FC2ブログ

今年の桜撮影から

今年撮影した桜の中から、一応ベストテンのような形で選んで見た。

今年撮影したのは94本。うち、初撮影は49本である。
撮影した本数も増えて来たので、再訪問が多くなった。

今年は、比較的多くの桜を撮影した割にはいい写真が少なく、不満が残った。
ひとつには、天気に恵まれなかったことが挙げられる。
去年はそうではなかった。やっぱりいい年ばかりではない。また来年に期待しよう。

長光寺J33A7607-001_R
長光寺のシダレザクラ
千葉県山武市
3月24日撮影


吉田神社DSC09128-001_R
吉田神社のシダレザクラ
茨城県水戸市
3月28日撮影


延命寺DSC00241-001_R
延命寺のシダレザクラ
茨城県筑西市
3月31日撮影


般若院DSC08991-001_R
般若院のシダレザクラ
茨城県龍ヶ崎市
4月1日撮影


大山寺J33A8067-001_R
大山寺の桜
茨城県城里町
4月6日撮影


西方寺J33A8097-001_R
西方寺のシダレザクラ
茨城県常陸大宮市
4月6日撮影


蒼龍寺DSC09875-001_R
蒼龍寺のシダレザクラ
茨城県那珂市
4月6日撮影


吉高DSC00876-001_R
吉高の大桜
千葉県印西市
4月8日撮影


六十塚J33A8211-001_R
六十塚の山桜
茨城県牛久市
4月11日撮影


小倉DSC04096-001_R
小倉のシダレザクラ
長野県安曇野市
4月22日撮影

テーマ :
ジャンル : 写真

関所破りの桜(長野県佐久市)

関所破りの桜
撮影 2019.4.22
長野県佐久市

DSC05331-001_R.jpg

DSC05321-002_R.jpg

DSC05342-001_R.jpg


2010年以来の訪問である。
道の駅「ほっとぱーく浅科」からよく見える小高い丘の上、五郎兵衛記念館の敷地内に立つ。
浅間山の眺望が素晴らしく、絶好のロケーションにある。

旧浅科村は様々な変遷ののち、1955年に南御牧村、中津村、五郎兵衛新田村が合併してできた。
このうち五郎兵衛新田村は、寛永年間に、市川五郎兵衛真親という人が、私財を投じて、遠く蓼科山麓から用水路を築いたことで発展した。
この用水路は五郎兵衛用水路と呼ばれ、総延長は約20kmにも達するという。

五郎兵衛を祀るため、この場所に神社を建立することになったが、その際、彼の出身地(現在の群馬県南牧村)から桜の苗木をもらって来て、この地に植えることになった。
ところが苗木を取りに行った若者がうっかり通行手形を忘れたため、碓氷峠の関所を通行できなかったが、訳を話したところ、役人が通してくれたという。
「関所破り」の由来である。

テーマ :
ジャンル : 写真

戸倉宿キティパークの桜(長野県千曲市)

戸倉宿キティパークの桜
撮影 2019.4.22
長野県千曲市

国道18号線を走行中、戸倉駅背後の斜面がピンク色に染まっているのを見つけた。
地図で見ると「戸倉宿キティパーク」であることがわかった。

DSC05183-001_R.jpg

DSC05179-001_R.jpg

DSC05198-001_R.jpg

DSC05132-001_R.jpg

DSC05080-001_R.jpg

「戸倉宿キティパーク」という場所があることは知っていたが、自分が行くような場所ではないと思っていた。
キティと言えばハローキティを連想するのが普通。子供向けの遊園地かと思っていた。
ここで「キティ」は「小動物」を意味するらしい。
「キティ」という名と裏腹に、巨大な天狗の像がある。この地域に伝わる「千曲天狗」の像で、体長9.5mと、日本一の規模であるという。

斜面に沿って多くのソメイヨシノが植えられている。
車道が通っているため、車窓から楽しむことが出来る。
すでの満開の時期は過ぎていたが、桜吹雪の中を走るのも一興だ。


次回は関所破りの桜

テーマ :
ジャンル : 写真

姨捨のシダレザクラ(長野県千曲市)

姨捨のシダレザクラ
撮影 2019.4.22
長野県千曲市

前回、行き方がわからず苦労した桜だが、今回は駅の駐車場に車を停め、駅周辺の桜と合わせて撮影した。


姨捨駅からの眺望は、日本三大車窓風景のひとつとして知られている。
全国でも珍しい、スイッチバック方式の駅で、ホームは本線上はなく、通過列車はホームには入線しない。
当駅に停車する下り列車は、一旦本線から分岐し、まっすぐホームに入線したあと、逆方向に出てからもう一度方向を変えて本線に入る。
上り列車は、一旦本線から分岐して停まり、方向を変えてホームに入線したあと、逆方向に出て本線に入る。
なかなか見られない光景なので、しばし見物する。

DSC04869-001_R.jpg

ホームの脇にある桜
桜の左下に見えるのが本線

DSC04943-001_R.jpg

駅の近くにある姨捨公園から
上り列車が近づいてきた

DSC04973-001_R.jpg

DSC04987-001_R.jpg

駅から下の方にある桜から


DSC04995-001_R.jpg

DSC05016-001_R.jpg

前置きが長くなったが、本命の「姨捨のシダレザクラ」
2回目の撮影だが、今回も天気は今ひとつだった。


次回は戸倉宿キティパークの桜

テーマ :
ジャンル : 写真

光林寺の桜(長野県長野市)

光林寺の桜
撮影 2019.4.22
長野県長野市

DSC04814-001_R.jpg

DSC04841-001_R.jpg

DSC04823-001_R.jpg

長野市内では有名な桜の名所で、樹齢約300年のシダレザクラが4本のほか、多くの桜がある。
県道から、少しわかりにくい入口を入り、400mほど進む。標高差で言うと30mほど上った場所にある。


次回は姨捨のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

天照寺の桜(長野県長野市)

天照寺の桜
撮影 2019.4.22
長野県長野市

DSC04781-001_R.jpg

DSC04770-001_R.jpg

長野市内では光林寺が桜の名所として有名だが、天照寺は光林寺の1.6kmほど北にある曹洞宗のお寺である。
川中島駅の2kmほど西にあたる。
急な斜面に墓地があり、その背後に大きなエドヒガンとシダレザクラが咲く。


DSC04759-001_R.jpg

天照寺には、鋳鉄製の宝篋印塔がある。
この塔は石を積み重ねた上にあって、その下を通行できるようになっている。
このような形式の塔は初めて見た。


次回は光林寺の桜

テーマ :
ジャンル : 写真

蓮生寺のシダレザクラ(長野県須坂市)

蓮生寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.22
長野県須坂市

DSC00304-001_R.jpg

DSC00295-001_R.jpg

須坂市の蓮生寺は、地理的には高山村に近く、もともとは高山村の赤和にあったらしい。
鐘楼門前のシダレザクラは、以前訪れた時には見ごろを過ぎてしまっていたが、今回は見ごろに出会うことが出来た。

クロツグミの美しいさえずりが聞こえていた。
最近はガビチョウの声ばかりになってしまったが、やっぱりクロツグミの声は格が違う。姿は見えなかったが、録音をすることが出来た。


次回は天照寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

紫のシダレザクラ(長野県高山村)

紫のシダレザクラ
撮影 2019.4.22
長野県高山村

DSC00263-001_R.jpg

DSC00260-001_R.jpg

DSC00281-001_R.jpg

目立たない場所にあるためか、高山村の桜の中ではあまり知られていない1本。
これも墓地の桜である。

時刻はここで6時半。
天気もよくないので、高山村はこれで終了とした。


次回は蓮生寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

高山大橋南のシダレザクラ(長野県高山村)

高山大橋南のシダレザクラ
撮影 2019.4.22
長野県高山村

DSC00227-001_R.jpg

これはなかなか立派な桜だったのだが、数年前に比べると枯れ枝が目立つようになってしまった。
自分が見ている20年ほどの間にも、こういう例が数多くある。
気候の変化なども関係しているのだろうか。過疎化、高齢化で手入れが行き届かなくなっているという面もあるのかも知れない。
長く生命を保ってきた桜が、我々の時代に枯れてしまうというのはさびしいことだ。


次回は紫のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

和美の桜(長野県高山村)

和美の桜
撮影 2019.4.22
長野県高山村

DSC00170-001_R_2019072700065314e.jpg

DSC00183-001_R.jpg

DSC00204-001_R.jpg

以前は「役場上のシダレザクラ」という素っ気ない名称だったが、「和美(なごみ)の桜」と名付けられた。
比較的若い桜と思われ、樹形、樹勢とも良い。
曇っているので、空がどうしても白く抜けてしまう。
わずかでも、スイセンやレンギョウの黄色は有難い。


次回は高山大橋南のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

二ツ石のシダレザクラ(長野県高山村)

二ツ石のシダレザクラ
撮影 2019.4.22
長野県高山村

DSC00135-001_R.jpg

DSC00126-001_R.jpg

二ツ石のシダレザクラは、さほど大きな桜ではないが、通り沿いにあるのでよく目立つ。


次回は和美の桜

テーマ :
ジャンル : 写真

中塩のシダレザクラ(長野県高山村)

中塩のシダレザクラ
撮影 2019.4.22
長野県高山村

撮影行の最終日。
この日はほぼ無計画で、色々考えた末に鉄板の高山村に決めた。
高山村全体ではまだ早いと思ったが、早咲きの何本かは見られるだろうと、夜明けを待って中塩に行って見た。

DSC00071-001_R.jpg

DSC00096-001_R_20190724005531b3f.jpg

DSC00106-001_R.jpg

中塩のシダレザクラは、高山五大桜(水中、黒部、赤和、坪井、中塩)の中で一番早く咲く。
桜は見頃だったが、空はどんよりと曇っていた。


次回は二ツ石のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

保福寺のシダレザクラ(長野県松本市)

保福寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.21
長野県松本市

DSC04716-001_R.jpg

DSC04728-001_R.jpg

DSC04733-001_R.jpg

標高は800mを少し超えている。
凄い急坂を登って行くと、開けた斜面に伽藍が並んでいる。
三門の奥に、主幹は朽ちているが趣のあるシダレザクラがあり、その他にも何本かの桜があった。


この日の撮影はこれで終了、次回は高山村から中塩のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

蓮華寺のシダレザクラ(長野県松本市)

蓮華寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.21
長野県松本市

DSC04674-001_R.jpg

DSC04695-001_R.jpg

3kmほど北上する。
蓮華寺は、中山地区にある曹洞宗の寺院。
標高は800m近くあり、松本平の眺望が良い。条件がよければアルプスの眺望が素晴らしいところだろう。


次回は保福寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

法船寺のシダレザクラ(長野県松本市)

法船寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.21
長野県松本市

DSC04670-001_R.jpg

DSC04645-001_R.jpg

J33A8738-001_R.jpg

前回の桃昌寺からは目と鼻の先だ。
これも今回初めて見つけたお寺である。
こういうお寺があちこちにあるので、一向に先に進まない。


次回は蓮華寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

桃昌寺のシダレザクラ(長野県松本市)

桃昌寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.21
長野県松本市

DSC04620-001_R.jpg

J33A8724-001_R.jpg

DSC04635-001_R.jpg

この地域では、3箇所ほどの撮影を予定していたが、その途中で見つけたお寺である。
背の高いシダレザクラと、赤見の強いエドヒガンなどが数本あり、見事なコントラストを見せてくれた。
信州は凄いところで、こういう場所がほとんど知られていない。
恐らく、地元の人の穴場なのだろう。


次回は法船寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

弘長寺のシダレザクラ(長野県松本市)

弘長寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.21
長野県松本市

塩尻から松本市内に入った。
松本市の東南部には、1500~1800mほどの山々が連なっている。その山麓にある数箇所のお寺を廻る。


DSC04589-001_R.jpg

DSC04583-001_R.jpg

弘長寺は真言宗智山派の寺院。
樹齢350年の老松や、アジサイ寺としても有名。

時刻は午後1時過ぎ。ようやく晴れ間が見えてきた。


次回は桃昌寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

塩尻市役所のシダレザクラ(長野県塩尻市)

塩尻市役所のシダレザクラ
撮影 2019.4.21
長野県塩尻市

DSC09967-001_R.jpg
市民会館「レザンホール」前の桜並木。
市役所前にある。


DSC00023-001_R.jpg
塩尻市役所のシダレザクラ
樹齢は約100年と推定されている。
シダレザクラとしてはまだ老木ではなく、立派な咲きぶりである。


次回は弘長寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

長興寺のシダレザクラ(長野県塩尻市)

長興寺のシダレザクラ
撮影 2019.4.21
長野県塩尻市

DSC04545-001_R.jpg

DSC04561-001_R.jpg

長興寺に通じる道は未舗装だったので迷ったが、意外なほど立派なお寺だった。
絵画のサークルらしい人たちが、思い思いに写生している姿が見られた。
山門脇の桜は、苔むした幹が風格を感じさせる。


DSC04498-002_R.jpg

石段脇に咲くカタクリも興を添えている。


次回は塩尻市役所のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

福聚寺の桜(長野県塩尻市)

福聚寺の桜
撮影 2019.4.21
長野県塩尻市

DSC04398-001_R.jpg

DSC04388-001_R.jpg

塩尻市洗馬(せば)地区。
前回の西洗馬は朝日村だったが、こちらは塩尻市になる。
塩尻駅の次が洗馬駅で、これから木曽路に向かうという位置関係になる。

この地区では、東漸寺と長興寺という2つのお寺が目的地である。
はじめ、長興寺の場所がよくわからなかったので、まず東漸寺を目指したところ、東漸寺に入る狭い道の脇にこのお寺があった。

背の高いシダレザクラのほかに、数本のエドヒガンがちょうど見ごろだった。
特にピンク色の濃いエドヒガンが見事だ。


次回は東漸寺のシダレザクラ

テーマ :
ジャンル : 写真

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア