fc2ブログ

芦ノ湖と富士山(神奈川県箱根町)

撮影 2021.11.14

DSC02570-001_R.jpg
箱根峠附近から

この日はかなり風が強く、富士山の上に笠雲、風下側に吊るし雲が出来ていた。
天気が悪くなる兆候と言われている。


DSC09779-001_R.jpg
元箱根附近から

駒ヶ岳山頂あたりに、下から風が当たって雲が湧き出ている。
湖面はそれほどでもないが、上空は強風のようだ。


DSC09836-001_R.jpg

DSC09863-001_R.jpg
ロープウェイで駒ヶ岳山頂に行って見たが、案の定、凄い風が吹いていた。
写真では伝わらないが、飛ばされそうなほどの風だった。

テーマ : 季節の写真
ジャンル : 写真

旧学習院初等科正堂(千葉県成田市)

旧学習院初等科正堂

DSC02378-001_R.jpg

DSC02370-001_R.jpg
旧学習院初等科正堂は1899年、四谷に建設されたが、1936年に皇太子(現上皇)の入学に備えて改築され、千葉県遠山村(現成田市)に下賜された。ここに宮内庁の御料牧場があったという縁によるものである。
翌々年、遠山尋常小学校の講堂として生まれ変わる。
1973年、国の重要文化財に指定され、1975年に「房総のむら」に移築された。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

赤城大沼(群馬県前橋市)

撮影 2021.10.30

DSC08710-001_R.jpg

DSC08736-001_R.jpg

赤城山山頂付近にあるカルデラ湖で、湖面標高は1370m。
本来の読みは「おの」だが、近年は「おおぬま」と読む人が多い。
ちなみに小沼の読みは「この」。

正面に見える地蔵岳には、かつてリフトとロープウェイが通じていたが、1998年に休止になった。


テーマ : 季節の写真
ジャンル : 写真

赤城山覚満淵(群馬県前橋市)

撮影 2021.10.30
群馬県前橋市

覚満淵(かくまんぶち)は、群馬県前橋市(旧富士見町)の赤城山にある湿原。
標高は1360m、周囲は800mほどで、木道が設置されており、一周することができる。
「小尾瀬「とも言われている。
その名前は平安時代、比叡山延暦寺の高僧であった覚満という人に由来するという。

1_20211126012929b50.jpg

2_20211126012931ec9.jpg

3_20211126012932b33.jpg

4_20211126012933065.jpg

5_20211126012935d48.jpg

6_20211126012938b8e.jpg

8_20211126012940f48.jpg

7_202111260129391a1.jpg


テーマ : 季節の写真
ジャンル : 写真

名盤コレクション197 マーラー/交響曲第2番「復活」(クーベリック/バイエルン放送SO)1982年ライヴ

2021-11-026_R.jpg
マーラー/交響曲第2番「復活」
ラファエル・クーベリック/バイエルン放送交響楽団
エディット・マティス(ソプラノ)
ブリギッテ・ファスベンダー(アルト)
1982年10月8日、ライヴ録音

2番や9番には名演が多い。
名曲なだけに、演奏する側も気合が入るのだろうか。
クーベリックの2番は、コンセルトヘボウ盤が録音の問題で残念だったが、手兵のバイエルンとのライヴはさすがの名演だ。
2番は独唱者2人が入るので、その出来が印象を大きく左右する。
これまで多くの名歌手が歌って来たが、ここでのマティスとファスベンダーの組み合わせは理想的と言っていいだろう。
ライヴで燃えるクーベリックも素晴らしい。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

金蛇水神社参道・休憩所(宮城県岩沼市)

金蛇水神社参道・休憩所
設計:齋藤和或建築設計事務所
宮城県岩沼市
撮影 2021.10.25

DSC08277-001_R_20211125014919cb0.jpg
金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ)は、金蛇沢という深い谷が仙台平野に流れ出す、その谷の出口にある。
典型的な水神信仰の霊場である。
境内には樹齢300年といわれる「九龍の藤」や、東北を代表する牡丹園などもある。


DSC08240-001_R.jpg
境内には築30年の小さな休憩所があったが、老朽化のため建て替えることになった。
ちょうど敷地南側の土地を入手することができ、参道や牡丹園と一体化した休憩施設「参道テラス」の計画に発展した。


DSC08264-001_R.jpg

DSC08299-001_R.jpg
建物は今年のグッドデザイン賞にも選ばれた。


DSC08350-001_R.jpg
牡丹園側から。
手前にショップ、奥にカフェがある。


DSC08307-001_R_20211125014912feb.jpg
カフェの内部

伝統的な神社仏閣がこういう施設を設置するのは珍しいが、この前日に訪れた慈恩寺(山形県寒河江市)でも同様の試みがあった。
「テラス」という名称は一種の流行でもあるのだろうが、建築のクオリティとともに、ネーミングやロゴ・デザインは重要だ。伝統的施設でもそのことに気が付いてきたのだろう。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

ナン・メリマンのCD

IMG_0003_R_20211121214323a80.jpg
1 マーラー/交響曲第2番「復活」

ラファエル・クーベリック/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
マリア・シュターダー(ソプラノ)
ナン・メリマン(メゾソプラノ)
1960年7月14日 ライヴ録音

......

 2 ブラームス/アルトのための2つの歌OP91
 3 黒人霊歌/Little David
 4 黒人霊歌/My Good Lord done been here
 5 ショーソン/7つの歌OP7~蝶々
 6 ショーソン/7つの歌OP7~はちすずめ
 7 ショーソン/2つの歌OP7~魅惑と魔法の森で
 8 ニン/スペイン民謡集~ムルシアの布
 9 トゥリーナ/カンシオン形式の詩OP19~恋狂い
10 トラディショナル/Tirana del caramba
11 ファリャ/3つの歌~セギディーリャ
12 ニン/スペイン民謡集~ポロ

ナン・メリマン(メゾソプラノ)
クラース・ブーン(ヴィオラ)
フェリックス・ド・ノーベル(ピアノ)
1958年3月1日

......

13 グルック/歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」~エウリディーチェを失って
14 チャイコフスキー/歌劇「オルレアンの少女」~さらば、森よ
15 ファリャ/7つのスペイン民謡

ナン・メリマン(メゾソプラノ)
ジャン・フルネ/ラジオ・フィルハーモニー管弦楽団
1962年2月3日

これは大変困ったCDだ。
メインはもちろんマーラーなのだが、何としたことか第1楽章の最後が欠落している。
録音ミスによる欠落というのは時々あるが、唐突に、演奏をやめてしまったかのように突然終わってしまう。
ライヴなのだからそれはありえないように思うのだが、原因は不明。
ナン・メリマンのことはよく知らないのだが、ソプラノは大好きなマリア・シュターダーだし、クーベリックのマーラー録音でコンセルトヘボウを振ったのは他に5番があるだけだと思うので、非常に残念だ。
演奏は全く素晴らしいものだが、不快な雑音が多いのも難点。
なお、最後に聴衆の拍手が6分余りも収録されている。それはそれでいいのだが、第1楽章を何とかしてほしかったところだ。

そのようなキズがあるからだろうか、ナン・メリマンのソロによる録音が入っている。
結構珍しいプログラムだと思うし、ファリャの名曲「7つのスペイン民謡」が入っているのは嬉しい。
マーラーが残念なだけに、こちらを聴くためのCDと言っていいかも知れない。

なお、この中で「ニン」という作曲家の名は初めて聞く。
ホアキン・ニンは1879年、スペイン生まれの作曲家とのことだ。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

山形空港に着陸するジェイエア機

撮影 2021.10.25

DSC00430-001_R.jpg
蔵王の樹氷高原から。
雪をかぶった山は月山(1984m) 直線距離は約56km。
左端にポツンと見えるのは、山形空港に着陸するジェイエアの機体(エンブラエル170)


DSC00420-001_R.jpg

DSC00415-001_R.jpg
飛んでいる飛行機を上から見るのはなかなか新鮮だ。

テーマ : 航空機
ジャンル : 写真

蔵王、樹氷高原(山形県山形市)

撮影 2021.10.25
山形県山形市

DSC08100-001_R.jpg
この日、上の方はすでに落葉が始まり、中腹あたりが見頃だった。
前日に雪が降り、道路が凍結したため、エコーライン方面は通行止めになってしまった。

蔵王ロープウェイは、蔵王山麓駅(約850m)から2本のロープウェイを乗り継いで、地蔵山頂駅(約1665m)まで行ける。
雪をかぶった月山、朝日岳(左)、鳥海山(右)が見える。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

旧グラン・シェラ蔵王(山形県山形市)

旧グラン・シェラ蔵王(現たかみや瑠璃倶楽リゾート)
設計:丹下健三
竣工:1995年
山形県山形市、蔵王温泉

1_20211121214319c96.jpg
蔵王温泉の、標高850m附近に建つリゾートホテル。
現在は「たかみや瑠璃倶楽リゾート」という名前のホテルになっている。
円形平面と台形断面の組み合わせという単純な幾何学的形態は、この時期の丹下健三の作品にはよく見られた。


2_20211121214323db3.jpg
蔵王ロープウェイの山麓駅近くという好立地にある。
ロープウェイから見た全景。


3_20211121214323104.jpg

4_2021112121432389c.jpg
内部空間は、恐らく改装されていると思われ、丹下健三らしさを示すものは見当たらない。


5_20211121214323710.jpg
唯一、3階のレストランに至る階段に、この時期の特徴がよく出ているように見える。


6_2021112121432390f.jpg

7_20211121214251303.jpg
遠景を狙って見た。
ハーフミラーのガラス面が目を惹く。
この内部はというと、エレベーターロビーになっていて


8_20211121214308566.jpg
こういう景色が見えると言う趣向になっている。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

同時に4機が通過した

撮影 2021.10.24
山形県寒河江市

DSC00281-001_R_20211118021125e38.jpg
「慈恩寺テラス」から出ると、上空を4機の飛行機が通過するのが見えた。
左上
 春秋航空日本のボーイング737-800(JA06GR) 

左下
 日本航空のボーイング767-300(JA611J) 

右上
 全日空のボーイング787-8(JA818A) 

右下
 エアーブリッジ・カーゴ・エアラインズ(ロシア)のボーイング747-8(VQ-BFU) 


DSC00289-001_R.jpg
しばらくすると、全日空機と日本航空機がすれ違った。
ニアミスのようにも見えるが、全日空機はB787、日航機はB767なので大きさがかなり違う。
全日空機の方がかなり高いところを飛んでいるということがわかる。

テーマ : 航空機
ジャンル : 写真

名盤コレクション196 マーラー/交響曲第2番「復活」(ワルター/VPO、チェボターリ、アンダイ)

IMG_0001-001_R_20211118012557f5a.jpg

マーラー/交響曲第2番「復活」
ブルーノ・ワルター/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
マリア・チェボターリ(ソプラノ)
ロゼッテ・アンダイ(アルト)
1948年5月15日、ライヴ録音

ワルターの「復活」は5種類が知られているが、ウィーン・フィルを振ったものはこれが唯一のもの。(他は全てニューヨーク・フィル)
1957~58年のスタジオ録音が特に名盤とされていて、以前ここでも取り上げた。

この演奏はライヴでのワルターの凄さをよく伝えるとともに、ウィーン・フィルの響きも素晴らしいが、金管にミスが目立つのが難点である。
早世した名ソプラノ、マリア・チェボターリの歌唱が聴けるのもこの盤の価値を高めている。
ロゼッテ・アンダイの独唱も含め、やや時代がかった歌唱が若干気になるが、逆に時代の雰囲気をよく伝えているとも言える。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

慈恩寺(山形県寒河江市)

撮影 2021.10.24
山形県寒河江市

慈恩寺は山形県寒河江市にある寺院で、慈恩宗の本山。
本堂が国の重要文化財に指定されているほか、境内は国の史跡になっている。

本堂1

本堂2

本堂3
本堂
東北地方によく見られる豪壮な造りだ。


山門
山門


三重塔
三重塔
山形盆地では唯一の三重塔とのことだ。


テラス
慈恩寺に行く途中に「慈恩寺テラス」という建物があった。
慈恩寺及び、その文化財を展示する施設に、カフェと店舗が併設されている。
最近よくあるネーミングだが、「慈恩寺資料館」だったらスルーしていたかも知れない。やっぱりネーミングは大事。


展示
展示内容もさることながら、ライティングなどを含め見せ方が非常に良い。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

泉倉寺のイチョウ(千葉県印西市)

撮影 2021.11.8
千葉県印西市

DSC00056-001_R.jpg

DSC00075-001_R.jpg

DSC00087-002_R.jpg

泉倉寺(せんぞうじ)は、千葉県印西市にある天台宗の寺院。
本堂は重層銅板葺きの阿弥陀堂形式で、本堂脇の庫裏内には「木造延命地蔵菩薩坐像」が安置されている。
このお寺は以前、重要文化財に指定されている「宝珠院観音堂」の近くにあったのを見つけた。
見事なイチョウがあったので、黄葉時期を狙って再訪した。

テーマ : 季節の写真
ジャンル : 写真

山寺その2(山形県山形市)

撮影 2021.10.24
山形県山形市

130mほど登って来た。全体の3/4ほど登ったことになる。

20性相院
山内寺院のひとつ、性相院(しょうぞういん)。階段の上に見えるのが金乗院(こんじょういん)
ここから真っすぐ進むと奥の院。左に行くと五大堂へのピストンとなる。


14開山堂
開山堂と納経堂
納経堂は山寺で最も古い建物と言われている。
小さな堂で、立ち入りは出来ない。


15納経堂
納経堂
山寺を象徴する風景である。


16五大堂1
開山堂の前を通ると、奥に五大堂がある。
絶好の展望台になっている。


17五大堂2
五大堂から
正面に開山堂の屋根と、小さな納経堂の屋根が見える。
左手の建物が性相院。


18五大堂3
五大堂からの眺望
仙山線の線路と山寺駅が見える。


19最上義光御霊屋
眺望を楽しんだあと、山内寺院周辺に戻る。
金乗院の前に、最上義光御霊屋が建っている。
御霊屋の向こうに見える建物が華蔵院。


21華蔵院
華蔵院はルートから少し左に入ったところに建つ山内寺院のひとつ。


22三十小塔2
華蔵院の前にある三重小塔。
岩を掘った中に造られた高さ2.5mの小塔で、国の重要文化財に指定されている。
恐らく日本で一番小さな三重塔だと思われる。


23三重小塔2
格子戸で保護されていて、よく見えないのが難点。


24金灯篭
金灯篭の脇を登り、いよいよ最後の奥の院に至る。


25大仏殿
奥の院の左に建つ大仏殿。


26奥の院
奥の院。

ここまで1000段強の石段を登って来た。
約1000段で170mなので、比較的登りやすい石段だった。
さすがに疲れたが、あとから考えるととさほどでもない感じだ。
そのうち、また行って見たい気がした。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

フルトヴェングラー、戦後復帰の演奏会

20211107_211818_R-001.jpg

ベートーヴェン/交響曲第5番
ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1947年5月25日録音(ベルリン、ティタニア・パラストでのライヴ)

フルトヴェングラーの戦後復帰の記念すべきコンサートは、1947年5月25、26、27、29日の4回に渡って行われた。
4日とも同じオール・ベートーヴェン・プログラムである。
このうち、27日に演奏された第5番の録音が、極めて感動的な名演として語り継がれているが、この日のコンサート会場はティタニア・パラストではなく、ソビエト管理下の放送局に聴衆を入れて行われたものだということがわかっている。

ここで取り上げたのは1日目の25日に行われたティタニア・パラストでのライヴ録音である。
ティタニア・パラストはベルリンにあった映画館で、戦争でベルリン・フィルハーモニーが焼けてしまったために会場として使われた。
このあともフルトヴェングラーによるいくつかの記念碑的演奏が行われた場所である。

25日と27日のプログラム
25日
 「エグモント」序曲(録音なし)
 交響曲第6番「田園」
 交響曲第5番

27日
 「エグモント」序曲
 交響曲第6番「田園」(録音なし)
 交響曲第5番

25日の演奏は幾分の硬さが感じられ、フルトヴェングラーとしてベストの演奏ではないと思う。
聴き比べてみると、やはり27日の第5番の素晴らしさを、改めて実感する。
とはいえ、復帰初日の演奏としての歴史的価値は計り知れないと思う。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

山寺その1(山形県山形市)

撮影 2021.10.24
山形県山形市

宝珠山立石寺(通称山寺)は、慈覚大師が開いた天台宗の寺院。
東北地方では、岩手の中尊寺、宮城の瑞巌寺と並び称される名刹である。
標高約500mの山の急斜面に多くの塔頭が建ち、奥の院まで1000段強の石段が続く。
有名な五大堂は絶景の展望台として知られている。その光景を楽しみにきつい石段を一歩ずつ登る。
石段は四寸道とも呼ばれ、最も狭い一か所で約14cmしかないところから、慈覚大師の足跡を踏んで登ことが出来るというわけである。


01山麓から
麓から見る。
この赤い橋附近の標高は約230m。目指す立石寺奥の院は標高約400mなので、約170mの”登山”ということになる。


02本堂
石段を登りはじめると、最初に本堂(根本中堂)がある。国の重要文化財。


03日枝神社1
本堂の左手に鳥居が立っている。
日枝神社が立石寺と共存する形になっている。


04日枝神社2
日枝神社


05芭蕉と曽良
1682年にこの地を訪れた芭蕉と曽良の像。
「閑さや岩にしみ入る蝉の声」


06山門
山門をくぐると本格的な登りになる。
ここからは拝観料が必要である。


07山道
石段が続く。
登り始めから間もなく、一番きつい部分である。


08弥陀洞
弥陀洞
長い年月の間、風雨が凝灰岩を削り、荒々しい風景を作り出した。
ここに阿弥陀如来の姿を見出す人には幸福が訪れると言う。
遠景に仁王門が見える。


09仁王門1
下から仁王門を見る。
カエデの紅葉が一部始まっている。
山寺の見どころのひとつ。


10仁王門2
仁王門見上げ


11山内寺院1
山内寺院が立ち並ぶ一角。
江戸時代まで、12の寺院があったと言う。現在残っているのは4寺院。
正面に金乗院(こんじょういん)
その後ろに中性院(ちゅうしょういん)

このあたりで標高約370m。
8割がた登って来たことになる。
ここから左に行くと五大堂。右に行くと奥の院。
まず、五大堂までピストンとなる。


12山内寺院2
正面に見える斜面にニホンカモシカが4頭いた。


13カモシカ
望遠が使えるカメラのバッテリーがちょうど切れてしまったため、広角で撮影したものをトリミングした。
山間部では珍しくはないが、4頭も一緒に見たのは初めてだ。

栄福寺薬師堂(千葉県印西市)

栄福寺薬師堂
千葉県印西市

DSC00034-001_R.jpg
栄福寺薬師堂は千葉県最古の木造建築で、国の重要文化財に指定されている。


DSC00052-001_R.jpg

DSC00046-001_R.jpg
熊野神社と同じ境内に共存し、かつての神仏習合の形態を今に伝えている。
栄福寺は行基の開基と伝えられているが、沿革は明らかではない。


ここは何度か訪れているが、今回はイチョウの黄葉の見頃を狙って見た。
まだ若干早かったようだ。

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

月に雁

撮影 2021.10.24
宮城県登米市 伊豆沼

J33A2299-001_R_20211107225100a96.jpg
早朝4時50分ごろ。
西の空に綺麗な月が見えた。
マガンの飛び立ちと月を絡めて撮れそうだった。


J33A2569-001_R.jpg

J33A2896-001_R.jpg

J33A3053-001_R.jpg
なかなか歌川広重のようにはいかない。
あの絵は落雁なので、日没後の情景と考えられる。
月は大胆に左半分だけが描かれているので、満月であることがわかる。(右側が欠けていれば朝なので)
「満月に落雁」というモチーフは、現実にはなかなか見られないだろう。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

白昼の金星食は見逃した

撮影 2021.11.8

8日の午後は白昼の金星食が見られるはずだったが、予報が雨だったこともあり、すっかり忘れていた。
18時過ぎ、西の空に月と金星の接近を見て思い出した。
14時前後はとてもいい天気だったので観察できたはず。惜しいことをした。

DSC00242-001_R.jpg

DSC00245-001_R.jpg
18時15分ごろ撮影。

テーマ : 天体写真
ジャンル : 写真

プロフィール

papageno620

Author:papageno620
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア