FC2ブログ

ブッポウソウ@長野県

ブッポウソウ
ブッポウソウ目ブッポウソウ科
体長30cm
撮影 2012.6.10 長野県







私の場合、個人でもグループでも、特定の鳥を目当てに遠くに行くということはほとんどない。
珍鳥が現れた時、何人かで見に行くということが年に1~2回程度はあるが、その場合でも関東地方を出ることはまずない。
基本的には、ある場所に行ってその場所で見られる鳥を観察する、というのが探鳥会としてのスタンス。
だから、なるべくみんなで見ることと、鳥合わせは大事にする。


今回の探鳥会に関しては、ブッポウソウを観察するという明確な目的があった。
仲間内でブッポウソウの話題が出た時、見たいという声が多かったからである。
ここに行けば余程のことがない限り見られるだろう、という触れ込みで計画したのである。

出発は雨だったが、午後は回復しそうだったので現地に直行。11時ごろ到着した。
1時間とちょっと待つ。
昼時ということもあり、一旦引き上げようかと思った時に目的の鳥は現れ、とりあえず探鳥会の目的は達成できた。
ただ、ここはよく知られたポイントで、結果論から言えば見られて当然の場所である。
だから、昨日載せた別個体を仲間が発見してくれたことが、自分にとっては一番よかった。

・・・・・・

よく知られた「ブッポウソウ」という名前の話

滅多に聞けるものではないが、夜の山中に「ブッキョッコー」と鳴く鳥の声は非常に味わい深いものである。
その声の主は、きっとこの青く美しい鳥だろうと考えたとしても不思議ではないが、その正体がコノハズクであることがわかったのはそんなに昔のことではない。
ブッポウソウという名前はすでに定着していたので、
 ブッポウソウ=姿のブッポウソウ
 コノハズク =声のブッポウソウ
として区別しているが、コノハズクのことをうっかりブッポウソウと言ってしまうことは今でもよくある。


「仏法僧」というのは、仏教における3つの宝物=三宝を指すのだから、命名としてはこれ以上ないぐらいのありがたい名前なのである。

三宝の解釈には色々あるようだが
 仏=釈迦
 法=釈迦の教え
 僧=その教えを受ける集団
であるとか
 仏=悟りの体現者
 法=その教えの集大成
 僧=仏弟子の集団
ともいう。
もっとわかりやすい解釈では
 仏=仏像
 法=経巻
 僧=出家者
というのは理解しやすいかも知れない。




ところで英語では”Dollarbird”という。
飛翔時には一番目立つポイントである白い翼帯を、アメリカの1ドル銀貨(シルバーダラー)に見立てたものらしい。
ちなみに現在の1ドル硬貨は、当然のことながら銀貨ではないが、直径は26.5mmあって、日本の500円硬貨とほぼ同じである。

それにしても「100円玉の鳥」みたいな命名で、あまり有難味がない。
彼我の感覚の違いというか、英語名はストレートで、ある意味即物的でわかりやすい命名が多いようである。

ブッポウソウ@長野県



ブッポウソウ
ブッポウソウ目ブッポウソウ科
体長30cm
撮影 2012.6.10 長野県

これは長野県内だが、よく知られているポイントではない。
曇天の空抜けでは、この鳥の美しい色がなかなか出なかった。
偶然こういう背景で見られたことは大きな幸運だったと思う。
ただし距離は相当ある。それは仕方がない。
営巣しているペアだが、この鳥の雌雄の判断は難しい。


ブッポウソウを観察していると、遠くから「キョロロロロロロロロ」という声が聞こえてきた。

ブッポウソウ@長野県




ブッポウソウ
ブッポウソウ目ブッポウソウ科
体長30cm
撮影 2009.6.27 長野県

夜「コッ、キョッコー」と味わい深い声で鳴くのは、この青く美しい鳥だろうと考え、「仏法僧」と名づけたのは、上手な聞きなしでした。
その声の主ではない、という指摘は昭和初期からあり、昭和10年にNHKが愛知県の鳳来寺山からラジオの実況中継を試み、その鳥はコノハズクであることがわかりました。
ブッポウソウの声は「ゲッ、ゲッ」という声で、お世辞にも綺麗とは言えません。

それ以来
 ブッポウソウ=姿のブッポウソウ
 コノハズク=声のブッポウソウ
と呼ばれています。

こんなことが判明したのがわずか74年前のことですから、現在知られている知識にも怪しいものがあるかも知れません。


青い体に白い翼帯が目立ち、赤い嘴が印象的。
直線的に、比較的ゆったりと飛ぶ鳥で、その意味では撮影しやすい鳥です。
羽ばたきの速さはカラス程度。

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア