FC2ブログ

河津桜とメジロ

メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影 2020.2.24 神奈川県鎌倉市

DSC07948-001_R.jpg

DSC07815-001_R.jpg

DSC07985-001_R.jpg

河津桜の蜜を吸うメジロ。
見ていた人は皆「ウグイス」と言っていた。世間的にはそういう認識か。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

桜に来たメジロ

メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影 2019.3.31 茨城県古河市

DSC09971-001_R.jpg

このところ、桜の撮影ばかりで、鳥を見ていない。
写真は古河の歴史博物館前の桜に来たメジロ。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

2012年の記事から-メジロ@手賀沼



メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影 2012.1.15 千葉県我孫子市

この冬、小鳥が少ないのは、山に餌が豊富だからとも言われるが、シジュウカラやメジロのような留鳥でさえ少ないのは気になるところ。

メジロの♂♀、成幼の区別は難しい。
虹彩が濁っていないのは、成鳥だと思われる。
目先や喉に黄色味が少なく、腹に黄色味がないところは♀の可能性が高いように思う。

枝かぶりになってしまったが、目がよく出たので。

亜種シチトウメジロ@三宅島


メジロ(亜種シチトウメジロ)
スズメ目メジロ科
体長
撮影 2014.5.31 三宅島

メジロも非常に多かったが、ほとんど撮影していない。
これはアカコッコ館裏の水場で。

メジロには8亜種が知られている。
■メジロ(基亜種)
■シチトウメジロ(主に伊豆諸島)
■イオウトウメジロ又はイオウジマメジロ(硫黄島)
■ダイトウメジロ(南北大東島)
■シマメジロ(主に種子島、屋久島)
■リュウキュウメジロ(南西諸島)
以上は日本産鳥類目録に記載。その他、大陸系の亜種として
■ヒメメジロ(主に中国大陸)
■ハイナンメジロ(海南島)
という2亜種がある。
大陸産の亜種については、国内のメジロを違法に飼うための隠れ蓑として、違法に輸入されているという可能性がある。

亜種シチトウメジロは、亜種メジロに比べるとやや大きく、嘴が太くて長い傾向にある。
脇の褐色味は薄く、虹彩はいくぶん赤味がかっているとされる。


今回は、
 亜種オーストンヤマガラ
 亜種タネコマドリ
 亜種シチトウメジロ
については、一応撮影出来たが、
 亜種ミヤケコゲラ
 亜種モスケミソサザイ
については撮影出来なかった。
次回行くことがあればそれらも撮影して見たいと思う


ところで、亜種シチトウメジロはメジロに比べて若干大きい。
亜種ミヤケコゲラもコゲラよりも大きく、亜種オーストンヤマガラもヤマガラよりも大きい傾向にあるようだ。
「大陸に比べ島嶼部では、大型動物は小さくなる方向に進化し、小型動物は大きくなる方向に進化する」
という「フォスターの法則(島の法則)」に従ったものかも知れない。(島の方が天敵や競争者が少ないという前提がある)

小鳥のような小型動物は、体重に比べて体の表面積が相対的に大きく、体温の発散が激しいので、体重に比べてより多くの餌を必要とする。
また、小型動物は天敵から身を隠しやすいために、小さいことが武器になる。
三宅島の亜種がフォスターの法則に従ったものかはわからないが、素人なりに解釈すると、天敵や競争者が少なければ、無理して小さい体を維持する必要がないので、大きくなる方向に進化するということかという風に考えられる。

メジロ@相模原





メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影 2014.3.9 神奈川県相模原市

早咲きの桜に来たメジロ。
こういうシーンを見ると、やっぱり春はいいと思う。

メジロ@偕楽園



メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影 2012.3.20 茨城県水戸市

偕楽園は大名庭園だが、その名が表す通り、身分にかかわらず、偕(みな)で楽しむ園である。
梅の名所としては夙に有名で、この時点で6分咲き。今年は遅い。
メジロ君。その梅はただの梅ではない。日本を代表する名園の梅ですぞ。

メジロ@浮島


メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影 2009.3.19 茨城県旧桜川村(現稲敷市)浮島

2ヶ月も先のような気温になった一日。
案の定、桜が咲いた。
土浦附近ではまだまだだが、浮島あたりはやっぱり気温が高いのだろう。

4月の2週目に計画している桜撮影がいよいよ気になってきた。
これから3週間、飯田あたりの開花情報を一喜一憂しながら過ごすことになる。

メジロ、♂♀の識別

メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影 千葉県我孫子市他

ジョウビタキのように♂♀の区別がはっきりした鳥もいますが、ほとんどわからない鳥もいます。
メジロはかなりわかりにくい鳥で、野外での識別は困難な場合が多い鳥です。



目先と喉の黄色味が少なく、腹に黄色い羽がないことから♀と思われる個体。



こういう写真だとよくわからない。
黄色味が強い、弱いというのも相対的な表現なので、はっきりしたものと比べないと難しい。



腹に黄色い羽があるようにも見える。♂?



標識調査での写真
腹と脛毛に黄色味があり、♂と思われる。

「メジロ祭り開催」という記事があったので、載せてみました。TB先をご覧ください。
2/22にメジロの記事をUPするというイベントですが、日付が変わってしまいました。

メジロ



メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影 2007.12.15 千葉県習志野市谷津干潟

メジロは一年中見られる鳥で、囀りの見事さでも親しまれています。
この鳥はよく動く上に、緑の中では目立たない色なので、なかなか撮影が難しい鳥です。
冬の間は葉が落ちるので、割と見やすくなります。
枯葉の中のメジロ。
谷津干潟は小鳥との距離が近い場所でもあります。

メジロ



メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影 2007,4,14 群馬県館林市多々良沼

桜の木で囀るメジロです。
山に行かなくても、囀りが堪能できるのは、ウグイス、ホオジロ、シジュウカラとメジロでしょうか。
「長兵衛、忠兵衛、長忠兵衛」
と聞きなされています。

メジロ


メジロ
スズメ目メジロ科
体長11・5cm
撮影 茨城県土浦市

WTCの崩壊を全世界が目撃した9.11。
私の人生でも最もショッキングな出来事でした。
その4日後に届いたパソコンでした。
9.11の記憶はまだ生々しく残っていますが、パソコンはほとんど骨董品になっていました。
昨日、ようやく買い替えることになりました。

車のタイヤを買いに行ったのです。
交換を待っている間、近くの電器店で買ってしまいました。
今度のはノート型です。
キーボードがまだ慣れないのでタイプミスが多いです。

散歩の途中に撮ったメジロ。
今頃はメジロもえさ探しに夢中で、撮影しやすい時期です。

メジロ



メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影 千葉県我孫子市手賀沼

手賀沼は、かつて日本一汚れた沼として有名でした。
我孫子市と柏市という人口密集地に挟まれた手賀沼は、水質の点では過酷な条件のもとにあります。
その手賀沼も近年、水質が大幅に改善する傾向にあるのは喜ばしいこと。
手賀沼の周辺には山科鳥類研究所があり、日本で唯一の鳥専門の博物館「我孫子市鳥の博物館」があります。
毎年11月には、ジャパンバードフェスティバルが行われる、日本のバードウォッチングのメッカになっています。

2枚目の写真、これはメジロの舌でしょうか。

メジロ


メジロ
スズメ目メジロ科
体長12cm
撮影:茨城県牛久市牛久自然観察の森

よく動くメジロだが、食事に忙しい時は比較的1箇所に留まるので撮影しやすくなります。
シジュウカラに比べると、人を恐れない鳥。
柿にメジロもよく似合う組み合わせですが、柿にはウグイスもよくやって来ます。
これをウグイスと思っている人も多いようです。

柿に限らず木の実は鳥の絶好の食べ物ですが、今年はまだ各地に残っています。
山にまだ食べ物が豊富なのか、と噂しあっています。

メジロ


メジロ
スズメ目メジロ科
体長11.5cm
撮影:茨城県土浦市

メジロは日本産鳥類の中でも、かなり小さな部類に属する鳥です。
日本周辺が主な生息地ですが、地域限定の多くの亜種があります。
メジロ(本種)
リュウキュウメジロ
ダイトウメジロ
イオウジマメジロ
シチトウメジロ
シマメジロ
そのほかに、チョウセンメジロがまれに見られるようです。

今、飼育が許されている鳥はメジロとホオジロだけです。
なぜかというと、鳥のさえずりを競う「鳴き合わせ」という趣味があるからです。
鳴き合わせの是非についてはここでは措いておくとしても、その名目に中国から輸入され、国内では密漁にさらされていることは申し上げておきたいと思います。
密漁の名人(?)の手にかかると、500m四方のメジロは全部捕られてしまうそうです。
ちなみに、国内のメジロを中国産と偽っても本来ならばれてしまうはずです。
なぜならば、中国産のメジロは亜種ヒメメジロと言う小型の種類だからです。

「梅にウグイス」とよく言われますが、メジロと勘違いしたものでしょう。
「梅にメジロ」はとても絵になる光景なので、2月になったら撮影にチャレンジして見ます。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア