FC2ブログ

高聲寺のシダレザクラ(茨城県坂東市)

高聲寺のシダレザクラ
撮影 2020.3.30
茨城県坂東市

高聲寺は浄土宗の寺院で、正式には藤田山道場院高聲寺と言う。
開山した唱阿性真がこの地を通った時、眠気を催してうとうとしたところ、平将門が夢に出てきて「自分に罪はないのに謀反人扱いにされて残念でならない」と嘆いたのを哀れに思い、その霊を慰めようと寺を建てた。
すると夜ごとに「ええ、おお」と気合をかける高い声が聞こえたので、寺名を「高聲寺」と名付けたと伝えられている。

DSC03746-001_R.jpg

DSC03753-001_R.jpg
境内にあるシダレザクラは、開花はやや遅い桜のようだが、この日はすでに見頃を過ぎてしまった。

DSC03768-001_R.jpg
完成したばかりの、新しい多宝塔があった。

テーマ :
ジャンル : 写真

面野井のシダレザクラ(茨城県つくば市)

面野井のシダレザクラ
茨城県つくば市
撮影 2020.3.30

DSC03698-001_R.jpg

DSC03709-001_R.jpg
民家の墓守の桜だが、つくば市内で最も見事な1本。
6年ぶりの訪問だったが、曇天が残念だった。

テーマ :
ジャンル : 写真

牛久シャトーの桜(茨城県牛久市)

牛久シャトーの桜
撮影 2020.3.28
茨城県牛久市

DSC03640-001_R.jpg

DSC03586-001_R.jpg
牛久シャトーは、1903年、神谷傳兵衛が開設した、日本初の本格的ワイン醸造場である。
旧醸造場施設3棟が国の重要文化財に指定されている。
ワイナリーの他、ブルワリー、レストランなどがあり、牛久市では大仏と並ぶ観光名所だったが、2018年に営業を停止した。
2019年、所有するオエノンホールディングスと牛久市との間で賃貸借契約が締結され、レストラン等の施設再開を目指しているが、具体的なことはわからない。
現在、園内の散策は可能である。

牛久シャトーは牛久市内で代表的な花見スポットだった。今年は特殊な事情だが、来年以降、元通りに花見が楽しめる場所であってほしいと思う。

テーマ :
ジャンル : 写真

牛久駅の百年桜(茨城県牛久市)

牛久駅の百年桜
撮影 2020.3.28
茨城県牛久市

常磐線牛久駅が開業したのは今から124年前、1896年のことである。
開業時にはホームに多くの桜が植えられていたが、1961年の電化工事の際に、1本を残し全て切られてしまった。
その1本はホームの外側に大きく傾いていたため、電線の邪魔にならなかったため、伐採を免れたそうだ。

DSC03515-001_R.jpg

DSC03550-001_R.jpg

DSC03559-001_R.jpg
その桜は、牛久駅西口の一角に、目だたない姿で咲いていた。
周辺が雑然としていて、いかにも窮屈そうだ。

テーマ :
ジャンル : 写真

松見公園のシダレザクラ(茨城県つくば市)

松見公園のシダレザクラ
撮影 2020.3.26&4.2
茨城県つくば市

松見公園はつくば研究学園都市の中央を貫く、歩行者専用のペデストリアンデッキの北端に位置する公園で、1976年に開設された。
俗に「栓抜き型」と呼ばれる展望塔は高さ45m。
公園の全体計画も手掛けた菊竹清訓の設計による。

エドヒガン系1_R

エドヒガン系2_R
駐車場からの入口附近に、1本のシダレザクラがある。(3月26日撮影)
これはエドヒガン系の、普通のシダレザクラだ。


2種類_R
手前にちょっと変わったシダレザクラがある。
開花が遅いので、この日はまだ咲いていない。

ヤマザクラ系2_R
1週間後の4月2日撮影

ヤマザクラ系1_R
小ぶりだが、なかなかの存在感を主張する不思議な桜が3本ある。
花の特徴を見てもエドヒガン系ではない。
開花も1週間ほど遅く、ヤマザクラ系の品種と思われる。

散り果て_R
先週見頃だった桜はすでに散り果て。

テーマ :
ジャンル : 写真

尊像寺のシダレザクラ(茨城県筑西市)

尊像寺のシダレザクラ
茨城県筑西市
撮影 2020.3.23

DSC03045-001_R.jpg

DSC03030-001_R.jpg
旧下館市の中心部にほど近いところにある天台宗の古刹。
2016年以来、4年ぶりの訪問になる。
前回も、周辺が工事中で殺風景だったと書いたが、あまり変わっていないようだ。

テーマ :
ジャンル : 写真

延命寺のシダレザクラ(茨城県筑西市)

延命寺のシダレザクラ
撮影 2020.3.23
茨城県筑西市

1_20200331010125a9f.jpg

2_2020033101012564e.jpg

3_2020033101012688f.jpg

4_202003310101274e1.jpg

5_202003310101275a8.jpg

6_2020033101012504c.jpg
県西方面に行けば、この桜は見逃せない。
樹齢300年のシダレザクラは、筑西市で最も見ごたえがある1本である。
今回で4回目になるが、天気も含めて一番よかった。

テーマ :
ジャンル : 写真

久昌院のシダレザクラ(茨城県古河市)

久昌院のシダレザクラ
撮影 2020.3.23
茨城県古河市

DSC02758-001_R.jpg

DSC02795-001_R.jpg

DSC02792-001_R.jpg

これも去年初めて撮影したが、曇天で冴えなかった。
今回は青空をバックに、満開の状態で撮影できた。
上の方に枯れ枝が目立つが、全体的には樹勢も旺盛である。

テーマ :
ジャンル : 写真

普舜院の江戸彼岸桜(茨城県古河市)

普舜院の江戸彼岸桜
撮影 2019.3.31
茨城県古河市

DSC02703-001_R.jpg

DSC02698-001_R.jpg

DSC02742-001_R.jpg

DSC02722-001_R.jpg

天気予報は芳しくなかったのだが、10時過ぎには晴れ上がった。
普舜院の江戸彼岸桜は、昨年初めて見た桜だが、今回はいい条件で撮影できた。

テーマ :
ジャンル : 写真

常繁寺の桜(茨城県坂東市)

常繁寺の桜
撮影 2020.3.23 茨城県坂東市

坂東市逆井にある浄土宗の寺院。
逆井城の城主だった逆井常繁にゆかりのお寺とのこと。

DSC02693-001_R.jpg
境内にはシダレザクラとソメイヨシノが並んで咲く。

DSC02656-001_R.jpg
本堂脇にある、形の良いシダレザクラ

DSC02631-001_R.jpg
このソメイヨシノはとても見事な咲き具合だ

この時間は曇っていて、空の色が冴えなかった。

テーマ :
ジャンル : 写真

さくら坂の桜(茨城県取手市)

さくら坂の桜
撮影 2020.3.22 茨城県取手市

DSC02623-001_R.jpg

DSC02618-001_R.jpg

DSC02605-001_R.jpg
取手駅東口から台宿方面に通じる坂の途中にある。
桜の傍らには「さくら坂」の表示があるが、由来等はわからない。
小さな桜だが、それなりに年輪を感じさせる樹形である。
ただ、撮影しにくい桜であることは間違いない。

テーマ :
ジャンル : 写真

明星院のシダレザクラ(茨城県取手市)

明星院のシダレザクラ
撮影 2020.3.22 茨城県取手市

DSC02533-001_R.jpg

DSC02557-001_R.jpg

ここにシダレザクラがあることは、一昨年初めて知った。
これも開花が早い桜で、早くも散り初めていた。

テーマ :
ジャンル : 写真

般若院のシダレザクラ(茨城県龍ヶ崎市)

般若院のシダレザクラ
茨城県龍ヶ崎市
撮影 2020.3.22

DSC02077-001_R_20200324011443e86.jpg

DSC02194-001_R.jpg

DSC02167-001_R.jpg

DSC02245-001_R.jpg
東北に行っている間に満開になったようなので、日曜日の朝行って見た。
晴れてはいるのだが、空の色が白っぽくて冴えない。

テーマ :
ジャンル : 写真

歓喜寺のエドヒガン(茨城県坂東市)

歓喜寺のエドヒガン
撮影 2020.3.18 茨城県坂東市

DSC01051-001_R.jpg

DSC01067-001_R.jpg

DSC01113-001_R.jpg

DSC01152-001_R.jpg

樹齢400年以上とされるエドヒガンの古木で、茨城県内でも早咲きの1本。
2本に分かれた大枝のうち、西側の1本は数年前の台風で折れたようだ。
以前に比べると、若干枯れ枝が目立つようだ。

テーマ :
ジャンル : 写真

栄福寺のシダレザクラ(千葉県千葉市)

栄福寺のシダレザクラ
撮影 2020.3.16 千葉県千葉市

DSC00958-001_R.jpg

DSC00977-001_R.jpg

DSC00987-001_R.jpg

DSC01047-001_R.jpg
この桜は関東でも特に開花が早いので、油断していると散ってしまう。
それにしてもまだ3月16日でほぼ満開。さすがに早い。

2011年と同様、自粛ムードの中の桜撮影が始まった。
自分は宴会系の花見にはもともと興味がないので、いつもと同じ。
ただ、世の中が混乱していても、時期が来れば花は咲くのだな、と素直に受け止める。

株価暴落のニュースを見ながら、経済界の人って絶対に過去から学ばないのだな、と感心する。

テーマ :
ジャンル : 写真

般若院のシダレザクラ、開花(茨城県龍ヶ崎市)

般若院のシダレザクラ
撮影 2020.3.15 茨城県龍ヶ崎市

DSC08412-001_R.jpg

DSC08422-001_R.jpg

東京では公式にソメイヨシノが開花したようだが、こちら早咲きのシダレザクラもすでに開花し、部分的には綺麗に咲いている。
最近では2013年が早く、3月21日には満開になっていた。今年は今後の気温次第ではもっと早いかも知れない。

テーマ :
ジャンル : 写真

在りし日の「左近の桜」

昨年の9月9日、関東地方を襲った台風15号により、偕楽園の名木「左近の桜」が倒壊した。
「左近の桜」は、京都御所紫宸殿の左近の桜から系統の苗木を貰い受け、1963年に植樹されたヤマザクラで、茨城県を代表する名木だった。
県は、再生が可能かどうか、複数の樹木医に診断を依頼したが、根がすでに不朽菌に侵されいており、再生不能という結論に至ったということで、即刻伐採、撤去されてしまった。
長命のヤマザクラにして、まだ60年ほどの樹齢であり、昨年まで元気に花を咲かせていたのに、簡単に再生不能と言う判断を下してしまっていいのかという疑問が個人的にはある。

DSC08791-001_R.jpg
63年以前には存在しなかったわけだが、主木を失い、殺風景な風景になってしまった。

DSC08794-001_R.jpg
「跡地」の看板など、何の意味があるのだろう。


1全景
全景

3_2020031100381356e.jpg

4_20200311003814d0f.jpg

5_20200311003814e2e.jpg
好文亭との位置関係を見ると、この場所に植えた人の感性は素晴らしいと思う。

7好文亭から
好文亭から
背景は千波湖
高台にあり、風当たりがいい位置にあることが仇になった。

8夕景2
好文亭側から、夕陽を浴びる姿

9夕景3

10夕景1
夕景

11雪景色
雪景色

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

河津桜まつり(静岡県河津町)

河津桜まつり
撮影 2020.2.23 静岡県河津町

河津町では、2月10日から3月10日まで河津桜まつりを開催している。
今年は異常な暖冬で開花が早く、2月上旬にはすでに満開になった。
この日はすでに見頃を過ぎ、葉桜になりかけている。
結果的には前の週が一番よかったように思うが、天気を考えるとこの日が最高だった。
やっぱり期間中一番の混雑だったらしい。

1_2020022815093013c.jpg

2_20200228150933242.jpg

3_202002281509345e2.jpg

4_20200228150931d8d.jpg

5_202002281509320fc.jpg

6_202002281509192b7.jpg

7_20200228150925c97.jpg

8_20200228150922208.jpg

我が家としては珍しく(というか、ほぼ初めて)バス旅行に参加した。
東京駅8時発。
昼前には現地到着という予定のようだったが、さすがにそれは無理だろうと思った。
東名は故障車による渋滞があり、それは想定外だったが、概ね順調だった。
伊豆に入ってからは天城越えまでずっと渋滞。やっぱり伊豆はエスケープルートがないので、どうしてもこうなってしまう。
結局7時間以上かかって、現地到着は15時15分になってしまった。
怪我の功名か、夕方の斜光線は意外によかった。

帰りは天城越えまで2時間の渋滞。その後も断続的に渋滞したが、遅くなったため、高速の渋滞は逆に解消した。
東京駅到着はほぼ12時。
バス会社はわかっているはずなのに、なぜ初めから無理なスケジュールを組むのだろう。
自分だったらもう少し考える。

河津桜は、テレビの宣伝が効いているのか、近頃の人気は半端ではない。
自分は初めてだが、少し甘く見たのかも知れない。

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

今年の桜撮影から

今年撮影した桜の中から、一応ベストテンのような形で選んで見た。

今年撮影したのは94本。うち、初撮影は49本である。
撮影した本数も増えて来たので、再訪問が多くなった。

今年は、比較的多くの桜を撮影した割にはいい写真が少なく、不満が残った。
ひとつには、天気に恵まれなかったことが挙げられる。
去年はそうではなかった。やっぱりいい年ばかりではない。また来年に期待しよう。

長光寺J33A7607-001_R
長光寺のシダレザクラ
千葉県山武市
3月24日撮影


吉田神社DSC09128-001_R
吉田神社のシダレザクラ
茨城県水戸市
3月28日撮影


延命寺DSC00241-001_R
延命寺のシダレザクラ
茨城県筑西市
3月31日撮影


般若院DSC08991-001_R
般若院のシダレザクラ
茨城県龍ヶ崎市
4月1日撮影


大山寺J33A8067-001_R
大山寺の桜
茨城県城里町
4月6日撮影


西方寺J33A8097-001_R
西方寺のシダレザクラ
茨城県常陸大宮市
4月6日撮影


蒼龍寺DSC09875-001_R
蒼龍寺のシダレザクラ
茨城県那珂市
4月6日撮影


吉高DSC00876-001_R
吉高の大桜
千葉県印西市
4月8日撮影


六十塚J33A8211-001_R
六十塚の山桜
茨城県牛久市
4月11日撮影


小倉DSC04096-001_R
小倉のシダレザクラ
長野県安曇野市
4月22日撮影

テーマ :
ジャンル : 写真

関所破りの桜(長野県佐久市)

関所破りの桜
撮影 2019.4.22
長野県佐久市

DSC05331-001_R.jpg

DSC05321-002_R.jpg

DSC05342-001_R.jpg


2010年以来の訪問である。
道の駅「ほっとぱーく浅科」からよく見える小高い丘の上、五郎兵衛記念館の敷地内に立つ。
浅間山の眺望が素晴らしく、絶好のロケーションにある。

旧浅科村は様々な変遷ののち、1955年に南御牧村、中津村、五郎兵衛新田村が合併してできた。
このうち五郎兵衛新田村は、寛永年間に、市川五郎兵衛真親という人が、私財を投じて、遠く蓼科山麓から用水路を築いたことで発展した。
この用水路は五郎兵衛用水路と呼ばれ、総延長は約20kmにも達するという。

五郎兵衛を祀るため、この場所に神社を建立することになったが、その際、彼の出身地(現在の群馬県南牧村)から桜の苗木をもらって来て、この地に植えることになった。
ところが苗木を取りに行った若者がうっかり通行手形を忘れたため、碓氷峠の関所を通行できなかったが、訳を話したところ、役人が通してくれたという。
「関所破り」の由来である。

テーマ :
ジャンル : 写真

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア