FC2ブログ

今年のフィールドワークから

■1月3日
大洗港でシノリガモを観察していると、居合わせたバードウォッチャーが「コクガンが5羽いる」と教えてくれた。
以前、別の場所の探鳥会で案内をしていただいた方だった。
正月早々、いい出会い。いい年になりそうだったが。。。


コクガン3羽とシノリガモ♀(右)、アカエリカイツブリ(左)


■1月20日
利根川河口部で車を走らせていると、川の中に大きな鳥がいるのを見つけた。


ハシジロアビ幼鳥。
ネット上でもこの個体の写真は見つからない。
はっきりとした幼羽の写真は珍しいと思う。貴重な体験だった。


■1月22日
多々良沼に行くと、サカツラガンがいた。


ガチョウの原種になった鳥。


■1月30日
ひたちなか市の平磯海岸でカナダカモメを見つけた。銚子以外では初めての観察。




■2月6日
うちの会としては初めて、北本自然観察公園での探鳥会を行った。
キレンジャク、ヒレンジャク、ヤマシギなど、この場所ならではの探鳥が出来た。


ヤマシギ


■3月6日
恒例の銚子探鳥会。
観察会でクロワカモメを観察できたのは何よりの成果だったと思う。



・・・・・・

ここまでの探鳥は頗る順調だったが、その5日後に暗転した。
その後しばらく、通常のフィールドワークが全く出来なくなった。
自分のフィールドも大きな被害を受けたところが多いが、家族も家も無事だったのが何よりだと思う。

・・・・・・

■3月27日
その鳥をめぐる状況を考えると気が進まなかったのだが、夏羽に変わりつつあるキガシラシトドを見てきた。
すでに大した人数ではなかったが、何とも居心地の悪い鳥見だった。今後はなるべく(あくまでも「なるべく」だが)こういう鳥見は願い下げにしたい。


これは今回初めて出す写真。


■4月3日
震災後初めての探鳥会。
無事を確認しあう。
鳥見の最中にも余震が続く。

・・・・・・

離島探鳥には行けなかった。
行くことは可能だったが、余震も続く中、数日家を空けるのは難しかった。

航路探鳥も出来なかった。
それも可能だったが、津波の被災地を眺めながら行くのはためらいがあった。
北海道の探鳥も出来ればやりたかった。

三番瀬は今も立ち入り禁止になっている。
ここに行けないと、干潟の鳥の観察は難しい。やっぱりここは凄い場所だったと改めて思う。

茨城県南地方、春のシギチの渡りはまずまずだったが、秋の渡りは低調だった。
九十九里方面、夏のアジサシ類は全くダメだった。

・・・・・・

■9月23日
白樺峠でのタカの渡り観察。
生涯にそう何度もないだろうという、感動的な光景だった。
今年、一番よかったと思えるのはこの日だった。

■10月22~23日
我孫子市で毎年行われる「ジャパン・バード・フェスティバル」に今年も参加。
賞は取れなかったが、いい展示が出来たという実感がある。

・・・・・・

この冬はどこに行っても鳥が少ない。
そういう話題で持ちきりだった。
今年だけの傾向であればいいが、震災の影響などどこまであるのか、若干の心配がある。

・・・・・・

■12月25日
今年14回目の銚子。
カモメ類は非常に増えた。


漁港の奥にはこんな鳥がいた。
コアホウドリ。
500mほど離れていたので、デジスコでもこんな風にしか撮れなかった。
今年は船に乗らなかったので、アホウドリ系は無理だと思っていたが、思いがけずこれが今年のイヤーリスト掉尾を飾ってくれた。

と思っていたら。。。。。。

最後にもうひとつあった。
それはまたいずれ出す機会もあるだろうと思うが、今日はこれまで。


今年も見ていただき、ありがとうございました。

2011年、白樺峠 2日目

2011.9.24
長野県白樺峠

前日は深夜まで飲んでいたので、朝起きるとすでに6:30ごろだった。
外を見ると快晴無風。一点の雲もない。
白樺峠の今年の渡りは、まだ1000羽以上渡った日はない。
今日飛ばなければおかしい。そんな朝だった。

普通の時間に朝食を摂り、8:30に宿を出る。
乗鞍にはコンビニもないので、とりあえず飲み物だけ調達し、林道を峠に向かう。




途中のポイントから、昨日は見えなかった穂高連峰を見る
前穂から奥穂、ジャンダルムまでくっきりと見える
この朝、上高地から見た人も感動的な夜明けだったに違いない




前景のシラヤマギクが初秋の気配を感じさせる

・・・・・・

幸運というのはどこに転がっているかわからない。
前日よりは1時間ほど早く着いたが、3連休の中日、観察者の出足は早く、昨日よりも駐車場附近は混雑がひどい。
駐車場附近まで来ると、こちらから行く数台の車と奈川側から来る車が鉢合わせして、ちょっとした渋滞になった。
後ろから車が来ないうちにバックして、少し下の方に停めるしかないと思った。
とその時、隣に停車していた車が1台出た。

この時間に出る車? ありえないと思った。
考えて見ると、ここに停める車の全てが鳥屋とは限らない。タカの渡りが有名になる前は、ここは乗鞍の展望台として知られていただけだ。
この朝、乗鞍の夜明けを撮影しに来たカメラマンがいても不思議ではない。そんな人の車だったのかも知れない。
とにかく、労せずに車を停めることが出来た。ただ、この時期に来るのであれば、次回からはもう少し時間を考えなければいけないと思った。




9時過ぎ、再び山道を登る
今日は荷物を軽くするため、三脚は軽いものに変えた。
15分ほど歩き、登り着いて振り仰ぐ乗鞍岳




ホークウォッチャーの数は、昨日に増して多い
観察場所は昨日よりも後ろである

・・・・・・

午前中はまだそれほどの数ではなかった。
それでも、昨日に比べると低く飛ぶタカも多く、楽しい観察となった。

観察地から見ると右の方に流れる傾向だったが、時折左手から真上を飛ぶタカが現れるので油断できない。
この日面白い傾向としては、前方に立ったタカ柱が右に流れると、再び上昇気流に乗って旋回し、2度目の柱が立つことだった。
これで非常に高く昇ったタカが再び南に流れて行く。逆光なので見難いのだが、時に翼がキラリと輝く光景がことのほか美しい。




サシバの群れ
大きな柱は遠いせいもあって撮影が難しい
撮像素子に付いたゴミのようにしか映らなかった




3羽のハチクマ




これもハチクマ

・・・・・・

昼前から大きなタカ柱が立ち始め、午後1時台がピークになった。
遠くで柱が立ち、右に流れて行くので距離も高度もあり、撮影には厳しい条件になったが、あとからあとから湧いて来るタカの群れには圧倒された。
観察グループの人がしみじみと言う。「今日来た人は幸せだ。。。」と。
さんざん見ている久野さんが「感動的」と言うシーンが次々に展開した。

1年に1回来る我々としては、一生に何度とは見られないであろう、素晴らしいシーンだった。
こういうことがあるからやめられないのだろう。
バードウォッチャーであることの幸せをしみじみと感じた1日だった。


この日観察したタカ
 9:30~ 9:35   1羽
     ~ 9:40   5羽
     ~ 9:45   8羽
     ~ 9:50   7羽
     ~ 9:55   1羽
     ~10:00   4羽
10:00~10:05   2羽
     ~10:10   5羽
     ~10:15   1羽
     ~10:20
     ~10:25   9羽
     ~10:30  36羽
     ~10:35   7羽
     ~10:40
     ~10:45   3羽
     ~10:50
     ~10:55   9羽
     ~11:00   8羽 10時台 80羽
11:00~11:05   4羽
     ~11:10   9羽
     ~11:15  10羽
     ~11:20
     ~11:25
     ~11:30   1羽
     ~11:35   8羽
     ~11:40   3羽
     ~11:45  29羽
     ~11:50  20羽
     ~11:55  32羽
     ~12:00  25羽 11時台 141羽
12:00~12:05  16羽
     ~12:10   1羽
     ~12:15   6羽
     ~12:20  26羽
     ~12:25  48羽
     ~12:30  51羽
     ~12:35  70羽
     ~12:40   6羽
     ~12:45  51羽
     ~12:50  33羽
     ~12:55   3羽
     ~13:00   8羽 12時台 319羽
13:00~13:05  95羽
     ~13:10  39羽
     ~13:15 185羽
     ~13:20  80羽
     ~13:25 145羽
     ~13:30  37羽
     ~13:35   8羽
     ~13:40   1羽
     ~13:45   9羽
     ~13:50   8羽
     ~13:55  18羽
     ~14:00   2羽 13時台 627羽
14:00~14:05  12羽

合計





今日は種類別のカウントはしていない。(と言うより無理)
サシバ 推定1000程度
ハチクマ 推定200程度
ノスリ 6+
ツミ 4+
トビ 1


観察グループによれば、この日の総数は5000羽を超え、そのほとんどがサシバだった。
大きなタカ柱になったのはほとんどサシバだったと思われる。
比較的低く、近いところを飛ぶのはハチクマが多かったので、撮影できたものはハチクマが多かった。


この日ここに、仲間とともに居合わせた幸せを噛み締めながら山を下りる。
乗鞍高原に戻り、「いがや」で遅い昼食を摂って帰路に着く。
また来年。。。
再びこんなシーンが見られることを願いつつ。。。

2011年、白樺峠 1日目

2011.9.23
長野県白樺峠

去年は行けなかったので、2年ぶりの白樺峠。
この日程は1ヶ月ほど前に決めたのだが、前々日に台風が通過、前日は終日曇りで、狙いすましたような3連休に絶好の天気が予想されたのである。
期待しない方がおかしい。
ただ内心、大出現は24日ではないかという予感はあった。


牛久を4:30に出発。今回のメンバーはTさん夫婦とKさん、我が家2人の計5人である。
この日、関東地方は曇りがちで、特に甲府盆地周辺はかなりの雨だった。
だが韮崎あたりから雲が切れ、朝日を浴びた八ヶ岳の姿がいい旅を保証してくれたような気がした。

8:30に松本インターを出て、途中昼食を調達して白樺峠に着いたのは9:45ごろ。
さすがに車が多いが、何とか駐車場からほど近い場所にスペースを確保して10:00に出発。
15分ほど山道を登って、10:20から観察を開始した。
今までの観察で一番人が多かった。さすがに前の方は一杯。




松本の市街地はよく見える。
遠景の山の一番右に美ヶ原の鉄塔が見える。
台風の影響で、秋の空気に変わり、風が冷たい。数日前の暑さが嘘のようである。
この朝、乗鞍岳は凍結で一時閉鎖されたらしい。


結果的に言うと、この日のタカは非常に高く、数もそれほどではなかった。
10:20から14:00まで、カウントしたタカは178羽。
この日のトータルは800羽超だったらしいので、約1/5を観察したことになる。
いずれにしても出現数はさほどではなく、まだかなりのタカが滞留していることが予想された。
やっぱり明日がピークか。


この日観察したタカ
10:20~10:25  4羽
     ~10:30  2羽
     ~10:35  7羽
     ~10:40 13羽
     ~10:45  3羽
     ~10:50  7羽
     ~10:55  8羽
     ~11:00  1羽
11:00~11:05  8羽
     ~11:10 11羽
     ~11:15  9羽
     ~11:20  2羽
     ~11:25  6羽
     ~11:30  4羽
     ~11:35
     ~11:40  8羽
     ~11:45  7羽
     ~11:50
     ~11:55  7羽
     ~12:00  2羽
12:00~12:05  3羽
     ~12:10  4羽
     ~12:15  1羽
     ~12:20
     ~12:25  3羽
     ~12:30  9羽
     ~12:35 19羽
     ~12:40 10羽
     ~12:45  2羽
     ~12:50
     ~12:55  1羽
     ~13:00  1羽
13:00~13:05
     ~13:10
     ~13:15
     ~13:20
     ~13:25
     ~13:30
     ~13:35
     ~13:40
     ~13:45
     ~13:50  7羽
     ~13:55  9羽
     ~14:00

合計178羽

内訳
サシバ 80前後
ハチクマ 90前後
ノスリ 2+
ツミ 3
ハヤブサ 1
小型不明 2(ハイタカ?)



今年の白樺峠はチョウがとても多い。
結構高いところを飛んでいるアサギマダラは、一瞬何かと勘違いする。これはタカが出ない時間帯には大人気の被写体となる。
キベリタテハもあちこちに飛んでいる。




クジャクチョウも多かった。
これはマツムシソウによく止まる。

・・・・・・

このあとは乗鞍高側に降り、一ノ瀬を散策。
休暇村でコーヒーを飲みながら歓談、これはいつもの恒例行事。

泊まったペンションでは、食事後、星空の観察会を催してくれた。
一点の雲もなく、月明かりもない絶好の条件で、久しぶりに満天の星空を満喫した。
明日早朝の畳平も色々あって今回は取りやめ、2日目の白樺峠観察に照準を合わせる。
結局夜中まで飲みながら鳥談義に花を咲かせていたので、翌朝は起きられなかった。
早朝の乗鞍高原を味わえなかったのは残念だったが、翌日は信じられないほどの幸運が待っていた。

奥日光探鳥記(5/22)

奥日光探鳥記
2011.5.22

奥日光で5月に探鳥会を計画するのは、今回で6回目である。
1回目と2回目は、赤沼から出発して戦場ヶ原を横断、泉門池(いずみやどいけ)から小田代橋を経由して湯滝に出て、湯ノ湖北岸を半周して湯元までというルートだった。
3回目は、赤沼から泉門池までは前回と同じ。そこから逆方向に小田代を廻って赤沼に戻るルート。
4回目は途中から雨になってしまったので、泉門池から小田代に向かい、バスで赤沼に戻った。結果的には3回目と同じ。
5回目(去年)も早々に雨になってしまったので、小田代橋から光徳入口までショートカットして、赤沼まで戻った。

今回は最初のルートの逆で、湯元から出発して湯ノ湖北岸を廻り、湯滝から湯川添いに小田代橋、泉門池を経由して赤沼までというコース。
7時出発、赤沼には13時ごろ到着予定。約6時間のバードウォッチングという予定だった。
この日は午後から雨の予報だったが、朝のうちは思いの外いい天気だった。
この分なら午前中は大丈夫だろうという感じだったが。。。




湯ノ湖
芽吹きはまだまだの感じ。残雪も多い。
湖面には、マガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、カワウ。
周辺の森にはコルリが多かった。
エゾムシクイも比較的至近距離で観察。
この場所では珍しいルリビタキの囀り。これからもう少し高い場所に移動するのだろうと思う。




湯ノ湖畔のアズマシャクナゲ

湯滝から湯川沿いに歩く。
奥日光の中でも、奥入瀬を思わせる場所で、歩く人も少なく、静かなハイキングが楽しめる場所なのだが。。。

時間は10時過ぎ。
ここで早くも雨になってしまった。
ちょうど小田代橋を渡ったところ。これから戦場ヶ原というところで無念のリタイア。
前回と同様、光徳入口までショートカットして、一旦三本松に戻る。

奥日光に来て、ノビタキもホオアカも見ないで終わるか、という状況だったが、三本松で休憩後、雨が一旦上がったので展望台から観察。ノビタキとホオアカはとりあえず観察出来た。
赤沼に13時ごろ到着。一応時間的には予定通りという感じだった。




竜頭の滝




華厳の滝




華厳の滝をバックにトウゴクミツバツツジ

どうにも奥日光の探鳥会は天気に恵まれない。
来月、もう1回行こうかと思う。

軽井沢探鳥記(5/7~8)

軽井沢探鳥記
2011.5.7~8

このところ、あまり探鳥記を書いていないので、時期はずれになる前に。
関東は既に梅雨入りしてしまった。記録的な早さだそうだ。
台風も来ているし、週末の予定は大幅な変更を余儀なくされた。(と言っても、地元での野鳥調査その他だったのだが)


■5/7
3年連続、この時期に軽井沢探鳥会を行っている。
今回は少し遅めで、5:30につくばを5人で出発。
常磐道~北関東道~東北道~北関東道~関越道~上信越道と乗り継ぎ、碓氷軽井沢ICを8時ちょうどに出る。
軽井沢野鳥の森には予定通り8:30に着いた。
ここで1人と合流し、探鳥開始。
天気は曇り。

日本3大野鳥生息地のひとつと言われている軽井沢だが、別荘地が多いため、探鳥の中心は野鳥の森である。

この日目立ったのはサンショウクイとコガラだろうか。
探鳥ルートは沢沿いなので、ミソサザイが多い。



ミソサザイ

湯川では、巣立ったばかりのカワガラスが楽しませてくれた。
夏鳥の飛来は遅いようで、オオルリの姿も見られなかった。わずかに遠くで囀る声だけ。



午後は農耕地での観察。
雲が多く、かなり肌寒くなった。
ホオアカは多かったが、ノビタキはわずか。
オオジシギは2~3個体見ることができた。


■5/8
4時ごろ起きると外は雨だったが、しばらくすると上がったので、予定通り早探に出かける。
場所は昨日と同じ野鳥の森。
少しルートを変えて一周。
昨日見られなかったノジコがやっと確認出来た。
湯川ではオシドリのペア。




コガラ

朝食後はまた野鳥の森。これで3廻り目。
さすがに疲れた。
昼食はそば。その後は買い物と、喫茶店で鳥を見ながら休憩。このあたりはいつもと同じ。
餌台やバードバスに来た鳥はまた次回。
プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア