FC2ブログ

ミツユビカモメ@銚子

ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2020.3.8 千葉県銚子市

J33A4922-001_R.jpg

J33A4810-001_R.jpg
この日は雨だったが、比較的多くのミツユビカモメが見られた。
1か所で複数が飛んでいたので、そういう場面を狙って見た。


J33A4822-001_R.jpg
一応、2羽が入ったが


J33A4311-001_R.jpg
並んだと思ったが、左はカモメだった


J33A4338-001_R.jpg
ワイドにして、3羽が入った

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミツユビカモメ@銚子

ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2020.3.1 千葉県銚子市

この日は比較的多くのミツユビカモメが見られた。
時期的に、夏羽に換羽が進んでいる個体が多いようだ。
ミツユビカモメの夏羽は、ユリカモメとは逆に頭の黒斑がなくなって純白になる。
綺麗な夏羽はしばらく見ていない。

J33A3136-001_R.jpg
干潟で


J33A2919-001_R.jpg
左足に障害がある個体


J33A2844-001_R.jpg
第2漁港で


J33A3321-002_R.jpg
干潟で


J33A3493-001_R.jpg
第1漁港で


J33A3335-001_R.jpg
第1回冬羽

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミツユビカモメ@銚子

ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2020.1.19 千葉県銚子市

J33A9527-001_R.jpg

ミツユビカモメ、今年の初認。
周囲はユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

2012年の記事から-ミツユビカモメ@銚子




ミツユビカモメ(第1回冬羽)
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2012.2.3 千葉県銚子市

千人塚から第3漁港の方に向かって行くと、岸壁の上に1羽のミツユビカモメがいた。
今シーズン初のミツユビカモメは第1回冬羽だった。

この個体がいることはウェブ上にも出ていたが、腹のところに見えるのはケガなのだろうか、油曝のようにも見える。
飛翔姿は元気そうに見えるのだが。

ミツユビカモメ@銚子





ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2018.3.4 千葉県銚子市

数日前に外洋が荒れたせいか、あちこちにミツユビカモメが入っていた。
20個体以上見たと思う。
翼の上面に黒帯がある第1回冬羽も複数入っていた。

ミツユビカモメ@銚子




ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2018.2.12 千葉県銚子市

セグロカモメの第1回を追っていたら、後ろからミツユビカモメがついてきた。

今日はEOS7DmkⅡの調子(レンズ)が悪いので、RX-100Ⅴで撮影した。
テレ側70mm(35mm換算)と、望遠が利かないカメラだが、対象が近いので何とかなる。
RX-100Ⅴの動体に対する追従性能は、EOSを完全に凌駕している。
315点の像面位相差センサーと秒間24枚連写の威力は、逆に一眼レフの限界を感じさせるに十分だった。

本年もよろしくお願いします


ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2017.12.31 千葉県銚子市

ミツユビカモメ@銚子




ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2017.3.5 千葉県銚子市

今シーズンは、これまでミツユビカモメを見ることがなかったが、この日はある程度の群れが入ったようで、10羽以上の個体が確認出来た。これだけの数が見られるのは珍しい。

このところ右手を怪我してしまい、一眼レフを使えないので、コンデジで撮影を試みた。
コンデジとしては高性能なのだが、飛ぶ鳥を撮るのはやっぱり一眼にはかなわない。

1羽、綺麗な第1回冬羽がいた。
翼の上面を撮りたかったが出来なかった。第1回冬羽の雰囲気は出たかと思う。

ミツユビカモメ@銚子







ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2016.3.13 千葉県銚子市

今シーズン、ミツユビカモメには恵まれないが、今日は5個体ほどがあちこちで飛び回っていた。
珍しく真上からのカットも。

ミツユビカモメ@銚子



ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2015.12.31 千葉県銚子市銚子漁港

今年最後の銚子。
今日は午前中3時間しか時間がなく、いつものルートをザッと廻っただけで終了。
カモメ類では
 ユリカモメ
 カモメ
 ウミネコ
 セグロカモメ
 オオセグロカモメ
 ワシカモメ
 亜種タイミルセグロカモメ
 ミツユビカモメ
の8種
今日はカモメの多さが目立った。
大型カモメ類では、セグロやオオセグロの第1回が多かった。
ワシカモメは第1回が1羽のみ。

結局今年の観察種は、223種+3亜種+その他8種。

ミツユビカモメ@銚子





ミツユビカモメ(第1回冬羽)
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2015.11.14 千葉県銚子市

ミツユビカモメはシーズン後半の方がよく見られ、今の時期に見ることは少ない。
10月に観察したこともあるが、その時は台風の影響があったように思う。

今日観察したのは第1回冬羽が1羽のみ。
他のカモメ類と一緒に飛び回っていたが、大きさと飛び方から結構目立つ。

ミツユビカモメ@銚子




ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 千葉県銚子市

この日観察出来たミツユビカモメは成鳥2羽。
前回見られた第1回冬羽は確認できなかった。

2羽のミツユビカモメは、漁港内を大きく8の字を描くように周回していた。
たくさんのカモメ類の中から、飛んでくるミツユビカモメを探すのも面白い。

ミツユビカモメ@銚子




ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2015.2.8 千葉県銚子市

今日の銚子は、午前中はまずまずの天気だったが、昼前からかなりしっかりした雨になった。
今シーズンの初認のミツユビカモメは第1回冬羽だった。
この個体を見ただけで、今日銚子に来た甲斐ががあったような気がする。

ミツユビカモメ@銚子


ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2014.2.16 千葉県銚子市

この日、ミツユビカモメは2羽見られた。
2羽とも右の方から飛んで来て、左の方に飛び去った。
止まっているものは確認できなかった。

多くのカモメ類が飛んでいる中でも、ミツユビカモメの飛翔はやっぱり羽ばたきのリズムが違うので、何となく違うということがわかる。

ミツユビカモメ@銚子




ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2013.10.27 千葉県銚子市

ミツユビカモメは外洋性の鳥なので、台風の影響で入ったのかも知れない。
銚子では珍しいというほどの鳥ではないが、この時期に見られる個体は少ないように思う。

3個体だと思ったが、写真を見ると2枚目と3枚目は同一個体。
1枚目は嘴に黒味があり、雨覆に褐色味が残っているので、第1回夏羽から第2回冬羽に換羽中の個体と思われる。

2、3枚目は成鳥。
P1~4が新羽で、外側は旧羽。

ミツユビカモメ@銚子

ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2013.3.9 千葉県銚子市

今シーズンは、ミツユビカモメを見る機会が少なく、1回の探鳥で1~2羽程度のことが多い。



前回見た個体と同じく、羽がやや傷んでいるように見える個体




今回は、落鳥1羽があった。
他の方のブログを見ると、この2日前にはすでに落ちていた模様。




3月になってもP9とP10が旧羽のままで、P8がすでに伸び切っている。
P9とP10はいつ換羽するのだろうか。

P5に黒点
P6とP7に白斑がある。
これまで見た個体に比べて、黒色部分が小さ目の個体に見える。

ミツユビカモメ@銚子



ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2013.2.10 千葉県銚子市

この日のカモメは不作だったが、ようやく今季初のミツユビカモメを観察することが出来た。(成鳥2羽)
この個体は、羽がかなり傷んでいて、目先から口元の羽も汚れている感じで、全体的に元気がないように見えた。
普通に飛んでいたので、気のせいであればよいが。

ミツユビカモメ@銚子



ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2012.2.23 千葉県銚子市

今シーズン、ミツユビカモメの観察はまだ2羽目です。
前回は第1回冬羽でしたが、今回は成鳥冬羽。

大きさはユリカモメ程度です。
目の後ろに黒い部分があるところはユリカモメに似ていますが、夏羽では頭が真っ黒になるユリカモメと反対に、この鳥は真っ白になります。
夏羽のミツユビを見ることは少ないのですが、3月~4月には見られる可能性があります。

ミツユビカモメ@銚子

ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 2011.2.19 千葉県銚子市

この日観察できたミツユビは計5羽。
内訳は成鳥4羽と第1回冬羽1羽。



この個体には、2mぐらいまで近づくことが出来た。
数年ぶりかも知れないけれど、ミツユビカモメとは時々こういうことがある。




ちょっと遠かったが、今シーズン初めて出会った第1回冬羽。

ミツユビカモメ@銚子



ミツユビカモメ
チドリ目カモメ科
体長41cm
撮影 千葉県銚子市

ミツユビカモメは外洋性の鳥なので、航路上からは群れで飛んでいるのが見られます。
銚子にいるミツユビカモメは、あまり人を恐れず、至近距離で観察できる個体も少なくありません。
岸壁で休むミツユビカモメ。脇を釣り人が歩いてもどこ吹く風。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア