれれば、と思いますが、どうでしょうか。

アオアシシギ@茨城


アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2011.8.12 茨城県

比較的水深のある休耕田が今年も数箇所ありますが、なかなか鳥がやって来ません。
今期初めてコアオアシシギが1羽入りました。
アオアシシギも3羽ほど。
撮影する間もなく、オオタカが襲って来て、シギたちは逃げてしまいました。

草むらに隠れて上空を警戒するアオアシシギ。

アオアシシギ@茨城県






アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2010.9.11 茨城県

シギの基本種の中では比較的大型の鳥なので、他の鳥と並ぶと目立ってわかりやすい鳥です。
このあたりでは、春よりも秋の渡りに多く飛来します。
ここに来てまた増えてきた感じがします。

ここに載せた5羽は全て別の場所で撮影した別個体です。
いずれも幼羽と思われますが、第1回冬羽への換羽状況には個体差があります。

アオアシシギ@谷津干潟


アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2009.8.9 千葉県習志野市谷津干潟

アオアシシギはやや大型のシギの基本種です。
淡水域に多く、休耕田でよく見られます。
今年の休耕田は、数は少ないながら小群がちらほら見られます。

この日の谷津干潟に1羽だけ見られたアオアシシギ。
セイタカシギの小群の中にいました。

アオアシシギ@河内


アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 2008.8.2 茨城県河内町

そろそろ茨城の休耕田ではシギチの渡りが見られるシーズンですが、今期はまだ低調のようです。
今日、かなり広い範囲を見てまわりましたが、シギチがいたのは2箇所だけ。
これから増えてくるとは思いますが、明日探鳥会を予定しているので、ちょっとやきもきしています。

アオアシシギはシギの基本種のひとつ。
中型で、長い嘴がやや反っているのが特徴。
アオアシとは言うものの、色はあまり当てにしないのが無難です。

記録を点検して見たら、これが今年の初確認でした。
意外と見ていないものだということがわかりました。
今年はサシバも見ていません。
サシバがいるような環境を歩いていないのだなということを実感しますが、私のフィールドにサシバが少なくなっていることは確かだと思います。

アオアシシギ


アオアシシギ
チドリ目シギ科
体長35cm
撮影 千葉県習志野市谷津干潟

ちょっと前の写真です。
アオアシシギはキアシシギ、タカブシギと並んで、シギの基本です。
アオアシとは言うものの、ややグリーンがかっている程度。
英語ではグリーンシャンクと言います。
足は見えないことも多く、顔つきとかシルエットで判断することが必要になります。
嘴が少し反っているのが特徴。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア