FC2ブログ

ツバメチドリ@茨城




ツバメチドリ
チドリ目ツバメチドリ科
体長25cm
撮影 2014.8.3 茨城県

6羽程度が比較的長期滞在しているようだ。

飛ぶところがツバメに似ていると言われる。
全体的には地味だが、腰の白さが目立つ。

ツバメチドリ@茨城




ツバメチドリ
チドリ目ツバメチドリ科
体長25cm
撮影 2014.7.6 茨城県

ツバメチドリが複数いるようだったので探して見たが、なかなか見つからない。
草の陰に隠れている1羽を見つけたのでこれだと思い、場所を移動しながらようやく探し出したが、すぐに飛んでしまった。
飛んだところを追うと、結局5羽であることがわかった。(3枚目の写真。一番左はコチドリ)
どこに隠れていたのだろうか。よくある話ではある。

ツバメチドリ@茨城

ツバメチドリ
チドリ目ツバメチドリ科
体長25cm
撮影 2010.8.11 茨城県

今年はツバメチドリの当たり年かも知れない。
先日と全く別の場所で3羽を観察した。
今回は初めて幼羽1羽が見られた。




冬羽に換羽中




各羽に羽縁が目立つ幼羽

再びツバメチドリ@茨城県




ツバメチドリ
チドリ目ツバメチドリ科
体長25cm
撮影 2010.7.25 茨城県

昨日は夏羽1羽、冬羽1羽でしたが、今日は夏羽が1羽増えました。
夕方の撮影なので、順光。昨日よりもいい条件で撮影できました。
夏羽の特徴がよくわかると思います。

ツバメチドリ@茨城県

ツバメチドリ
チドリ目ツバメチドリ科
体長25cm
撮影 2010.7.24 茨城県

旅鳥として、少数の通過個体が毎年観察されています。
草原性の鳥なので、農耕地や荒地を好みます。
尾羽が燕尾で長く、飛翔姿がツバメに似ているのでこのような名がついたと言われています。

シギチの渡りもまだそれほどでもありませんが、このあたりには畑も多いので、ツバメチドリがいるのではないかと内心期待していましたが、運良く田んぼの畦に2羽休んでいるのを発見しました。




夏羽
嘴の基部が赤く、喉の部分が黒い線で囲まれています。
早朝の逆光で色がよく出ていませんが、体全体にやや褐色味があります。







冬羽
喉に、黒いラインの痕跡が若干残っているように見えます。




キアシシギと
大きさはほぼ同じ

ツバメチドリ



ツバメチドリ
チドリ目ツバメチドリ科
体長25cm
撮影 茨城県稲敷市

通称ツバチ。
旅鳥または夏鳥として飛来しますが、やや珍しい部類に属する鳥。
各地で局地的に繁殖するらしいのですが、詳細はよくわかりません。
チドリ目の中でも、ツバメチドリ科として独立しています。
コチドリの群れの中に、ツバメチドリがいました。
飛翔時の形がツバメに似ていることからの命名だと思います。
腰が白いところがイワツバメに、尾羽の形がツバメに似ています。(前日撮った証拠写真を載せておきます)

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア