FC2ブログ

ツルシギ@稲敷

ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2020.1.11 茨城県

J33A8987-001_R.jpg
J33A8920-001_R.jpg
J33A8891-001_R.jpg

春秋の渡り時期には少数が見られるが、越冬個体は珍しい。
自分の記録では、群馬県の多々良沼あたりで何度か見ているが、地元では初めてのように思う。
11日はオオハシシギと、12日はタゲリと一緒にいた。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ツルシギ@稲敷

ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2019.10.19 茨城県

J33A9021-001_R.jpg
ツルシギは今年初の確認のようだ。

J33A9176-001_R.jpg
ツルシギは足が長いので、水深があるところによく入る。
これはまるで泳いでいるように見える。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ツルシギ@稲敷



ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2018.9.29 茨城県

シギチの渡りは依然として低調だが、今日は
 ツルシギ
 オジロトウネン
 コアオアシシギ
 クサシギ
 タカブシギ
 セイタカシギ
が見られた。
30日は大荒れの一日になりそうだが、大きな被害にならなければ良いが。

写真はツルシギの幼鳥2羽。
シギの中でもスタイル抜群の鳥だ。

ツルシギ@茨城





ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2015.10.10 茨城県

ツルシギの幼鳥6羽の群れが見られた。
春の渡りには成鳥5~6羽の群れがよく観察されるが、秋の幼鳥は単独の場合が多く、6羽の群れは珍しい。

ツルシギ@茨城



ツルシギ(幼鳥)
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2015.9.15 茨城県

8月29日と30日に観察して以来見られなかったが、9月15日に少し離れた場所で確認できた。
同じ個体かどうかはわからないが、どちらも奇麗な幼鳥である。

過去の記録を見ると、面白いことに2012年から3年間、全く同じ9月14日にこの地域で幼鳥の初認の記録があった。
それは偶然だが、大体9月中旬に幼鳥が通過するという傾向はうかがえる。

ツルシギ@茨城






ツルシギ(幼鳥)
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2015.8.30 茨城県

ツルシギは春の渡りに必ず見られていたが、今年は確認できなかった。
秋の渡りには幼鳥が立ち寄るが、それは約束通り確認できた。

ツルシギ@茨城




ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2014.10.19 茨城県

ツルシギは内陸性のシギで、蓮田を好む傾向がある。
茨城県南の蓮田では、4月ごろ成鳥の小群が飛来し、5月まで滞在して夏羽に換羽した姿が見られることが多い。
秋の渡りには幼鳥が飛来するが、大抵単独である。
飛来時期は比較的遅く、9月中旬ごろから10月、時には11月まで見られることもあるが、ここで越冬を確認したことはない。
以前、冬の多々良沼(群馬県)で越冬個体を見たことがある。

よく似たアカアシシギだが、春の渡りにはあまり見ることがなく、秋の渡りに小数が飛来するほか、最近は越冬個体も観察される。
アカアシシギとツルシギでは、どちらが珍しいかはよくわからないが、このあたりではツルシギの方が見る機会が多い。

同じ蓮田にツルシギとアカアシシギが同時に入ることがある。この日もそうだったが、これなどは結構珍しいと思う。

(背景に見えるのはハマシギ)

ツルシギ@稲敷



ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2014.4.26 茨城県

毎年この時期、ツルシギがやって来る。
今日のところは5羽の小群。
早くもほぼ夏羽に換羽中の個体が見られた。

ツルシギ@茨城


ツルシギ(幼鳥)
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2013.9.16 茨城県

午後3時過ぎ、台風による風雨も収まったので、いつものシギチ探し。
初めはコガモの群れの中にオオハシシギが5羽ほど。
少し周辺を廻ってから再度見て見ると、1枚の蓮田に数十羽のシギの姿が。

オオハシシギ 6羽
エリマキシギ 6羽
コアオアシシギ 6羽
オグロシギ 15羽以上
ツルシギ 3羽

雨で水深が増したので、足が長いシギたちが集まった感じがする。
ツルシギは14日に2羽を確認したが、今日は3羽になった。
秋に通過する幼鳥は、春の成鳥に比べると少ない。
幼鳥3羽の群れというのは、結構珍しい感じがする。

ツルシギ@茨城


ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2013.5.5 茨城県

そろそろツルシギが来るころと思ったが、毎年見られる場所にはその姿はなく、やや離れた場所で確認することが出来た。

同じ時期なのに、換羽の状態は全く違うのが面白い。

ツルシギ@茨城


ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2012.9.14 茨城県

ツルシギは4月~5月に冬羽が飛来し、徐々に夏羽に換羽して行く様子がよく観察されます。
9月になると、幼羽が飛来します。
とても足が長いシギなので、割と水深がある場所を好む傾向があります。

このスタイルの良さから「ツルシギ」という名前になったとも言われています。
声は「ピュイ」と、よく通る一声。
もしかすると「鶴の一声」なのかも知れません。

ツルシギ@茨城県


ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2012.5.3 茨城県

今日見られたのは2羽。
1羽はまだ冬羽だったが、もう1羽はすでに換羽がかなり進んでいた。
雨だったので、車中から少しだけ撮影した。

今日のツルシギ







ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2011.10.30 茨城県

シギの声も綺麗だが、似通っているものが多い。
ツルシギは「ピュイ」とひと声で、よく通る美しい声である。
見ての通り、非常にスタイルがいい。
今日は、ツルシギが特にカッコよく見える瞬間を切り取って見た。

ツルシギ@茨城

ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 茨城県

この地域での秋の渡りは、8月上旬から9月下旬あたりと思っていましたが、今年は数は少ないながらダラダラと続き、10月も最終盤まで来ました。

オグロシギは、数は減りましたが、数羽は残っているようです。
ハマシギが1羽飛来しました。
しばらく見なかったツルシギですが、また1羽現れました。





ツルシギ幼鳥




オグロシギ幼鳥と




オグロシギ2羽、ハマシギ1羽と

ツルシギ@埼玉


ツルシギ(幼羽)
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2011.9.19 埼玉県

連休の最終日。
もう一度、埼玉県内でのシギチ探し。

前回、アオアシシギ10+、コアオアシシギ2、エリマキシギ2
が見られた休耕田にまず行って見た。
今回は、ムナグロ10+、エリマキシギ5+、アオアシシギ2
に混じって、ツルシギ7羽程度の群れがいた。
私の地元茨城でも、秋の渡りにエリマキシギとツルシギがこれだけ集まるのは珍しい。

この休耕田は、東からも西からも見られるので、条件が悪ければ反対側に回れる。
一応すれ違える巾があるので、車中からじっくり観察出来る。
得難い条件で、こういう田んぼは滅多にない。

ツルシギ@茨城県

ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2011.5.10 茨城県









4/3に5羽、4/23に6羽確認出来たツルシギですが、この日は7羽見られました。
ほぼ夏羽に換羽したツルシギ。

参考までに過去のツルシギを再掲します。




4/3のツルシギ再掲



4/23のツルシギ再掲

ツルシギ@稲敷

ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2011.4.23 茨城県稲敷市

今日は天気も悪く、仕事も入っていたので、合間を見ての観察。

結局、3日と17日に観察したツルシギ6羽を観察しただけで終わりましたが、夏羽になりかけの色々な段階を見ることが出来ました。




ツルシギは足が長いので、かなり深い蓮田にも入ります。




この個体はかなり黒くなってます。




ドジョウか何かを捕まえました。




このあと、別の蓮田に移動したところ、その6羽が飛来しました。
これは前回見た場所です。
2箇所がお気に入りなのかも知れません。

4/3の撮影時と比べると、明らかに換羽が進んでいます。
[4/3の記事 http://blogs.yahoo.co.jp/papageno620/61814239.html]

GWの頃にはうまくいくと完全に換羽した夏羽が見られるかも知れません。

ツルシギ@茨城県


ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2011.4.3 茨城県

毎年、4~5月
春の渡り時期に、5~6羽の小群が見られます。
今回も5羽の群れ。
時期的に早いので、まだ冬羽です。
5月中旬ぐらいには、かなり黒くなった姿が見られるはずです。

8月には秋の渡りの幼鳥がよく観察されています。

ツルシギ@茨城県



ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2010.9.22 茨城県

当地には、4月頃成鳥冬羽が飛来することがあります。
5月には夏羽に換羽中の個体が飛来します。
9月になると、幼羽が立ち寄ります。
いずれも少数ですが、大体毎年観察できます。
干潟でも見られるようですが、私は他所で見たことがありません。

この秋の渡りでも、仲間から聞いてはいましたが、自分としては今シーズン初。
幼羽が2羽。
換羽の状況は若干違いがあるようです。

これでこの秋、茨城県南の田んぼで観察したシギチ(チドリ目全体)の合計は28種になりました。
どうやら見逃したらしいのは、ハマシギとアカエリヒレアシシギ。
今後の期待はオバシギとアカアシシギ。

ツルシギ@旧桜川村



ツルシギ
チドリ目シギ科
体長32cm
撮影 2010.4.22 茨城県旧桜川村

真っ黒な夏羽に換羽中の個体。
毎年数羽が立ち寄りますが、大体同じ場所です。
今年観察されているのは7羽程度。

昔、シギを見慣れていなかったころ、この場所でアカアシシギを見つけました。
あとから思うとツルシギだった可能性が高いと思います。
冬羽では非常によく似ています。

ツルシギは足が長くて、とてもスマートな鳥ですが、水深が深いのでそのプロポーションの良さが出ません。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア