FC2ブログ

ミソサザイ@井頭公園

ミソサザイ
スズメ目ミソサザイ科
体長10~11cm
撮影 2019.12.1 栃木県真岡市

DSC01889-001_R.jpg

DSC01914-001_R.jpg

DSC01899-001_R.jpg

尾羽をピンと上げては体を伏せ、回れ右をして同じ行動を繰り返す。
繁殖期ならば、体に似合わない大きな声で囀るのだが、越冬期にはウグイスに似た地鳴きを聞かせるだけである。
越冬期は、ヤブの中にいてなかなか姿を現さないので、こんなにサービスのいい個体は初めて見た。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミソサザイ@戸隠


ミソサザイ
スズメ目ミソサザイ科
体長10~11cm
撮影 2018.6.9 長野県長野市、戸隠森林植物園

植物園の中はミソサザイが多く、あちこちで囀っている。
時には2mほどの至近距離にいることもあり、近すぎて見逃すこともある。

ミソサザイ@軽井沢


ミソサザイ
スズメ目ミソサザイ科
体長11cm
撮影 2018.4.22 軽井沢野鳥の森

野鳥の森を流れる沢にはミソサザイが多く、小さな体に見合わない大きな声で囀っている。

ミソサザイ@軽井沢


ミソサザイ
スズメ目ミソサザイ科
体長11cm
撮影 2010.5.9 長野県軽井沢町軽井沢野鳥の森

日本で最も小さな鳥のひとつですが、非常に見事な囀りを聴かせてくれます。
小さいのに声量があるためか、ヨーロッパでも「鳥の王」とされる寓話が多く存在します。

ヨーロッパの民話では、森の王に立候補したミソサザイが、森の王者イノシシの耳の中に飛び込んで、見事にイノシシを倒したという寓話が知られています。
ただ、小さなミソサザイは森の王とは認められなかったという話です。

日本の昔話にも、ミソサザイとタカが鳥の王であることを争う話があります。
ここでもミソサザイは森の王であるイノシシと戦うのですが、イノシシの鼻の穴に飛び込んで勝利を得ます。
タカはミソサザイに負けまいと2頭のイノシシを捕らえようとしますが、2頭に跨ってしまったために2つに裂けてしまいます。
見事にミソサザイが鳥の王に選ばれます。

アイヌの民話では、ミソサザイがクマの耳に飛び込んで攻撃をします。この伝承の中では、小さいけれども立派な働きをしたと、神に讃えられる存在になっています。


小さな鳥が、大きな敵の耳に飛び込んで勝利を得るという話は他にもあります。
仁徳天皇が鷹狩りをしていた時、天皇の目の前で1羽のモズが鹿の耳に飛び込んで倒してしまったという話があります。
ここから、百舌鳥という地名がついたという話が日本書紀にのっています。現在も残る地名です。

ミソサザイ@戦場ヶ原



ミソサザイ
スズメ目ミソサザイ科
体長11cm
撮影 2008.7.13 栃木県日光市戦場ヶ原

ミソサザイは日本最小に近い鳥ですが、歌い手としては天下一品です。
水辺を好む鳥なので、渓流沿いではその見事な声が響きます。
湯川が湯滝、小滝を経て戦場ヶ原に流れ出て行くこのあたりは、奥入瀬渓流を思わせる雰囲気を漂わせていて、奥日光でも最も素晴らしい場所とも言われています。

ミソサザイ@軽井沢




ミソサザイ
スズメ目ミソサザイ科
体長11cm
撮影 2008.4.29 長野県軽井沢町白糸の滝

山地の渓流では、よく響く見事な囀りを聞かせてくれる鳥。
日本最小に属する鳥ですが、声量は抜群。見た目は極めて地味。不思議な鳥です。
この日、軽井沢野鳥の森ではあまりじっくりと見られませんでした。
白糸の滝ではいつも見やすいところで囀ってくれます。

・・・・・・

明日から島流しになって来ます。
天気は良さそうですが、良すぎると鳥が寄ってくれないというジレンマがあります。

ガソリンはGW期間中にもかかわらず、大増税になりました。
いきなり今日から150円程度になっています。上がるのは早いですね。
政府は国民の生活のことなんか考えていない、ということだけははっきりわかりました。

ミソサザイ


ミソサザイ
スズメ目ミソサザイ科
体長11cm
撮影 2007.4.22 長野県軽井沢町白糸の滝

日本三鳴鳥というのがあります。
ウグイス、コマドリ、オオルリを指します。
ミソサザイは日本最小の鳥のひとつですが、それらに勝るとも劣らない名歌手と言えます。
主に山地の渓流で見られる鳥。
冬の間は低地でも見られます。
地鳴きはウグイスによく似ています。

今日は軽井沢での探鳥会。
11人参加。
軽井沢は、日本3大野鳥の生息地と言われます。
軽井沢野鳥の森はその代表的な探鳥地です。
今年は夏鳥の飛来が遅いようで、多くの種類は見られませんでした。
風も強く、鳥見には厳しい条件でしたが、雨が降らなかったのは幸いでした。

今日見られた鳥
野鳥の森~白糸の滝~中軽井沢周辺
7:50~15:10
カルガモ
トビ
ノスリ
キジバト
アオゲラ
アカゲラ
コゲラ
ツバメ
キセキレイ
セグロセキレイ
ヒヨドリ
モズ
カワガラス
ミソサザイ
ウグイス
ヤブサメ
キビタキ
コガラ
ヒガラ
ヤマガラ
シジュウカラ
ゴジュウカラ
メジロ
ホオジロ
アオジ
カワラヒワ
イカル
シメ
スズメ
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
(小型タカsp)
以上33+1種

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア